*

PR

1955 Mercedes-Benz 300 SL ‘Sportabteilung’ Gullwing

NY15_r129_001 NY15_r129_002 NY15_r129_003 NY15_r129_004

<スポンサーリンク>

$5,000,000 – $7,000,000

プレミアムロット – インターネット経由で入札すると、このロットには使用できません。質問があればクライアントサービスにお問い合わせください。
EST(東部基準時。 240馬力、ボッシュR3機械式燃料噴射と2996のcc SOHC直列6気筒競争エンジンは、4速マニュアルトランスミッション、コイルスプリングとの独立したフロントサスペンションは、コイルスプリング、4輪ベンチレーテッドドラムブレーキとリアスイングアクスルサスペンションを変更しました。ホイールベース:94.5。

•4工場レース準備W198のGullwingsの最初の
望ましいNSLエンジンを含む•特別な競技用品、
•1955年シーズン中にメルセデス・ベンツの競争部門でテスト済み
•1956年ツール・ド・フランスでは全体で2番目は、サー・スターリング・モスによって駆動
1966年以来•シングル家族の所有権
2011年に完成した本物のTDF仕様に•3年間の保存修復
•最も希少と最も望ましいW198ガルウィングがこれまで提供し
究極のガルウィング

1950年代のメルセデス・ベンツ300 SLガルウィングはすべての時間の中で最も有名なスポーツカーの一つであり、自動車の歴史家や愛好家によって再び時間を解剖してきました。 1952年のレースW194 300 SLクーペ、数年後に続く式仕様W196一眼レフレースカー(こくたそのうちの2つは:モデルが愛称されたジンデルフィンゲンのカール・ウィルフェルトによる伝説的なデザインは、基本的に3つの別々のシャーシの指定を包含クーペ)、およびW198 300 SLの生産車として。

29例はアルミニウム合金に完全にボディし、これらにもなってきているもののW198ガルウィングの約1,400例、それが1957年Gullwingsで300 SLロードスターに取って代わられた前の3年間に生産されたが、一般的に、合金のドアやボンネットと鋼構造を備えていますため、その顕著な希少性と競争の仕様のそれらの標準的な兄弟よりも回収可能。

シャーシ5500640ドルUntertürkheim工場のSportabteilung、または競争部門で仕上げ4レースの例の一つとしての主張で値をガルウィングの伝統的な理解。メルセデス・ベンツクラシックセンターのアーカイブの調査結果を合成した調査によると、アンソニー・プリチャードの決定的な著書ガルウィング(パラワンプレス)、ハンス・ヒューリマン、そのようなガルウィング・グループとして所有者の登録など、ブランドの専門家は、この車は最初でした開発と競争のためSportabteilungすることによって調製した4鋼ボディW198のGullwings。

生産Gullwings頻繁にこの期間中に出走したが、ほとんどのエントリは、欧州と米国の両方でプライベーター、顧客が運動をしました。正確なシャーシレコードが頻繁に記録されていなかったけれどもメルセデスは、しかし、ファクトリーチームドライバーとミッレミリアやタルガ・フローリオのようなイベントでは様々なスチールボディの車を入力してくださいました。これらの車は、一般的に、後に顧客に販売されました。

スポーツカーの競争のために利用するのに理想的なW198のプラットフォームを考慮すると、メルセデス・ベンツのレーシングチーフルドルフUhlenhautとマネージャーアルフレッドノイバウアーは、長時間の使用後に身体フレックスのかなりの量を実証した軽い合金ガルウィング、反対を決めました。彼らは代わりに標準スチールボディのガルウィング、優れた拡張競争運転のストレスに耐えられるし、パフォーマンスのすべてのビットのように印象的なのために調整することができました。

元のデータカードによると、車台番号5500640は、それが特別なレースの機能のホストを装備したUntertürkheimでSportabteilung、に配信されました。アップグレードは、改訂されたカムシャフトのプロファイルを持つNSL-仕様モータを含め、ラッジノックオフホイール。競合型燃料噴射ポンプ、ベンチュリ、排気。特別な換気ドラムブレーキ。大きなオイルタンク。調整された懸濁液から低い車高、 1:3.48のと専門最終車軸比。 1955年8月17日のシャーシ完了日、および1955年8月27日にSportabteilung部門への納期を含むデータカードの日付を指定すると、この車は非常に最初の工場に運動W198 300 SLであると考えられています。同様に4つの既知の自動車の最古の車台番号を特色として、それはまた、競争部門と最長時間(13ヶ月)を費やしました。

この間、ガルウィングは、伝説的なドライバーファン・マヌエル・ファンジオ、スターリング・モス、カール・クリング、ジョン・フィッチ、そしてハンス・ヘルマンによって可能な使用を含むトレーニングや競技会のためのファクトリーチームが利用しました。それは特定のレースは、もしあれば、車は工場に代わって参加している不明であるが、これらの重要なドライバはいくつかの点で車を操縦することを少し疑問があります。

手順でジョルジュHouel、ツールドフランスオートのよく知られたパリのラグビーマン、オートバイレーサー(1951スウェーデンGPの勝者)と、恋人。彼はレースを入力するために必要な資金を持っていなかったが、彼はメルセデス・ベンツで素晴らしい接続を持っていました。スターリング・モスは静かに工場が販売のためSportabteilung Gullwingsを提供されることHouelに認識作りました。このように、Houelは、今後のTDFのために車の資金調達のために、彼の友人、ハンス・ホンメルを確信させました。有名ポルシェとフェラーリドライバージャン・ベーラ、ツアーの固定具は、またHouelはモスとの1956年のレースを入力する必要があることを示唆した、とモスは、彼はすべての運転業務を引き受けることができることを条件に合意しました。そこで、1956年9月14日に、シャーシ5500640は、バーナード・ハンス・ホンメルに工場によって売却され、その後、9月17日、レースのスタートを作るためにHouelによってパリに戻って駆動します。

シャンゼリゼ通りの近くに駐車している間の期間の写真は、オープン、車の中で片足で立って、ちょうどシュトゥットガルトで工場から駆動した、Houelの9月中旬ドアを採用しました。写真も美しい300 SLはシルバーグレーメタリック塗料で仕上げを示しています。モスは、運転席に座っていると1を含む他の期間の写真は、ブルーテックスレザーでトリミングされた内部のチェッカーギャバジン布張りの垣間見ることができます。

#149を着て、モスとHouelはグループA標準仕様Gullwingsの偶発的に参加し、グループBの競合車のクラスでツールドフランスオートに入りました。彼らの主な箔はすぐにフランスのレースのために名前を変更することになるそのうちの一つ3リッターフェラーリberlinettas、同様のグループ分けになります。

車台番号5500640は、電力の低減につながる不良点火して、初期の多段ラリーでの機械的な問題に苦労。モスは伝えグルノーブルむしろ匿名コーナーガレージが問題を整理するまで、彼は非常に近い、レースから辞任問題に不満でした。典型的なファッションでは、モスは遠くツアーの最終段階で最終的な勝者(侯爵Portagoと彼の同名のフェラーリ250 GTベルリネッタ)を上回る、その時点から強調バック大笑い。さて先にポイントですでに、侯爵は安全に任意のミスをクラッシュしたりすることを回避するのに十分なレース、モスは、結果的に彼の悪いスタートを考えると、全体で2番目に配置する300 SLに顕著仕上げを十分な時間を作りました。

ジョージHouelはラリーD’automne作品と「万コーナー “ツール・ド・コルスの両方で1956クーペ・デュ・サロンで3位と5を配置し、今後数年間でSportabteilungガルウィングより数回レースに行きました。 1957年に外出が吹きタイヤに起因するアンドラ・モナコラリーでDNF続く2早期退職(ランスの12時間とサンクルーの6時間)で、その結果、あまり成功しませんでした。 Houelもイタリアで1957セストリエーレラリーにガルウィングをレース。

1950年代後半では、ユニークなガルウィングは、主に未修復の状態で車を保っ氏Besniesによって取得されていました。 SLはフランスのディーラー、メルセデスArchambeaud(輸入メルセデスChの一部門。Delecroix)の手に落ち、すぐに現在の所有者の父、長年のガルウィング愛好家によって1966年に発見されました。 1955年のパリ・サロンでの早期W198ガルウィングショーカーで少年のようにうっとりしてきたが、彼は最終的に11年後、彼の夢の車を取得する機会に興奮しました。

定期的な使用の年後、幸せな所有者は300 SLは詳細な作業が必要であると判断しました。この時点で、所有者は車の初期の歴史に関する非常に少ない知っていた、と彼のショックに、腹の皿の上に手書きを種々読み解体、時に発見された「1956年、フランシス、英国、モス。「残念ながら、時間の不足のために、修理が完了したことがないし、車が今後40年間の休眠横たわっていました。それは最終的に彼の父はオフに左、およびガルウィングのさらなる作業が始まっていた場所をピックアップし、2008年に彼の息子、の所有権に入って来ました。車の驚くべき長期保存の状態だけでなく、すべてのオリジナル、専門Sportabteilung機器の存在、高レベルの保存改修のための理想的な主題のために作られたガルウィングを考えます。

50年以上で初めて可能になりました、この希少な300 SLは生産わずか4工場の競争W198 Sportabteilung例の一つであり、まだ知られており、計上されている2つだけの一つです。ますます貴重な合金Gullwingsより稀、この車はまた、歴史的に重要な1956年ツール・ド・フランスでの伝説的なスターリング・モスによる競争の使用を主張します。センセーショナル#149との1956 TDFのカラーリングに復帰し、シャーシ5500640はガルウィングレーシング伝説、今までオークションで販売される可能性が最も重要なガルウィングで重要とあまり知られていない章です。これは、任意の深刻なコレクターの検討を頼む、特にシュトゥットガルトの純粋主義者のための黄金杯の取得とみなされるべきです。

 

Premium Lot – Bidding via Internet will not be available for this lot. Should you have any questions please contact Client Services.

Est. 240 hp, 2,996 cc SOHC inline six-cylinder competition engine with Bosch R3 mechanical fuel injection, four-speed manual transmission, independent front suspension with coil springs, modified rear swing-axle suspension with coil springs, and four-wheel ventilated drum brakes. Wheelbase: 94.5 in.

  • The first of four Factory race-prepared W198 Gullwings
  • Special competition equipment, including desirable NSL engine
  • Tested by the Mercedes-Benz competition department during the 1955 season
  • 2nd overall at the 1956 Tour de France; driven by Sir Stirling Moss
  • Single-family ownership since 1966
  • Three-year preservation restoration to authentic TdF specifications completed in 2011
  • The rarest and most desirable W198 Gullwing ever offered

THE ULTIMATE GULLWING

The Mercedes-Benz 300 SL Gullwing of the 1950s is one of the most celebrated sports cars of all time and has been dissected time and again by automotive historians and enthusiasts. The legendary design by Sindelfingen’s Karl Wilfert, for which the model is nicknamed, essentially encompasses three separate chassis designations: the racing W194 300 SL coupes of 1952, the Formula-specification W196 SLR racecars that followed a few years later (two of which were bodied as coupes), and the W198 300 SL production cars.

Approximately 1,400 examples of the W198 Gullwing were produced over three years before it was supplanted by the 300 SL Roadster in 1957. Gullwings generally feature steel construction with alloy doors and hoods, though 29 examples were bodied entirely in aluminum alloy, and these have become even more collectable than their standard brethren because of their pronounced rarity and competition specifications.

Chassis 5500640 bucks traditional understandings of Gullwing values with its claim as one of four racing examples finished by the Untertürkheim factory’s Sportabteilung, or competition department. According to research that has synthesized the findings of the archives of the Mercedes-Benz Classic Center, Anthony Pritchard’s definitive book Gullwing (Palawan Press), marque experts including Hans Hurlimann, and owner registries such as the Gullwing Group, this car was the first of four steel-bodied W198 Gullwings that were prepared by the Sportabteilung for development and competition.

While production Gullwings were frequently raced during this period, most entries were campaigned by privateers, customers in both Europe and the United States. Mercedes did, however, enter various steel-bodied cars in events like the Mille Miglia or Targa Florio with Factory team drivers, though exact chassis records were often not recorded. These cars were generally later sold to customers.

In consideration of the ideal W198 platform to utilize for sports car competition, Mercedes-Benz racing chief Rudolf Uhlenhaut and manager Alfred Neubauer decided against the lighter alloy Gullwing, which demonstrated a fair amount of body flex after prolonged use. They instead chose the standard steel-bodied Gullwing, which could better withstand the stress of extended competition driving and could be tuned for performance every bit as impressive.

According to original data cards, chassis number 5500640 was delivered to the Sportabteilung in Untertürkheim, where it was outfitted with a host of special racing features. Upgrades included an NSL-specification motor with revised camshaft profile; Rudge knock-off wheels; a competition-type fuel-injection pump, venturi, and exhaust; special ventilated drum brakes; a larger oil tank; lower ride height from an adjusted suspension; and a specialized final axle ratio of 3.48:1. Given the dates on data cards, including a chassis completion date of August 17, 1955, and a delivery date to the Sportabteilung department on August 27, 1955, this car is believed to be the very first Factory-campaigned W198 300 SL. As well as featuring the earliest chassis number of the four known cars, it also spent the longest time (13 months) with the competition department.

During this time, the Gullwing was utilized by the Factory team for training and competition, including possible use by legendary drivers Juan Manuel Fangio, Stirling Moss, Karl Kling, John Fitch, and Hans Hermann. While it is unclear which particular races, if any, the car participated in on behalf of the Factory, there is little question that these important drivers piloted the car at some point.

In steps Georges Houel, a well-known Parisian rugby man, motorcycle racer (winner of the 1951 Swedish GP), and lover of the Tour de France Auto. Though he did not have the necessary funds to enter the race, he did have a great connection at Mercedes-Benz. Stirling Moss had quietly made Houel aware that the Factory would be offering the Sportabteilung Gullwings for sale. As such, Houel convinced his friend, Hans Hommel, to finance a car for the upcoming TdF. Famed Porsche and Ferrari driver Jean Behra, a fixture of the Tour, also suggested that Houel should enter the 1956 race with Moss, and Moss agreed on the condition that he could assume all driving duties. So, on September 14, 1956, chassis 5500640 was sold by the Factory to Bernard Hans Hommel and then driven back to Paris by Houel in order to make the start of the race on September 17.

A period photograph was taken in mid-September of Houel, having just driven from the factory in Stuttgart, standing with one foot in the car, door open, while parked near the Champs-Elysees. The photo also shows the beautiful 300 SL finished in silver grey metallic paint. Other period photos, including one with Moss sitting in the driver’s seat, provide a glimpse of the interior’s checkered gabardine cloth upholstery, which was trimmed with blue Tex leather.

Wearing #149, Moss and Houel entered the Tour de France Auto in the Group B competition-car class, joining a contingent of Group A standard-specification Gullwings. Their principal foils would be a similar grouping of three-liter Ferrari berlinettas, one of which would soon be renamed for the French race.

Chassis number 5500640 struggled with mechanical issues early in the multi-stage rally, with faulty ignition leading to a reduction in power. Moss was reportedly so frustrated with the issues that he very nearly resigned from the race, until a rather anonymous corner garage in Grenoble sorted out the issue. In typical fashion, Moss roared back emphatically from that point forward, far outperforming the eventual winner (the Marquis de Portago and his namesake Ferrari 250 GT Berlinetta) during the final stage of the tour. Well ahead on points already, the Marquis raced safely enough to avoid crashing or making any mistakes, and Moss consequently made up sufficient time in the 300 SL to place 2nd overall, a remarkable finish given his poor start.

George Houel went on to race the Sportabteilung Gullwing several more times over the next few years, placing 3rd at the 1956 Coupes du Salon and 5th at both the Rallye d’Automne and the “10,000 Corners” Tour de Corse. Outings in 1957 were less successful, resulting in two early retirements (12 Hours of Reims and 6 Hours of Saint-Cloud) followed by a DNF at the Andorra-Monaco Rally resulting from a blown tire. Houel also raced the Gullwing in the 1957 Sestriere Rally in Italy.

By the late 1950s, the unique Gullwing had been acquired by a Mr. Besnies, who kept the car in largely unrepaired condition. The SL fell into the hands of a French dealer, Mercedes Archambeaud (a division of importer Mercedes Ch. Delecroix), and was soon spotted in 1966 by the father of the current owner, a longtime Gullwing enthusiast. Having been entranced as a boy by an early W198 Gullwing show car at the 1955 Paris Salon, he was thrilled at the opportunity to finally acquire his dream car 11 years later.

After a year of regular use, the happy owner decided that the 300 SL was in need of detailed work. At this point, the owner knew very little regarding the car’s early history, and to his shock, handwriting on the belly pan was discovered upon disassembly that variously read, “1956, Frances, Britain, Moss.” Unfortunately, due to lack of time, the repairs were never completed, and the car lay dormant for the next 40 years. It eventually came into the ownership of his son in 2008, who picked up where his father had left off, and further work on the Gullwing commenced. Given the car’s amazing state of long-term preservation, as well as the presence of all the original, specialized Sportabteilung equipment, the Gullwing made for an ideal subject for a high-level preservation refurbishment.

Available now for the first time in over 50 years, this rare 300 SL is one of just four Factory-competition W198 Sportabteilung examples produced and one of just two that are still known and accounted for. Rarer than the ever-valuable alloy Gullwings, this car also claims competition use by the legendary Stirling Moss at the historically significant 1956 Tour de France. Sensationally restored to its 1956 TdF livery with #149, chassis 5500640 is an important and little-known chapter in the Gullwing racing legend, possibly the most important Gullwing to ever be sold at auction. It begs the consideration of any serious collector and should be regarded as a golden-grail acquisition for Stuttgart purists in particular.

http://rmsothebys.com/ny15/new-york—driven-by-disruption/lots/1955-mercedes-benz-300-sl-sportabteilung-gullwing/1078384

関連記事

Mercedes Benz SLR Hamann 2005 3690万円

車両価格:AED1,090,000 KM: 4500 Body Type: S

記事を読む

メルセデスベンツ 190SL 2174万円

車両価格:€167,500 Category Cabrio/Roadster

記事を読む

【ヤフオク】300SLRガルウイング、AMG32 MT・PS・AC

300SLRガルウイングAMG32(ガルウイング社製)MT・AC・PS。 値下げ受付実

記事を読む

1989 SAUBER-MERCEDES C9 GROUP C

  1989 SAUBER-MERCEDES C9 GROUP Cのオークシ

記事を読む

2009 Mercedes-Benz SLR McLaren 8371万円

車両価格:$699,950 2009 Mercedes-Benz SLR McLare

記事を読む

Mercedes-Benz 190SL 2849万円

車両価格:£150,000   The Mercedes-Benz 1

記事を読む

1910 Mercedes 45hp 4-Seat Tourabout 1億1802万円(SOLD)

Sold for US$ 1,100,000 1910メルセデスの45hp 4-シート

記事を読む

Mercedes Benz SLK F1 Safety Car ¥ASK

車両価格:ASK フォーミュラ1セーフティカー - イベントのための優れた条件&素晴ら

記事を読む

【ヤフオク】近日完成、メルセデス・ベンツ540K(スイス・スバッロ社製)

自動車基本情報 メーカー名 メルセデス・ベンツ 車種名 メルセデス・ベンツ

記事を読む

メルセデス・ベンツ モーゼル M65RS 清原和博特別仕様車!! 現在価格:1380万円

現在価格:1380万円 メルセデス・ベンツ モーゼルM65RS 清原和博特別仕様車!!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク