*

PR

1971 Lamborghini Miura P400 S by Bertone

AZ16_r189_010 AZ16_r189_011 AZ16_r189_012 AZ16_r189_013

<スポンサーリンク>

370馬力、3929のcc DOHC横ミッドマウント型合金のV-12エンジン4ウェバー40 IDL 3Cキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、独立したフロントとリアのサスペンションアームを有する、コイルスプリング、筒状の衝撃吸収材、およびアンチロールとバー、四輪油圧換気ディスクブレーキ。ホイールベース:98.4。

•望ましい、非常に遅く、生産三浦S
•以前は32年間の功ノリタケコレクションの
•新しいだけなので3788キロ
多くの人にとって、ランボルギーニ・ミウラの導入は、我々はそれを知っているように「スーパーカー」の誕生を予告しました。 1966年の導入に先立って、特権数にパフォーマンスと排他性の信じられないほどのレベルを提供した多くの車は、当然のことながら、そこにあったが、三浦のようなどれもありませんでした。それは衝撃と畏怖に意味されただけでなく、パフォーマンスと驚異的な速さだけでなく、デザインと技術革新のスリリングな組み合わせを提供しました。

そのベルトーネのボディワークは、マルチェロ・ガンディーニによって書かれ、開発チームは、彼らの長いキャリアの開始時に三浦上で動作するのに十分な特権だった2華麗なエンジニア、ジャンパオロ・ダラーラとパオロStanzaniを含めました。また、三浦のシャーシを慎重に優れたハンドリングを提供し、名前密接サンターガタ・ボロニェーゼのブランドにリンクされたとなるボブ・ウォレス、の手で来た三浦の馬力を制御するために調整されました。そのミッドシップレイアウトは、業界に革命をもたらし、そして三浦は生産では、その種の唯一の高性能車だったが、フェラーリなどの他のメーカーは、すぐにこの才能成り上がりに対して競争力を維持するために追随することになります。

1968年には、更新された三浦の導入を予告:P400 S.このモデルは、ガンディーニによって書か同じゴージャスベルトーネのデザインを保持し、元の三浦P400の製造運転の過程で適用された継続的な更新を特色にしました。

視覚的には、どのようなP400からP400 Sを区別することは、「まつ毛」の代わりに、ベアメタルヘッドライトベゼルであり、そのクロームメッキ外装ウィンドウトリムだけでなく、背面に「S」バッジを追加。内部では、P400 Sは全体で高品質のインテリアトリムとパワーウィンドウと改訂機器のレイアウトの恩恵を受け。インテリアの快適さに追加すると、それ以降のモデルで利用できるようになりましたエアコン、でした。同様に微妙な変化は、370馬力に総出力をもたらし、三浦の4.0リッターV型12からなだめさ20以上の馬力をもたらしドライブトレイン、追跡しました。これは修正されたタイミングと同様に、4ウェーバー40IDL-3Lのキャブレターと高いリフトカムシャフトのインストールのおかげで可能でした。また、三浦のスプライン駆動シャフトシステムは、等速ジョイントと置き換えました。サスペンションは、アームストロングショックはコニショックアブソーバーに置き換えられました。

ちょうどその前身と同様に、P400 Sのパフォーマンスは驚異的でした。 8月は毎時172マイルの最高速度を引用していることAUTOCAR誌の後にテストしながら、ロード&トラックは、彼らの1970年4月発行のための新しい三浦をテストし、5.5秒毎時0〜60マイル時間だけでなく、毎時168マイルの最高速度をクロック駆動しました。

シャーシ番号4782

車台番号4782は、22日-から最後それは正式にベルトーネ車体番号692とエンジン番号30578、で生産シーケンス番号592としてランボルギーニのファクトリー・レコードに記録されている1968年から1971年の間に建て388の生産三浦Sすべてが今日のままでした、車が建設された後、いくつかの45歳。

この三浦Sは、もともと標準青い布やビニールインテリアで、ビアンコに終了しました。順序は、元の所有者と彼または彼女の場所が知られていないが、車の1970年10月に配信AutoEliteは、12月その場所をとっていることが知られている、よく知られた公式ミラノエージェントが置かれました。委託者によると、1973年には、車がバックランボルギーニ工場で、現在は赤の塗装であったことを指摘ジャーナリストのピーターColtrin、で観察しました。これは、事故後のサービスおよび修理のために明らかにありました。さらに彼は、車がその青い布やビニールインテリアを保持していたことを指摘しました。

所有者は、それが最終的には日本で最も有名なランボルギーニのコレクタと愛好家愛知の功ノリタケに、1983年11月5日に販売される前に、この三浦は次の十年のために修復されない状態では、クライアント・サービス・ストレージの建物ランボルギーニ工場で推移考えられていると述べています、 日本。日本ランボルギーニオーナーズクラブ(JLOC)の創設者兼会長、氏ノリタケもJLOCレーシングチーム、成功した過去20年間の直接の工場のサポートとランボルギーニのレースされている個人経営のプロチームの社長です。車は持っていたことに注目し、一度、唯一の3700キロは、1972年から道路からあったこと、氏ノリタケは、車は部品 “で生まれた”元のすべてを保持していたことを指摘しました。彼は、それは、化粧品修理し、元ビアンコに名産持つように進行し、彼は内部が両方の修理や整備の過程でランボルギーニの工場によって、青と白の存在ツートンカラーでreupholsteredました。密接に検査した場合今日、根本的な赤いペンキの少数の隠されたエリアの兆しがまだあります。

この作品に続いて、荷主ノート三浦Sは、それが現在の所有者が取得した後、次の32年の間、のみのサービスとメンテナンス手順駆動氏ノリタケのプライベート博物館に残っていること。 30年前に工場で行わ化粧品の修理や補修を除いて、それが配信として、大部分が残っています。 、実際には、正しい車体番号のスタンプが予想されるように、全体に顕著に現れると、エンジンとシャシースタンピングは、エンジンブロックとヘッドプレス加工の両方を含む、正しいとオリジナルです、日付は7 1 70「記録ヘッドに刻印を持ちます”または7月1日、実際には1970年、シャーシの大部分とアンダーフード仕上げは、クリーニングと適切なメンテナンスとは別に、非常にオリジナルに表示されます。このロットの売却は、取扱説明書および期間の販売パンフレットだけでなく、ツールやジャックの両方が含まれます。

確かに最低燃費三浦Sの知られており、最高の長期的な所有権の恩恵を受け望ましい後期仕様モデルの一つは、これは、元スーパーカーの顕著な例です。

 

370 bhp, 3,929 cc DOHC transverse mid-mounted alloy V-12 engine with four Weber 40 IDL 3C carburetors, five-speed manual transmission, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs, tubular shock absorbers, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic ventilated disc brakes. Wheelbase: 98.4 in.

  • A desirable, very late–production Miura S
  • Formerly of the Isao Noritake collection for 32 years
  • Only 3,788 kms since new

To many, the introduction of the Lamborghini Miura heralded the birth of the “supercar” as we know it. Prior to its introduction in 1966, there were, of course, many cars that offered incredible levels of performance and exclusivity to the privileged few, but there were none like the Miura. It offered a thrilling combination of not only performance and tremendous speed but also design and technical innovation that were meant to shock and awe.

Its Bertone bodywork was penned by Marcello Gandini, and the development team included two brilliant engineers that were privileged enough to work on the Miura at the start of their long careers, Gian Paolo Dallara and Paolo Stanzani. Additionally, the Miura’s chassis was carefully tuned to provide excellent handling and control the Miura’s horsepower, which came at the hands of Bob Wallace, whose name would become inextricably linked with the brand from Sant’Agata Bolognese. Its mid-engined layout revolutionized the industry, and while the Miura was the only performance car of its kind in production, other manufacturers, including Ferrari, would quickly follow suit to remain competitive against this talented upstart.

The year 1968 heralded the introduction of an updated Miura: the P400 S. This model retained the same gorgeous Bertone design penned by Gandini and featured the ongoing updates that were applied over the course of the production run of the original Miura P400.

Visually, what differentiated the P400 S from the P400 were bare-metal headlight bezels, in place of the “eyelashes,” and its chrome-plated exterior window trim, as well as the addition of an “S” badge to the rear. Inside, the P400 S benefitted from higher-quality interior trim throughout and a revised instrument layout with power windows. Adding to interior comfort was air conditioning, which was made available in later models. Similarly subtle changes followed for the drivetrain, which resulted in 20 more horsepower being coaxed from the Miura’s 4.0-liter V-12, bringing total output to 370 horsepower. This was possible thanks to the installation of higher-lift camshafts with revised timing, as well as four Weber 40IDL-3L carburetors. Additionally, the Miura’s splined driveshaft system was replaced with constant velocity joints. For the suspension, the Armstrong shocks were replaced by Koni shock absorbers.

Just like its predecessor, the P400 S’s performance was astounding. Road & Track tested a new Miura for their April 1970 issue and clocked a 5.5-second 0–60 mph time, as well as a top speed of 168 mph, while a later test by Autocar magazine that August cited a top speed of 172 mph.

CHASSIS NUMBER 4782

Chassis number 4782 was the 22nd-from-last Miura S produced of the 388 built between 1968 and 1971. It is officially recorded in Lamborghini’s Factory Records as production sequence number 592 with Bertone body number 692 and engine number 30578, all of which remains today, some 45 years after the car was built.

This Miura S was originally finished in Bianco, with the standard blue cloth and vinyl interior. The order was placed by the well-known official Milan agents AutoElite in October of 1970. Delivery of the car is known to have taken place that December, although the original owner and his or her location is not known. According to the consignor, in 1973, it was observed by journalist Peter Coltrin, who noted that the car was back at the Lamborghini factory and now painted red. It was apparently there for services and repairs after an accident. He further noted that the car retained its blue cloth and vinyl interior.

The owner states that it is believed this Miura remained at the Lamborghini Factory in their client services storage building in an unrepaired state for the next decade before finally being sold on November 5, 1983, to Japan’s most famous Lamborghini collector and enthusiast Isao Noritake of Aichi, Japan. A founder and chairman of the Japan Lamborghini Owner’s Club (JLOC), Mr. Noritake is also the president of the JLOC Racing Team, a privately run professional team that has been successfully racing Lamborghinis with direct Factory support for the past two decades. Noting that the car had, at the time, only 3,700 kms, having been off the road since 1972, Mr. Noritake noted that the car retained all of its original “born with” components. He proceeded to have it cosmetically repaired and refinished to the original Bianco, and he had the interior reupholstered in the present two-tone blue and white, both by the Lamborghini factory in the course of repairs and servicing. Today, if closely inspected, there are still signs in a few hidden areas of the underlying red paint.

Following this work, the consignor notes that the Miura S remained in Mr. Noritake’s private museum, driven only for services and maintenance procedures, for the next 32 years, after which it was acquired by the present owners. With the exception of the cosmetic repairs and refinishing performed by the factory three decades ago, it remains largely as-delivered; in fact, the correct body number stamping appears prominently throughout, as would be expected, and the engine and chassis stampings are correct and original, including both the engine block and head stampings, with the date stamping on the head recording “7 1 70,” or July 1, 1970. In fact, the majority of the chassis and under-hood finishes appear extremely original, aside from cleaning and proper maintenance. The sale of this lot includes both an owner’s manual and a period sales brochure, as well as the tools and jack.

Surely one of the lowest-mileage Miura S’s known, and a desirable late-specification model benefiting from the best long-term ownership, this is an outstanding example of the original supercar.

http://rmsothebys.com/az16/arizona/lots/1971-lamborghini-miura-p400-s-by-bertone/1078474

関連記事

【ヤフオク】ランボルギーニ アヴェンダドール LP750-4 SVロードスター 新車

  自動車基本情報 メーカー名 ランボルギーニ 車種名 アヴ

記事を読む

1972 Lamborghini Miura P400 SV by Bertone

$2,400,000 - $2,800,000 4ウェバーツインチョークキャブレ

記事を読む

1990 LAMBORGHINI COUNTACH 25TH ANNIVERSARY COUPÉ 1333万円(SOLD)

Sold for £85,000 1990ランボルギーニカウンタック25thアニバーサ

記事を読む

【ヤフオク】ランボルギーニ カウンタック クワトロバルボーレ希少車!

御覧になってありがとうございます。 カウンタックの中でも人気のクワトロバルボーレヨー

記事を読む

2006 Lamborghini Concept S

$2,400,000 - $3,000,000 513馬力、気筒あたり4バルブと

記事を読む

2001 Lamborghini Diablo VT  4615万円

車両価格:$385,900 Clean Carfax, 6.0L 48 Valve V

記事を読む

2014 Lamborghini Aventador 50th Anniversario Spyder ¥ASK

車両価格:ASK マットカラー、炭素繊維でT-エンジンカバーは、小さなカーボンで外装詳

記事を読む

ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670‐4 SV 4180万円

車両価格:4180万円 2010年式、ランボルギーニ・ムルシエラゴLP670-4 SV

記事を読む

1970 Lamborghini Miura P400S by Bertone

車両価格:$1,000,000 - $1,400,000 370馬力、4ウェーバ

記事を読む

1998 Lamborghini Diablo SV 3159万円(SOLD)

登録:指定なし  シャーシ番号:ZA9DE21A0WLA12872&nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク