*

PR

1957 Ferrari 500 TRC Spider 2億8298万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ , ,

1957 Ferrari 500 TRC Spider MO06_r357_4 MO06_r357_3 MO06_r357_2

<スポンサーリンク>

Sold for $2,282,500

Five Owners From New, A Multiple Targa Florio and Period Sports Racing Entry Complete with a Spare 625 TRC Engine and spare 500 tr Gearbox

Coachwork by Scaglietti

190 bhp at 7,000 rpm 1984.8 cc 121 cu. in. water cooled inline four-cylinder enign, double overhead cam with roller tappet followers, dual Weber 40 DCO/A3 twin choke downdraft carburetors, ignition by dual Marelli distributors with a compression of 9.75:1, four-speed manual, all synchromesh, direct drive in 4th gear with live rear axle and double-dry clutch, independent front suspension with unequal length A-Arms and coil springs with rear live axle, coil springs and single trailing arm on each side, Houdaille hydraulic, lever-action shock absorbers, hydraulic four-wheel drum brakes, welded tubular steel frame with centerlock Borrani wire wheels. Wheelbase: 2250 mm 88.6 inches

Enzo Ferrari had left Alfa Romeo in 1940 after a dispute with their head of design, Wilfredo Ricart. By the terms of Ferrari’s agreement with Alfa management he was unable to use his name on a car for four years having sold the rights of his Scuderia Ferrari team to Alfa. He retired to his headquarters in Maranello and started a company called Auto Avio Construzione (A.A.C.). Hiring engineers Massimino and Bellentani, Ferrari produced the 815 model, an eight-cylinder, 1.5- liter car of which a total of two were built; one for the great Alberto Ascari and the other for Marquesa Lottario di Rangoni. Both cars participated in the 1940 Mille Miglia, running well until they were forced to retire.

The onset of WWII dictated that Ferrari curtail his efforts to build a car bearing his name. Fortunately in 1945, he was again able to begin work towards his ultimate goal. That year Ferrari hired Gioacchino Colombo, the designer of the hugely successful Alfa Romeo 158 Grand Prix car which consequently had been one of Enzo’s many former projects at Alfa, and one which Alfa would continue to campaign in updated 159 form in the post-war era. As Colombo had been out of work at the time he readily agreed to design the new V12 1.5-liter engine that Ferrari had requested. Against a background of a post-war Italy suffering from shortages of all raw materials, Ferrari’s engineers, Colombo, Busso and Lampredi, along with the help of development engineer Bazzi, had an engine under test by September of 1946.

Within a short time Enzo’s team had produced its first two cars bearing the now-legal namesake of its patron, Ferrari. Following several unsuccessful runs the new Ferraris were revamped for competition and began achieving the successes Enzo had aspired towards. From that point on, the automotive world became Ferrari’s playground as his race cars seemed to possess the ability to win at will while his eventual road cars became the most significant designs in history creating the benchmark from which all other cars are compared both mechanically and aesthetically.

Over the course of the next several years Enzo would continue to amass not only impressive victories on the track but mechanical geniuses who would further solidify the foundation of the Italian thoroughbred and its evolution in the years to come. The list of designers and engineers reads like a who’s who of innovation and within only a short time Ferrari had developed what was to be one of their most aesthetically beautiful yet brilliantly engineered and efficient sports racing cars, the 500 TRC.

Following engineer Aurelio Lampredi’s departure from Ferrari in 1955 a new engineering team was formed for 1956. It included Vittorio Jano, Alberto Massimino, Luigi Bellentani and the young Andrea Fraschetti. These highly skilled men soon came up with a new two-liter sports racing car – the 500 TR. This was the first Ferrari designated with the mystical name “Testa Rossa.” The four-cylinder-engined type 500 TR was introduced in 1956 and was the successor to the 500 Mondial. Three 500 TRs received a spider body by Carrozzeria Touring and they were to be the last Touring-bodied Ferraris. Fourteen 500 TRs were bodied by Carrozzeria Scaglietti after a design by Pinin Farina. The total production of 500 TRs was 17 units. The chassis was designated Type 518 and the engine Type 131. The 500 TR was officially presented April 28, 1956. The 500 TRs were raced by privateers all over the world.

Half a year later the factory had to produce a new car because the sports commission of the FIA (International Automobile Federation) issued new regulations. For the 1957 season the new Appendix C for modified sports cars became effective. In reality the new regulations had been known since May 1956, when the FIA had approved the new text during their meeting at Baden-Baden, Germany. The 500 TR was outlawed by the new rules, many of which concerned the bodywork. The windscreen now had to be symmetrical over the axis of the car. Width had to measure 100 centimeters and the height at least 15 centimeters. A soft-top was required and the gas tank capacity was to be 120 liters. Also a passenger door was mandated. Engineers, mechanics and designers began a race against the clock. At the end of 1956 Ferrari announced the 500 TRC, a new type which adhered to all of the new FIA regulations. The additional letter “C” in the models name therefore reflected the new Appendix C created by the International Sports Commission.

The new model was assigned chassis Type 518 C and engine Type 131 C. Motor, gearbox and transmission were identical to the 500 TR. The main thing that distinguished the TRC from the first Mondial was the rear axle: a coil sprung rigid axle instead of the deDion variety. The 500 TRC weighed 680 kgs, 40 kgs less than the Mondial. The two-liter engine reached its peak of performance in the TRC: 190 hp at 7,400 rpm instead of 155 hp in the Mondial. The TRC engines proved to be extraordinarily robust.

The chassis structure of the 500 TRC had been reinforced to increase rigidity. At the front end the tubular frame members were somewhat further apart which made it possible to mount the engine lower. This allowed Pinin Farina to design an entirely new body that was lower by 10 centimeters. A small series of only seventeen 500 TRCs were built. Ferrari commissioned Scaglietti to produce the new bodies. The result was one of the most beautiful, charming and seductive Ferrari racing spiders ever built.

The Ferrari factory sold the TRC to private customers all over the world as a weapon against the Maserati A6 GCS. Several TRCs originally had two-tone paint, and not many were colored the typical Ferrari racing red. The small group of nineteen TRCs were produced within one year and less than 12 months later the Ferrari 500 TRC was replaced by the new 250 Testa Rossa with 3-Liter V12-engine. The 500 TRC marked the end of an era: it was Ferrari’s last official 4-cylinder-engined sports car. All further models were equipped with either 6 or 8 (Dino) or 12 cylinder engines.

The car on offer today is the 6th of these 19 total cars (i.e. 17 500 TRCs plus two 625 TRCs). In the past 49 years it has had only five owners. Chassis number 0670 MDTR was sold new by the factory on the 4th April 1957 to first owner Bernardo Cammarata, a wealthy businessman and gentleman driver from Palermo, Sicily. Over the next ten years this gorgeous two-liter Ferrari was raced in Sicily up until 1966.

The 1957 Ferrari 500 TRC Chassis no. 0670 MDTR Period Race History

DATE DESCRIPTION DRIVERS RESULT
May 11, 1958 42nd Targa Florio Bernardo Cammarata and co-driver Domenico Tramontana 10th Overall, 7th in Class
May 24, 1959 43rd Targa Florio Bernardo Cammarata and co-driver Domenico Tramontana 8th Overall, 2nd in Class
May 6, 1962 46th Targa Florio Bernardo Cammarata and co-driver Domenico Tramontana DNS
June 2, 1963 XXII Monte Pellegrino Hillclimb “Caterpillar” (alias name for Mario Tropia of Agrigento, Sicily) 3rd Overall
on Loan From Cammarata
May 17, 1964 XXIII Monte Pellegrino Hillclimb “Caterpillar” (alias name for Mario Tropia of Agrigento, Sicily) 1st Overall, 1st in Class
on Loan From Cammarata
May 9, 1965 49th Targa Florio Francesco Tagliavia and co-driver Silvestre Semilia DNF 8 of 10 Laps
August 1, 1965 XI Trapani-Monte Erice Hillclimb Francesco Tagliavia 7th Overall , 2nd in Class
May 8, 1966 50th Targa Florio Francesco Tagliavia and co-driver Pietro Termini DNF 8 0f 10 Laps
May 28 – June 2, 1966 II Trofeo Automobilistico Internazionale dei Francesco Tagliavia and co-driver Di Liberto 4th in Class
Jolly Hotels, Giro d’Italia, Palermo to Trieste
No fewer than five times was 0670 MDTR entered in the legendary Targa Florio, the most glorious and romantic race event in the world. And seven years after its production, this Sicilian 500 TRC still won the famous Monte Pellegrino hillclimb in Palermo. Original owner Cammarata then sold the car to its second owner, the 36-year old Francesco Tagliavia, another Sicilian who continued to race it for the next three years.

Italian’s pioneer Ferrari collector Giulio Dubbini, owner of the Diemme Caffé production company in Padua, realized the enormous potential of the 500 TRC and became the next owner in 1966. Dubbini campaigned 0670 MDTR over the next twenty years in historic events. The Ferrari remained in the ownership of the Dubbini family until April 1998. Historic racer Corrado Cupellini of Bergamo then took it over and for the next five years entered it in the Shell Ferrari Maserati Challenge race series in Europe.

The 500 TRC subsequently saw more than ten different racetracks in Belgium, Italy, England, Germany and France. In 2003 the Ferrari was sold to its current owner, a successful businessman in California who has had Ferrari 0670 MDTR comprehensively restored and prepared for historic racing by Bert Skidmore’s The Intrepid Motorcar Company, Inc. of Sparks, Nevada at an approximate cost in excess of $470,000. It has also been shown on two occasions at the Palm Beach Cavallino Classic.

Additionally, an extremely rare factory original 2.5-liter 625 TRC spare motor (No. 680 MDTR) was acquired for the car at great expense together with (1) a mostly complete spare New-Old-Stock (NOS) factory original 500 TR gearbox and (2) spare rear differential and somewhat complete rear axle assembly. All of these aforementioned items are included as is its original untouched fuel tank, with the spare motor having been assembled for static display with the internal components unassembled.

The staggeringly comprehensive documentation file includes a Ferrari Factory Heritage Certificate issued in 2004, FIA Papers, Factory Assembly Sheets (Foglio di Montaggio), an original letter written by the Ferrari Factory in 1966 which references 0670 MDTR, an original Certificato di Proprietà issued by the ACI (Automobile Club Italia), many period racing photographs of 0670 MDTR and restoration receipts (together with photographs documenting the various phases of the restoration process).

The 500 TRC with its clean and elegant lines is regarded as one of the most beautiful sports racing Ferraris ever built. Chassis 0670 MDTR is matching numbers and totally authentic. Its entire history is known and has been very carefully researched and documented by marque experts. It is eligible for almost every historic event in the world. The overall condition is absolutely stunning and this exceptional and significant Ferrari is now ready for road, track or show.

Some Ferraris may have achieved greater notoriety but, to the connoisseurs, none of the front-engined cars is more important and prestigious than the highly sophisticated four-cylinder-engined 500 TRCs. Perfect aesthetics coupled with tremendous driving pleasure.

スペア625 TRCエンジンとスペア500 TRギアボックスとの完全な新規、複数のタルガ·フローリオと期間スポーツレーシングエントリから五オーナー

スカリエッティによる自動車の車体

7,000 rpmの1984.8 ccの121立方で190馬力。 。1、4速マニュアル、すべてのシンクロ、水に直列4気筒enign、ローラタペットフォロワーのダブルオーバーヘッドカム、デュアルウェーバー40 DCO / A3ツインチョークダウンドラフトキャブレター、9.75の圧縮とのデュアルマレリの代理店による点火を冷却ライブリアアクスルおよびダブル乾式クラッチ、リアライブアクセル、コイルスプリングとシングルトレーリングアームの各側に、Houdaille油圧、レバーアクションショックアブソーバーとの不等長さA-腕とコイルスプリングとの独立したフロントサスペンションと4速でのダイレクトドライブ油圧四輪ドラムブレーキ、centerlock Borraniワイヤーホイールとスチールパイプフレームを溶接。ホイールベース:2250ミリメートル88.6インチ

エンツォ·フェラーリは、設計の頭、ウィルフレッドRicartとの紛争後の1940年にアルファロメオを去りました。アルファ管理とフェラーリの契約の条件によって、彼はアルファに彼のスクーデリア·フェラーリ·チームの権利を売却した4年間の車の上に彼の名前を使用することができませんでした。彼はマラネロに彼の本部に退職し、自動車アビオConstruzione(AAC)という会社を始めました。エンジニアマッシミーノとBellentani雇用、フェラーリは815モデル、両者の合計が建設されたそのうちの8気筒、1.5リッター車を製造し;マルケサLottarioディRangoniのための偉大なアルベルト·アスカリおよびその他のための1つ。両方の車はそれらがリタイアを余儀なくされただけでなくなるまで実行されている、1940年ミッレミリアに参加しました。

第二次世界大戦の開始は、フェラーリが彼の名を冠した車を構築するための彼の努力を削減することを決定しました。幸いなことに1945年に、彼は再び彼の究極の目標に向かって作業を開始することができました。その年のフェラーリはジョアッキーノ·コロンボ、結果的にアルファは戦後で更新159形式でキャンペーンに続けるアルファでエンツォの多くの元のプロジェクトの一つであり、いずれかをされていた大成功を収めたアルファロメオ158のグランプリカーのデザイナーを雇っコロンボは一度に仕事のうちされていたとして、彼はすぐにフェラーリが要求していた新しいV12 1.5リッターエンジンを設計することで合意しました。すべての原材料の不足に苦しんで戦後イタリアを背景に、フェラーリのエンジニア、コロンボ、BussoとLamprediは、開発エンジニアBazziの助けを借りて、一緒に、1946年9月までにテスト中のエンジンを持っていました。

短い時間内にエンツォのチームは、そのパトロン、フェラーリの今法的同名軸受その最初の2台の自動車を生産していました。いくつかの失敗の実行、次の新しいフェラーリは競争のために刷新し、エンツォが向かって熱望していたの成功を達成し始めました。彼のレースカーは彼の最終的な道路の車は、他のすべての車は機械的にも審美的に比較されるのベンチマークを作成する歴史の中で最も重要な設計になっている間の意志で勝つために能力を持っているように見えたように、その時点以降、自動車の世界では、フェラーリの遊び場になりました

今後数年間にわたってエンツォは、トラック上の印象的な勝利が、さらに今後数年間でイタリアのサラブレッドとその進化の基礎を固めることになる機械的な天才ではないだけを蓄積し続けるであろう。デザイナーとエンジニアのリストは誰フェラーリ革新のだけ短時間だ人レーシングカー、最も審美的に美しい、まだ鮮やかに設計され、効率的なスポーツのひとつ、500 TRCであることだったものを開発していたように読めます。

1955年にフェラーリのエンジニアアウレリオLamprediの出発、次の新しいエンジニアリングチームは、ヴィットリオJano、アルベルト·マッシミーノ、ルイージBellentani若いアンドレアFraschettiは1956年のためにそれは含まれ形成されました。 500 TR – これらの高度に熟練した人は、すぐに新しい2リットルのスポーツレーシングカーを思い付きました。これは、神秘的な名前で指定された第1フェラーリた「テスタ·ロッサ。「4気筒エンジン搭載タイプ500は、TRは1956年に導入され、500モンディアルの後継でした。三つの500のTRは、カロッツェリアツーリングによってクモ本体を受け、彼らは最後のツーリングボディのフェラーリであることがありました。フォーティーン500のTRはピニンファリーナによるデザインの後カロッツェリアスカリエッティによってボディました。 500のTRの総生産量は17単位でした。シャーシはタイプ518と500 TRは正式に500のTRは、世界中のプライベーターにより出走した4月28日、1956年発表されたエンジンタイプ131と命名しました。

半年後の工場は、FIA(国際自動車連盟)のスポーツ委員会は、新たな規制を発行したため、新しい車を生産していました。 1957年シーズンに向けて修正されたスポーツカーのための新しい付録Cには、有効となりました。 FIAは、バーデンバーデン、ドイツで彼らの会議中に新しいテキストを承認したとき、実際には新たな規制は、1956年5月から知られていました。 500 TRは、ボディワークを懸念し、その多くの新しいルールによって非合法化されました。フロントガラスは現在、車の軸の上に対称的でなければなりませんでした。幅100センチメートルの高さの少なくとも15センチ測定しなければなりませんでした。ソフトトップが必要とガスタンク容量は120リットルであることがありました。また、助手席のドアが義務付けられました。エンジニア、メカニックやデザイナーは、クロックとの戦いを開始しました。 1956年の終わりに、フェラーリが500 TRC、新しいFIA規則のすべてに付着した新型を発表しました。モデル名に追加の文字「C」は、したがって、国際スポーツ委員会によって作成された新しい付録Cを反映しています。

新モデルは、131℃でモーター、ギアボックスと送信が500 TRと同一であったシャーシタイプ518 Cとエンジンタイプが割り当てられました。最初モンディアルからTRCを区別主なものは、リアアクスルた:コイルは、剛性アクスルの代わりにdeDion品種を生まれ。 500 TRCはモンディアルより40キロ少ない680キロを、秤量しました。 7,400 rpmで190馬力の代わりにモンディアル155馬力:2リットルエンジンは、TRCでのパフォーマンスのピークに達しました。 TRCエンジンは、非常に堅牢であることが判明しました。

500 TRCのシャーシ構造は、剛性を高めるために補強されていました。先端に筒状のフレーム部材は、低エンジンを搭載することが可能になったその幾分さらに離れました。これは、ピニンファリーナ、10センチ低かった全く新しいボディをデザインすることができました。唯一の17 500のTRCの小さなシリーズは、建設されました。フェラーリは新しい体を生成するためにスカリエッティを依頼しました。その結果、今までに作られた最も美しい魅力的で魅惑的なフェラーリレーシングスパイダーの一つでした。

フェラーリの工場はマセラティA6 GCSに対する武器として、世界中の個人顧客にTRCを販売しました。いくつかのTRCは、もともとツートンカラーの塗料を持っていた、と多くはないが、典型的なフェラーリレーシング赤に着色されました。 19のTRCの小さなグループは、1年以内に製造し、12ヶ月未満後にフェラーリ500 TRCは3リッターV12エンジンを使用して新しい250テスタ·ロッサに置き換えられました。 500 TRCは時代の終わりをマーク:それはフェラーリの最後の公式4気筒エンジン搭載のスポーツカーでした。全ての更なるモデルは6または8(ディノ)または12気筒エンジンのいずれかが装備されていました。

提供する上で、車は、今日では、これらの19の合計の車(すなわち17 500のTRCと2つの625のTRC)の第6回です。過去49年間では5つだけ所有者がありました。車台番号0670 MDTRは最初の所有者ベルナルドカマラータ、パレルモ、シチリア島からのビジネスマンと紳士ドライバ裕福に1957年4月4日に工場によって新たな販売されました。次の10年間で、この豪華な2リットルフェラーリは1966年までシチリア島に出走しました。

1957フェラーリ500 TRCシャーシありません。 0670 MDTR期間レースの歴史

日付概要ドライバは、結果
1958年5月11日第42タルガ·フローリオベルナルドカマラータとコ·ドライバーのドメニコ·トラモンタナ第10回全体的には、クラス7位
1959年5月24日第43タルガ·フローリオベルナルドカマラータとコ·ドライバーのドメニコ·トラモンタナ全体で8番目、クラス2位
1962年5月6日第46タルガ·フローリオベルナルドカマラータとコ·ドライバーのドメニコ·トラモンタナDNS
1963年6月2日XXIIモンテペッレグリーノヒルクライム「キャタピラー」(アグリジェント、シチリア島のマリオTropiaの別名)は全体で3番目
カマラータからの融資で
17月、第1回全体的には、クラスでの第1回1964年XXIIIモンテペッレグリーノヒルクライム「キャタピラー」(アグリジェントのマリオTropia、シチリア島の別名)
カマラータからの融資で
1965年5月9日第49タルガ·フローリオフランチェスコTagliaviaとコ·ドライバーのシルベストルSemilia DNF 8の10ラップ
1965年8月1日XIトラパニ – モンテエリチェヒルクライムフランチェスコTagliavia総合7位、クラス2位に
1966年5月8日第50タルガ·フローリオフランチェスコTagliaviaとコ·ドライバーのピエトロ·テルミニDNF 8 0F 10ラップ
1966年5月28日から6月2日までのクラスのIIトロフェオAutomobilisticoインテル·デイ·フランチェスコTagliaviaとコ·ドライバーディLiberto 4日
トリエステジョリーホテル、ジロ·デ·イタリア、パレルモ
5回よりも少ないない0670 MDTRは伝説のタルガ·フローリオ、世界で最も輝かしいとロマンチックなレースイベントで入力されました。七年、その製造後に、このシチリア500 TRCはまだパレルモの有名なモンテペッレグリーノのヒルクライムを獲得しました。元の所有者カマラータは、その第二の所有者に車を売却し、36歳のフランチェスコTagliavia、今後3年間のためにそれをレースに続けて別のシチリア。

イタリアのパイオニアフェラーリ·コレクタージュリオDubbini、パドヴァのDIEMME CAFFE制作会社の所有者は、500 TRCの大きな可能性を実現し、Dubbiniは、歴史的なイベントの次の20年間で0670 MDTRを運動を1966年に次の所有者となりました。フェラーリはそれを引き継いだし、今後5年間のヨーロッパでシェルフェラーリマセラティチャレンジレースシリーズに入力したベルガモの1998年4月ヒストリックレーサーコラードCupelliniまでDubbiniファミリーの所有権に残りました。

500 TRCはその後、ベルギー、イタリア、イギリス、ドイツ、フランスで以上の10種類のレーストラックを見ました。 2003年にフェラーリは、その現在の所有者、以上のおおよその費用でスパーク、ネバダ州のフェラーリ0670 MDTR総合的に回復し、バート·スキッドモアのザ·イントレピッド自動車会社によって歴史的レースのために準備株式会社を持っていたカリフォルニア州で成功した実業家に売却されました47万ドル。また、パームビーチカヴァッリクラシックで2度示されています。

また、非常にまれな工場のオリジナル2.5リットル625 TRCスペアモーター(第680 MDTR)は、(1)主に、完全な予備の新旧証券(NOS)工場オリジナルの500 TRギアボックスと一緒に莫大な費用で車を取得しましたと(2)リヤデフとやや完全なリアアクスルアセンブリを惜しま。これらの前述のすべての項目は、予備のモーターが組み立てられていない内部コンポーネントの静的表示のために組み立てられたと、元の手つかずの燃料タンクであるとして含まれています。

驚くほど包括的なドキュメントファイルはフェラーリファクトリー遺産証明書は、2004年に発行された含まれ、FIAペーパー、工場組立シート(フォグリオジMontaggio)、0670 MDTRを参照1966年にフェラーリファクトリーによって書かれたオリジナルの手紙、元CertificatoディProprietàによって発行されましたACI(イタリア自動車クラブ)、(一緒に写真が復元処理の様々な段階を文書化すると)0670 MDTRと復元領収書の多くの期間レーシング写真。

そのクリーンでエレガントなラインを持つ500 TRCは、今までに作られたフェラーリのレースで最も美しいスポーツの一つとみなされています。シャーシ0670 MDTRは数字に一致し、完全に本物です。その全体の歴史が知られており、非常に慎重にブランドの専門家によって研究され、文書化されています。これは、世界のほぼすべての歴史的なイベントの対象となります。全体的な状態は絶対に素晴らしいですし、この例外と重大なフェラーリ、道路、トラックやショーのための準備ができました。

一部のフェラーリは大きな悪評を達成しているかもしれないが、愛好家のために、フロントエンジン車のいずれも、4気筒エンジン搭載高度に洗練された500のTRCよりも重要かつ権威あるではありません。完璧な美しさは驚異的なドライビングプレジャーと相まって。

http://www.rmauctions.com/mo06/monterey-sports–classic-car-auction/lots/1957-ferrari-500-trc-spider/93355

関連記事

1971 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA BERLINETTA

US$ 1 million - 1.2 million JPY 120 million -

記事を読む

フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ コンペティション コンバージョン ¥ASK

車両価格:ASK 1969年式 フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ コンペティション

記事を読む

Ferrari 512 TR 2728万円

車両価格:€210,000 完璧な状態! 最初の所有者! ドイツ車! メンテナン

記事を読む

1978 Ferrari 308 GTS Steel Bodied ‘Carb’ Car 988万円

Sold for (£): 53,475 Introduced in 1975 at

記事を読む

2011 Ferrari 599 GTO 8905万円

車両価格:$725,000 Comfort   Becke

記事を読む

1971 Ferrari Dino GT ¥ASK

車両価格:ASK 1971年にはフェラーリディーノGT Vinは#02314.この29

記事を読む

2005 Ferrari 575 5810万円

車両価格:$485,800 2005 Ferrari 575 Superamerica

記事を読む

Ferrari 308 GTB Gr. IV Rally Auto

レーシングカー 内部番号:ferr308_mart EZ:03/1980 SOLD

記事を読む

1991 Ferrari F40 1億5196万円

車両価格:AED4,500,000 Details Make Fer

記事を読む

【ヤフオク】FERRARI フェラーリ F355 前期 6MT 中古エンジン

FERRARI  フェラーリ F355 前期 6MT の中古エンジンの出品です 1995年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク