*

PR

1960 Ferrari 250 GT SWB Alloy Berlinetta Comp 3億4093万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

1960 Ferrari 250 GT SWB Alloy Berlinetta Comp

Sold for $2,750,000

The Ex-Vittorio de Micheli and Prince of Lichtenstein

Est. 300bhp 2,953cc single overhead camshaft V-12 engine, four-speed manual gearbox, solid rear axle with semi-elliptic longitudinal leaf springs on four trailing arms, coil springs to the independent wish bone front suspension with telescopic tubular shock absorbers all around and four-wheel Dunlop disc brakes. Wheelbase: 2400mm (94.5″)

GRAND TURISMO FERRARIS OF THE 1950s

Once Enzo Ferrari realized that the marques wealthy racing followers would purchase all the Grand Touring road cars that he could produce, this became the preferred method of financing his beloved racing team. In the past, sales of used racing cars and commercial sponsorships had generated funds, but not in a consistent, nor meaningfully voluminous manner.

In the 1949 to 1954 period only about 200 road cars left the factory while sales for the first “Series-Produced” GTs, the Boano and Ellena 250 GT models totaled some 150 units in their two and a half years of manufacture. After that, production more than doubled annually with as many as 670 cars sold in the 1964 calendar year. The mechanical specifications GT Ferraris in this glorious era were always based on the company’s current racing cars, a fact which was not lost on sporting motorists who coveted these thoroughbreds – even at the $10,975 US port-of-entry price.

This concept also made GT Ferraris an excellent customer racing car because of their dual-purpose personality. Seeing a niche market opportunity the factory built some 94 long wheelbase berlinettas – “The Tour de France” model was based on the Boano/Ellena chassis but with lightweight alloy bodies and slightly improved engine output. “Gentlemen drivers” loved them and virtually dominated European GT racing in the famed TdFs from 1957 to 1959; however, the TdF was only a precursor to the mighty Ferrari that was to follow – the ultimate and even more competitive dual purpose machine – the 250 GT Short Wheelbase Berlinetta.

THE FERRARI 250 GT SWB

By the late fifties it was apparent that Ferrari had perfected the dual-purpose grand turismo automobile with his line of 250 GTs. The Colombo-designed V-12 had evolved into a powerful engine. More important in racing, where it is said, “To finish first, you must first finish,” and in keeping with that all but too true statement the SWB was nothing short of reliable. That reliability also carried over to 250 GTs that never saw the race track, creating very satisfied owners.

Ferrari, as astute at catering to clients varied desires as he was at creating winning race cars, was always willing to provide specialized variations on his series-produced cars to satisfy a whim – when the whim was backed by a heavy checkbook. These unique Ferraris are among the most prized by collectors and this particular example, chassis number 1757 GT, is one such model, being a rare alloy “competezione” version.

Introduced in 1959, the 250 GT Berlinetta was designed with three objectives: first, to be more aerodynamically efficient; second, to be as compact as possible; and third, to provide appropriate accommodations and luggage space for a true grand turismo automobile. In the process, Pininfarina and Scaglietti created one of the most beautiful automobiles of all time, a succinct, straightforward and purposeful blending of form following function that is pleasing from all aspects.

Seven cars, known today as “Interim Berlinettas” were built on the 2600mm long wheelbase chassis before construction was shifted to the 2400mm short wheelbase chassis, a change deemed desirable to improve the cars’ responsiveness in cornering. Still called the 250 GT Berlinetta by Ferrari, its wheelbase has subsequently been firmly attached to the factories model designation to distinguish it from numerous other 250 GT models and the 2600mm chassis “Interim Berlinettas.”

As the 250 GT SWB Berlinetta it has established a reputation and following, second only to its successor, the illustrious 250 GTO. Pininfarina’s body design as executed by Scaglietti on the 2400mm short wheelbase chassis excels in all aspects. It is unmistakably Ferrari. It is devoid of superfluous bulk, features or embellishments. Essentially, it redefined the concept of aerodynamic. The driver’s visibility from the ample greenhouse is also excellent while the corners of the car are tightly wrapped around the wheels and its gently rounded masses speak unambiguously of potency and power.

The 250 GT SWB Berlinetta was immediately successful in racing and remained so until its place at the head of the GT pack was gradually assumed by the GTO. The list of competition successes is so long as to be pointless to recount in detail but included GT category wins at LeMans in 1960 and 1961, Tour de France wins in 1960, 1961 and 1962 and of course Stirling Moss’s pair of Goodwood Tourist Trophy wins in 1960 and 1961. Built in both steel and aluminum, only about 200 were made from 1959 to 1962. The 250 GT SWB Berlinetta is the last true dual purpose grand turismo built in quantity by Ferrari – or anyone else for that matter – and is in all respects a fitting milestone to mark the end of a legendary age.

FERRARI SHORT WHEELBASE BERLINETTA – CHASSIS NO. 1757 GT

The 250 GT SWB was homologated by the F.I.A. on June 16, 1960, just in time for that year’s LeMans race which accounts for the fact that in races prior to this date, these Berlinettas were entered in the sports car category. In fact, the LeMans SWB attack began in 1960 as Tavano/Loustel’s Berlinetta won the GT class and finished 4th overall – 5th, 6th and 7th overall also being claimed by the SWB brigade! Certainly these drivers – Tavano, Loustel, Arents, Connell, Dernier, Noblet and Americans Ed Hugus and Augie Pabst (who finished 7th O/A in NART’s GT no. 1759) personified Enzo Ferrari’s “gentleman driver” demographic.

Meanwhile in Italy, skilled amateur driver and faithful Ferrari customer Vittorio de Micheli took delivery of GT no. 1757, an alloy Competizione version, on May 11, 1960. It was painted in Rosso Corsa, as it is today as well, and featured rare early SWB series body details. Only 29 cars in this early series were built – all in aluminum and all configured in left hand drive. Number 1757, the SWB GT that RM Auctions is privileged to present here, was the 5th car in this early series. Vittorio de Micheli was by all accounts a very skilled driver since he managed to win over half of the hillclimbs and circuit races he contested in the 1960 to 1962 period. (Please see included competition record for specifics.)

After two years of racing and spirited road use, de Micheli sold 1757 to the Prince of Lichtenstein who repainted the car in silver. Five years later Grand Garage Eskert in Windischbrugg, Switzerland passed the SWB to Larry Dent of Auburn, Indiana (1967). By 1969 it was with Ervin Williams of Hickory, North Carolina before going to Carl Reinhardt of Marietta, Georgia in 1971. Reinhardt retained 1757 for some15 years during which it was subjected to extensive restoration work, including a new alloy front body section fabricated by Robbie Robinson of Woodstock, Georgia.

In the fall of 1986 an agent for European Auto Sales of Costa Mesa, California inspected this car prior to purchase and reported that the original engine was stamped correctly and many trim pieces were also marked with the number 1757 and was fitted with the original riveted alloy gas tank and outside fuel filler. The transmission, it should be noted, had “gone missing” but a correct ribbed cage alloy gearbox from another car would be included in the sale to European Auto Sales. The car was subsequently sold to Kenji Sasamoto of Kawasaki, Japan in December, 1986. However, it remained in California for a full restoration by EAS before finally being air freighted to Japan one year later.

Sasamoto, a true motoring buff, surely Enzo Ferrari’s version of a Japanese “Gentleman Driver”, kept 1757 for more than 18 years before passing it through a California dealer to the present owner. An account of Kenji Sasamoto’s enthusiastic use of 1757 perhaps illustrates best the oft-used “dual-purpose” phrase in connection with these Ferrari SWB cars. It shows participation in many concours in Japan, racing at Monterey in 1995 during the Ferrari feature marque year, the 1996 Tour de France and the Monterey Historics again as well as the 1997 Palm Beach Cavallino Classic Track-Day and Saturday Concours.

Certainly no “garage queen” this Short Wheelbase Berlinetta was also raced and shown by its current owner at the 2006 Cavallino Classic. Additionally, the Ferrari is complete with the original quick-change jack as well as a brand new custom made fuel cell currently awaiting installation. The owner reports a comprehensive dossier will accompany the car in its sale and includes photos of the restoration and original FIA papers. Most recently, a full mechanical inspection was executed and included a compression check and leak-down test and the results displaying nothing short of perfection.

The SWB is eligible for every important motoring event on the planet, will never be denied entry into any Ferrari club event and will out perform nearly everything in its class with ease at the hands of a skilled driver. Sensational looks coupled with an unsurpassed driving dynamic as well as a definite blue-chip investment for future appreciation, this rare Ferrari auction offering is most worthy of a purchase consideration.

リヒテンシュタインの元ヴィットリオ·デ·ミッケリーとプリンス

エスト。シングルオーバーヘッドカムシャフトのV-12エンジン、4速マニュアルギアボックス、4トレーリングアームの半楕円縦板ばねを有する固体リアアクスル、すべての周りと4テレスコピックチューブ状のショックアブソーバーを持つ独立ウィッシュボーンフロントサスペンションにコイルスプリング2,953cc 300bhp -wheelダンロップディスクブレーキ。ホイールベース:2400ミリメートル(94.5 “)

1950年代グランドTURISMOフェラーリ

エンツォフェラーリはマルケス裕福レーシング信者は、彼が作り出すことができるすべてのグランドツーリング道路の車を購入することを実現すると、これは彼の最愛のレーシングチームを資金調達するための好ましい方法となりました。過去には、使用済みのレーシングカーや商業スポンサーの販売はなく、一貫性のある、また意味の膨大な方法で、資金を生成していました。

最初の「シリーズ·プロデュース「GTSの売上高は、BoanoとEllena 250 GTモデルはそれらの製造2年半で約150台を合計しながら、1949年から1954年の期間ではわずか約200道路の車は、工場を出ました。その後、生産がより1964年暦年で販売さなど、多くの670のような車に毎年倍増しました。でも10975ドル、米国ポート·オブ·エントリー価格で – この栄光の時代の機械的仕様GTフェラーリは常に、会社の現在のレーシングカー、これらのサラブレッドを切望スポーツドライバーで失われていなかった事実に基づいていました。

この概念はまた、それらのデュアルパーパス人格のGTフェラーリに優れた顧客レーシングカーを作りました。工場はいくつかの94ロングホイールベースberlinettasを建てニッチ市場機会を見て – 「ツール·ド·フランス」モデルがBoano / Ellenaシャーシではなく、軽量合金ボディと若干改善されたエンジン出力に基づいていました。 1957年から1959年有名なTdFsの「紳士のドライバー “、それらを愛し、事実上支配のヨーロッパGTレース。究極の、さらに競争力のデュアルパーパスマシン – – 250 GTショートホイールベースベルリネッタしかし、TDFは、以下のことだった強大なフェラーリにのみ前駆体でした。

フェラーリ250 GT SWB

50年代後半とは、フェラーリが250のGTの彼のラインを持つデュアルパーパスグランドグランツーリスモ自動車を完成したことが明らかでした。コロンボに設計されたV-12は強力なエンジンへと進化していました。さらに重要なのは、それが言われているレースで、「最初の終了するには、まず仕上げなければならない」と、そのすべてが、あまりにも本当の声明に合わせてSWBは、信頼性の短い何もなかったです。その信頼性も非常に満足して所有者を作成し、レーストラックを見たことがない250のGTに引き継が。

気まぐれが重い小切手帳に裏打ちされたとき – クライアントへのケータリングで抜け目のない彼は、レースカーを受賞作成であったように欲望を変えるようにフェラーリは、常に気まぐれを満足させるために彼のシリーズ生産車に特化したバリエーションを提供して喜んでいました。これらのユニークなフェラーリが最もコレクターの間で珍重し、この特定の例の一つである、車台番号1757 GTは、希少な合金「competezione」バージョンであり、そのようなモデルです。

1959年に導入され、250 GTベルリネッタは、3つの目的で設計されました:最初に、より多くの空気力学的に効率的であることが、第二に、可能な限りコンパクトに、そして第三に、真の壮大なグランツーリスモの自動車のための適切な宿泊施設やラゲッジスペースを提供することを目的とします。プロセスでは、ピニンファリーナとスカリエッティはすべての時間の中で最も美しい車の一つ、すべての側面から喜ばれる形式次の関数の、簡潔簡単かつ意図的なブレンドを作成しました。

建設は2400ミリメートル短いホイールベースシャーシにシフトした前に「中間Berlinettas」として今日知られている七車は、2600ミリメートル長いホイールベースの​​シャシー上に構築された、変更はコーナリングで車「応答性を改善することが望ましいと認めます。まだフェラーリ250 GTベルリネッタと呼ばれる、そのホイールベースは、その後しっかりと多数の他の250 GTモデルと2600ミリメートルシャーシからそれを区別するために、工場のモデル指定に添付された「中間Berlinettas。」

250 GT SWBベルリネッタのようにそれだけで、その後継者、輝かしい250 GTOへの第2、評判を確立し、以下ました。 2400ミリメートルショートホイールベースシャーシのスカリエッティによって実行されるピニンファリーナのボディデザインは、すべての面で優れています。それは紛れもなくフェラーリです。それは余分なバルク、機能や装飾を欠いています。基本的に、それは空気力学の概念を再定義しました。車のコーナーがきつく輪に巻き付け、その優しく丸みを帯びた塊は効力および力の明確話している間に十分な温室から運転者の視認性も抜群です。

250 GT SWBベルリネッタは、レースですぐに成功したとGTパックの先頭にその場所を徐々にGTOによって想定されるまでそのように残りました。競争の成功のリストを詳細に詳述する無意味であるほど長いですが、GTのカテゴリは1960年と1961年にルマンで勝利含まれるツール·ド·フランスは1960年、1961年と1962年に勝ち、もちろんグッドウッドツーリスト·トロフィーのスターリング·モスのペアがで勝利しますまたはそのことについては誰 – – 鋼とアルミの両方に建てられた1960年から1961年には、わずか約200が250 GT SWBベルリネッタフェラーリによって大量に作られ、真の二重の目的グランドグランツーリスモである1962年に1959年から行われたとしていますすべては伝説の時代の終わりをマークするフィッティングマイルストーンを尊重します。

FERRARI SHORTホイールベースベルリネッタ – CHASSIS NO。 1757 GT

250 GT SWBはF.I.A.によって公認されました1960年6月16日に、ちょうどこの日より前のレースでは、これらのBerlinettasはスポーツカーのカテゴリーにエントリーされたという事実を考慮し、その年のルマンのレースのための時間で。また、SWB旅団によって主張さ5日、6日と7日、全体的な – Tavano / Loust​​elのベルリネッタはGTクラスを獲得し、総合4位を終えたとして実際には、ルマンSWB攻撃は1960年に始まりました!確かにこれらのドライバ – Tavano、Loust​​el、アレンツ、コネル、Dernier、NobletとアメリカエドHugus人口統計エンツォフェラーリの “紳士ドライバ」を擬人化(NARTのGTない1759年に第7回O / Aを終えた。)Augieパブスト。

一方、イタリアでは、熟練したアマチュアドライバーと忠実なフェラーリの顧客ヴィットリオ·デ·ミッケリーはないGTの配信を取りました。 1757年、合金コンペのバージョンは、5月11日、1960年にそれは今日もあるように、ロッソコルサで塗られ、希少な初期のSWBシリーズのボディの詳細を紹介されました。オールアルミで、すべてが左手ドライブで構成 – この初期シリーズで唯一の29台が造られました。数1757、RMオークションはここに提示する特権であるSWB GTは、この初期のシリーズで5番目に車がありました。ヴィットリオ·デ·ミッケリーはすべてによって、彼はヒルクライム、彼は1960年から1962年の期間で争わ回路レースの半分以上が勝つために管理するので、非常に熟練したドライバーを占めました。 (仕様については含ま対戦成績を参照してください。)

レースや元気道路使用の2年後、デミッケリーは銀で車を塗り替えリヒテンシュタインの王子に1757を販売しました。 5年後WindischbruggグランドガレージEskert、スイスはオーバーン、インディアナ(1967)のラリー·デントにSWBを可決しました。 1969年には1971年にラインハルトはそれがロビーによって作製新合金のフロントボディ部を備え、大規模な修復作業を行った、その間some15年間、1757を保持し、マリエッタのカール·ラインハルトに行く前にヒッコリー、ノースカロライナ州のアーヴィン·ウィリアムズとグルジアましたウッドストック、ジョージア州のロビンソン。

1986コスタメサの欧州自動車販売のための薬剤の秋には、カリフォルニア州は、購入前にこの車を検査し、元のエンジンが正常に刻印された、多くのトリムピースがま​​た数1757でマークされ、元のリベット合金を装着したことを報告しましたガスタンクと外部燃料フィラー。送信は、それが、注目すべきであるが、別の車から正しいリブケージ合金ギアボックスは、欧州の自動車販売への売却に含まれるであろう「行方不明になって」いました。車はその後、12月に川崎市、神奈川県の賢治笹本に売却された、1986年には、しかし、それは最終的に空気が一年後に日本にfreightedされる前に、EASによる完全な復元のためにカリフォルニアに残りました。

笹本、真のモータリングバフは、確かに日本の「ジェントルマンドライバー」のエンツォフェラーリのバージョンは、現在の所有者にカリフォルニアのディーラーを通してそれを渡す前に、18年以上のために1757年を保ちました。 1757年の賢治笹本さんの熱狂的な使用のアカウントは、おそらくこれらのフェラーリSWB車に関連して最高しばしば使われる「デュアルパーパス」という表現を示しています。それは、再び、フェラーリ特徴車種年度中に1995年にモントレーでレース、ツール·ド·フランス1996モントレーHistoricsを日本の多くコンクールへの参加を示すだけでなく、1997パームビーチカヴァッリクラシックトラック·デーと土曜日コンクール。

確かに「ガレージの女王 “このショートホイールベースBerlinettaでもレースをしないと2006年カヴァッリクラシックで、現在の所有者によって示されました。さらに、フェラーリは元のクイックチェンジジャックなど、現在のインストールを待っているブランドの新しいカスタムメイドの燃料電池で完了です。所有者は、総合的な関係書類は、その販売に車を同行する報告し、復旧し、元FIA論文の写真が含まれています。最近では、完全な機械的な検査が実行され、圧縮チェック、リークダウンテストと完成度の短い何も表示されない結果を含めました。

SWBは、地球上のすべての重要なモータリングイベントの対象となる任意のフェラーリクラブイベントへの入国を拒否されることはありませんと出熟練ドライバーの手で容易にそのクラスでほぼすべてを実行します。卓越した駆動ダイナミックだけではなく、将来の感謝のための明確な優良投資で結合されたセンセーショナルなルックスは、このまれなフェラーリのオークションの提供は、購入対価の中で最も価値があります。

http://www.rmauctions.com/am06/vintage-motor-cars-at-amelia-island/lots/1960-ferrari-250-gt-swb-alloy-berlinetta-comp/52115

関連記事

PA15_r178_001

1997 Ferrari F1 046/2 Engine, No. 361 748万円(SOLD)

Sold for €58.500 730馬力、2998のcc DOHCマネッティマレリ

記事を読む

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale

2004 Ferrari F360 Challenge Stradale  2406万円

Sold for (£): 130,500 The Ferrari F360 was

記事を読む

Ferrari 330 GTC

Ferrari 330 GTC ¥ASK

車両価格:ASK フェラーリは、フェラーリのフラッグシップベルリネッタの(275 GT

記事を読む

ferrari-coupe-oldtimer

FERRARI 330GTC (Coupé) 1億17万円

車両価格:850,000スイスフラン   提供を求めるために私達に連

記事を読む

1991 Ferrari Mondial T

1991 Ferrari Mondial T  1099万円

Sold for (£): 59,625 Introduced in 1989 the

記事を読む

1991 Ferrari Testarossa

1991 Ferrari Testarossa 3732万円

Sold for (£): 202,500 Dating back to the 19

記事を読む

1989 フェラーリ 328GTS

1989 フェラーリ 328GTS 1380万円

車両価格:1380万円 レッド 走行16,600km 極上車 http://ww

記事を読む

F1 FERRARI 642

【F1】F1 FERRARI 642 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1991 エンジン:V1265° 電源:710 PS ギア

記事を読む

C29-slider-1_60C

2010 SAUBER FERRARI C29 ¥ASK

    我々は、市場でおそらく最新かつ最も包括的にサポートさ

記事を読む

r2420-img600x401-1452407730utlg7s29871[1]

【ヤフオク】チャレンジ328

チャレンジ仕様の328。代理出品ですので走行。事故歴分からないと致します。マフラーはキダス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク