*

PR

1966 Lamborghini GT 400 Coupe 3132万円(SOLD)

MO06_r353_1

<スポンサーリンク>

Sold for $253,000

One of the Rare Transitional Year 350/400GT and a Multiple Award Winning Example

320bhp, 3929cc four cam V12 engine, five-speed manual transmission, four-wheel independent suspension and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 99.5″

Perhaps more than any other marque, Lamborghini invented the supercar; the formula has always been spectacular styling, Herculean performance and Italian exclusivity. Ferruccio Lamborghini was born and grew up close to Modena, home to so many famous Italian marques. He became wealthy as a manufacturer of tractors and air-conditioning units, however, he had a passion for fine automobiles, and as such was a Ferrari customer. The story goes that a dissatisfied Lamborghini spoke with Ferrari, engineer to engineer, about how Enzo could improve his cars. The resulting snub was enough to encourage Ferruccio to build cars himself.

The decision was not inspired by pique alone; Lamborghini built his own modified FIAT and entered the 1947 Mille Miglia, and more recently he had honed his precision engineering skills investigating becoming a helicopter manufacturer. The decision was also good business as the supercar market was lucrative in early 1960s. In 1963 a one of the world’s most modern car factories was opened in the small town of St Agata, and the Lamborghini legend was born. To ensure the new car was dynamically strong, Ferruccio made sure he had the very best people involved in the project, recruiting Giotto Bizzarrini, fresh from Ferrari for engine design and, on Bizzarrini’s advice, the young Gianpaolo Dallara to oversee the project. He had a very clear vision of what he wanted to build – a comfortable, stylish Grand Tourer which could achieve 150 miles per hour on the Autostrada del Sol.

The 350/400 GT was an evolution of this first Lambo production car, the 350GT. Production numbers were low even by Lamborghini’s standards, with only 23 being made during 1965-1966. Key changes were to the engine, with capacity growing from 3.5 to 4 liters and the compression ratio also increasing, giving the new car 320bhp. All but three of these interim cars were fitted with steel bodies instead of the aluminum of the 350GTs. The British motor journal Autocar were impressed, commenting after 300 miles with the car that it was “better than all the equivalent exotic and home-bred machinery in this glamorous corner of the fast-car market,” an impressive accolade for such a young company, while Road & Track recorded the highest ever top speed with their test car.

This particular example was one of the last cars bodied by Carrozzeria Touring before the company went into liquidation in the autumn of 1966. It has a particularly unusual drive train, with the four-liter motor mated to Lamborghini’s own gearbox design, as per later models, but it retains the 350GT’s English made Salisbury rear axle. 400 GTs intended for the US market were usually fitted with four round headlights, however this car has larger oval units normally seen on the 350GT. The car underwent full mechanical and bodily restoration between 1993 and 1997, and the work was carried out to the very highest standards, as can be seen by these show record highlights:

• 1997 Lamborghini Concours d’Elegance (Concorso Italiano) – 1st in Class, Best in Show and People’s Choice (first car to sweep these awards)
• 1997 Newport Beach Concours Concours d’Elegance – 1st in Class
• 1998 Pebble Beach Concours d’Elegance – 2nd in Class
• 1998 Palos Verdes Concours d’Elegance- 1st in Class
• 1999 Lamborghini Concours d’Elegance (Concorso Italiano) – People’s Choice Award

Many experts believe that these early Lamborghinis remain most true to Ferruccio’s original goal to build the finest in Grand Touring automobiles, and as such this car represents an opportunity to acquire a fabulous piece of motor engineering with a list of accomplishments that is nearly peerless amongst similar cars.

レア暫定年350 / 400GTと複数の賞を受賞した例の一つ

320bhp、3929cc 4カムV12エンジン、5速マニュアルトランスミッション、4輪独立サスペンションと4輪ディスクブレーキ。ホイールベース:99.5 “

おそらく他のどのブランドよりも、ランボルギーニスーパーカーを発明しました。式は常に壮大なスタイリング、超人的パフォーマンスとイタリアの独占となっています。フェルッチオ·ランボルギーニが生まれ、近くモデナ、非常に多くの有名なイタリアマルケスに家に育ちました。しかし彼は、彼は罰金自動車への情熱を持っていた、そのようにフェラーリの顧客だった、トラクターや空調ユニットのメーカーとして裕福になりました。物語は不満ランボルギーニエンツォは彼の車を向上させることができるかについて、操作するフェラーリ、エンジニアと話をしたことになります。結果として冷遇は車を自分自身を構築するためにフェルッチョを奨励するのに十分でした。

決定は、単独でピケに触発されていませんでした。ランボルギーニは、彼自身の修正されたフィアットを構築し、1947年ミッレミリアに入り、より最近、彼はヘリコプターのメーカーとなって調査し、彼の精密工学のスキルを磨いていました。スーパーカー市場は1960年代初めでもうかるあったように、決定はまた、良いビジネスでした。 1963年に世界で最も近代的な自動車工場の一つは、聖アガタの小さな町にオープンした、とランボルギーニの伝説が生まれました。新しい車が動的に強かった確実にするために、フェルッチョはBizzarriniの助言に、若いGianpaoloダラーラは、プロジェクトを監督するために、エンジン設計のためのフェラーリからの新鮮な、ジョットBizzarriniを募集し、彼がプロジェクトに関わる非常に優秀な人材を持っていたことを確認したと。アウトストラーダ·デル·ソルに時速150マイルを達成することができ、快適でスタイリッシュなグランドツアラー – 彼が構築するために何を望むかの非常に明確なビジョンを持っていました。

400分の350 GTは、この最初のランボの生産車、350GTの進化でした。製造番号は、わずか23は1965年から1966年の間に作られていると、あってもランボルギーニの基準で低かったです。主な変更点は、新しい車の320bhpを​​与え、容量は3.5〜4リットル成長し、圧縮比も増加して、エンジンにありました。これらの中間車の3が、すべてが鋼体の代わりに350GTsのアルミを装着しました。英国のモータージャーナルAUTOCAR」は、高速自動車市場のこの魅力的なコーナー内のすべての同等のエキゾチックなと家庭育ちの機械よりも良い “それがあった車で300マイルの後にコメント、このような若い会社のための印象的な栄誉を感銘を受けた、ロード&トラックは、それらの試験車で過去最高トップスピードを記録しています。

4リットルのモータはそれ以降のモデルごとに、ランボルギーニ独自のギアボックスの設計に交配して、この特定の例では、会社がそれは特に珍しいドライブトレインを持つ1966年の秋に清算に入った前に、カロッツェリアツーリングによってボディの最後の車の一つでしたが、それは350GTの英語ソールズベリーリアアクスルをした保持されます。米国市場のために意図された400のGTは、通常、4ラウンドのヘッドライトを装備した、しかしこの車は、通常、350GTに見られる大きな楕円形の単位を有します。車は1993年から1997年の間に完全な機械的および身体的回復を受けて、これらのshowレコードのハイライトにより見ることができるように作業は、非常に高い基準に行きました。

•1997ランボルギーニコンクール·デレガンス(Concorsoイタリア語) – クラス第1回、最高のショーとピープルズチョイス(これらの賞をスイープする最初の車)で
•1997年ニューポートビーチコンクールコンクールデレガンス – クラス第1回
•1998ペブルビーチコンクールデレガンス – クラス2位
•クラスで1998パロスバーデスコンクールD’Elegance- 1日
•1999ランボルギーニコンクール·デレガンス(Concorsoイタリア語) – ピープルズチョイス賞

多くの専門家はこれらの初期のランボルギーニは、グランドツーリング自動車の最高級を構築するためのフェルッチョの本来の目的に最も真のままであることを信じて、そのようなこの車と類似の間でほぼ無比である業績のリストをモータ工学の素晴らしい作品を獲得する機会を表し、車。

http://www.rmauctions.com/mo06/monterey-sports–classic-car-auction/lots/1966-lamborghini-gt-400-coupe/93463

関連記事

1986 LAMBORGHINI COUNTACH 5000 QUATTROVALVOLE ¥ASK

車両価格:ASK   --Black with Beige leath

記事を読む

1971 Lamborghini Miura P400 SV by Bertone

予想価格:$2,000,000 - $2,400,000 4ウェバーツインチョー

記事を読む

1979 Lamborghini Countach LP 400S Series I 8902万円(SOLD)

Sold for $725,000 375馬力、6ツイン喉ウェバー45 DCOE

記事を読む

【ヤフオク】★ムルシエラゴLP640★D車★LBパフォーマンス★クライスジーク★ 現在価格:2948万円

・平成19年3月 ・車名 ランボルギーニ ムルシエラゴ LP640 ・走行距離 1190

記事を読む

1998 ランボルギーニ ディアブロSV 2980万円

車両価格:2980万円 パールホワイト 走行22,000km http://ww

記事を読む

Lamborghini Countach 5000 Quattrovalvole (1986). ¥ASK

車両価格:ASK ランボルギーニカウンタックはちょうど立ち上げフェラーリテスタロッサの

記事を読む

Lamborghini Countach 25th Anniversary 5152万円

車両価格:€380,000 Standard CARLINK offers this u

記事を読む

Lamborghini Gallardo GT3 ¥ASK

車両価格:ASK   Description: Lamborghi

記事を読む

1988 ランボルギーニ Jalpa 1367万円

車両価格:$115,000 V-8ランボルギーニ·ジャルパは1981年にUrracoと

記事を読む

2014 Lamborghini Aventador 50th Anniversario Spyder ¥ASK

車両価格:ASK マットカラー、炭素繊維でT-エンジンカバーは、小さなカーボンで外装詳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク