*

PR

1984 Audi Sport Quattro 4931万円(SOLD)

公開日: : アウディ ,

AZ15_r192_001 AZ15_r192_002 AZ15_r192_003 AZ15_r192_004

<スポンサーリンク>

Sold for $401,500

302馬力、KKK-K27ターボチャージャーとボッシュ電子燃料噴射と2133のcc DOHC 20バルブ合金ブロックインライン5気筒エンジン、5速マニュアルトランスミッション、クワトロ全輪駆動と4輪独立コイルスプリングサスペンションフロントとリアのアンチロールバー、および四輪は、換気と選択ABSでAP 4ピストンレースのディスクブレーキをスロット。ホイールベース:86.8で。

•ゲームを変える、全輪駆動のラリーマシン
グループBのホモロゲ用に構築された唯一の214の•ワン
•高度な技術とパフォーマンスエンジニアリングを搭載
•すべてオリジナル。信じ2所有者と新しいから8300キロ
•おそらく最高の例の現存
「私たちは前にそれを言ってきたが、我々は再びそれを言うだろう。これらの車は、望ましさのためのヴィンテージBugattisに対抗しようとしている一日は…彼らは申し分のないモータースポーツ遺産を持っています。」
– オクタン、2011年3月

1982年の世界ラリー選手権へのグループBの導入は、前輪駆動車の後部から、一般的な業界の動きによって決定された進化の結果で、それは7勝で、革新的な証明しました。候補は今3選択するから、クラス、グループN(標準的な生産車)、グループA(修正された生産車)と、ほとんどすぐに悪名高い、実質奔放グループB(修正されたスポーツカー)を有していました。

最も顕著なのは、グループBは、アウディが変化ラリーステージ表面に明らかな恩恵だったのまだ新しいクワトロ全輪駆動システムと競合することができました。永久全輪駆動システムは、1980年にアウディ80ベースのクーペクワトロでデビューし、それがすぐにブランドを定義するようになりました。さらに、FIAグループBのホモロゲーションルールは、各車の唯一の200の道に行く例が公衆への販売のために必要であったことを意味しました。自動車メーカーは、もはや大量生産モデルが、その逆に基づいて、レーシングカーを構築するために必要ではなかったため、これらの光規制は、競争の激しいレースのために作られました。

アウディは、基本的に年の最初のカップルのためのグループ4クワトロたIngostadt、ドイツのエンジニアの前に、今スポーツクワトロの洗礼され乱暴に別のモデルを、解き放た何運動を。ウル・クワトロ(ドイツ語愛好家への「オリジナルクワトロ」)は、その永久全輪駆動システム、その重モノコックシャーシ、ロングホイールベースと、その縦方向に搭載されたエンジンに起因するバランスの問題に支配的な力をあったが、支障であることが判明しましたランチア037のような専用のレーサーに対して。

アウディのエンジニアは、これまで同社の道路の車の操作から、これらの懸念に対処する新しいモデルを開発を担当し、これは彼らが秘密裏に行ったものでした。そのホイールベースはB-およびCピラーの間に意味のある12.6インチを短くして、スポーツクワトロはショールームに見られる標準クワトロよりだけでなく、有意に短かったが、それはバウアーてサイトをオフに構築されたスチール製モノコックシェル、です、また数多くの特色GRPとカーボンケブラーパネルは、さらに体重をトリミングします。このように、非常に小さな連続生産アウディ(無味乾燥なアウディ80からcribbedされていたより多くの直立フロントガラスが初期の可視性の懸念を緩和するが)とそこに共有されていました。

水面下では、気筒あたり4バルブを特色に小型化2133 – 立方センチメートル、5気筒合金ブロックエンジンは、競争チューンで約450ブレーキ馬力の曲にターボチャージャーました。 17 PSI(1.05バール)で定格の大規模なKKK-K27のターボチャージャーは自動車のエンジンの排気量は、実際にFIA規則に準拠するために削減が必要であることを意味しました。そうであっても、スポーツクワトロは、3000立方センチメートルのカテゴリに車競いました。それはそれがデビューしたときに、これまでの道路の使用のために構築された最も速い車の一つとなって、ちょうど4.8秒で毎時60マイルに完全停止から全力疾走することができました。ポルシェ917用に開発されたとして、換気およびスロットされたAP 4ピストンレーシングブレーキは、必要なときに臨時停止電源が利用されることを保証しました。

一つは、これらの印象的な数字を無視したとしても、スポーツクワトロの導入は、多くの点でまだラリーレースのための分水界瞬間でした。スティグ・ブルムクヴィスト、ハンヌ・ミッコラ、ミシェル・ムートン、とヴァルター・ロールの同類を含む、その名簿に世界のトップドライバー、で、アウディスポーツは、1984年シーズンを通してWRCを支配しました。スポーツクワトロの最後の勝利はチームはまた、メーカーのタイトルを主張したアフリカのラリーコートジボワール、で、スティグ・ブルムクヴィストと11月上旬1984年に1をレースビョルンCederberg、の手で来ました。このあからさまな優位性は、WRCのラリーで車の伝説的な地位を固め。

アウディは専門ディーラー経由で顧客を選択するために販売されたほとんどが単なる214スポーツQuattrosを構築しました。ドイツでは、車は最終的に競争実績のあるパフォーマンスの味よりも多くの所有者を購入し、実質的な合計した20万人以上のドイツマルク、小売りのために。道路に行くモデルは、より合理的な302ブレーキ馬力とトルクの258フィートポンドを誇ったが、彼らは彼らのレースの対応よりも駆動するのに劣らず積極的ではなかったです。選択可能なABSシステムのような進歩は、ドライバーが、特に道路の様々な条件に車両を調整することができました。

その9インチ幅RONAL合金ホイールでは、スポーツクワトロは、光が、初心者ドライバーのために困難な証明DARTYの態度を持っていたし、現代的なメディアのレビューは示されているように、そのターボラグはほとんど駆動するために許していない車を作り、おびただしいが、実行可能でした。スポーツクワトロは、チェッカーフラッグにそれを操縦ドライバーの場合と同様に、その隠された技術のように多くの尊敬を命令します。

ここに提供される1984アウディスポーツクワトロに行く道がない場合は、疑い現存最高の例の一つせずに最高のです。それは、その最初の所有者から、現在のアメリカのベースの管理人に買収された、神戸の日本のコレクターYoshikuni岡本は、指摘しました。このとき、それは現在、非常に多くの新しいからであると考えられているの走行距離計の上に示すだけで8300キロを持っています。特に、スポーツQuattrosは正式に、米国に輸入されていなくても乏しくこれらの海岸にそれらを作ります。

この車は、所有者によると、グレーの革や布で覆われたレカロスポーツシートの上に、ほぼ確実に元の白色塗料で包まれ、それが工場出荷時の正しいホワイトアロイホイールを装着します。また、このスポーツクワトロは元のツール、ジャック、所有者/サービスマニュアル、取扱説明書と設置ラジオ、まだ新鮮なレースのベルト、のその余分なセットで、その次の所有者に配信されます。このアウディは静かに過去30年以上にわたって駆動され、摩耗の数、もしあれば、兆候を示してきました。車は最近の前にスポーツクワトロを検討する機会を得たことがなかったアウディの最大の販売店、フェアフィールド、コネチカットのアウディ、のいずれかによって徹底的サービスに処理しました。最後に、この例では、米国のタイトルを保持し、現在は法的に道路の使用のために登録されています。

関心はグループBのレースだったサガに構築し続けると、スポーツクワトロは本物のアイコンとして浮上しています。だから、影響力のアウディは2013年のフランクフルトモーターショーでコンセプトカーとしてスポーツクワトロの現代的なテイクを発表することによって、それに敬意を払うためにフィット見短く、ずんぐりし、専用のレーサーであり、この概念が予定されていると噂されています連続生産のために。

それは、したがって、初めての公開オークションでこの素晴らしいアウディスポーツクワトロを提供する私たちの大きな喜びです。
補遺
オドメーターはちょうどコネチカット州フェアフィールドアウディでの最近のサービスの予定の間に立ち往生することが発見されたことに注意してください。取り除かプラスチック歯車は、写真で識別されます。しかし、ディーラーがオークションに間に合うように、修理に影響を与えることができなかったと、のような、荷送人は、決済時に$ 1,000と買い手がクレジットされます。このサービスの間に車にもタイヤの新しいセットを装着しました。このタイトルは、輸送中にあります。

 

302 hp, 2,133 cc DOHC 20-valve alloy-block inline five-cylinder engine with a KKK-K27 turbocharger and Bosch electronic fuel injection, five-speed manual transmission, Quattro all-wheel drive, four-wheel independent coil-spring suspension with front and rear anti-roll bars, and four-wheel ventilated and slotted AP four-piston racing disc brakes with selective ABS. Wheelbase: 86.8 in.

  • Game-changing, all-wheel-drive rally machine
  • One of only 214 built for Group B homologation
  • Loaded with advanced technology and performance engineering
  • All original; believed two owners and 8,300 kilometers from new
  • Perhaps the finest example extant

“We’ve said it before, and we’ll say it again; one day these cars are going to rival vintage Bugattis for desirability…They have an unimpeachable motorsport heritage.”
– Octane, March 2011

The introduction of Group B into the World Rally Championship in 1982 resulted from an evolution that was dictated by a general industry move from rear to front-wheel-drive cars, and it proved revolutionary, with seven victories. Contenders now had three classes from which to choose, Group N (standard production cars), Group A (modified production cars), and the almost immediately notorious and virtually unbridled Group B (modified sports cars).

Most notably, Group B allowed Audi to compete with its still-new Quattro all-wheel-drive system, which was an obvious boon on varied rally stage surfaces. The permanent all-wheel-drive system debuted in the Audi 80-based Quattro Coupe in 1980, and it quickly came to define the brand. Furthermore, FIA Group B homologation rules meant that only 200 road going examples of each car were necessary for sale to the public. These light regulations made for intensely competitive racing, since automakers were no longer required to build racing cars based on mass production models but vice-versa.

Audi campaigned what was essentially a Group 4 Quattro for the first couple of years, before engineers in Ingostadt, Germany, unleashed a wildly different model, which is now christened Sport Quattro. Although the Ur-Quattro (“original Quattro” to German enthusiasts) was a dominant force due to its permanent all-wheel-drive system, its heavy monocoque chassis, long wheelbase, and balance issues caused by its longitudinally mounted engine proved to be hindrances against such purpose-built racers as the Lancia 037.

Audi’s engineers were tasked with developing a new model that would address these concerns, and this was something they did in secret, far from the company’s road car operations. With its wheelbase shortened a meaningful 12.6 inches between the B- and C-pillars, the Sport Quattro was not only significantly shorter than the standard Quattro found in showrooms, but it’s steel monocoque shell, which was built off site by Baur, also featured numerous GRP and carbon-Kevlar panels to further trim weight. As such, there was very little shared with serial production Audis (although a more upright windshield that had been cribbed from the workaday Audi 80 alleviated early visibility concerns).

Under the hood, a downsized 2,133-cubic centimeter, five-cylinder alloy-block engine that featured four valves per cylinder was turbocharged to the tune of around 450 brake horsepower in competition tune. A massive KKK-K27 turbocharger rated at 17 psi (1.05 bar) meant that the car’s engine displacement actually required reduction in order to comply with FIA regulations. Even so, the Sport Quattro competed against cars in the 3,000-cubic centimeter category. It was capable of sprinting from a complete stop to 60 mph in just 4.8 seconds, making it one of the quickest cars ever built for road use when it debuted. AP four-piston racing brakes that had been ventilated and slotted, as developed for the Porsche 917, ensured that extraordinary stopping power was available when needed.

Even if one ignored those impressive numbers, the introduction of the Sport Quattro was still in many ways a watershed moment for rally racing. With the world’s top drivers on its roster, including the likes of Stig Blomqvist, Hannu Mikkola, Michèle Mouton, and Walter Röhrl, Audi Sport dominated the WRC throughout the 1984 season. The Sport Quattro’s last win came at the hands of Stig Blomqvist and Björn Cederberg, who raced one in early November 1984, at the Rallye Côte d’Ivoire in Africa, where the team also claimed the manufacturers’ title. This outright dominance cemented the car’s legendary stature in WRC rallying.

Audi built a mere 214 Sport Quattros, most of which were sold to select customers via specialized dealers. In Germany, the car ultimately retailed for more than 200,000 Deutschmarks, which was a substantial sum that bought owners more than a taste of competition-proven performance. The road going models boasted a more reasonable 302 brake horsepower and 258 foot-pounds of torque, but they were no less aggressive to drive than their racing counterparts. Advancements like a selectable ABS system allowed drivers to specifically tailor the vehicle to a variety of road conditions.

With their nine-inch-wide Ronal alloy wheels, the Sport Quattro had a light but darty demeanor that proved daunting for novice drivers, and as contemporary media reviews indicated, its turbo-lag was profuse but workable, making the car hardly forgiving to drive. The Sport Quattro commands as much respect for its hidden technology as it does for the drivers who piloted it to the checkered flag.

The road going 1984 Audi Sport Quattro offered here is without a doubt one of the finest examples extant, if not the finest. It was acquired by its current American-based caretaker from its first owner, noted Japanese collector Yoshikuni Okamoto, of Kobe. At this time, it currently has just 8,300 kilometers showing on its odometer, which are very much believed to be from new. Notably, Sport Quattros were not officially imported to the United States, making them even scarcer on these shores.

This car is swathed in white paint, which, according to the owner, is almost certainly original, over grey leather and cloth-covered Recaro sports seats, and it wears its factory-correct white alloy wheels. Furthermore, this Sport Quattro will be delivered to its next owner with its original tools, jack, owner’s/service manual, installed radio with manual, and its extra set of racing belts, which are still fresh. This Audi has been gently driven over the last 30-plus years and shows few, if any, signs of wear. The car was recently treated to a thorough service by one of Audi’s largest dealerships, Audi of Fairfield, Connecticut, which had never before had the opportunity to examine a Sport Quattro. Finally, this example carries a U.S. title and is currently legally registered for road use.

As interest continues to build in the saga that was Group B racing, the Sport Quattro has emerged as a genuine icon. So influential was the short, squat, purpose-built racer that Audi saw fit to pay homage to it by unveiling a modern take on the Sport Quattro as a concept car at the 2013 Frankfurt Motor Show, and this concept has been rumored to be slated for series production.

It is, therefore, our great pleasure to offer this superb Audi Sport Quattro at public auction for the first time ever.

Addendum

Please note that the odometer was just discovered to be stuck during a recent service appointment at Audi Fairfield in Connecticut. A stripped plastic gear is identified by photographs. However, the dealership could not effect the repair in time for the auction and, as such, the consignor will credit the buyer with $1,000 at settlement. During this service the car was also fitted with a new set of tires. This title is in transit.

http://rmsothebys.com/az15/arizona/lots/1984-audi-sport-quattro/1071873

関連記事

【アウディ製4.2L V8エンジン搭載】トヨタ MR2 MK1 – AUDI 4.2 V8 6 SPEED – RACE – RALLY – SPRINT 202万円

車両価格:£10,995 トヨタMR2 MK1 4.2 V86 SPEED WO

記事を読む

Stunning LOW HOURS Audi R8 LMS GT3 2221万円

車両価格:£125,000 この車は私が2013年3月にそれを買って、唯一の英国のGT

記事を読む

アウディ R8 1380万円

車両価格:ASK AT  左ハンドル  リ済別  車台No:011  MTモードAT 

記事を読む

1981 AUDI QUATTRO 2.2-LITRE RALLY CAR 予想価格:1800-2200万円

    元ジョンBuffum、ハンヌMikola、デビッド・

記事を読む

1982 Audi Quattro A1 Group B Rally Car 4308万円(SOLD)

Sold for £247,900 元の作品、ハンヌ・ミッコラ/アルネ・ヘルツ 19

記事を読む

Audi A4 ST nº10 ex Jordi Gené 1792万円

車両価格:€135,000 アウディA4のSTnº10exのジョルディ・ジェネ 大

記事を読む

1985 Audi Quattro Sport SWB Coupé 4990万円(SOLD)

Sold for £287,100 新しいから年頃24285マイル 1985アウディ

記事を読む

アウディ GT3 LMS Ultra 2014 (Belgian GT champion car) 3106万円

車両価格:€239,000 概要: ほとんどの部品はわずか2レースをしました アウ

記事を読む

アウディ QUATTRO “Rallye” 801万円

http://www.scuderia-sportiva-colonia.de/html/fahrz

記事を読む

2014 Audi R8 LMS 2663万円

  車両価格:$250,000   シャーシ#のAS4

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク