*

PR

1967 Ferrari 275 GTB/4 Berlinetta 9193万円

AZ06_r120_1 AZ06_r120_3

<スポンサーリンク>

Sold for $742,500

Formerly the Property of Mr. James Coburn

300hp 3,286cc dual overhead camshaft V12 engine, five-speed manual transaxle, four-wheel independent front suspension with coil springs and tubular shocks and four-wheel hydraulic disc brakes.
Wheelbase: 2400mm (94.5″)

The 1964 introduction of the Ferrari 275 GTB signaled an important evolution for Ferrari, finally adopting fully independent suspension which had been tested, developed and proven in Ferrari’s sports racing cars beginning with the Testa Rossa in the early 1960s. Bodied by Scaglietti to a Pininfarina design, the 275 GTB echoed the aggressive, purposeful appearance of the 250 Tour de France and GTO with its long hood, covered headlights, fastback roofline, Kamm tail and vents in both the front fenders and roof sail panel. There was no mistaking a 275 GTB for a posh, comfortable coupe. The engine was Ferrari’s highly developed single overhead camshaft Colombo-based V12 now with 3.3 liters displacement which had proven its performance and reliability in the 250LM and 275P. With three dual choke Weber carburetors the 275 GTB delivered 280 horsepower, 20 more than the 250 SWB Berlinetta.

Two years later Ferrari made a single substantial change to the 275 GTB, giving it dual camshaft cylinder heads. To take advantage of the twin cam heads’ better breathing and higher rpm capabilities it breathed through six dual choke Webers and had dry sump lubrication for high-speed durability. Rated horsepower increased only slightly to 300. The big benefits were in increased torque and a wider range of usable power. Other than an increase in track by 24mm the chassis was unchanged. Pininfarina’s body, which had been enhanced during the 275 GTB’s production with a longer nose to reduce front end lift at speed, also remained essentially unchanged except for a small hood bulge to clear the carburetors. Although it was in production for barely more than a year the 275 GTB/4 has endeared itself to astute drivers who appreciate its unique attributes and traditional styling.

Ferrari 275 GTB/4 s/n 09903 offered here was originally ordered for long-term Ferrari client Freddy Damman. By the time it was delivered to the Belgian distributor, Garage Francorchamps, it was designated for another client, a Mr. von Budgisch, who never took delivery. Jacques Swaters found a new buyer though, actor James Coburn who was at the time enjoying great popularity and success playing Derek Flint in the fantasy secret agent films Our Man Flint and In Like Flint. After several intermediate owners it was acquired in 1992 by its present owner who placed it in the hands of experienced Ferrari restorer Wayne Obrey who has maintained it since.

In Obrey’s expert hands 09903 has benefited from a complete engine and transaxle rebuild as well as continued suspension and brake set-up, plus annual servicing and maintenance to the highest standard for both road and competition.

It has successfully competed at several U.S. historic race meetings but also has been restored and maintained to the highest standards of cosmetic presentation and historical accuracy. Its show history demonstrates the level of presentation and condition, including the GT Class 4 Platinum Award and Coppa Bella Macchina Award at the 1995 National Ferrari Concours, first in GT Class 4 at the 1996 National Ferrari Concours, and GT Class 3 Platinum Award winner at Cavallino Classic in both 2003 and 2004.

A first class Ferrari in impeccable condition throughout, 09903 also is perfectly set up mechanically and sensational to drive. It has been judged against the stiffest specialist competition as one of the best in the world. While the idea that a marvelous Ferrari will get its owner In Like Flint is outdated, 09903 is a Ferrari of the highest caliber; one of the most beautiful, purposeful and charismatic Ferraris ever built that anyone who appreciates the finest high performance machinery would be proud to drive.

Please note, should the purchaser of this lot be a resident of the United States, an additional importation fee of 2.5% of the purchase price will be payable.

氏ジェームズ·コバーンの旧プロパティ

デュアルオーバーヘッドカムシャフトのV12エンジン、5速マニュアルトランスアクスル、コイルスプリング、筒状の衝撃や四輪油圧ディスクブレーキと4輪独立フロントサスペンション3,286cc 300HP。
ホイールベース:2400ミリメートル(94.5 “)

フェラーリ275 GTBの1964年導入は、最終的に、試験された開発され、1960年代初頭にテスタ·ロッサで始まるフェラーリのスポーツレーシングカーで証明されていた完全に独立したサスペンションを採用し、フェラーリのための重要な進化を合図しました。ピニンファリーナのデザインにスカリエッティによるボディは、275 GTBは、フロントフェンダーとルーフ帆パネルの両方でその長いボンネット、覆われたヘッドライト、ファストバックのルーフライン、Kammテールおよび通気口250ツール·ド·フランスとGTOの積極的、意図的な外観をエコー。何の間違いは豪華で快適なクーペのための275 GTBはありませんでした。エンジンは250LMと275Pでその性能と信頼性を証明していた3.3リットルの変位となりましたフェラーリの高度に発達したシングルオーバーヘッドカムシャフトコロンボベースのV12でした。 3デュアルチョークとウェーバーは275 GTBは250 SWBベルリネッタよりも20以上の280馬力を、配信キャブレター。

二年後、フェラーリはそれをデュアルカムシャフトシリンダーヘッドを与え、275 GTBへの単一の実質的な変更を行いました。ツインカムヘッド ‘より良い呼吸や高回転機能を利用するためには、6デュアルチョークヴェーバーを通して呼吸し、高速耐久性のためのドライサンプ潤滑を持っていました。定格馬力は大きな利益が増加したトルクと使用可能な電力の広い範囲であった300にのみわずかに増加しました。 24ミリメートルによるトラックの増加以外のシャーシには変化しませんでした。速度でフロントエンドリフトを低減するために、より長い鼻で275 GTBの製造時に強化されていたピニンファリーナの体も、キャブレターをクリアするために小さなフードバルジを除き、本質的に変化しないままでした。それは275 GTB / 4は、そのユニークな属性と伝統的なスタイルを感謝抜け目のないドライバーに自分自身を慕わた年よりもわずかに多くのための生産にあったが。

ここに提供されるフェラーリ275 GTB / 4、S / N 09903は、もともと長期フェラーリクライアントフレディダムマンのために命じられました。それはベルギーの代理店、ガレージ·フランコルシャンに配信された時間では、それは他のクライアントのために指定された、ミスター·フォン·Budgisch、配信を取ったことがない人。ジャックSwatersは、しかし新たな買い手を見つけた時に絶大な人気と成功を楽しんでいた俳優のジェームズ·コバーンはファンタジースパイ映画でデレク·フリントを再生する私たちの男フリントなどフリント。いくつかの中間所有した後、それ以来、それを維持してきた経験フェラーリ復元ウェインObreyの手にそれを置いて現在の所有者が1992年に買収されました。

Obreyの専門家の手の09903に道路や競争の両方のための最高の水準に完全なエンジンとトランスアクスル再構築だけでなく、継続的なサスペンションとブレーキのセットアップに加え、年間保守点検の恩恵を受けています。

それは成功し、いくつかの米国の歴史的なレースの会議で競っているだけでなく、化粧品、プレゼンテーション、歴史的な精度の高い基準に復元され、維持されています。そのショーの歴史は1996年に国立フェラーリコンクールで第1のGTクラス4で、1995年国立フェラーリコンクールでGTクラス4プラチナ賞、コッパ·ベラMacchina賞を含むプレゼンテーションと状態のレベルを、実証し、GTクラス3プラチナ賞を受賞2003年と2004年の両方でカヴァッリクラシック。

非の打ちどころのない状態でのファーストクラスのフェラーリは全体で、09903はまた、完全に駆動するために機械的かつセンセーショナルな設定されています。それは世界で最高の一つとして最も堅い専門競争に判断されました。素晴らしいフェラーリが好きなフリントで、その所有者を取得するという考えが古いですが、09903は、最高レベルのフェラーリです。最も、美しい意図とカリスマフェラーリの一つは、これまで最高の高性能機械を高く評価し、誰が運転することを誇りになることを内蔵しました。

購入価格の2.5%の追加インポート料は支払われる、このロットの購入者は、米国の居住者でなければなりませんので、あらかじめご了承ください。

http://www.rmauctions.com/az06/vintage-motor-cars-in-arizona/lots/1967-ferrari-275-gtb-4-berlinetta/33833

関連記事

2000 Ferrari F1-2000 1億9652万円(SOLD)

  Sold for $1,804,000 770馬力、フェラー

記事を読む

1976 FERRARI 308 GTB Vetroresina RHD ¥ASK

車両価格:ASK Mileage 45,000 miles

記事を読む

フェラーリ 308 GTB “dry sump” 1340万円

車両価格:€99,500 EZ 03/1977 77.500 km 188 kW

記事を読む

1978 FERRARI 312 T3 FORMULA 1 RACING SINGLE-SEATER 2億6954万円(SOLD)

Sold for US$ 2,310,000 元カルロス・ロイテマン、ジルヴィルヌーヴ

記事を読む

【ヤフオク】驚愕価格でスタート!フェラーリ575M!大人カラー!内外装美車

衝撃価格よりのスタートです!! 4980000円スター

記事を読む

Ferrari 308/288 GTO Turbo ¥ASK

車両価格:ASK 450 HP、本物のレーシングフェラーリを所有する素晴らしい機会。

記事を読む

Ferrari 458 CHALLENGE !5.000KM! 1780万円

車両価格:€130,000 Year: 2013 Km: 5.600 Equipm

記事を読む

1978 Ferrari 308 GTB 1073万円

Sold for (£): 58,075 The 308 GTB was launch

記事を読む

【ヤフオク】★OP700万★F12★改造費500万★新古車★限定カラー★D車★限定  現在価格:550万円

初年度登録 26年(2014y) ・車名    フェラーリF12 ベルリネッタ ・走行距

記事を読む

Ferrari 348 GT Competizione 

スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_348_gt 14112キロ、235キロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク