*

PR

1965 Ferrari 330 GT 2+2 by Pininfarina 5060万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

AZ15_r144_001 AZ15_r144_002 AZ15_r144_003 AZ15_r144_004

<スポンサーリンク>

Sold for $412,500

300馬力、3ウェーバーキャブレター、4速マニュアルトランスミッション、コイルスプリングを持つ独立したフロントサスペンション、半楕円リーフスプリングとのライブアクスルリアサスペンション、4輪ディスクブレーキと3967 ccのSOHC V型12気筒エンジン。ホイールベース:104.2で。

•エレガントな色の象徴的なGT
•多数の正しい仕上げを通して、
•たて完了し、きれいな状態で
250 GTE 2 + 2の交換や限定生産330アメリカはこの新しいモデルは、2 + 2の成功を運ぶ助けた1月1964年にブリュッセルサロンで初の公共登場したフェラーリ330 GT 2 + 2でした250 GTE 2 + 2以上の売上高の増加を見ての希望でいくつかの重要なアップデート、と直近のモデル。

フェラーリの新しい4人乗りはピニンファリーナ、一度に販売上の他のフェラーリモデルから非常に独特だったものから完全に新しいボディスタイルを特色にしました。最初のシリーズ330 GT 2 + 2を識別するための最も簡単な方法は、そのクワッドヘッドライトのフロントエンドです。シリーズII車はクワッドヘッドライトを着用し、全330 GT 2 + 2の生産実行の唯一のモデルとしてシリーズIを残して、デュアルヘッドライトを適応しました。その他の注目すべき化粧品の変更は、より多くの角度ノーズとテール部分250 GTE 2 + 2から、エンジンへの空気の流れを高めるために、より広いフロントグリルの導入を含みます。

そのドライブトレインの面で330アメリカの後を継いで、330 GT 2 + 2は、既存の4速プラス250 GTEでのオーバードライブトランスミッションに釣り合わせた4リッターV型12気筒エンジンを、特色にしました。そのホイールベースは2インチによって増加し、コニ調整可能なショックアブソーバーのインストールに、取り扱いが非常に向上しました。生産が再設計されたシリーズIIに始まった前に、フェラーリは初期シリーズの625例を生産していました。

330 GT 2 + 2は、フェラーリの最高級の4人乗りのツーリングカーの一つです。その豪華な予定は、今日の道路のツアー、それは新しかったときなどのイベントのための理想的なとしてそれを作るながら、300馬力、4.0リッターエンジンで、それは、まだ強力な街をドライブするのは簡単です。 330シリーズのフェラーリは、コレクターにとってより望ましいようになると、330 GT 2 + 2は、リーズナブルな価格でフェラーリの所有権への機会を提供しています。また、この車シリーズIの特徴的な形状を披露しながら、車のロッソの塗装は、それが簡単に短時間の外出で4人家族を収容できるように確実に、幻想的なドライバーであることを証明する、このような2 + 2フェラーリのスーツこれはエンツォフェラーリ時代の世界でも珍しいものです。

今日の提供第一シリーズの例では、シャーシ6561 GTは、1964年12月に生産され、ニューヨークのルイジChinettiモーターズ、ニューヨークに1965年の春に配信されました。これは、内部のベージュのレザーロッソ(19374)(32188 VM)で終了しましたし、4速マニュアルトランスミッションを取り付けました。このフェラーリの初期の歴史は、車はクラークスビル、ジョージア州のリチャード・ブライアン、によって販売のために提供された1982年3月まで不明です。当時、車は再構築エンジンで300マイルを持って、新しい革を有するものとして説明しました。その後、この330 GTは、ウェンデルS.価格車を購入したとき、1995年には1984年から1995年の間にいくつかの愛好家が所有していた、それが今日の特徴同じ組み合わせである赤外部と黒革の内部を、持っていました。氏価格の所有権の間に、車は2005年にシェルフェラーリマセラティの歴史的なチャレンジレースイベントで、再び2003年にコネチカット州ライムロックパークでフェラーリレーシング・デイズで示すとされました。

今日では、この車は、優れた走行や運転状態で略で、専門的にすべての主要な機械システムおよびコンポーネントは通じなくなって、必要に応じてサービスされると、再仕上げされています。新しい排気システムは、適切なハンガー、適切なステッカーで、インストールされていました。 Borraniホイールが完全に回復しました。そして加工して光っている部分は、必要に応じて再仕上げました。トランクルームは新鮮な、新しいカーペットを装着して、結合したが車は、豪華な本革シートに完全にreupholsteredインテリアを備えています。

簡単に言えば、これは素敵な古典的なフェラーリです。

 

300 bhp, 3,967 cc SOHC V-12 engine with three Weber carburetors, four-speed manual transmission, independent front suspension with coil springs, live axle rear suspension with semi-elliptic leaf springs, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 104.2 in.

  • An iconic GT in elegant colors
  • Numerous correct finishes throughout
  • Freshly completed and in beautiful condition

Replacing the 250 GTE 2+2 and the limited-production 330 America was the Ferrari 330 GT 2+2, which made its first public appearance at the Brussels Salon in January 1964. This new model helped carry on the success of the 2+2 models of the immediate past with several key updates, in hopes of seeing an increase in sales over the 250 GTE 2+2.

Ferrari’s new four-seater featured a completely new body style from Pininfarina, one that was very distinctive from the other Ferrari models on sale at the time. The easiest way to identify the first-series 330 GT 2+2 is by its quad headlight front end. The Series II cars adapted dual headlights, leaving the Series I as the sole model of the entire 330 GT 2+2 production run to wear quad headlights. Other notable cosmetic changes include more angular nose and tail sections from the 250 GTE 2+2 and the introduction of a wider front grille to help increase airflow to the engine.

Following in the footsteps of the 330 America in terms of its drivetrain, the 330 GT 2+2 featured a four-liter V-12 engine, which was mated to the existing four-speed-plus overdrive transmission in the 250 GTE. Its wheelbase was increased by two inches, and with the installation of Koni adjustable shock absorbers, handling had improved immensely. Before production began on the redesigned Series II, Ferrari had produced 625 examples of the initial series.

The 330 GT 2+2 remains one of Ferrari’s finest four-passenger touring cars. With its 300-horsepower, 4.0-litre engine, it is powerful yet easy to drive around town, while its luxurious appointments make it as ideal for today’s road tours and events as when it was new. As 330-series Ferraris become more desirable to collectors, the 330 GT 2+2 provides an opportunity into Ferrari ownership at a reasonable price. The car’s Rosso paintwork suits a 2+2 Ferrari such as this, while also showing off the distinctive shape of the Series I. This car will surely prove to be a fantastic driver, as it can easily accommodate a family of four on brief outings, which is something rare in the world of Enzo era Ferraris.

The first-series example offered today, chassis 6561 GT, was produced in December 1964 and delivered in the spring of 1965 to Luigi Chinetti Motors in New York, New York. It was finished in Rosso (19374) with a Beige leather (VM 32188) interior and was fitted with a four-speed manual transmission. The early history of this Ferrari is unknown until March 1982, when the car was offered for sale by Richard Bryan, of Clarkesville, Georgia. At the time, the car was described as having 300 miles on a rebuilt engine and having new leather. Subsequently, this 330 GT was owned by several enthusiasts between 1984 and 1995. In 1995, when Wendel S. Price purchased the car, it had a red exterior and a black leather interior, which is the same combination it features today. During Mr. Price’s ownership, the car was shown at the Ferrari Racing Days at Lime Rock Park in Connecticut in 2003 and again at the Shell Ferrari Maserati Historic Challenge race event in 2005.

Today, this car stands in excellent running and driving condition and has been professionally refinished, with all major mechanical systems and components being gone through and serviced as needed. A new exhaust system was installed, with the proper hangers and appropriate stickers; the Borrani wheels were fully restored; and the brightwork was refinished where necessary. The car features a fully reupholstered interior with luxurious leather seats, while the trunk compartment has been fitted and bound with fresh, new carpet.

Simply put, this is a lovely classic Ferrari.

http://rmsothebys.com/az15/arizona/lots/1965-ferrari-330-gt-22-by-pininfarina/1071738

関連記事

【ヤフオク】驚愕価格でスタート!フェラーリ575M!大人カラー!内外装美車

衝撃価格よりのスタートです!! 4980000円スター

記事を読む

1966 Ferrari 330 GT 2+2 Series II 2868万円

Sold for (£): 155,250 There were three dist

記事を読む

1974 Ferrari 365 GT4 BB

予想価格:€400.000 - €500.000 380馬力、4390のcc D

記事を読む

Ferrari 512 BB 6647万円

車両価格:£350,000   The Ferrari 365 GT4 B

記事を読む

1972 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA COUPE 1億330万円

車両価格:$850,000   --Rosso Chiaro Cors

記事を読む

【ヤフオク】H15年フェラーリ360モデナスパイダーF1

H15年(2003年?)モデスパ。 初期型のF1と比べ、シフトダウンは結構賢くなっています

記事を読む

Ferrari 365 GT4 2+2 1333万円

車両価格:£69,990                                 

記事を読む

FERRARI 365 Daytona Plexiglas (Coupé) 1億5659万円

車両価格:1'200'000スイスフラン Inverkehrsetzung 09.197

記事を読む

【F1】F1 FERRARI 642 ¥ASK

車両価格:ASK 年:1991 エンジン:V1265° 電源:710 PS ギア

記事を読む

1968 Ferrari 166 Dino F2/Tasman ¥ASK

車両価格:ASK 車台番号0010 細部 我々は、この信じられないほど珍し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク