*

PR

1965 Bradham BT14 976万円

公開日: : 未分類 ,

8926808[1] 2910837[1] 1846304[1]

<スポンサーリンク>

車両価格:$79,500

1965年ブラバムBT-14
S / N F-LIBRE-9-65
ホワイト/ブラックインテリアとブルーレーシングリバリー

、式Iで1960年までに1960年から1970年の間に、式IIおよび式IIIを競うために3度のワールド・ドライビングチャンピオンジャック・ブラバムと天才レースカーデザイナーロンTauranac、構築された車によって設立されたブラバム当社は、ブラバムは、顧客の世界最大のサプライヤでしたオープンホイールレースカー。ジャック・ブラバムの1966年ワールドドライバーズ選手権はドライバー自身の名を冠した車を使用してのみ、そのような成果のまま。式IIIで自分BT15は、将来のF1星の手に42レースを獲得した一方で、その会社の名の下にレース、「モーターレースの展開」、式IIで、一つのモデルは、11戦連続優勝しました。米国では、アメリカのスポーツカークラブによって認可レースで、Brabhamsは1100ccシングルカムエンジンで式Cで実行した、より一層首尾1600ccツインカムエンジン、のセットで(後に式大西洋として知られている)式Bでヨーロッパの式IIのカテゴリとほぼ同じパラメータ。

この特定のBT14もBT29sに対して、実績のあるフロント実行例です。これは、ロータスツインカムモーターはクラウザーによって再構築、文書化1600ccに低い時間を持っており、ヒューランド製のMk 9を文書化し、5速トランスアクスルは、テイラー・エンジニアリング、これらの車のための両方北アメリカの専門家によって再構築します。それは戻って1970から1971年に文書化された歴史、そしてかなりのスペアで提供されています。

この車は、車の歴史のこの部分は決定的に記載されていませんが、その人生の早い段階で、ヨーロッパでレースをしていると考えられています。車はまたに(ジョン橋が所有)レッドローズモーターズの旗の下にレースをしていると考えられている1966年にそれは1965年にピエール・Bardinonによって最初に所有し、マスドゥクロのレースチームが運営する1965年から1966年にフランスでと伝えましたイギリス後に、BT-14は、ブライアン・レッドマンによるものであった、1960年代にオールトン公園でピーターMcFadyenの著書モーターレーシングによると1966年7月、インチ本は “… 2位ジョン橋「ブラバムBT14を駆動する、以前の日に彼のこれまでのセカンドシングルシーターのレースを持っていた、1966年7月[ブライアン・レッドマン]に”、84ページの車を述べて明らかに1967年シルバーストーンクラブでレースシーズン開幕戦、その後、それはポートランドのニール・ハンセンによって所有されていると考えられているオレゴン州に大西洋を渡って、その方法を作りました。車の決定的なドキュメントは、1970年または1971年に始まり、HA (また、オレゴン州)サトクリフ彼は1970年代後半にスプリングフィールド、オレゴン州のスコット・ラニーに売却するまで、車を購入し、彼はそれをローカルに出走。

車の次の所有者が1989年の冬のジョンBuddenbaumは1990年代初頭に自動車に広範かつ文書化された復元を実行持っていた8月にカリフォルニア州マウンテンビューにあるポール・ウィンターズに車を売却し、レースユージーン、オレゴン州のルイス・ベンツェンました彼はそのようなSCCA、HSR、CSRG、およびHMSAなどの制裁団体と、シアーズポイント、ラグナセカ、とサンダーなど、地元のカリフォルニア州北部の会場で90年代の残りのために車をレース1993年に初めての車。

車の現在の所有者は、サンフランシスコのベイエリア(メンロパーク)の居住者であり、彼が誠実に維持し、道に沿って、それを復元し、約10年のために車を実行した2001年1月にそれを買いました。 1600ccロータスツインカムモーターは、2009年にトム・クラウザーによって再建し、その上に約8時間を持っていました。それはダイノテストされ、6500 rpmで7500 RPMと136 TQで187hpを作りました。テイラー・エンジニアリングは、2010年にヒューランド製のMk 9 5速トランスアクスルを再構築し、それはそれでゼロ時間を持っています。ロン・チザムは新しい塗料、新しいブレーキ、再構築機器、及び名産排気システムを含む、2009年の他の修復作業の月に車を設定します。

(ACCUS、FIA認証アームの)ジェレミー・ホールは車を評価し、その信憑性の高い話をした2007年には、特に注目すべき事実は、ブラバムがによく知られている、特にので、珍しいことではありません、このシリアル番号の代替のクレームがあることを考えます特定のシリアル番号を複数回使用しました。ホールは公にBT-14専用のスレッドの10ページの10分の10秒モータースポーツフォーラムに車の歴史を説明しました。車のロールフープ(含まれているが現在インストールされていないが)さらに、このシリアル番号を他の二つの請求者が歴史を持っていることを考えると、この車の歴史、情報の特に注目すべき作品をサポートし、1970年代初頭にさかのぼる初期の北西部SCCA刻印されている番号を持っていますのみにまでさかのぼる1980年代のように。ロールフープは、1975年からハイテクステッカーと一緒に、車に含まれています。

今日、車はサクサク感と清潔さの高い、非常に素晴らしいヴィンテージレーサー化粧品を持っています。塗装は魅力的で、車体は、最小限のダメージ、ヴィンテージレースカーのボディガラス繊維に共通しているだけでいくつかの小さなヘアラインクラックを持っています。エンジンとその付属品であるとして、シャシーとサスペンションは、きれいに詳述されています。インテリアも同様にレザートリミングステアリングホイールとスミス楽器を含め、期間-正しい感覚で、よく行われます。ベルトは高品質WILLANSアイテムです。

これは非常に完全な歴史と豊富なドキュメントと非常によく準備し、競争力のあるBT-14を獲得する絶好の機会です。ドキュメントの厚いファイルは車の起源に関連にまでさかのぼる1993としてレース活動を示す書籍、およびドキュメントを記録し、請求書、写真、対応の25年以上が含まれている車、に含まれています。車はまた、新しいスプリング、新しいリアアップライト、予備の販売代理店、新しいアーム、6車輪を含むスペアのホストが付属して、2つの新しいブレーキローター、3ピストン(元ブラバムグラグラ車輪がベスはTestLab、カリフォルニア州サンノゼでチェッククラック) 、マフラー、いくつかのボディワークの金型、補助ガスタンク、炭水化物カバー、その他のフィルター、スパークプラグ等、及びR&P、ギア、およびエンドカバーを含むトランスアクスルの内部。

 

1965 Brabham BT-14
s/n F-LIBRE-9-65
White/Blue Racing Livery with Black Interior

The Brabham Company, founded by three-time World Driving Champion Jack Brabham and genius racecar designer Ron Tauranac, built cars to compete in Formula I, Formula II and Formula III between 1960 and 1970. By 1960, Brabham was the world’s largest supplier of customer open wheel racecars. Jack Brabham’s 1966 World Driver’s Championship remains the only such achievement using a car bearing the driver’s own name. Racing under their firm name, “Motor Racing Developments”, in Formula II, one model won eleven consecutive races, while in Formula III their BT15 won 42 Races in the hands of future F1 stars. In the United States, in races sanctioned by the Sports Car Club of America, Brabhams ran in Formula C with 1100cc single cam engines, and even more successfully in Formula B (later known as Formula Atlantic) with 1600cc twin cam engines, a set of parameters nearly identical to Europe’s Formula II category.

This particular BT14 is a proven front running example, even against BT29s. It has low hours on a documented 1600cc Lotus Twin-Cam motor rebuild by Crowther, and documented Hewland Mk 9, 5-speed transaxle rebuild by Taylor Engineering, both North American experts for these cars. It is offered with documented history back to 1970-71, and considerable spares.

This car is believed to have raced in Europe early in its life although this portion of the car’s history is not conclusively documented. It was reportedly in France in 1965-1966 owned initially by Pierre Bardinon in 1965, and run by the Mas du Clos racing team in 1966. The car is also thought to have raced under the Red Rose Motors banner (owned by John Bridges) in the United Kingdom later in July 1966, where, according to Peter McFadyen’s book Motor Racing at Oulton Park in the 1960s, a BT-14 was driven by Brian Redman. The books states on page 84, “in July 1966 [Brian Redman], having had his second ever single-seater race earlier in the day, driving John Bridges’ Brabham BT14 to second place…” The car apparently raced at the 1967 Silverstone Club Season Opener and subsequently made its way across the Atlantic to Oregon, where it is believed to have been owned by Neil Hansen of Portland. The decisive documentation of the car begins in 1970 or 1971 when H.A. Sutcliffe (also in Oregon) purchased the car, He raced it locally until he sold it to Scott Raney of Springfield, Oregon in the late 1970s.

The car’s next owner was Louis Bentsen of Eugene, Oregon, who sold the car to a Paul Winters in Mountain View, California in August of 1989. Winters had John Buddenbaum perform an extensive and documented restoration on the car in the early 1990s and raced the car for the first time in 1993. He raced the car for the remainder of the 90s in local Northern California venues, including Sears Point, Laguna Seca, and Thunderhill, with sanctioning bodies such as SCCA, HSR, CSRG, and HMSA.

The car’s current owner is also a resident of the San Francisco Bay Area (Menlo Park) and bought it in January of 2001. He ran the car for approximately ten years, conscientiously maintaining and restoring it along the way. The 1600cc Lotus Twin-Cam motor was rebuilt by Tom Crowther in 2009 and has about 8 hours on it. It was dyno tested and made 187hp at 7500 rpm and 136 tq at 6500 rpm. Taylor Engineering rebuilt the Hewland Mk 9 5-speed transaxle in 2010 and it has zero time on it. Ron Chisholm set the car up in February of 2009. Other restorative work including new paint, new brakes, rebuilt instruments, and refinished exhaust system.

In 2007, Jeremy Hall (of ACCUS, the FIA authenticating arm) evaluated the car and spoke highly of its authenticity, a particularly noteworthy fact given that there are alternative claims to this serial number, which is not uncommon, particularly because Brabham is known to have used certain serial numbers more than once. Hall publicly described the car’s history on the 10 Tenths Motorsport Forum on page 10 of the BT-14 dedicated thread. The car’s roll hoop (included but not currently installed) has an early Northwest Region SCCA stamped number dating to the early 1970s, which further supports this car’s history, a particularly noteworthy piece of information given that the other two claimants to this serial number have history only as far back as the 1980s. The roll hoop is included with the car, along with a tech sticker from 1975.

Today, the car has very nice vintage racer cosmetics, with a high level of crispness and cleanliness. The paintwork is attractive and the bodywork has minimal damage, just a few small hairline cracks, which is common on fiberglass bodied vintage race cars. The chassis and suspension are nicely detailed, as is the engine and its ancillaries. The interior is equally well-done, with a period-correct feel, including leather-trimmed steering wheel and Smiths instruments. The belts are high quality Willans items.

This is an excellent opportunity to acquire a very well-prepared and competitive BT-14 with unusually complete history and extensive documentation. A thick file of documentation is included with the car, which contains over 25 years of invoices, photos, correspondence, log books showing the racing activity as far back as 1993, and documentation relating to the car’s provenance. The car also comes with a host of spares including new springs, new rear uprights, spare distributor, new A arm, 6 wheels (original Brabham wobbly wheels crack checked by Bess Testlab, San Jose, CA), 2 new brake rotors, 3 pistons, muffler, some bodywork molds, auxiliary gas tank, carb covers, miscellaneous filters, spark plugs etc., and transaxle internals including r&p, gears, and end cover.

 

http://www.motorsportauctions.com/category/314/Historic-Race-Cars/listings/34853/1965-Bradham-BT14.html

関連記事

Osella PA6 ¥SOLD

車両価格:SOLD This wonderful Osella P6/7 , was

記事を読む

Talbot Lago – T26 Grand Sport two seater ¥ASK

車両価格:ASK This Talbot Lago T26 GS with chassi

記事を読む

ベクター ベクター W8  (ブラック) 7560万円

車両価格:7560万円 http://www.carsensor.net/usedca

記事を読む

1987 Swift DB-2 Sports 2000 ¥SOLD

歴史 地面からスティーブ・レイモンド/オートスパ復元。詳細は以下を参照してください。ヴ

記事を読む

【ebay】GM LSA E-rod 660hp emissions legal streetable trackday race car

Our 2015 Pikes Peak Open Class winning D2RS is

記事を読む

Talbot Lago T26C ¥ASK

車両価格:ASK 伝説はフィリップEtancelin、1948、販売のための4.5リッ

記事を読む

Aquila CR1 1886万円

車両価格:£99,000 This car has been built using th

記事を読む

【ヤフオク】40m級はしご付消防自動車

登録事項等証明書の記載内容(発行日:平成26年 2月25日) 自動

記事を読む

Talbot Sunbeam Lotus Grp 2 Rally Car  ¥ASK

車両価格:ASK The Sunbeam Lotus was unveiled at

記事を読む

Pilbeam MP62-001 266万円

  車両価格:£19,000 私は2.0リットルボクソールエンジンで実

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク