*

PR

2005 Ferrari 575 Superamerica 6374万円(SOLD)

AZ15_r235_001 AZ15_r235_002 AZ15_r235_003 AZ15_r235_004

<スポンサーリンク>

Sold for $517,000

コイルスプリング、アダプティブダンピングとアンチロールバー付きのテレスコピックショックアブソーバー、フロントとリアの炭素と540馬力、5748 ccの65度V型12気筒エンジン、6速電子油圧F-1の送信、独立したフロントとリアのサスペンションセラミックディスクブレーキ。ホイールベース:98.4。

•シングル所有権と新しいから950マイル
•ミラーモーターカーによる最近のフルサービス
•クレマの上に望ましいロッソフィオラノに仕上がりました
•非常に望ましいHGTCハンドリングパッケージを装備
フェラーリは、フェラーリ365 GTB / 4デイトナの精神的な後継者として550マラネロで1996年に彼らのラインナップに二箇所、フロントエンジン搭載のグランドツーリングカーを再導入すると、それはまたのコンバーチブルバージョンの需要が存在するであろうことは明らかでしたただその前にデイトナスパイダーのような車、。続く車が550マラネロにあらゆる方法で同一であったが、フェラーリの最も初期のモデルのいくつかに戻ってharkening、純粋なロードスターであることを意図していた550バルケッタ、でした。顧客が550 Barchettasと感激していたにもかかわらず、多くは、従来のコンバーチブルトップの車の不足によって制限さ感じ、彼らは夏季に迅速アウトとバックjauntsために自分の車を使用します。 575Mマラネロの転換変異体について、これにソリューションを提供するために探して、フェラーリは、顧客に最高を与えるための努力で、クーペのセキュリティとコンバーチブルのすべての自由を提供するブランドの新しいコンバーチブルトップシステムを考案しました両方の世界の。

575 Superamericaの最も興味深い側面は、そのRevocromico回転ハードトップでした。このハードトップは、エレクトロクロミックガラスに統合されたカーボンファイバーフレームを使用して構築し、それは今までの生産車に取り付け、その種の最初でした。トップを閉じたときに、屋根にガラスの不透明度は、キャビン内のダイヤルで調整することができます。運転手と乗客は、その最軽量の設定またはその最も暗いで利用可能な光の1%で、従来のサンルーフの完全な明るさを体験することができます。さらに、Superamericaは屋根が風偏向器として機能するように所定の位置に後部窓を残し、わずか10秒でトランクリッドに揃うために戻って回転すると、ボタンの押すだけで、転換に変換することができました。もちろん、これは荷物の能力を妨害しなかった、とSuperamericaのブートは、トップ上または下で週末の休暇に2のための十分な荷物より多くを飲み込むことができます。

新しいからの単一の所有権から提供され、この2005 575 Superamericaは、内部クレマ革の上ロッソフィオラノで終了し、事実上のように新品の状態でです。車は慎重に全体の生命のためのハイエンドのスポーツカーのコレクションに保存し、その走行距離計の唯一の950マイルを示してきました。これは、ボルドー配管やステッチのほか、黄色塗装のブレーキキャリパーとデイトナスタイルシートが装備されており、それはまた、おそらくSuperamericaために提供される最も望ましい選択肢であるHGTCハンドリングパッケージ、装備されています。 HGTCパッケージが既に可能なスーパーカーにさらにパフォーマンスを追加し、レース仕様のパッドとキャリパーとカーボンセラミックブレーキ、19インチのリム、下げサスペンション、チタンレーシングマフラー、ステアリングラックの速いキャリブレーションで構成されています。このSuperamericaはまた、道路やその次の所有者のための準備ができていることを確認して、グリニッジ、コネチカット州のミラーモーターカーによる最近のフルサービスから利益を得ます。

そのユニークなRevochromicoコンバーチブルトップで特徴付け575 Superamerica、他の生産フェラーリに取り付けられたことがない機能は、本当に日常的に使用することができる世界クラスのコンバーチブルスーパーカーです。この特定の例では、それは非常に非常に望ましいHGTCハンドリングパッケージをオプションで用意されているように、それは見事な色の組み合わせで終了し、それだけで950マイルを示している、最高の1つです。機会のその感覚を失うことはありません完璧を探している個人や幻想的に使用可能なフェラーリのために、もう探す必要はありません。

 

540 bhp, 5,748 cc 65-degree V-12 engine, six-speed electro-hydraulic F-1 transmission, independent front and rear suspension with coil springs, telescopic shock absorbers with adaptive damping and anti-roll bars, and front and rear carbon ceramic disc brakes. Wheelbase: 98.4 in.

  • Single ownership and 950 miles from new
  • Recent full service by Miller Motorcars
  • Finished in desirable Rosso Fiorano over Crema
  • Fitted with the highly desirable HGTC handling package

When Ferrari reintroduced the two-place, front-engined grand touring cars into their lineup in 1996 with the 550 Maranello as the spiritual successor to the Ferrari 365 GTB/4 Daytona, it was evident that there would also be demand for a convertible version of the car, just like the Daytona Spider before it. The car that followed was the 550 Barchetta, which was identical in every way to the 550 Maranello but was intended to be a pure roadster, harkening back to some of Ferrari’s earliest models. Even though customers were thrilled with their 550 Barchettas, many felt limited by the car’s lack of a conventional convertible top, and they would only use their cars for quick out-and-back jaunts in the summertime. Looking to provide a solution to this for the convertible variant of the 575M Maranello, Ferrari devised a brand-new convertible-top system that would provide all the freedom of a convertible with the security of a coupe, in an effort to give customers the best of both worlds.

The most interesting aspect of the 575 Superamerica was its Revocromico rotating hardtop. This hardtop was constructed using a carbon fiber frame that had been integrated with electrochromic glass, and it was the first of its kind ever fitted to a production car. When the top was closed, the opacity of the glass in the roof could be adjusted via a dial in the cabin. The driver and passenger could experience the full brightness of a conventional sunroof at its lightest setting or 1% of available light at its darkest. Furthermore, the Superamerica could be transformed into a convertible at just a press of a button, with the roof rotating back to rest flush with the boot lid in just 10 seconds, leaving the rear window in place to function as a wind deflector. Of course, this did not obstruct luggage capacity, and the Superamerica’s boot could swallow up more than enough luggage for two on a weekend getaway with the top up or down.

This 2005 575 Superamerica, offered from single ownership from new, is finished in Rosso Fiorano over a Crema leather interior and is in virtually as-new condition. The car has been carefully preserved in a collection of high-end sports cars for its entire life and shows only 950 miles on its odometer. It is outfitted with Daytona-style seats with Bordeaux piping and stitching, as well as yellow-painted brake calipers, and it also comes equipped with the HGTC handling package, which is perhaps the most desirable option offered for the Superamerica. The HGTC package consists of carbon ceramic brakes with racing-specification pads and calipers, 19-inch rims, a lowered suspension, titanium racing exhausts, and faster calibration for the steering rack, adding more performance to an already capable supercar. This Superamerica also benefits from a recent full service by Miller Motorcars in Greenwich, Connecticut, ensuring that it is ready for the road and its next owner.

The 575 Superamerica, characterized by its unique Revochromico convertible top, a feature never fitted to any other production Ferrari, is truly a world-class convertible supercar that can be used on a daily basis. This particular example is one of the best, as it is highly optioned with the very desirable HGTC handling package, it is finished in a stunning color combination, and it shows only 950 miles. For the individual looking for perfection and a fantastically usable Ferrari that will never lose its sense of occasion, look no further.

http://rmsothebys.com/az15/arizona/lots/2005-ferrari-575-superamerica/1072253

関連記事

1973 FERRARI DINO 246GT COUPÉ 3100万円~4300万円

予想価格:€250,000 - 350,000 25年以来、同じ民間所有で 1973

記事を読む

1967 Ferrari 212 E Montagna 2億428万円(SOLD)

Sold for $1,650,000 The Ex-Scuderia Ferrar

記事を読む

1971 Ferrari 365GTB4 Daytona 8643万円

車両価格:$725,000 この1971年のフェラーリ365GTB/4デイトナシャーシ

記事を読む

1968-69 FERRARI DINO 166/246T FORMULA 2/TASMAN FORMULA RACING SINGLE-SEATER 1億4119万円(SOLD)

Sold for US$ 1,210,000 元クリス・エイモン、ブライアン・レッドマ

記事を読む

1967 Ferrari 275 GTB/4 NART Conversion Spyder 9607万円(SOLD)

Sold for $776,000 300hp 3,286cc dual overhea

記事を読む

250 GT PF Cabriolet Series I ¥ASK

車両価格:ASK Coachwork by Pinin Farina The Las

記事を読む

フェラーリ 575 Superamerica 5357万円

車両価格:£299,995 フェラーリ575スーパーアメリカはコンバーチブルコンセプト

記事を読む

1968 Ferrari 365 GT 2+2 For Sale in London 2207万円

  年:1968 カラー:ロッソ・コルサ トランスミッション:マニュアル ステアリン

記事を読む

Ferrari F93a SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

1971 Ferrari 246 GT Dino 4630万円

Sold for (£): 250,700 On the 2nd August 197

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク