*

PR

1928 Bugatti Type 358B Recreation 6079万円

4149343[1] 2285296[1] 1436314[1]

<スポンサーリンク>

車両価格:$495,000

1928ブガッティタイプ35B
S / N BC 83
ブラックレザーフレンチレーシングブルー

ブガッティ35は、予め第二次世界大戦グランプリカーのミニマリストの行をepitomizing、リヨンで1924年のフランスGPでのレースデビューを果たしたし、紛れもなく20世紀の象徴的な自動車デザインの一つであり、1924年のパリモーターショーで紹介されました。当初は2リットルまたは35Cとして過給2リットルとして建てられ、1926年タルガ・フローリオブガッティの準備のために35Tを生産する2.3リッターへの2リッターエンジンのストロークを長く。ブガッティの軽量のおかげで、豊富なパワーと優れたバランスが3作品の車は、最終的にブガッティのために1926年の世界選手権を獲得し、コンスタン、GouxとMinoiaに牽引され、第1、第2および第3の仕上げ、1926年タルガ・フローリオを支配しました。

タイプ35は、タルガコンプレッサー(TC)になって、小さいタイプ39過給機を使用して、1927年シーズンに向けて過給されました。その後、1927年に大きな185ミリメートルワイド送風機が取り付けられていたと素晴らしい35Bが誕生しました。 1928年1月1日/ 2リットルグランプリ式は、2.3リットルブガッティタイプ35の選択肢のレースチームの武器を作るチームの手に20年代と初期の30年代後半に無数のグランプリとスポーツカーレースを獲得し、放棄されましたプライベータードライバー。ブガッティ35sは1925年、1926年、1927年、1928年と1929年にタルガ・フローリオを支配。フランスGPは、1926年から1930年まで毎年1929年就任のモナコグランプリそれで成功は、1930年モナコGPのためのグリッド上の23台の14ブガッティたことが35型でした。

ブガッティタイプ35B、S / N BC83は黒い革でブガッティレーシングブルーに終了し、手作りと精度は、すべてのクロスウェイトとガーディナーとその慣れていない人のために1999年にクロスウェイトとガーディナーによって建てられた、それがあった会社はによって選ばれました今、世界中のツアー彼らのシルバーアローのレプリカを構築するためのアウディとメルセデス。アウディとメルセデスの両方によって、このようなタスクを与えられることを独自に名誉ですが、さらに多くの立派なクロスウェイトとガーディナーなど細部に完璧に近くなるように最初からこれらの車を構築します。それは確かに同様の高品質なレクリエーションの他のメーカーから離れて車を設定します。

9ころ軸受、正しい4速ギアボックス、半楕円フロントおよび1/4楕円リアスプリング、四輪機械式ドラムブレーキでライブ車軸サスペンションで正しい130hp、2.3リットルのオーバーヘッドカムインライン8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、8本スポークアルミホイール、単一エアロスクリーンとシングルサイドマウントスペア。新しい、最高水準の行わように。 2000年から2004年までジャージー島のCarcoonに保持した後、タスティン、カリフォルニアにマクファーソン美術館コレクションで表示されます。 2008年にマクファーソン博物館から取得された後、エンジンを総合的に再構築され、大幅な費用で、歴史的なレースのために準備されたフィル・ライリーと(株)に送られました。それはブガッティグランプリ(2010)、モントレーHistorics、(ラグナセカ)、ソノマ(インフィニオン)、オートクラブスピードウェイ(フォンタナ)、ボタンウィロー含め、それ以来、カリフォルニア州全体にレースをされています。そのレースの攻撃に加えて、それはまた、カリフォルニア州ミルに参加しました。紀元前83はまた、プラム・スプリングスで勝利コンクールを集めており、2013年の中にウズラで示された/ nは紀元前83ランをし、素晴らしいサウンド、北米有数のモータースポーツの集まりの多くに両手を広げて受け入れられてきました。

詳細な履歴:

1999年、クロスウェイトとガーディナー、名声ブガッティの専門家、Hoggeファーム、バックステッド、イーストサセックス、TN22 4AX、イングランドによって建てられました。

2000-2004は、ジャージー、イングランドの島のcarcoon(制御インフレータブルと気候)でストレージに保管。

2004年、マクファーソンコレクション、タスティン、カリフォルニア別名、ジョーのガレージに売却

マクファーソンコレクション別名ジョーのガレージ、タスティン、カリフォルニア州でのディスプレイ上の2004-2008、

2008年6月14日、のRMオークション、マクファーソンコレクション。現在の所有者に売却。

ワインカントリークラシックで2009年、30〜31月、レース#2。

2009年は、7月11日には、CCCAサンマリノクラシックカーショー、レイシーパークで示します。

2009年、14から06 8月、ロレックスモントレーヒストリックカーレースでのレース#21。

2010年は、8月13日には、ウズラモータースポーツの収集、ウズラロッジ、カーメルバレーに示します。

2010年8月14日、ロレックスモントレーヒストリックカーレースでのレース#12、20日。

2011年、19-21 8月、ロレックスモントレーモータースポーツレユニオンでのレース#21。

2012年3月、マイク・シーハンFerraris-online.comと委託に。

2012年8月、モントレー、カリフォルニア、事前に歴史的なモントレーヒストリックレースに入力されたと認められました

カリフォルニア州ミルラリーに参加2013年、月、

ウズラで表示される2013年8月、:モータースポーツ・ギャザリング

2015年、ワインカントリークラシックを含む様々な歴史的なレースの会場

2015年7月、ファンタジージャンクションに委託。

化粧品、車は美しく、新鮮で本物の外観を有します。車の細部は、リーフスプリング、ホイールに仕上げにブレーキを操作検索し、ケーブルから本格的に感じています。安全配線が全体に使用され、割合は、見て、機械的および化粧品の側面の感触は絶対にスポットオンです。塗料は非常に良い形です。磨いて光っている部分と金属トリムも同様に非常にいいですし、全体的なプレゼンテーションが復元車のそれと一致している(または内蔵このケースでは)何年か前に、定期的に使用し、無視することはありません。

インテリアは、エンジンになっアルミダッシュボード、無地アルミインナーパネル、素敵な革張りと、本物の計測機器やコントロールと同様です。機械部品のルーティングは、それシフターやサンプオイラーも、すべて本物である、とpetcocksは、彼らが最初にされているのと同じように燃料供給システムに存在しています。ステアリングホイールは優れており、自動車の他の部分と同様に、あまりにも新しい表示されません。

エンジンコンパートメントは、この期間のすべてBugattisを区別する機械部品に同じ宝石のような文字で、同様に提示します。エンジン、ファイアウォール、および過給機は、すべての芸術作品や幻想的な信憑性を再現しています。コンポーネントは慎重に享受されている車で、再び一貫性、非の打ちどころのないが、清潔できれいに詳述されています。

この車について非常に最高のものの一つは、それが使用されるように頼むことです。オリジナルタイプ35Sの価値が数百万人であり、かけがえのない歴史的な成果物ですが、この車は元の製造業者によって修復することができるものは、それに起こるだけでなく、正確に酔わダイレクト、すべての時間の最大の車の1台の機械的性質をキャプチャする必要があります。考え込むが、微妙な経験を減少させる任意の方法ですることなく、使い勝手のためにアップグレードし、品質とクラフトマンシップは絶対に途方もないと深く印象的です。それはモルスハイム内蔵車ではなく、結果はすばらしい価値、本当に特別なドライビング体験を表し酔わ自動車であるという事実と、車の深く忠実なプレゼンテーションを調和させる興味深い心理的影響に追加します。

クロスウェイトとガーディナーによるこの素晴らしいブガッティは、道路灯、アリゾナ州のタイトル、道路登録、フィル・ライリーと(株)エンジンとクラッチ再構築に関連したかなりのドキュメントで提供されています。ほぼすべての首位北米の自動車集まりに一見資格、その次の熱狂的なカストディアンで使用するための機会の不足はありません。

 

1928 Bugatti Type 35B
s/n BC 83
French Racing Blue with Black Leather

The Bugatti 35 was introduced at the 1924 Paris Motor Show, made its racing debut at the 1924 French Grand Prix at Lyons and is unquestionably one of the iconic automotive designs of the 20th century, epitomizing the minimalist lines of the pre-WWII Grand Prix car. Initially built as a 2-litre or 2-litre Supercharged as the 35C, in preparation for the 1926 Targa Florio Bugatti lengthened the stroke of its 2-litre engine to 2.3-litre to produce the 35T. Thanks to the Bugatti’s light weight, plentiful power and excellent balance the three works cars dominated the 1926 Targa Florio, finishing 1st, 2nd and 3rd, driven by Constantini, Goux and Minoia, ultimately winning the 1926 World Championship for Bugatti.

The Type 35 was supercharged for the 1927 season using the smaller Type 39 supercharger, becoming the Targa Compressor (TC). Later in 1927 the larger 185mm wide blower was fitted and the fabulous 35B was born. In 1928 the 1-1/2 litre Grand Prix formula was abandoned making the 2.3 liter Bugatti Type 35 the race teams’ weapon of choice, winning countless Grand Prix and sports car races in the late 20’s and early 30’s in the hands of team and privateer drivers. Bugatti 35s dominated the Targa Florio in 1925, 1926, 1927, 1928 and 1929; the French Grand Prix every year from 1926 to 1930 and the inaugural Monaco Grand Prix in 1929. So successful was the Type 35 that 14 of the 23 cars on the grid for the 1930 Monaco Grand Prix were Bugatti.

Bugatti Type 35B, s/n BC83 is finished in Bugatti Racing Blue with black Leather, and was handcrafted and precision built by Crosthwaite and Gardiner in 1999. For those who are not all that familiar with Crosthwaite and Gardiner, it was a company chosen by Audi and Mercedes to build their Silver Arrow replicas which now tour all over the world. To be given such a task by both Audi and Mercedes is honorable on its own, but even more admirable as Crosthwaite and Gardiner build these cars from scratch to be near perfect in every detail. It certainly sets the car apart from other manufacturers of similar high quality recreations.

Fitted with a correct 130hp, 2.3-liter overhead-cam inline-eight cylinder supercharged engine with nine roller bearings, a correct four-speed gearbox, live axle suspension with semi-elliptic front and quarter-elliptic rear springs, four wheel mechanical drum brakes, 8-spoke alloy wheels, single aero screen and a single side-mount spare. Like new and done to the highest standards. Kept in a Carcoon on the Jersey Islands from 2000 to 2004 and then displayed at the MacPherson Museum Collection in Tustin California. After being acquired from the MacPherson Museum in 2008 it was sent to Phil Reilly and Co. where the engine was comprehensively rebuilt and prepared for historic racing at significant expense. It has been raced throughout California since then, including the Bugatti Grand Prix (2010), The Monterey Historics, (Laguna Seca), Sonoma (Infineon), Auto Club Speedway (Fontana), Buttonwillow. In addition to its racing exploits it also participated in the California Mille. BC 83 has also gathered concours wins at Plam Springs, and was shown at The Quail in 2013. s/n BC 83 runs and sounds great, and has been accepted with open arms to many of North America’s premier motorsport gatherings.

A detailed history:

1999, built by Crosthwaite and Gardiner, renown Bugatti specialists, Hogge Farm, Buxted, East Sussex, TN22 4AX, England.

2000–2004, kept in storage in a carcoon (inflatable and climate controlled) on the Isle of Jersey, England.

2004, sold to Joe’s Garage, a.k.a. the MacPherson Collection, Tustin, CA.

2004–2008, on display at Joe’s Garage, a.k.a. the MacPherson Collection, Tustin, CA.

2008, 14 June, at the RM Auction, The MacPherson Collection. Sold to the current owner.

2009, 30–31 May, race #2 at the Wine Country Classic.

2009, 11 July, shown at the CCCA San Marino Grand Classic Car Show, Lacy Park.

2009, 14–06 Aug., race #21 at the Rolex Monterey Historic Automobile Races.

2010, 13 Aug., shown at the Quail Motorsport Gathering, Quail Lodge, Carmel Valley.

2010, 14 Aug., race #12 at the Rolex Monterey Historic Automobile Races, 20th.

2011, 19–21 Aug., race # 21 at the Rolex Monterey Motorsports Reunion.

2012, March, on consignment with Mike Sheehan’s Ferraris-online.com.

2012, August, Entered and accepted for the pre-historic and Monterey Historic races, Monterey, CA.

2013, May, Participated in the California Mille Rally

2013, August, Displayed at Quail: A Motorsport Gathering

2015, Various historic racing venues including the Wine Country Classic

2015, July, consigned to Fantasy Junction.

Cosmetically, the car has a beautifully fresh and genuine appearance. Every detail of the car looks and feels authentic from the cable operated brakes to the finishes on the leaf springs and wheels. Safety wiring is employed throughout and the proportion, look, and feel of the mechanical and cosmetic aspects is absolutely spot-on. The paint is in very good shape. The brightwork and metal trim are very nice as well and the overall presentation is consistent with that of a car restored (or in this case built) some years ago, used regularly, and never neglected.

The interior is similar with engine turned aluminum dashboard, plain aluminum inner panels, nice leather upholstery, and authentic instrumentation and controls. The routing of mechanical components, be it the shifter or sump oiler, is all authentic, and petcocks are present in the fueling system just as they would have originally been. The steering wheel is excellent and does not appear too new, like the rest of the car.

The engine compartment presents similarly, with the same jewel-like character to the mechanical components that distinguishes all Bugattis of this period. The engine, firewall, and supercharger are all works of art and reproduced with fantastic authenticity. The components are clean and nicely detailed, although not spotless, again consistent with a car that has been carefully enjoyed.

One of the very best things about this car is that it begs to be used. While original Type 35s are worth millions and are irreplaceable historical artifacts, this car can be repaired by its original manufacturer should anything happen to it, but also accurately captures the intoxicating directness and mechanical character of one of the greatest cars of all time. Thoughtfully but subtly upgraded for enhanced usability without in any way diminishing the experience, the quality and craftsmanship is absolutely tremendous and deeply impressive. Add in the interesting psychological effect of reconciling the car’s profoundly faithful presentation with the fact that it is not a Molsheim-built car, and the result is an intoxicating automobile that represents superb value and a truly special driving experience.

This wonderful Bugatti by Crosthwaite and Gardiner is offered with road lights, an Arizona title, road registration, and considerable documentation relating to the Phil Reilly and Co. engine and clutch rebuilds. Seemingly eligible for nearly every premier North American automotive gathering, there will be no shortage of opportunity for use with its next enthusiastic custodian.

 

http://www.motorsportauctions.com/category/314/Historic-Race-Cars/listings/34854/1928-Bugatti-Type-358B-Recreation.html

関連記事

2010 Bugatti Veyron

      2010 Bug

記事を読む

ブガッティ ヴェイロン 16.4 Bleu Centenaire ¥ASK

車両価格:ASK 2009年式 ブガッティ ヴェイロン ブルーサントネール ヴェ

記事を読む

2014 Bugatti Vitesse Meo Costantini 3億3734万円

車両価格:AED9,990,000 Details Make Buga

記事を読む

1938 Bugatti T57C Aravis Drophead Coupe 1億2938万円(SOLD)

Sold for $1,045,000 One of Only Two Superc

記事を読む

1938 Bugatti Type 57C Atalante

$2,200,000 - $2,500,000 160馬力、ルーツ式スーパーチャ

記事を読む

Dauer ブガッティ EB110 Supersport 8964万円

車両価格:€690,000 カーボン軽量 - 最終版で販売 - 非常にまれDauerブ

記事を読む

BUGATTI GRAND SPORT VITESSE ¥ASK

車両価格:ASK BUGATTI GRAND SPORT VITESSE

記事を読む

アウディ TT クーペ 1.8T BUGATTI VEYRON LeMAN 仕様 280万円

BUGATTI VEYRON LeMAN 仕様 ベース車輌アウディTTのレプリカです。

記事を読む

BUGATTI GRAND SPORT ¥SOLD

BUGATTI GRAND SPORT YEAR : 2011 MI

記事を読む

Bugatti Veyron Supersports Roadster 2011 ¥ASK

車両価格:ASK Make: Bugatti Model: Veyron

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク