*

PR

1988 Buick Regal NASCAR ¥ASK

公開日: : NASCAR ,

used-1988-buick-regal-nascar-9423-13750748-1-640

<スポンサーリンク>

車両価格:ASK

1988 Buick Regal NASCAR •Driven by Hall of Fame driver, Bobby Allison, in his final season
•Also driven by Bobby Hillen, and Rick Wilson
•Built and owned by Stavola Brothers Racing
•Restored by Bill Elliot Motorsports
•Freshened and race ready
This car was built and owned by Stavola Brothers Racing, and was first driven as the #12 Miller High Life by Bobby Allison in 1988, his last racing year. In February 1988, Bobby would win his third and final Daytona 500. After Allison’s retirement this car was driven by Bobby Hillin. For both the 1988 and 1989 seasons the car wore the Miller High Life livery.

In 1990 the sponsorship at Stavola Brothers changed to Snickers. The car was driven first by Bobby Hillen and the later by Rick Wilson.

1992 the Stavola Brothers changed to Ford, so the Buick was sold to R&S Oval Track. It was purchase by Robert Ham, Auburn Alabama who raced car in the 1992 Arca season as #18.

The Buick would pass through a few owners in the ’90s who kept the car as a collectable until 2003, when it would be fully restored by Bill Elliott’s motorsport shop in North Carolina. It has been driven minimally by its last owner, and has a fresh engine / transmission / differential with only about 2 hours on them.

The car is currently set up in its road course configuration, making it ideal for historic racing events around the world.

Specifications:
Hendrick built engine, 725-750 hp, 18-degree cylinder heads, 12:1 compression, 8,000 rpm max
Rankin transmission
9″ Ford differential, 3.40:1
Road course setup
Original body
Larger brakes

Bobby Allison’s 1988 NASCAR Winston Cup Results
Team Miller High Life (Stavola Brothers)
Car Number: 12

Daytona                       1st place
Richmond                    11th place
Rockingham                 22th place
Atlanta                         11th place
Darlington                    9th place
Bristol                          5th place
North Wilkesboro         20th place
Martinsville                  8th place
Talladega                     2nd place
Charlotte                      17th place
Dover                          10th place
Riverside                     22nd place
Pocono                        39th place

About Bobby Allison:
During the course of his NASCAR career, Bobby Allison would race 778 races and accumulate 84 credited victories and 2 uncredited victories making him fourth all-time winner, tied with Darrell Waltrip, including three victories at the Daytona 500 in 1978, 1982 and 1988, where he finished one-two with his son, Davey Allison. In 1972 he was voted national Driver of the Year for winning ten races and taking 11 poles (including a record 5 straight), and again in 1983 when he claimed his only championship. He was NASCAR Winston Cup Champion in 1983 driving for DiGard Racing. The 1982 Daytona 500 was fraught with controversy that became known as “Bumpergate”. He also won the Firecracker 400 in 1982, making Allison the fourth driver to sweep both Sprint Cup point races at Daytona in the same year. Of note, after Allison accomplished this, no driver repeated such a feat until Jimmie Johnson did it in 2013.

His NASCAR team owners included DiGard, Junior Johnson & Associates, and Roger Penske, for whom Allison scored four of the five NASCAR wins for American Motors’ Matador. The other AMC victory was accomplished by Mark Donohue also racing for Penske in 1973 at Riverside. He raced in NASCAR as a driver/owner of an AMC Matador.
Allison was involved in an accident at Talladega in May 1987, that saw his car cut down a tire, turn sideways and go airborne into the protective catch fence that separates the speedway from the grandstands. The impact, at over 200 miles per hour (320 km/h), tore out over 100 yards of fencing. Parts and pieces of the car went flying into the grandstand injuring several spectators. This was the same race where Bill Elliott had set the all-time qualifying record at 212 mph (341 km/h).

In response, NASCAR mandated smaller carburetors for the remaining 1987 events at Talladega and Daytona. The following year, NASCAR mandated restrictor plates at Daytona and Talladega to keep speeds under 200 miles per hour (320 km/h). Allison won the first Daytona 500 run with restrictor plates in February 1988 by a car length over his son Davey Allison, rendering him the first driver to have won the Daytona 500 both with and without restrictor plates. He is the oldest driver (50 years) ever to win the Daytona 500. Bobby and Davey Allison are the first one-two father/son finish in the Daytona 500. As a result of permanent injuries in a crash at Pocono that ended his career, Bobby now has no memory of the final win of his career or of celebrating together with his son in victory lane.

Bobby Allison was elected to the NASCAR Hall of Fame in 2011.

彼の最後のシーズンで1988ビュイックリーガルNASCAR•殿堂のドライバ、ボビー·アリソンによって駆動されます、
•またボビーHillen、とリック·ウィルソンによって駆動されます
•内蔵およびStavolaブラザーズレーシングが所有
•ビル·エリオット·モータースポーツによって復元
•マイナーチェンジとレースの準備ができて
この車は構築され、Stavolaブラザーズレーシングが所有し、最初に彼の最後のレースの年、1988年にボビーAllisonによって#12ミラーハイライフとして駆動しました。 1988年2月には、ボビーは、この車はボビーHillinによるものであったアリソンさんの引退後、彼の3番目と最後のデイトナ500に勝つだろう。両方の1988年と1989年シーズンのために車はミラーハイライフカラーリングを身に着けていました。

1990年にStavolaブラザーズのスポンサーは、スニッカーズに変更しました。車はボビーHillenとリック·ウィルソンが後ですることにより、第1駆動しました。

ビュイックは、R&Sオーバルトラックに売却されたので、1992 Stavolaブラザーズは、フォードに変更しました。これは、#18として、1992年アルカシーズンに車をレースロバート·ハム、オーバーンアラバマ州によって購入しました。

ビュイックは、それが完全にノースカロライナ州のビル·エリオットのモータースポーツショップによって復元されるであろう2003年まで収集可能として車を保った90年代にいくつかの所有者を通過します。それは、その最後の所有者によって最小限駆動され、それらのわずか約2時間で新鮮なエンジン/トランスミッション/ディファレンシャルがありますされています。

車は、現在、世界の歴史的なレースのイベントに最適です、そのロードコースの構成で設定されています。

仕様:
1圧縮、8,000rpmで最大:ヘンドリックは、725から750馬力、18度のシリンダーヘッド、12のエンジンを内蔵しました
ランキン送信
9「フォードの差、3.40:1
ロードコースの設定
オリジナルボディ
大きなブレーキ

ボビーアリソンの1988 NASCARウィンストンカップの結果
チーム·ミラーハイライフ(Stavolaブラザーズ)
カーナンバー:12

デイトナ1位
リッチモンド11日場所
ロッキンガムの第22回の場所
アトランタ11日場所
ダーリントン9位
ブリストル5位
北ウィルクスボロ20位
マーティンズ8位
タラデガ2位
シャーロット17日場所
ドーバー10日場所
リバーサイド22日場所
ポコノ39場所

ボビーアリソンについて:
彼のNASCARのキャリアの過程で、ボビーアリソンは778レースに参戦し、84入金勝四すべての時間勝者、1978年、1982年と1988年のデイトナ500で3勝を含め、ダレルウォルトリップと結ば彼を作る2ノンクレジット勝利を蓄積します、彼は彼の息子、デイビーアリソンとワンツーを終えたところ。彼は彼の唯一の優勝を主張したときに1972年に彼は10のレースに勝つと(レコード5ストレートを含む)11極を取るため、再び1983年に年の全国ドライバーに選ばれました。彼はDiGardレーシングの駆動1983年にNASCARウィンストンカップチャンピオンでした。 1982年デイトナ500」がBumpergate」として知られるようになった論争をはらんでいました。彼はまた、同じ年にデイトナの両方でスプリントカップポイントレースを掃引する第四のドライバをアリソン作り、1982年に爆竹400を獲得しました。アリソンは、これを達成した後にジミー·ジョンソンは2013年にそれをやったまで注目すべきは、何のドライバは、このような偉業を繰り返しません。

彼のNASCARチームオーナーはアリソンは、NASCARは、アメリカン·モーターズ ‘マタドールのために勝つ5のうち4つを獲得し誰のためDiGard、ジュニア·ジョンソン&アソシエイツ、およびロジャー·ペンスキーが含まれていました。他のAMCの勝利は、リバーサイドで1973年にペンスキーのためにレースマーク·ドノヒューすることによって達成されました。彼はAMCマタドールのドライバ/所有者としてNASCARに参戦しました。
アリソンは、彼の車がタイヤを切り倒し、横向きやグランドスタンドからスピードウェイを分離保護キャッチフェンスに空中行くのを見た1987年5月タラデガの事故に巻き込まれました。時速200マイル以上(毎時320キロ)での衝撃は、フェンシングの100ヤード以上を引き裂きました。車のパーツと作品は、いくつかの観客を負傷グランドスタンドに飛ん行ってきました。これは、ビル·エリオットが毎時212マイル(毎時341キロ)で、すべての時間の予選記録を樹立したのと同じレースでした。

応答では、NASCARはタラデガデイトナでの残りの1987のイベントのために小さいキャブレターを義務付け。翌年、NASCARは、時速200マイル(毎時320キロ)の下での速度を維持するためにデイトナとタラデガでリストリクタプレートを義務付け。アリソンは彼に絞り板ととせずに、両方のデイトナ500を獲得した最初のドライバをレンダリング、彼の息子デイビーアリソンオーバー車の長さで1988年2月に絞り板との最初のデイトナ500の実行を獲得しました。彼はこれまで彼のキャリアを終えたポコノでのクラッシュの永久的損傷の結果、デイトナ500ボビーとデイビーアリソンは、最初の一から二の父/デイトナ500で息子仕上げている勝つために最も古いドライバ(50年)であり、 、ボビーは現在、彼のキャリアの勝利やレーンの彼の息子と一緒に祝っての最終的な勝利のない記憶がありません。

ボビー·アリソンは、2011年に殿堂のNASCARホールに選出されました。

http://www.canepacollection.com/detail-1988-buick-regal-nascar-used-13750748.html

関連記事

2000 Evernham Motorsports NASCAR Ford Taurus 1544万円

車両価格:$130,000   歴史 牡牛座は、レイEvernh

記事を読む

1968 FORD TORINO NASCAR

ハイライト 彼の1968年のチャンピオンシップNASCARシーズンにデビッド・ピ

記事を読む

NASCAR Pennzoil #30 Michael Waltrip 425万円

      車両価格:$39,500

記事を読む

1992 シボレー Lumina Bush NASCAR Road レーシングカー 119万円

車両価格:$10,000 あなたの入札のための最大公道ショーカーになるように修正された

記事を読む

2006 Chevrolet Monte Carlo SS NASCAR Sold for $165,000

EST(東部基準時。 830+馬力、358立方。単4バレルキャブレターを持つ。V-8で

記事を読む

#94 Bill Elliott’s 2000 NASCAR Ford Taurus road race prepped McDonald”s stockcar  538万円

車両価格:$44,950 ニースの新鮮な復元、ビル·エリオットの2000シルバー周年N

記事を読む

1975 FORD TORINO IMSA/NASCAR

  ハイライト デイトナの1976年24時間 - クラスにおける

記事を読む

1996 Chevrolet NASCAR Monte Carlo 303万円

車両価格:$25,500 歴史 #41コディアックはラリー・ヘドリックモーター

記事を読む

NASCAR レーシングカー 2003 Monte Carlo Original NASCAR 現在価格:18万円

現在価格:£1,000 即決価格:£8,900 すぐ下に9000ポンドのために、

記事を読む

1980 Other Makes NASCAR CUP CAR

1980 Other Makes NASCAR CUP CAR 車両本体価格:96万円

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 0現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク