*

PR

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 11億8226万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

AZ15_r243_001 AZ15_r243_002 AZ15_r243_003 AZ15_r243_004

<スポンサーリンク>

Sold for $9,625,000

320馬力、6ウェバー38 DCNキャブレター、5速トランスミッション、コイルスプリング、筒ショックアブソーバー、およびアンチロールバーとフロントとリアの不等長ダブルウィッシュボーンと独立サスペンション、4輪と3286アルミブロックV-12エンジンディスクブレーキ。ホイールベース:94.4で。

•三〇から二例の第九を構築
•スクーデリアFilipinettiに新しい配信。ルドヴィコScarfiottiとニノVaccarellaによってレース
•広範なレースの歴史
•フェラーリClassiche認定します。マッチングナンバーエンジン
ポールSchouwenburg、主アーバインレイドロー、フェデリコ・デラノーチェ、とアンリ・ルイMaunoir含め、新しいから•未破壊の所有権の歴史
•フェラーリの歴史家マルセルマッシーニによって文書化
エンツォフェラーリ時代の領域内では、伝説の250シリーズスポーツカーの変異体が最も望ましいと貴重なまま。これらのサラブレッドフェラーリは欧州と北米全体でのレーストラックに無類の記録を自慢し、手際よくセブリング12時間レース、ル・マン24時間にイタリアの丘の登りに至るまで、イベントの表彰台を総なめにしました。

完全に再開発、軽量、リアミッドは、フェラーリが1960年以来前例のない成功を楽しんでいた場所の名前が付いたフェラーリ250ルマンを、エンジン搭載のスポーツカーレースに、同社の1964年参入であり、それは、同社の受賞遺産を守るために準備ができていました。それはその入門年に1位を取ることはなかったが(その特定の名誉が別のフェラーリ、275Pによって達成された)、250 LMは、それがヨッヘン・リントによって駆動されたサルト・サーキットにて1965年に完全に優位性を達成し、マステングレゴリー。この日に、それは耐久古典でフェラーリの最後の総合優勝まま。

32第9回:SCUDERIA FILPINETTI BY運動を

車台番号5899 GTはフェラーリの自慢の250 LMの第9の実施例で、250のLMS大多数であった場合、それはで終わったように、フェラーリの歴史家マルセル・マッシーニによれば、6月3日、1964年の工場によって完成しましたロッサシーナとPannoブルーシートを装備。 6週間後、それはスイスで最も名高いレーシングチーム、スクーデリアFilipinetti宛、工場で販売されていました。

車でFilipinetti初の遠出は8月30日、1964年にシエールモンタナクランヒルクライムであろう車がルドヴィコScarfiotti、フェラーリのトップフォーミュラワンドライバーとルマン1963 24時間の勝者の1によるものでした。彼らは全体の第一終えた彼は明らかに、250 LMで自宅に感じました。車の第二の外出はモンツァでXVコッパ・インターヨーロッパでは、次の週末に発生し、それは同じ当選結果をもたらすであろう。今回は、フェラーリのニノVaccarella、さらに別のフェラーリフォーミュラワンドライバーとル・マンの1964年24時間の勝者は、再び勝利に5899を駆動します。残念ながら、次のイベントで、Vaccarellaとジャンギシェーが原因ラジエターを損傷した事故にMonthleryパリ1000 KMから引退することを余儀なくされるだろう。これは、スクーデリアFilipinetti下シャーシ5899の最後の遠出になります。

レーシングカーのチームバジリスクとの継続的な成功

1965年シーズンに向けて、250 LMはその第二の所有者、ヴェルナー・ビーダーマン、チューリッヒ、スイスの建築家と居住者にその年のジュネーブモーターショーでスタンドを売却しました。車はその後、スイスのナンバープレートにチューリッヒに登録して、バーゼル、スイスのレーシングカーのチームバジリスクの旗の下で運動をしました。車は驚異的な15種類のイベントで、全体の10日よりも少ないを集めていない、レーシングカーのチームバジリスクの手に大成功を収めたままでした。

しかし、10月16日、レーシングカーのチームバシリスク運が出て実行されます。ホイールの後ろにビーダーマンでは、車はSARエンゲルベルクヒルクライム用の練習走行中に屋根の上に裏返し。幸いなことに、ビーダーマンは主に無傷で現れました。まもなくして、ビーダーマンはFeldmeilen、スイスの3番目の所有者、ハンスIllertに車を販売し、5899は、その生活の中で新しい章を開始しました。

LM-P:ポルシェ服FERRARI

Illertは、5899の修復に着手することを切望、フェラーリの効力を改善するいくつかの変更を行うことにしました。興味深いことに、一部には財務制限のために、彼は906ホイールベースに適合するためのプロセスにシャーシを短縮、破損したスカリエッティ本体を取り外し、ポルシェ906カレラ6のものと交換することを選択しました。そうすることで、ポルシェ本体自体もLMに似ているように変更したが、それは簡単にドアを「ガルウィング」906により離れて与えられました。最終的には、この変換は、標準250 LMのオフに200キロを剃って、Illertは車の名前を変更した「LM-P。」

車はスクーデリアタルタルーガによって運動をし、8月20日と21、1966にスイスで第23回セントUrsanneレRangiersヒルクライムでIllertによって駆動され、車が第一を終えた変更は、説得力のあることが証明されました。 250 LM-Pは、その新たな装いで非常に成功するために行くだろう、とIllertは、多くの表彰台に車は1966年シーズンの残りの部分で終了する運動を。

ナインティーン六十から七は、この車のために同じように実り証明します。その年の月にチューリッヒでのショーに表示された後、それはクラスで1日を置いDubendorfの飛行場、でスラロームヴァンゲンから始まる、その月のレーストラックに戻りました。それは過去数年間で行ったように、シャーシ5899はまだハンスIllert、ディーターSpörry、およびHeiniウォルター・ホイールの背後にあるすべての交代で、トロフィーの印象的な数に刈り取り、1967年の夏を通してレースを続けました。

1967年レースシーズンに続いて、Illertはツーク、スイスの、ピエールスーダンに初期の1968年に車を売却しました。さらに250 LM-Pの性能を向上させるために探して、スーダン、車のオリジナルの3.3リッターエンジンを取り外し、デビッド・パイパーを通じて供給された330のP(刻印番号0818)、4.0リットルの単位に置き換えました。スーダンは、適切に新しいパワートレインを識別するために、自動車330 LM-Pの名前を変更し、Illertの命名法を保持しました。もちろん、この新しいエンジンで、車がアイドル状態のままではないでしょう。スーダンは、ベルギー、オーストリアの両方でレース、ヨーロッパ全体で1968年の夏と秋の間に車をキャンペーンに山登り回路に戻りました。シーズンの終わりに向かって、スーダンはドイツの雑誌オート、モーターウントスポーツでの販売のために車を置きました。

スーダンは、オーストリアのAutoreparatur Handelsverwertungs社への販売を、1969年4月に、シャーシ5899とした別れ。もう一度、この車はステファンSklenarによってオーストリアで運動をしている、競争に戻ります。ドイツとオーストリアの丘の登りで競合した後、Sklenarはそれぞれ、全体の13日と10日を置く、1969年の夏にニュルンベルクとチロルグランプリの200マイルで車をレース。

残念ながら、初期の1970年の事故の後、ポルシェベースの体は、主に破壊された、シャーシ5899は、元のに車を返却することを意図していたすべての人のポール・ブランパンとボブ・ド・ラ・リーヴボックス、を含む、所有者のシリーズを通過栄光。なおフェラーリ愛好家ポールSchouwenburgに売却されるまでの車は、最初の復元のために準備されませんでした。開始するには、Schouwenburgは、プロセス内のパイパーの4.0リッターV型12バック取引、デビッド・パイパーを通じて車のオリジナルの3.3リッターエンジンを取得しました。

シャーシ番号5899 GTの復活

元のエンジンを調達した後、Schouwenbergはイギリスのポップバンド10CCの、エリック・スチュワートに車を売却しました。それは最終的に元の構成での生活に戻って車をもたらすことにコミットしスチュワートでした。 1977年に、彼はサイレンセスター、イギリスのビクターノーマンとボブ・ホートンのロッソ・リミテッドによって復元を依頼しました。適切な250 LM本体を取り付けするには、元のシャーシは修復のためにフェラーリのモデナのAssistenza Clienti、その後、ウィリアム・バッカリに送られました。更新は1981年5月に完成したとスチュワートはその後すぐにグッドウッドでのテストドライブのための初めてのホイールの後ろになりました。

スチュワートの所有権からの出発に続いて、新しく復元された250 LMがアメリカで、それはその次のキーパーに出荷された後、ドイツに簡単にラ・ホーヤの常駐を販売したところ、全体でコレクターの一握りでカリフォルニアに残ります1980年代初頭。さらに西トラベリング、250 LMは、それがヨーロッパに戻り、イギリスの新たな所有者を見つける前に、1992年まで住んで日本に送られました。

主アーバインレイドローは、血統レーシング機械のコレクターに注目し、1995年7月フェラーリを購入し、すぐにそれが完全にフィルStaintonによってオーバーホールやサービスを持っていました。車は一日の上昇の基準を満たすために、さらに別の復元を委託うフェデリコデラノーチェとアンドレララレゼンデに2年後に販売されました。シャーシ5899はヴィゴンツァ、イタリアでディーノCognolatoのカロッツェリアノヴァRinascenteのに送られて、機械的な作業はコラード膝蓋骨によって行いました。 Cognolatoはラジエーターハウジングを修正するために、車のフロントボディワークを整流し、それは、最終的な準備と元ロッソシーナで新鮮な補修のためBastigliaにカロッツェリアオートスポーツディバッケッリ電子ヴィラに送られました。

レーストラックに戻ります

修復が完了した後、250 LMは、今後5年間を通して2000年10月シェル歴史フェラーリマセラティチャレンジと歴史的なレースサーキットに参加して、デラノーチェとレゼンデの両方には、世界中の会場のさまざまなで彼らのフェラーリを運動をラグナセカ、モンツァ、およびブランズハッチ。 2005年4月13日には、シャーシ5899 GTは、その自慢のレッドブックは、その修復や修理の品質と信頼性を確認するとともに、工場によってClassicheの認証を取得しました。その後まもなく、それはマラネロ工場のガレリアフェラーリでディスプレイに誇らしげでした。

2006年には、デラノーチェとレゼンデはスイスのアンリ・ルイMaunoir、熱狂的なコレクターやレーサーにこの車を販売しました。今すぐ戻ってスイスには、Maunoirが完全な円のまわりでそれをもたらし、ジョルジュFilipinettiの孫娘、サマンサと結婚していることは興味深いです。 Maunoirの所有権の間に、フェラーリはそれが2012年5月のスパ・フランコルシャン、ベルギーのガレージやレーシングカーのチームフランコルシャン60周年を含め、その後の選択のイベントで誇らしげに表示されていた2007年にフィオラノでフェラーリの60周年のお祭りで示されました。

シャーシ5899 GTは、現在、元のスクーデリアFilipinettiの制服を着ているし、他の同様に稀で、歴史的に重要なフェラーリのコレクション内で、米国内に存在します。このように、それは非常によく維持されており、現在の設定に保存。ほとんど250のLMと同様に、この車は、メーカーが意図していたと同じように、ときに新しいハードレースをしました。ホイールの後ろに世界最高のドライバーのいくつかを置くスクーデリアFilipinetti、とレーストラック上で大きな成功を集めているので、それは確かにカヴァッリRampanteの評判に住んでいます。多くのレーシングカーと同様に、それは競争の犠牲者として、元の自動車の車体を失ったが、5899は持っている250 LMシャーシとドライブトレインの能力を証明し、回路のレースとヨーロッパ全土丘登りの台座の上にその場所を逃れるませんでした独自の魅力的な、よく文書化された歴史。

このフェラーリは、世界中の歴史的なレースイベントに確実な参入となり、その自然のままの化粧品の美しさと一致する正しいメカニカルで、それは確かにコンクールの芝生の上で注目の正しい種類を描くか、トラックの整形処理時に見事に貢献し、再度実行します。これは、細心の注意を払って詳述マッシーニレポートレザーポーチを持つ新しい、元の取扱説明書、および適切なツールロールからのドキュメントの所有権ことが付属しています。

歴史的な250 LM、全体のル・マン24時間レースに勝つために最後のフェラーリたモデルを獲得する機会が、珍しい発生、所有権を知っていた特に1、印象的な対戦成績、元のシャーシとエンジンであり、フェラーリClassicheによって認定されています。
補遺
このタイトルは、輸送中にあります。

 

320 hp, 3,286 aluminum-block V-12 engine with six Weber 38 DCN carburetors, five-speed transmission, independent suspension with front and rear unequal length wishbones with coil springs, telescopic shock absorbers, and anti-roll bars, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 94.4 in.

  • The ninth of thirty-two examples constructed
  • Delivered new to Scuderia Filipinetti; raced by Ludovico Scarfiotti and Nino Vaccarella
  • Extensive racing history
  • Ferrari Classiche certified; matching-numbers engine
  • Unbroken ownership history from new, including Paul Schouwenburg, Lord Irvine Laidlaw, Federico Della Noce, and Henri-Louis Maunoir
  • Documented by Ferrari historian Marcel Massini

Within the realm of Enzo era Ferraris, variants of the legendary 250-series sports cars remain the most desirable and valuable. These thoroughbred Ferraris boasted an unrivaled record on race tracks throughout Europe and North America and handily swept the podiums of events, ranging from Italian hill climbs to the 12 Hours of Sebring and 24 Hours of Le Mans.

The completely redeveloped, lightweight, rear-mid engined Ferrari 250 Le Mans, named for where Ferrari had enjoyed unprecedented success since 1960, was the company’s 1964 entrant into sports car racing, and it was ready to uphold the company’s winning legacy. Although it didn’t take a 1st place in its introductory year (that particular honor was achieved by another Ferrari, a 275P), the 250 LM achieved outright dominance in 1965 at the Circuit de la Sarthe, where it was driven by Jochen Rindt and Masten Gregory. To this day, it remains Ferrari’s last overall victory in the endurance classic.

THE 9TH OF 32: CAMPAIGNED BY SCUDERIA FILPINETTI

Chassis number 5899 GT was the ninth example of Ferrari’s vaunted 250 LM, and according to Ferrari historian Marcel Massini, it was completed by the factory on June 3, 1964. As was the case with the vast majority of 250 LMs, it was finished in Rossa Cina and fitted with Panno Blu seats. Six weeks later, it was sold by the factory, destined for Switzerland’s most storied racing team, Scuderia Filipinetti.

Filipinetti’s first outing with the car would be at the Sierre-Montana Crans Hill Climb on August 30, 1964. The car was driven by Ludovico Scarfiotti, one of Ferrari’s top Formula One drivers and the winner of the 1963 24 Hours of Le Mans. He obviously felt right at home in the 250 LM, as they finished 1st overall. The car’s second outing occurred the following weekend, at the XV Coppa Inter-Europa at Monza, and it would yield the same winning result. This time, Ferrari’s Nino Vaccarella, yet another Ferrari Formula One driver and the winner of the 1964 24 Hours of Le Mans, would drive 5899 to victory yet again. Unfortunately, in the next event, Vaccarella and Jean Guichet would be forced to retire from the 1000 KM of Paris in Monthlery due to an accident that damaged the radiator. This would be the last outing for chassis 5899 under Scuderia Filipinetti.

CONTINUED SUCCESS WITH ECURIE BASILISK

For the 1965 season, the 250 LM was sold off the stand at that year’s Geneva Motor Show to its second owner, Werner Biedermann, an architect and resident of Zürich, Switzerland. The car was subsequently registered in Zürich on Swiss license plates and was campaigned under the banner of Ecurie Basilisk, of Basel, Switzerland. The car remained hugely successful in the hands of Ecurie Basilisk, garnering no less than 10th overall at an astounding 15 different events.

However, on October 16, Ecurie Basilisk’s luck would run out. With Biedermann behind the wheel, the car flipped onto its roof during a practice run for the SAR Engelberg Hill Climb. Fortunately, Biedermann emerged largely unscathed. Shortly afterwards, Biedermann sold the car to its third owner, Hans Illert, of Feldmeilen, Switzerland, and 5899 began a new chapter in its life.

LM-P: A FERRARI IN PORSCHE CLOTHING

Illert, anxious to embark on repairing 5899, chose to make some modifications that would improve the potency of the Ferrari. Interestingly, partly due to financial limitations, he elected to remove the damaged Scaglietti body and replace it with that of a Porsche 906 Carrera 6, shortening the chassis in the process to conform to the 906 wheelbase. In so doing, the Porsche body itself was also altered to resemble the LM, but it was easily given away by the 906 “gullwing” doors. Ultimately, this transformation shaved 200 kilograms off of the standard 250 LM, and Illert renamed the car “LM-P.”

The car was campaigned by Scuderia Tartaruga and driven by Illert at the 23rd annual St. Ursanne-Les Rangiers Hill Climb in Switzerland on August 20 and 21, 1966, and the modifications proved to be persuasive, as the car finished 1st. The 250 LM-P would go on to be quite successful in its new guise, and Illert campaigned the car to numerous podium finishes throughout the remainder of the 1966 season.

Nineteen sixty-seven would prove just as fruitful for this car. After being displayed at a show in Zürich in January of that year, it returned to the race track that May, starting with the Slalom Wangen at the Dübendorf Airfield, where it placed 1st in class. As it did in past years, chassis 5899 continued to race throughout the summer of 1967, still reaping in an impressive number of trophies, with Hans Illert, Dieter Spörry, and Heini Walter all taking turns behind the wheel.

Following the 1967 racing season, Illert sold the car in early 1968 to Pierre Sudan, of Zug, Switzerland. Looking to further increase the performance of the 250 LM-P, Sudan removed the car’s original 3.3-liter engine and replaced it with the 4.0-liter unit from a 330 P (stamped number 0818), which was sourced through David Piper. Sudan retained Illert’s nomenclature, renaming the car 330 LM-P to properly identify its new powertrain. Of course, with this new engine, the car would not sit idle. Sudan returned to hill climbing circuits to campaign the car during the summer and fall of 1968 throughout Europe, racing in both Belgium and Austria. Towards the end of the season, Sudan placed the car for sale in the German Magazine Auto, Motor und Sport.

Sudan parted was with chassis 5899 in April 1969, selling it to Autoreparatur Handelsverwertungs GmbH in Austria. Once again, this car would return to competition, being campaigned in Austria by Stefan Sklenar. After contending in hill climbs in Germany and Austria, Sklenar raced the car at the 200 Miles of Nürnberg and the Tyrolean Grand Prix in the summer of 1969, placing 13th and 10th overall, respectively.

Unfortunately, following an accident in early 1970, the Porsche-based body was largely destroyed, and chassis 5899 passed through a series of owners, including Paul Blancpain and Bob de la Rive Box, all of whom had intended to return the car to its former glory. The car wasn’t prepared for its first restoration until it was sold to noted Ferrari enthusiast Paul Schouwenburg. To begin, Schouwenburg acquired the car’s original 3.3-liter engine through David Piper, trading the 4.0-liter V-12 back to Piper in the process.

REVIVAL OF CHASSIS NUMBER 5899 GT

After sourcing its original engine, Schouwenberg sold the car to Eric Stewart, of the British pop band 10CC. It was Stewart who finally committed to bringing the car back to life in its original configuration. In 1977, he commissioned a restoration by Victor Norman and Bob Houghton’s Rosso Limited in Cirencester, England. To refit a proper 250 LM body, the original chassis was sent to Ferrari’s Assistenza Clienti in Modena and subsequently William Vaccari for restoration. The renewal was completed in May 1981 and Stewart got behind the wheel for the first time for a test drive at Goodwood shortly thereafter.

Following its departure from Stewart’s ownership, the newly restored 250 LM was sold briefly to Germany, after which it was shipped to its next keeper, a resident of La Jolla in the United States, and it would remain in California with a handful of collectors throughout the early 1980s. Travelling further west, the 250 LM was sent to Japan, where it resided until 1992, before returning to Europe and finding new ownership in England.

Lord Irvine Laidlaw, noted collector of pedigreed racing machinery, purchased the Ferrari in July 1995 and soon had it fully overhauled and serviced by Phil Stainton. The car was sold two years later to Federico Della Noce and Andrè Lara Resende, who would commission yet another restoration to meet the rising standards of the day. Chassis 5899 was sent to Dino Cognolato’s Carrozzeria Nova Rinascente in Vigonza, Italy, and mechanical work was performed by Corrado Patella. Cognolato rectified the front body work of the car to correct the radiator housing, and it was then sent to Carrozzeria Autosport di Bacchelli e Villa in Bastiglia for final preparation and a fresh refinishing in the original Rosso Cina.

RETURN TO THE RACE TRACK

After the completion of the restoration, the 250 LM joined the historic racing circuit with the Shell Historic Ferrari Maserati Challenge in October 2000. Throughout the next five years, both Della Noce and Resende campaigned their Ferrari at a variety of venues around the world, including Laguna Seca, Monza, and Brands Hatch. On April 13, 2005, chassis 5899 GT was granted Classiche certification by the factory, with its vaunted Red Book confirming the quality and authenticity of its restoration and repairs. Soon thereafter, it was proudly on display at the factory’s Galleria Ferrari in Maranello.

In 2006, Della Noce and Resende sold this car to Henri-Louis Maunoir, of Switzerland, an enthusiastic collector and racer. Now back in Switzerland, it is interesting to note that Maunoir is married to Georges Filipinetti’s granddaughter, Samantha, bringing it around full circle. During Maunoir’s ownership, the Ferrari was shown at Ferrari’s 60th anniversary festivities at Fiorano in 2007. It was displayed proudly at select events thereafter, including the 60th anniversary of Garage and Ecurie Francorchamps in Spa-Francorchamps, Belgium, in May 2012.

Chassis 5899 GT presently wears its original Scuderia Filipinetti livery and resides in the United States, within a collection of other equally rare and historically important Ferraris. As such, it has been very well maintained and preserved in its current configuration. Like most 250 LMs, this car was raced hard when new, just as its manufacturer had intended. Since garnering great success on the race track with Scuderia Filipinetti, who put some of the world’s best drivers behind the wheel, it has certainly lived up to the reputation of the Cavallino Rampante. Although, as with many racing cars, it lost its original coachwork as a casualty of competition, 5899 did not elude its place on the pedestal of circuit races and hill climbs throughout Europe, proving the capability of the 250 LM chassis and drivetrain, which have their own fascinating and well-documented history.

This Ferrari would be a surefire entrant into historic racing events around the globe, and with its pristine cosmetic beauty and matching correct mechanicals, it would surely draw the right kind of attention on the concours lawn or perform admirably once again when prepped for the track. It comes with a meticulously detailed Massini report that documents ownership from new, an original owner’s manual with a leather pouch, and a proper tool roll.

The opportunity to acquire an historic 250 LM, the model that was the last Ferrari to win the 24 Hours of Le Mans overall, is an uncommon occurrence, especially one that has known ownership, an impressive competition record, an original chassis and engine, and is certified by Ferrari Classiche.

Addendum

This title is in transit.

http://rmsothebys.com/az15/arizona/lots/1964-ferrari-250-lm-by-scaglietti/1072313

関連記事

Ferrari 348 GT Competizione 

スポーツカー/クーペ 内部番号:ferrari_348_gt 14112キロ、235キロ

記事を読む

1989 Ferrari F40 1億1881万円(SOLD)

Sold for £761,600 ウェーバー・マレリのエンジン管理および燃料噴

記事を読む

Ferrari 275 GTB 4 Cam ¥ASK

車両価格:ASK 1 of only 27 RHD UK supplied models

記事を読む

1991 Ferrari Testarossa 3732万円

Sold for (£): 202,500 Dating back to the 19

記事を読む

【ヤフオク】美車☆ F430 ハーマンエアロ 地デジナビ MSマフラー

車検 3年付 年式2007 セラミックブレーキシステム MSレーシングマフラー ハーマンFS

記事を読む

1973 Ferrari Dino 246GTS  2950万円(SOLD)

Sold for US$ 275,000 1973フェラーリディーノ246GTS ピ

記事を読む

【ヤフオク】☆フェラーリF40 トランスミッションASSY 超希少☆

売り切り・中古品扱い フェラーリF40 トランスミッションASSY スペアー

記事を読む

Ferrari – F 40 ¥ASK

車両価格:ASK http://www.dpm-motors.com/index11.

記事を読む

1956 FERRARI 250 GT ALLOY COUPE

US$ 1.5 million - 1.8 million JPY 180 million

記事を読む

Ferrari 333SP ASK

車両価格:ASK http://search.carhoo.jp/wa1459/car

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク