*

PR

1990 Ferrari F40 ¥SOLD

公開日: : フェラーリ ,

AZ15_r138_001 AZ15_r138_002 AZ15_r138_003 AZ15_r138_004

<スポンサーリンク>

Sold for $1,265,000
ウェーバー・マレリの燃料噴射と478馬力、2936のcc DOHCツインターボチャージャー装備のV型8気筒エンジン、5速マニュアルトランスミッション、独立したフロントとリアダブルウィッシュボーンサスペンション、4輪ディスクブレーキ。ホイールベース:96.5で。

•フェラーリClassiche認定
•最近ウッドランドヒルズのフェラーリによってサービス
•新しいからわずか5,300マイル以上
•すべての工場の書籍やツールとの完全な
毎時200マイルWITHフェラーリの40THを祝います

1987年、フェラーリは、40歳の誕生日に近づいただけでなく、それはまたライバルランボルギーニやポルシェとスーパーカーの戦争に従事していました。ランボルギーニのカウンタックは世代のポスター子作り、その過激なスタイリングと信じられないほどのパフォーマンスで世界を席巻しました。火に燃料を追加、ポルシェは車は自動車産業のための多くの技術の開拓を積んでいた1986年に959を導入し、それが世界最速のロードカー作り、また膨れ毎時197マイルすることができました。もちろん、フェラーリはこのスタンドをできないだろう。彼らが投じを沈黙し、帳簿に自分自身を書き戻すために何かを必要としていました。それは959の最高速度を負かさないだけで、それはまた、毎時201.4マイルの最高速度を達成し、その過程で毎時200マイルを壊したとして、288 GTO Evoluzioneから開発フェラーリのF40は、、そのまま残っていた自動車の障壁を打ち抜きます。

959とは異なり、F40は全く異なるやり方で毎時200マイルを達成歩き回りました。その代わり、通常ごとに、インスピレーションを得るために彼らのフォーミュラワンチームになったとの真の実証済みの式で立ち往生として、最先端の技術を使用し、現代の便利さの車をダウンロードし、フェラーリのために、「少ないよりは “できるだけF40は、のような軽量にします。 F40のシャーシの面では、288 GTOのシャーシのトラック寸法が拡大された、新鮮なスチールチューブフレームは、その前任者よりも大幅に軽量化プラットフォームを作り、炭素繊維を大量に使用して強化されました。レース用ストリッピングすると、フェラーリは、いくつかのさらに貴重グラムを保存することができました。 F40は何のカーペットを持っていた、利用のドアは従来のハンドルの代わりにプル、ロールアップまたは固定ウィンドウ(電動式窓を設置することは問題外だけでした)と一緒に注文することができました。これらの狂信的な軽量化対策の結果、F40は、自動車の歴史の年代記にロケットに強力なエンジンのためにそれを道を切り開いて、フェザーライト2400ポンドでスケールをひっくり返しました。

F40のエンジンは288 GTOのツインターボチャージャー付きV-8に基づいていますが、それはほぼ3リットルを置換する退屈でした。いくつかの追加調整の後、エンジンはそれまでにフェラーリを行く最も強力な道路作り、478ブレーキ馬力を作り出すことができます。その軽量自然と結合されるこのエンジンは、そのトップのスピードと同じように信じられないほどのF40のパフォーマンスの数値を作りました。 0から60のスプリントは、ちょうど3.8秒を取ることができる、と車が11.8秒四半期マイル時間に以降給電することができました。ブレーキも同様に印象的だったし、必要であればF40は、ちょうど119フィートで毎時60マイルから停止に自分自身をもたらす可能性があります。

F40の生産は元々ただ400台を予定し、さらにはその時点で、ときにそれよりもはるかに多くのために多くの取引の手の新しい車のための天文価格をしたおよそ$ 400,000定価、としました。車の望ましさの結果として、大規模な需要はすべてが左ハンドルにあるであろうとクラシックロッサコルサ塗料を浴び、1311に総生産番号を押しました。これらの例のうち、唯一の213は彼らの最大の市場ではさらに稀マシンを行くフェラーリの究極の道を作り、米国に新しい配信されていました。

その全体的な歴史的重要性に加えて、F40は、彼の通過前にエンツォ「イルCommendatore」フェラーリの祝福を受け取るために、最後の車でした。それは両方のそれはその短い歴史の中で達成だけでなく、その最後として、次の40年は同じようにエキサイティングな作るための計画を強調表示していたすべてを促進するようエンツォは、その40周年を祝うために、企業のための理想的な方法として自動車を想定していました。このように、F40は、自動車の歴史の中で最も象徴的なマルケスのいずれかの時代の終わりを合図しました。

このF40

この特定のF40、シャーシ86954、1990年に生産され、それ以来1月2日、1991年にフロリダ州のシェルトンフェラーリによって、その最初の所有者に新しい配信されたが、それは非常によく、サービスを受け、所有者の一握りの拘留中に世話されていますのみ許可フェラーリのディーラーを通して。これは、現在南カリフォルニアを拠点にコレクタに居住されており、それは絶対に素晴らしい状態にある、新しいからわずか5300マイルを示します。また、最近では、望ましいTubi排気システムにアップグレードされました。このF40はまた、工場出荷時の正しさのその信じられないほどのレベルを確認フェラーリClassiche認定を負いません。 Classiche認定バインダーは、すべての書籍、ツール、車のカバー、および電池入札とともに、車の販売に含まれています。販売に先立ち、車は完全に順序を実行するにことそれを確実にするためにオートギャラリーによってサービスされ、この仕事からの領収書は、売却に含まれています。

F40は、バック・ツー・基本スーパーカーであり、それは間違いなく1は、4つの車輪の上に持つことができる最も内臓経験の一つです。それは運転者の注意力の100%、時間の100%を要求する車を体験して見て誰かのための完璧な自動車であるとして、この車は、心臓の弱い人のための確実ではありません。それが最初に製造された25年以上後に、それはまだ簡単にそれが導入されたときにそれがあっただけでどのように信じられないほどの車ハイライト、レーストラック上で近代的な高性能車に対して独自のを保持することができます。

F40は、その作成者が意図したように大切にし、駆動されるように頼む任意のコレクション、および1つの価値がある車です。この特定の例では、低燃費、Classiche認証、および非の打ちどころのない状態で強調、素晴らしいの短いものではありません、それは確かにコレクターの最も目の肥えを喜ばれます。


478 bhp, 2,936 cc DOHC twin-turbocharged V-8 engine with Weber-Marelli fuel injection, five-speed manual transmission, independent front and rear double-wishbone suspension, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 96.5 in.

  • Ferrari Classiche certified
  • Recently serviced by Ferrari of Woodland Hills
  • Just over 5,300 miles from new
  • Complete with all factory books and tools

CELEBRATING FERRARI’S 40TH WITH 200 MILES PER HOUR

In 1987, not only was Ferrari approaching its 40th birthday, but it was also engaged in a supercar war with rivals Lamborghini and Porsche. Lamborghini’s Countach took the world by storm with its radical styling and incredible performance, making it the poster-child of a generation. Adding fuel to the fire, Porsche introduced the 959 in 1986. The car was laden with many technological firsts for the automotive industry, and it was also capable of a blistering 197 mph, making it the world’s fastest road car. Of course, Ferrari would not let this stand; they needed something to silence the naysayers and write itself back into the record books. Ferrari’s F40, developed from the 288 GTO Evoluzione, punched through an automotive barrier that had remained untouched, as it not only bested the 959’s top speed, but it also broke 200 mph in the process, achieving a top speed of 201.4 mph.

Unlike the 959, the F40 went about achieving 200 mph in a completely different fashion. Instead of using cutting-edge technology and loading the car down with modern-day conveniences, Ferrari, as per usual, turned to their Formula One team for inspiration and stuck with the tried-and-true formula of “less is more” in order to make the F40 as lightweight as possible. In terms of the F40’s chassis, the track dimension of the 288 GTO’s chassis was widened and a fresh steel-tube frame was reinforced with an extensive use of carbon fiber, making the platform significantly lighter than its predecessor. When stripped out for racing, Ferrari was able to save a few further precious grams. The F40 had no carpet, utilized door pulls instead of traditional handles, and could be ordered with roll-up or fixed windows (installing power-operated windows was simply out of the question). As a result of these fanatical weight-saving measures, the F40 tipped the scales at a feather-light 2,400 pounds, paving the way for a powerful engine to rocket it into the annals of automotive history.

The F40’s engine was based on the 288 GTO’s twin-turbocharged V-8, but it was bored to displace nearly three liters. Following some additional tuning, the engine could produce 478 brake horsepower, making it the most powerful road going Ferrari to date. This engine, combined with its lightweight nature, made the F40’s performance figures just as incredible as its top speed. A sprint from 0 to 60 could take just 3.8 seconds, and the car could be powered onwards to a quarter-mile time in 11.8 seconds. Braking was equally impressive, and the F40 could bring itself to a stop from 60 mph in just 119 feet, if necessary.

Production of the F40 was originally planned for just 400 units, and even with a list price of roughly $400,000, which was an astronomical price for a car at that time, many traded hands for much more than that when new. As a result of the car’s desirability, massive demand pushed total production numbers to 1,311, all of which would be in left-hand drive and bathed in classic Rossa Corsa paint. Of those examples, only 213 were delivered new to the United States, making Ferrari’s ultimate road going machine even rarer in their largest market.

Adding to its overall historical importance, the F40 was the last car to receive the blessing of Enzo “Il Commendatore” Ferrari before his passing. Enzo had envisioned the car as an ideal way for the company to celebrate its 40th anniversary, as it would both promote all it had accomplished in its short history as well as highlight its plans for making the next 40 years just as exciting as its last. As such, the F40 signaled the end of an era for one of the most iconic marques in automotive history.

THIS F40

This particular F40, chassis 86954, was produced in 1990 and delivered new to its first owner by Shelton Ferrari of Florida on January 2, 1991. Since then, it has been very well cared for in the custody of a handful of owners, receiving service only through authorized Ferrari dealerships. It is currently residing with a collector based in Southern California, and it is in absolutely superb condition, showing just over 5,300 miles from new. Furthermore, it has been recently upgraded with a desirable Tubi exhaust system. This F40 also bears Ferrari Classiche certification, which confirms its incredible level of factory correctness. The Classiche certification binder, along with all books, tools, a car cover, and a battery tender, is included with the sale of the car. Prior to the sale, the car was fully serviced by The Auto Gallery to ensure that it in in running order, and receipts from this work are included with the sale.

The F40 is a back-to-basics supercar, and it is without a doubt one of the most visceral experiences one can have on four wheels. This car is surely not for the faint of heart, as it is the perfect automobile for someone looking to experience a car that demands 100 percent of the driver’s attention, 100 percent of the time. Over 25 years after it was first produced, it can still easily hold its own against modern performance cars on a race track, highlighting just how incredible a car it was when it was introduced.

The F40 is a car worthy of any collection, and one that begs to be cherished and driven as its creators intended. This particular example, highlighted by its low mileage, Classiche certification, and impeccable condition, is nothing short of superb, and it will certainly please the most discerning of collectors.

関連記事

Ferrari 250 Lusso ¥ASK

車両価格:ASK The Ferrari 250 GT/L or 'Lusso' is

記事を読む

1965 FERRARI 330GT 2+2 BERLINETTA 5643万円(SOLD)

Sold for £359,900 元ジョン・レノン 1965フェラーリ330GT

記事を読む

Ferrari 348 Competizione Corsa ¥ASK

車両価格:ASK スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_348 265キ

記事を読む

1995 FERRARI 512 M TESTAROSSA 6016万円

車両価格:$495,000 --Canni di Fucili (Ferrari Gun

記事を読む

1972 Ferrari Dino 246 GT 3335万円

Sold for (£): 180,550 The Ferrari Dino was

記事を読む

Ferrari – F 456 GT ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

2006 Ferrari F430 GT3 777万円

Sold for (£): 42,188 Based on the factory d

記事を読む

2003 FERRARI 575 GTC COMPETIZIONE ¥ASK

  このフェラーリ575 GTCは、FIA GT選手権やアメリカン・ル・マン

記事を読む

Ferrari 458 GT2 6084万円

車両価格:6084万円 Description: In perfect condit

記事を読む

1989 Ferrari F40

予想価格:€1.000.000 - €1.200.000 2つのターボ過給機とウ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク