*

PR

Ferrari 512 TR 3187万円

公開日: : フェラーリ ,

Ferrari 512 TR

<スポンサーリンク>

車両価格:€235,000

Standard

the perfect car evolution of the Testarossa, exactly like Miami Vice
European specification,
This car has a 2 door coupé type body styled by Pininfarina with a mid mounted engine powering the rear wheels.
The power is produced by a dry sumped naturally aspirated engine of 4.9 litre capacity. This unit features double overhead camshaft valve gear, 12 cylinder layout, and 4 valves per cylinder. It develops 425 bhp (431 PS/317 kW) of power at 6750 rpm, and maximum torque of 491 N·m (362 lb·ft/50.1 kgm) at 5500 rpm. Lubrication is of the dry sump-type.
The power is transmitted to the wheels through a 5 speed manual gearbox.
Having a stated weight at the kerb of 1471 kg, the Ferrari 512TR can dispense with the 0-60 mph sprint in 4.9 seconds and the quarter mile from rest in 13.2 seconds.
Maximum speed claimed is 314 km/h or 195 mph.
The 512 TR was the replacement for the Testarossa, and was announced for the 1992 model year. The new car witnessed a return to a model title using characters, with the figure “5″ referring to the cubic capacity of the engine in litres and the “12″ to the number of cylinders, whilst the “TR” was an abbreviation of Testarossa (Testa Rossa).The main external visual differences were the nose and tail treatment, the louvre design on the engine lid and the design of the road wheels. There was also a barely noticeable different profile to the sail panel buttresses, which were plain and flowed directly into the roof panel on the 512 TR, instead of featuring the step and black perforated exhaust air grilles of the Testarossa. Internally there were changes to the seats, steering wheel design and trim details.

Mechanically there were numerous changes to the engine and gearbox, which boosted power, and provided a more satisfying and positive to use gearbox. Not visually apparent was that the engine and transmission assembly location in the chassis had been dropped by 30mm, to lower the centre of gravity, and thus improve the already high standard of roadholding.

スタンダード 

テスタロッサの完璧な車の進化は、まさにマイアミバイスが好き
欧州仕様、
この車は後輪に動力を供給するミッド搭載されたエンジンとピニンファリーナによってスタイル2ドアクーペタイプのボディを持っています。
電源4.9リットル容量のドライsumped自然吸気することにより製造されます。このユニットは、ダブルオーバーヘッドカムシャフトバルブギア、12気筒レイアウト、気筒あたり4バルブを備えています。これは、6750 rpmでパワーの425馬力(431 PS / 317キロワット)を展開し、最大トルク491 N·M(362ポンド·フィート/ 50.1 KGM)5500 rpmで。潤滑はドライサンプ型です。
電力は、5速マニュアル変速機を介して車輪に伝達されます。
1471キロの縁石で定められた量を有する、フェラーリ512TRは13.2秒で残り4.9秒で毎時0〜60マイルのスプリントと4分の1マイルを省くことができます。
特許請求の最高速度は毎時314キロまたは毎時195マイルです。
512 TRはテスタロッサの代替であり、1992年のモデル年の間に発表されました。新しい車は、「TR」一方リットルエンジンの容積とシリンダ数を「12」を参照して図 “5”の文字を使用してモデルのタイトルへの復帰を、目撃テスタロッサの略でした(テスタ·ロッサ)。
 

主な外部の視覚の違いはノーズとテール治療、エンジンリッドのルーバーデザインと車輪の設計でした。平野であり、512 TRのルーフパネルに直接流入しセイルパネルバットレス、とほとんど目立たない別のプロファイルではなく、ステップとテスタロッサの黒い穴あき排気グリルを搭載したのもありました。内部的には座席の変更、ステアリングホイールのデザインとトリムの詳細がありました。 

機械的に電力を昇圧し、より満足して使用する正のギアボックスを備えたエンジンとギアボックス、非常に多くの変更がありました。視覚的に明らかではないシャーシ内のエンジンとトランスミッションの組立位置が重心を下げるために、30ミリメートルによって廃棄されていたことであり、したがって、ロードホールディングの既に高い水準を向上させます。

関連記事

2006 Ferrari FXX Evoluzione 1億6180万円(SOLD)

    Sold for $1,485,000

記事を読む

Ferrari 575M Maranello F1 1043万円

車両価格:79,000スイスフラン Boîte F1, Livraison Sui

記事を読む

Ferrari Enzo Black ¥ASK

One of the all-time great Ferraris and one of

記事を読む

1984 Ferrari 288 GTO 3億3786万円(SOLD)

Sold for $2,750,000 400馬力、ツインIHIのターボチャージ

記事を読む

FERRARI F40 ¥SOLD

FERRARI F40 YEAR : 1990 MILEAGE : D

記事を読む

1972 Ferrari 365 GTC/4 by Pininfarina 2863万円(SOLD)

Sold for €224.000 6ウェバー38 DCOEサイドドラフトキャブ

記事を読む

フェラーリ ENZO ¥ASK

車両価格:ASK http://www.kmauto.jp/vcsMember/sto

記事を読む

Ferrari F40 1億4703万円

車両価格:€1,084,500 Standard CARLINK offers you

記事を読む

1992 FERRARI 512 TR 4248万円

車両価格:$349,500   --Rosso Corsa with

記事を読む

1991 Ferrari Testarossa

  予想価格:$200,000 - $250,000 390馬力、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク