*

PR

1973 Porsche 911 Carrera RS 2.7 Touring

公開日: : ポルシェ , ,

NY15_r135_001 NY15_r135_002 NY15_r135_003 NY15_r135_004

<スポンサーリンク>

$900,000 – $1,100,000

210馬力、2687 ccはSOHC空冷水平方向にボッシュ機械式燃料噴射、5速マニュアルトランスミッション、マクファーソンと独立したフロントサスペンションがストラット、トーションバー、アンチロールバー、横ねじれを持つ独立したリアサスペンションと6気筒エンジンに反対バーは、管状のショックアブソーバと、アンチロールバー、四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:89.4で。

•最高のRS 2.7s現存の1つを
•オリジナルのドライブトレインを数字がマッチング。真正の証明書が含まれて
•その稀で、元の信号イエロー色に仕上がりました。望ましいスポーツシートを装備
•高い電気サンルーフや窓とベッカー – メキシコステレオにオプションで用意
グンナー・レーシングでのケビン・ジャネットによって•総合的修復
•ポルシェパレードコンクールでのショーのベスト
CARRERA RENNSPORT

ポルシェの1973年カレラRSは伝説的なドイツの自動車メーカーから出てくることが最も求められているスポーツカーの一つとなっています。 1960年代後半と1970年代初頭のその大成功とルマン歴タイプ917プロトタイププログラムを引退したが、ポルシェはさらにその競争イメージを強化するために別のレース場を必要としていました。 FIAは、生産ベースのスポーツカーのための新シリーズを作成したとき、ポルシェは機会を急襲しました。

出発点として911Sクーペを使用して、競争部門はカレラRSの2つの異なるバージョンを作成しました。また、軽量(オプションM471)として知られているスポーツモデルは、競争の使用を意図した、大部分がその内部を剥奪されることになります。ツーリングバージョン(M472)軽量の機能の一部を提供したが、はるかに文明化した、快適な道路の使用のために調整されています。多くは、サンルーフ、フルカーペット、エンターテイメントシステム、およびいくつかのも特色エアコンなど911S accoutrementsが装備されました。

プロトタイプは、同社の取締役に示された場合には、ポルシェの販売部門は、同社がこの高価なホモロゲーション特別の500例を売ることができませんでしたことを宣言しました。しかし、競争部門ヘッドエルンスト・フールマンはありがたいことに勝って、カレラRSが1972年のパリ自動車ショーでその公共のデビューをしたときに、受注がに殺到した。ポルシェはわずか500の最初のシリーズを販売したが、第二の直列した後、第三ありません。ほとんどが「カレラ」のグラフィックを対比してグランプリホワイトで配信されたが、車もポルシェの目を引く、人気の「ジェリービーン」の色で提供されていました。

「地球上で最も素晴らしいRS」

リージャンノーネは彼を希望する彼の友人ケビンジャネットと呼ばれるとき、それは感謝祭2004だった “ハッピートルコの日。「キャッチアップともそれぞれの家族を希望した後、通常ごとに、具体的にはポルシェのように、彼らは、車の話になりました。ちょうど彼の1975 3.0リットルのRSRを販売したが、リーは彼が初期の-911引き出しを持つとされたことをケビンに言及し、「あなたは私に知らせて、RSを横切って実行する場合は。 “だから見つけて復元するために、4年間の冒険を始めました」地球上で最も素晴らしいRS。」

ケビンは日本だけでマルチポルシェの契約で作業することが起こりました。彼はレースカーのうちの2つを購入したいが、彼はカレラRSのための喜んで買い手を見つける必要がありました。このように、取引は行われていたと見え見えないもののリーは、彼が探していたものだけ取得しました。 3ヵ月後、RSはコンテナによって到着しました。グランプリホワイトを再描画されていたが、ポルシェは元の、数字マッチングドライブトレインと、それ以外の場合は完了したが、修復の必要性インチ

今後数ヶ月は戻って、かつての栄光に珍重ポルシェを復元するために、RSの完全な解体と細心の、骨の折れる執着を見ました。ジャンノーネは、20年以上にわたって利用されていない世界中の部品を追いかけ回想します。電話の呼び出しは、彼が適切な部品番号と日付コードで正しいRSステアリングホイールを調達イングランド、に彼を導きました。正しいフードバッジがオーストラリアで発見された一方で、超レアなドイツのRS所有者のサプリメントは、オランダから来ました。細部への非定型注目すると、917sおよび他のレーシングポルシェの自分の仕事のために知られてガンナーレーシングの専門家は、車上のすべてのナット、ボルト、詳細を取り上げました。でも配線ハーネスは仕事が最も鋭い観察者によって見られることはないだろうしても、工場出荷時の標準ごとに洗浄し、再組立て各ワイヤに、アンバンドルしました。それは愛の労働力であることでした。

2008年以降のその年シャーロットにポルシェパレードを行うことを約束しました。機械的な復元が完了し、残ったすべては、(最も時間のかかる作業であることが判明)ドア、ボンネット、ガラスを嵌め込むように内部と最終的な詳細を、インストールすることでした。でも正しいベッカー – メキシコオリンピアカセットラジオのみ復元の詳細と精度に追加(新しい異様に高価なオプション)を調達。左だけの日では、車は最終的に完了した、とケビンとリーはウェストパームビーチからノースカロライナ州に向かいました。パレード前の晩に到着、彼らはコンクールの準備エリアに車をアンロードし、いくつか当然の休息を取得しようとしました。

日曜日の朝四時半にはあまりにも速く遠く来て、それが判断の根拠にRSを駆動するための時間でした。リーが前にコンクールに入ったことがなかったとして神経、彼は初めて2.7リットルを起動し、幸いにもそれはためらうことなく生活に来ました。同様に滞りなく行き、クラスやグループのラウンドを通過し、最終的に渡された車は「オフ判断。「わずかな不足と判断すると、ポルシェは全体のトップ栄誉を主張するのに十分な300点のうち、優れた296.7を、得点しました、唯一のカレラRSはそうしています。だから、少なくとも1日のために、このポルシェは、実際には、「地球上で最も素晴らしいRSを “でした。

RSはカリフォルニアポルシェ愛好家の中で、すぐにシャーロットパレードの後、新しい所有者を発見しました。元の信号イエローRSを望む、彼はこのRSは最高の現存の一つであることがわかっポルシェの専門家ディルク層の助言を求めました。ポルシェを取得するので、所有者は控えめにそれを牽引してきた、とRSは全体の例外的な状態のままになります。これは、正しく日付折り畳み式スペアタイヤ、ジャッキ、ツールキット、インフレータ、バレットキー、それらの正しい栗色と青のビニールカバーのドイツ語のマニュアル、および販売の日本ビルが供給されています。最近RMサザビーズ専門家によって駆動、彼はこのカレラRSの優れたパフォーマンスに、それは壮観に見えるだけでなく、非常によく駆動し続けるだけでなく証明することができます。

911は生産日の提示を介して、耐えたように、それは常にこの最初の競技ベースのホモロゲーションモデルのポルシェの歴史の中で特別な場所があるだろうことは明らかです。カレラRSは、間違いなく空冷911sの最も望ましいモデルは、伝説的なの短いものではありません。

 

210 bhp, 2,687 cc SOHC air-cooled horizontally opposed six-cylinder engine with Bosch mechanical fuel injection, five-speed manual transmission, independent front suspension with MacPherson struts, torsion bars, and an anti-roll bar, independent rear suspension with transverse torsion bars, tubular shock absorbers, and an anti-roll bar, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 89.4 in.

  • One of the finest RS 2.7s extant
  • Original numbers-matching drivetrain; includes Certificate of Authenticity
  • Finished in its rare and original Signal Yellow color; fitted with desirable Sport seats
  • Highly optioned with electric sunroof and windows and Becker-Mexico stereo
  • Comprehensive restoration by Kevin Jeanette at Gunnar Racing
  • Best of Show at the Porsche Parade Concours

THE CARRERA RENNSPORT

Porsche’s 1973 Carrera RS has become one of the most sought-after sports cars to emerge from the fabled German automaker. Having retired its hugely successful and Le Mans-winning Type 917 Prototype program of the late 1960s and early 1970s, Porsche needed another racing venue to further bolster its competition image. When the FIA created a new series for production-based sports cars, Porsche pounced on the opportunity.

Using the 911S Coupe as a starting point, the Competition Department created two different versions of the Carrera RS. The Sport model, also known as the Lightweight (option M471) was intended for competition use and would be largely stripped of its interior. The Touring version (M472) offered some of the Lightweight’s features but was much more civilized and trimmed for comfortable road use. Many were also equipped from the factory with 911S accoutrements including sunroofs, full carpeting, and an entertainment system, and some also featured air conditioning.

When the prototype was shown to the company’s directors, Porsche’s sales department declared that the company could never sell 500 examples of this expensive homologation special. However, Competition Department head Ernst Fuhrmann thankfully prevailed, and when the Carrera RS made its public debut at the 1972 Paris Auto Show, orders flooded in. Porsche not only sold that first series of 500 but also a second series—and then a third. While most were delivered in Grand Prix White with contrasting “Carrera” graphics, the cars were also offered in Porsche’s eye-catching and popular “Jelly Bean” colors.

“THE NICEST RS ON THE PLANET”

It was Thanksgiving Day 2004 when Lee Giannone called his friend Kevin Jeanette to wish him a “Happy Turkey Day.” After catching up and wishing their respective families well, they got to talking about cars, as per usual, Porsches specifically. Having just sold his 1975 3.0-liter RSR, Lee mentioned to Kevin that he was having early-911 withdrawals and “if you ever run across an RS, let me know.” So began a four-year adventure to find and restore “the nicest RS on the planet.”

Kevin just happened to be working on a multi-Porsche deal in Japan. While he wanted to purchase two of the racecars, he needed to find a willing buyer for a Carrera RS. As such, the deal was done and Lee acquired just what he was looking for, though sight unseen. Three months later, the RS arrived by container. Though having been repainted Grand Prix White, the Porsche was otherwise complete, with its original, numbers-matching drivetrain, but in need of restoration.

The next few months saw the complete disassembly of the RS and a meticulous, painstaking obsession to restore the prized Porsche back to its former glory. Giannone recalls chasing parts around the world that have not been available for over 20 years. Phone calls led him to England, where he sourced the correct RS steering wheel with the proper part number and date code. The ultra-rare German RS owners’ supplement came from Holland, while the correct hood badge was found in Australia. With atypical attention to detail, the experts at Gunner Racing, known for their work on 917s and other racing Porsches, addressed every nut, bolt, and detail on the car. Even the wiring harness was unbundled, with each wire cleaned and reassembled per factory standards, even if the work would never be seen by the most keen observer. It was to be a labor of love.

By 2008 came the commitment to make the Porsche Parade in Charlotte later that year. The mechanical restoration was complete, and all that remained was to install the interior and final details, such as fitting the doors, hoods, and glass (which turned out to be the most time-consuming task). Even sourcing the correct Becker-Mexico Olympia cassette radio (an outlandishly expensive option when new) only added to the detail and accuracy of the restoration. With only days left, the car was finally complete, and Kevin and Lee headed to North Carolina from West Palm Beach. Arriving the night before the parade, they unloaded the car at the concours prep area and tried to get some well-deserved rest.

Four-thirty that Sunday morning came far too quickly, and it was time to drive the RS onto the judging grounds. Nervous, as Lee had never entered a concours before, he started up the 2.7-liter for the first time, and fortunately it came to life without hesitation. Judging went off without a hitch as well, and the car passed through the class and group rounds and into the final “judge off.” With only minor shortfalls, the Porsche scored an outstanding 296.7 out of 300 points, enough to claim Top Honors overall, the only Carrera RS to have done so. So, for at least one day, this Porsche was, in fact, “the nicest RS on the planet.”

The RS found a new owner soon after the Charlotte Parade, in a California Porsche enthusiast. Wanting an original Signal Yellow RS, he sought the advice of Porsche expert Dirk Layer, who found this RS to be one of the finest extant. Since acquiring the Porsche, the owner has driven it sparingly, and the RS remains in exceptional condition throughout. It is supplied with a correctly dated collapsible spare wheel, a jack, a tool kit, an inflator, a valet key, German-language manuals in their correct maroon and blue vinyl cover, and the Japanese Bill of Sale. Recently driven by an RM Sotheby’s specialist, he can attest to the superb performance of this Carrera RS and that it not only looks spectacular but also continues to drive exceptionally well.

As the 911 has endured through to present-day production, it is clear that there will always be a special place in Porsche history for this first competition-based homologation model. The Carrera RS, undoubtedly the most desirable model of air-cooled 911s, is nothing short of legendary.

http://rmsothebys.com/ny15/new-york—driven-by-disruption/lots/1973-porsche-911-carrera-rs-27-touring/1078393

関連記事

1989 ポルシェ 930 ターボ 最終 5速 1580万円

車両価格:1580万円 ブラック/黒レザー 走行33,000km 5MT 稀少モデル

記事を読む

Porsche Boxster Race Car For Sale 239万円

車両価格:£12,995 3成功した年はクラスBでレース後、それは、私たちは私たち

記事を読む

1990 Porsche 962C Group C ¥SOLD

車両価格:SOLD Condition: Used Clear Title

記事を読む

1993 Porsche 911 Type 964 Carrera RSR 3.8-Litre Competition Coupé  7633万円(SOLD)

Sold for £449,500 1993ポルシェ911タイプ964カレラRSR 3

記事を読む

2007/14 ポルシェ Caymen レーシングカー For Sale (13 Total Hours) 現在価格:400万円

現在価格:$33,544 2014 S.E.Division GTSU NASAチャン

記事を読む

Porsche 930 turbo 1462万円

車両価格:€100,000   Description: Pors

記事を読む

2008 RSR/GT3 R 2013 3473万円

車両価格:3473万円 We have a GT3 RSR built in 2013

記事を読む

1979 Porsche 930 Turbo 947万円

車両価格:$79,500 この1979ポルシェ930ターボは、70Kマイルとの優れたオ

記事を読む

1989 Porsche 911 930 Turbo 1699万円

Sold for (£): 92,000 The Porsche 930 Turbo

記事を読む

PORSCHE GT3 RS 991 ¥ASK

車両価格:ASK PORSCHE GT3 RS 991 YEAR :

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク