*

PR

FORD Prodrive Mondeo Super Tourers – Chassis 2 & 3 4604万円

公開日: : フォード ,

3399555 9822612 2834548 3860493

車両価格:£250,000

ツーリングカーレースのフォードの長い伝統が少し導入を必要とするが、成功のごみは、というようにアングリア、コルティナ、ギャラクシー、エスコート、シエラRS500およびなどのモデルの組み合わせを包含する。

規制が2リットルにシフトした場合、通常、吸引パワーフォードは基礎としてのREP-モバイルモンデオを使用することを選択し、1993年以降には、大きな成功を収め、世界中で見られました。最初の年のために作成者のさまざまな方法を使った後、 1999/2000シーズンの契約はバンバリーから絶大な汎用性と成功したプロドライブのチームが優勝しました。

スポーツはすでに争いにマクラーレンとウィリアムズGPの威力を魅了していたこの時点で、それは本当にモータースポーツの大きな銃の戦いだったとプロドライブが正式にトップに上昇! BTCCがあって、間違いなく、式の最前線、それはジャンルの焦点である、従って勝つために過酷な一連のまま。

巨大な予算フォードはBTCCでのアラン・メニュのスタードライバーとアンソニー・レイドに許可割り当てられ、3レースカーの合計は、(ロンドンのミレニアム・ドームでディスプレイ上に存在するようにしたショーカーに加えて)建設されました。

でもこの日には、スーパーツーリング時代は特にその技術力とプロドライブMondeosの面で式の頂点だったと考えられているこの素晴らしい時代の究極になることでした。カスタム作られたサスペンション、超軽量コンポーネントミラージュ戦闘機のために使用されるのと同じ材料で作られたすべてのラウンドとさえフロントガラスは、ビルド仕様での妥協の完全な欠如の手がかりを与えます。実際、2000年に彼らは、その年のチャンピオンシップで第1、第2、第3終えた3車の労力で反対を間引かれました。

この車、シャーシ2は、以下のBTCC競技歴(会場につき2レース)を持っています。

1999年4月、ドニントン、A。リード
DNF – クラッチ
DNF – ノート:最速ラップ
1999年4月、シルバーストーン、A。リード
第7回
DSQ – ピットレーンでスピード違反
1999年9月、オールトン・パーク、A.メニュー
リタイア
第9回
1999年9月、シルバーストーン、A.メニュー
第12回
リタイア
ラウンド3でのクラッシュ(スラクストン)が記載されているとして、それはシーズンの最後の2回の会合でのメニューの使用前に修理している間にリードが今シーズンの残りのための予備のレースシャーシ(数4)に切り替える必要があったことを意味しました。それは2000年シーズンに向けてのテストと開発車として使用された。この後このようにミレニアム・ドームに上記の表示に参加する前に、結果として、多くのアップグレードを受けました。晩年には、式の大広間や一部スイスhillclimbingでの使用を見ています。

実行し、ブライトンパークで2014年にテストされ、それが一日を通して問題なく走ったと私は自分自身を行く持っているのに十分幸運でした。駆動位置が非常に低く設定されており、一方、これまでに、それは驚くべきキャリー速度で運転することは非常に簡単でした内側とブレーキが信じられないほどでした。
検査歓迎は、準備を通じて、後続の使用の前にお勧めします。これは、エンジン、サスペンション、車体と車輪の巨大なキャッシュを備えてスペアの実質的なパッケージが付属しています。

シャーシ3は、以下のBTCC競争の歴史を持っています(会場につき2レース)。

1999年4月、ドニントン、A.メニュー
第2回
リタイア
1999年4月、シルバーストーン、A.メニュー
第13回
リタイア
1999年5月、スラクストン、A.メニュー
リタイア
第6回
1999年5月、ブランズハッチ、A.メニュー
第12回
リタイア
1999年5月、オールトン・パーク、A.Menu
第3回
リタイア
1999年6月、ドニントンパーク、A.メニュー
第5回
第6回
1999年7月、クロフト、A.メニュー
リタイア
リタイア
1999年7月、スネッタートン、A.メニュー
第8回
第9回
1999年8月、スラクストン、A.メニュー
第11回
第3回
1999年8月、Knockhill、A.メニュー
第3回
第1回
1999年8月、ブランズハッチ、A.メニュー
リタイア
リタイア

季節のメニューの先導車としてKnockhillの勝利は簡単にその達成の頂点として際立っています。 2001年まで、プロドライブによって保持、シャーシ2のように、それは、式の大広間での使用を見ていますが、いくつかの年のためにレースをしていません。

検査歓迎は、準備を通じて、後続の使用の前にお勧めします。これは、エンジン、サスペンション、車体と車輪の巨大なキャッシュを備えてスペアの実質的なパッケージが付属しています。要約するだけでスペアが2台のスペースを取ります!

パッケージ全体が£25万ポンドで販売と提供に開放され、その姉妹車、シャーシ2とのパッケージとして厳密に提供しました。

Ford’s long heritage of Touring Car racing requires little introduction, the litter of success encompasses a mix of models such as the Anglia, Cortina, Galaxie, Escort, Sierra RS500 and so on.

When the regulations shifted to 2 Litre normally aspirated power Ford opted to use their rep-mobile Mondeo as the basis and from 1993 onwards it was seen across the globe with great success. After using a variety of preparers for the initial years; for the 1999/ 2000 season the contract was won by the hugely versatile and successful Prodrive squad from Banbury.

By this time the sport had already lured the might of McLaren and Williams GP into the fray, it really was a battle of Motorsport’s big guns and Prodrive duly rose to the top! The BTCC was, and arguably remains, the forefront of the formula and the toughest series to win hence it is a focal point for the genre.

The huge budget Ford allocated allowed for star drivers in Alain Menu and Anthony Reid in the BTCC and a total of 3 race cars were built (in addition to a show car that was to reside on display at the Millennium Dome in London).

Even to this day, it is regarded that the Super Touring era was the pinnacle of the formula especially in terms of their technical prowess and the Prodrive Mondeos were to become the ultimate of this amazing era. Custom made suspension, super lightweight components all round and even a windscreen that was made of the same material used for the Mirage fighter jet gives clue to the total lack of compromise in the build specification. Indeed in 2000 they decimated the opposition with a 3 car effort that finished first, second and third in that year’s championship.

This car, chassis 2, has the following BTCC Competition history (2 races per venue);

April 1999, Donington, A. Reid
DNF – Clutch
DNF – note: Fastest lap
April 1999, Silverstone, A. Reid
7th
DSQ – speeding in the pit lane
September 1999, Oulton Park, A. Menu
DNF
9th
September 1999, Silverstone, A. Menu
12th
DNF
A crash at round 3 (Thruxton) meant that Reid had to switch to the spare race chassis (number 4) for the rest of the season while it was repaired prior to Menu’s use in the season’s final two meetings as listed. Following this it was used as a test and development car for the 2000 season thus received many upgrades as a result before joining the aforementioned display in the Millennium Dome. Latterly it has seen use in Formula Saloons and some Swiss hillclimbing.

Run and tested in 2014 at Blyton Park, it ran without issue throughout the day and I was fortunate enough to have a go myself. Whilst the driving position is set so low and so far inboard it was very straightforward to drive with amazing carry speed and the brakes were incredible.
Inspection welcome, a through preparation is recommended prior to any subsequent use. It is accompanied by a substantial package of spares that includes a huge cache of engine, suspension, bodywork and wheels.

Chassis 3, has the following BTCC Competition history (2 races per venue);

April 1999, Donington, A. Menu
2nd
DNF
April 1999, Silverstone, A. Menu
13th
DNF
May 1999, Thruxton, A. Menu
DNF
6th
May 1999, Brands Hatch, A. Menu
12th
DNF
May 1999, Oulton Park, A.Menu
3rd
DNF
June 1999, Donington Park, A. Menu
5th
6th
July 1999, Croft, A. Menu
DNF
DNF
July 1999, Snetterton, A. Menu
8th
9th
August 1999, Thruxton, A. Menu
11th
3rd
August 1999, Knockhill, A. Menu
3rd
1st
August 1999, Brands Hatch, A. Menu
DNF
DNF

As Menu’s lead car for the season the Knockhill victory easily stands out as the pinnacle of its achievement. Retained by Prodrive until 2001, like chassis 2, it has saw use in Formula Saloons but has not raced for some years.

Inspection welcome, a through preparation is recommended prior to any subsequent use. It is accompanied by a substantial package of spares that includes a huge cache of engine, suspension, bodywork and wheels. In summary the spares alone take up the space of 2 cars!

Offered strictly as a package with its sister car, chassis 2, the whole package is priced at £250,000 GBP and open to offers.

http://www.motorsportauctions.com/category/337/BTCC/listings/34716/FORD-Prodrive-Mondeo-Super-Tourers-Chassis-2-and-3.html

関連記事

フォード マスタング マッハ1

フォード マスタング マッハ1 コンバーチブル295万円

フォードマスタングマッハOneコンバーチブルクリーブランド1973オリジナルH-コードカブリ

記事を読む

image

c.1986 Ford RS200 ‘S’ Coupé  1767万円(SOLD)

Sold for €138,000 c.1986フォードRS200 'S'クーペ カ

記事を読む

ford_escort-rs_rally_a

Ford Escort Coswort RS Rally 1119万円

車両価格:€85,000 RSオリジナルボディ。ただ、体サンドブラスト処理し、最初か

記事を読む

26005363_620x465

1992 Ford Thunderbird 651万円

車両価格:$ 59,900 年:1992 付加価値税:付加価値税は除外します 場

記事を読む

image_011

Ford fiesta S2000 2018万円

車両価格:£110,000 The car is evo1 , the gear is m

記事を読む

Ford RS200 'S'

Ford RS200 ‘S’ 5697万円

車両価格:£300,000   The Ford RS200 was

記事を読む

スーパーフォーマンス GT40 マーク1

スーパーフォーマンス GT40 マーク1 3186万円

車両価格:3186万円  バックオーダーが2-3年と言われるスーパーフォーマンス製のGT4

記事を読む

1964 FIA Ford Falcon race car

1964 FIA Ford Falcon race car 1183万円

Sold for (£): 64,740 There are a number of

記事を読む

Ford Capri 2600RS, 1973

Ford Capri 2600RS, 1973 ¥ASK

車両価格:ASK Ford Capri 2600RS to full Group-2

記事を読む

AZ16_r199_001

2005 Ford GT

   予想価格:$300,000 - $325,000   550馬力

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク