*

PR

1956 Ferrari 290 MM by Scaglietti

公開日: : フェラーリ ,

NY15_r124_001 NY15_r124_002 NY15_r124_003 NY15_r124_004

$28,000,000 – $32,000,000

プレミアムロット – インターネット経由で入札すると、このロットには使用できません。質問があればクライアントサービスにお問い合わせください。

トリプルウェーバーツインチョーク46 DCF3キャブレター、クワッドMAGNETI-Marelli社の代理店とのツインスパークプラグ点火、4速マニュアルトランスミッション、独立したフロントサスペンションと320馬力、3490のcc SOHC 60度タイプ130は、ドライサンプV-12エンジンヘリカルスプリングとアンチロールバー、トランスバース・リーフスプリングとデ・ディオンリアアクスル、および四輪油圧ドラムブレーキ。ホイールベース:92.52インチ

•1956ミッレミリア、ファン・マヌエル・ファンジオ、第4回、全体の
•広範かつ文書化されたレースの歴史
•自動車の歴史の反論できない作品
•フェラーリClassiche認定

彼らはマラネロのチームがトラックに負担する持って来ることができることを願い、情熱、および機械的な輝きを象徴としてフェラーリのスポーツプロトタイプレーシングカーはモータースポーツの歴史の中で最も伝説的なの一つです。最も重要なこと、一人ひとりのデザインがそれらにエンツォの個人的な手形を持っていました。

しかし、いくつかの車が他よりも特別で、それはフェラーリのモータリングの「聖杯」と見なされる作品の車です。これらの象徴的な車は、最前線に選択、武器庫で最もシャープの武器でした。彼らは工場だけでなく、イタリアの自体だけでなく、の希望と祈りを運ぶだけ世界最高で駆動されることになります。ワークスフェラーリプロトタイプは、我々はそれを知っているよう今日はまだ基礎とモータースポーツの遺産を提供最大の、最も困難な、そして最も重要な回路に、巨大な成功を収めてスポーツカー世界選手権で運動をしました。

スクーデリア・フェラーリ・シャーシ番号0626

290 MMは、同様に重要だったとフォーミュラ・ワン世界選手権に勝つために彼の努力としてフェラーリに限り多くの重量を運んだスポーツカー世界選手権を争うために建てられました。 WSCは、1953年に発足し、フェラーリはメルセデス・ベンツのゲルマン効率は世界選手権を主張して、6の3つのイベントを支配として1955年に、ゴールポストは、驚異的なスタイルで移動し、しかし1953年と1954年に優勝勝とすぐに成功したました過程の中で。その後、メルセデス・ベンツは、1955の最後に引退したのと同様に、宿敵マセラティは素晴らしい300Sの形で新しいマシンに入りました。フェラーリは、その栄光を取り戻すことだった場合、それは新しい武器が必要だと認識しました。

1956の場合は、返却エンジニアの提案で、伝説的なヴィットリオ・ヤーノは、エンツォは、さまざまな四と6気筒Mondials、Monzas、および121分の118のLMを開発した後、彼の雷の商標V-12エンジンに戻すことを決定しました。

それはねじ込みウェットライナーと一体ブロックとシリンダヘッドと、アウレリオ・ランプレディ発足原則に従ったが、JanoエンジニアアンドレアFraschettiは、全く新しいエンジンを作成しました。新しいエンジンは、吸気口と排気弁機能を改善するために、燃焼室の設計に置かれてかなりの努力と、以前Lampredi設計より短く、より広いでした。さらに、気筒あたり2点火プラグは、正味の結果は同様の大きさの860モンツァオーバー40ブレーキ馬力の増加であることと、取り付けました。

エンツォは、すぐに彼の最新かつ最高の創造にワークスチームをリードし、5度の世界チャンピオンファン・マヌエル・ファンジオであるためには、時代の最高のドライバーを確信し、ほとんどのため、これまで住んでいた間違いなく最も偉大なドライバー。それにより、それはファンジオと290 MMはマラネロスクーデリアのために1956スポーツカー世界選手権を確保する唯一の目的と一緒に来たということでした。

モータースポーツの今日の厳しく規制の世界では、1950年代には、最新のレースカーの設計の作品のチームを管理するためのいくつかのルールがあったという事実に反映させるために素晴らしいです。これらの素晴らしいマシンは、したがって、シリンダ容積または重量を律するルールで、達成可能だったものの絶対的な限界に開発されました。唯一の制限要因は、ドライバーの勇気と、これまで存在していた車とドライバーの両方のための最も挑戦的なイベントの一部に前方の道路を読むために彼の能力でした。

このようなイベントの1つは、伝説ミッレミリアました。

XXIIIミッレミリア

1956ミッレミリア4月29日に開催し、スポーツカー世界選手権の第三ラウンドでした。このイベントでは、ファンジオは、シャーシ番号0626、具体的には彼と一緒に構築された車を割り当てられ、そして車は、今日ここに提供しました。 426の車365が開始したのイベントのために入力されたが、唯一の182はフィニッシャーとして分類されるであろうがありました。

ファン・マヌエル・ファンジオはレース#600だったと前面のLEDターンし、危険を呼び出すことがないナビゲータで、ソロ駆動、正確に06:00 AMに、最後に起動します。レースは天気がすぐにイタリア全土豪雨に悪化して、発症から強烈でした。閉じられた車は明確な利点を持っていましたが、フェラーリはまだ最高に競争しており、ファンジオは全体の4位に家0626もたらすでトップ5つの場所を取るだろう。条件と彼は別送運転していたことを考えると驚くべき偉業。

未満ヶ月後、ライフ誌のカメラマントーマス・マカヴォイにより信じられないほどのフォトエッセイは、右XXIIIミッレミリアでの最近の支配と勝利までのシルバーストーンの1956 BRDC国際トロフィーからスクーデリア・フェラーリの旅行を記録にとどめ。ここで描写から分かるように、ミッレミリアからの3つの車が頻繁に紹介されたが、エンツォ・フェラーリは、写真撮影のためにある特定の自動車に対して休むことを選んだ、とその車は、0626(#600)でした。

車台番号0626のた​​めの次の遠出は、それが将来のアメリカの世界チャンピオンフィル・ヒル、ケン・ウォートン、オリビエGendebienによって駆動された月の終わりに開催されたニュルブルクリンクでの第2回国際ADAC 1000 KM、および侯爵アルフォンソ・デ・Portagoにありましたドライバのこの壮大な名簿は、全体の3位終わったが、シーズンはまだ終わっていませんでした、そしてより多くの信じられないほど才能のあるドライバーは、ホイールの後ろに座ってまだありました。 7月には、デPortagoは再びホイールを取り、フランスのルーアン・レEssartsの第5回国際グランプリで総合9位を終えました。

ヴォルフガング・アレクサンダー・アルバート・エドゥアルドMaxamilian Reichsgrafベルグフ(タフィー)フォンのツアーは、タルガ・フローリオを受賞し、ドイツのすべての時間の偉大なグランプリドライバーの1になることだったとさえ困難な世界選手権のために1961年のイタリアGPで彼の早すぎる死までしかし、 1956年に、彼はフェラーリをドライブする、まだありました。彼は彼がクリスチャン、世界選手権の最終戦でスウェーデンGPでシャーシ0626のハンドルを握ることができるようにエンツォを確信するまで、それがありました。彼はダッシュピーター・コリンズと提携し、ペアは、フェラーリはエンツォが行うことに着手していたとおりに、1956スポーツカー世界選手権を確保助けた2位フィニッシュと印象づけるために失敗していません。

それにもかかわらず、シャーシ番号0626は、1957年のタイトルを争ったチームの一部を形成し、まだスクーデリアの世界スポーツカー選手権の一環として終わっていませんでした。今シーズンの開幕戦では、IVミルKilometrosシウダードデブエノスアイレス、0626は2フェラーリグランプリ・ドライバー、エウジェニオCastellotiとルイジ・ムッソにより提携た高速アメリカンマステン「カンザスシティフラッシュ “グレゴリー、Worksのカラーリングに入力されましたこれらの三つの大きなドライバは有名なチャンピオンシップの勝利に車台番号0626をレース、そしてフェラーリの1957年スポーツレーシングキャンペーンは輝かしいスタートを切りました。この驚異的な形式は、1957年を通じて継続する、とフェラーリは、さらに別のチャンピオンシップを確保するために行くだろう。

春1957年に、シャーシ番号0626は、車は青と白の塗り替えていたニューヨークの寺ビューエルにルイジChinettiを通じて販売されました。ビューエルは、750モンツァと500 TRなど多くの偉大なフェラーリを持っていました。最も重要なのは、彼がエンツォ・フェラーリの個人的な友人でした。ビューエルの所有権の下では、この車は、スパ・フランコルシャンのVIポルトガルグランプリとRACBグランプリの両方で2位フィニッシュを含め、世界中で競争し続けただけでなく、ナッソーツーリスト・トロフィーとキューバのグランプリで立派な仕上げを稼ぎます、ファン・マヌエル・ファンジオが前フィデル・カストロの移動によってレースのスタートに誘拐されたとき。このシーズンを通して、車はマステングレゴリー、ヨアキム・ボニエ、ポール・オシェイ、およびマンフレードリップマンによるものでした。

1958年3月には、寺ビューエルは、マイアミ、フロリダ州のJ.ロバート・ウィリアムズに車を売却しルイジChinettiモーターズ、に車を戻しました。車台番号0626は、その後、熱狂的なアメリカンレーサージェームズ・フリンの手を通過して墜落していないと信じられないほどの独創性の彼女のレベルを維持するなどしている決しての彼女のほとんど一意のレコードを維持し、1964年までレースをされ続けました。赤塗り替え1968年に、290 MMは、周知のコレクタSolebury、ペンシルベニア州のボブDusekに売却されました。氏Dusekもに定期的に彼女を使用して、年間のカップルのための車台番号0626を維持し、「学校のラン!」

0626の重要性は、1970年に彼女はその後、彼の有名なコレクションAubussonの、フランスのマスドゥクロのために世界的に有名なコレクターピエールBardinonによって購入されたという事実によって測らすることができます。車台番号0626は、パリの近くに開催されたフェラーリの展示à1987カルティエのオマージュでフェラーリルマン勝者のBardinonの豊富なコレクションと一緒に表示されていました。それはフェラーリとその歴史の世界で最も有名と目の肥えたコレクターの一つは、本カストディアンに渡さ前Bardinonは34年間、この壮大な車を所有していました。

過去12年間、車台番号0626は、定期的に再構築し、最近のエンジンの恩恵を受け、維持されています。取り外し可能な乗客画面の提供はまた彼女が快適にミッレミリアStoricaで競争することができました、彼女は様々な歴史的なイベントで実行されただけでなく、グッドウッド・リバイバル会議とエレガンスの著しい就任ウィンザーコンクールに表示されて。所有者は、さらに、その見事な独創性を確認するために、認定車フェラーリClassicheがありました。

このような伝統と独創性の程度と、1950年代のフェラーリスポーツレーシングカーは、それ自体がまれで動作しますが、一つは、ほとんど聞いたことがありません。 2016年5月には、ミッレミリア60年間でファンジオの叙事詩ドライブがあらかじめブレーシア再び祝われます。車台番号0626は確かに世界で最も偉大なレーシングドライバーのための世界最高のレースカーメーカーで作成された工場のプロトタイプのこのユニークでオリジナルの例を、感謝のすべての心と賞賛をキャプチャするために立っています。

 

Premium Lot – Bidding via Internet will not be available for this lot. Should you have any questions please contact Client Services.

320 bhp, 3,490 cc SOHC 60-degree Type 130 dry-sump V-12 engine with triple Weber twin-choke 46 DCF3 carburetors and twin spark-plug ignition with quad Magneti-Marelli distributors, four-speed manual transmission, independent front suspension with helical springs and anti-roll bar, De Dion rear axle with transverse leaf spring, and four-wheel hydraulic drum brakes. Wheelbase: 92.52 in.

  • 1956 Mille Miglia, Juan Manuel Fangio, 4th-overall
  • Extensive and documented racing history
  • An irrefutable piece of automotive history
  • Ferrari Classiche certified

Ferrari’s sports-prototype racing cars are among the most legendary in motorsport history as they epitomize the desire, passion, and mechanical brilliance that the Maranello team could bring to bear on the track. Most significantly, each and every design had Enzo’s personal handprint upon them.

However, some cars are more special than others, and it is the Works cars that are considered the “Holy Grail” of Ferrari motoring. These iconic cars were on the frontline, the weapons of choice—the sharpest in the armory. They would carry the hopes and prayers of not only the Factory but also of Italy itself and would only be driven by the finest in the world. The Works Ferrari Prototypes were campaigned in the World Sportscar Championship with enormous success, on the greatest, most challenging, and most important circuits that today still provide the foundation and heritage of motorsport as we know it.

SCUDERIA FERRARI: CHASSIS NUMBER 0626

The 290 MM was built to contest the World Sportscar Championship, which was as important and carried as much weight to Ferrari as his efforts to win the Formula One World Championship. The WSC was inaugurated in 1953, and Ferrari was immediately successful with championship wins in 1953 and 1954. However, in 1955, the goalposts moved in staggering style as the Germanic efficiency of Mercedes-Benz dominated three of the six events, claiming the World Championship in the process. Then, just as Mercedes-Benz retired at the end of 1955, the old enemy Maserati entered a new machine in the form of the fabulous 300S. Ferrari recognized that it needed a new weapon if it was to reclaim its glory.

For 1956, at the suggestion of a returning engineer, the legendary Vittorio Jano, Enzo took the decision to revert to his thunderous trademark V-12 engine after developing various four- and six-cylinder Mondials, Monzas, and 118/121 LMs.

Jano and engineer Andrea Fraschetti created an all-new engine, although it followed the principles inaugurated by Aurelio Lampredi, with an integral block and cylinder heads with screwed-in wet liners. The new engine was shorter and wider than the previous Lampredi designs, with considerable effort being put into the combustion chamber design to improve inlet and exhaust valve function. Additionally, two spark plugs per cylinder were fitted, with the net result being a 40 brake horsepower increase over the similarly sized 860 Monza.

Enzo convinced the best driver of the era, and, for most, arguably the greatest driver who ever lived, the soon to be five-time World Champion Juan Manuel Fangio, to lead the Works team in his latest and greatest creation. With that, so it was that Fangio and the 290 MM came together with the sole purpose of securing the 1956 World Sportscar Championship for the Maranello Scuderia.

In today’s heavily regulated world of motorsport, it is wonderful to reflect on the fact that in the 1950s there were few rules to govern the Works teams in the design of their latest racecars. These wonderful machines were therefore developed to the absolute limit of what was achievable, with no rules governing cylinder capacity or weight. The only limiting factor was the bravery of the driver and his ability to read the road ahead on some of the most challenging events for both car and driver that have ever existed.

One such event was the legendary Mille Miglia.

XXIII MILLE MIGLIA

The 1956 Mille Miglia was held on April 29th and was the third round of the World Sportscar Championship. For this event, Fangio was allocated chassis number 0626, a car that was specifically built with him, and the car offered here today. There were 426 cars entered for the event, of which 365 would start, but only 182 would be classified as finishers.

Juan Manuel Fangio was race #600 and would start last, at exactly 06:00 am, driving solo, with no navigator to call the turns and hazards that led in front. The race was intense from the onset, with the weather immediately deteriorating to torrential rain throughout Italy. The closed cars had a distinct advantage, but the Ferraris were still supremely competitive and would take the top five places with Fangio bringing home 0626 in 4th place overall. A remarkable feat considering the conditions and that he was driving unaccompanied.

Less than a month later, an incredible photo essay by LIFE magazine photographer Thomas McAvoy chronicled the Scuderia Ferrari’s trip from the 1956 BRDC International Trophy of Silverstone right up to its recent domination and victory at the XXIII Mille Miglia. Three cars from the Mille Miglia were featured heavily, but Enzo Ferrari chose to rest against one specific car for the photoshoot, and that car was 0626 (#600), as can be seen pictured here.

The next outing for chassis number 0626 was at the 2nd International ADAC 1000 KM at the Nürburgring, held at the end of May, where it was driven by future American World Champion Phil Hill, Ken Wharton, Olivier Gendebien, and the Marquis Alfonso de Portago. This spectacular roster of drivers finished 3rd overall, but the season was not over, and there were yet more incredibly talented drivers to sit behind the wheel. In July, de Portago once again took the wheel and finished 9th overall at the 5th International Grand Prix of Rouen-Les Essarts in France.

Wolfgang Alexander Albert Eduard Maxamilian Reichsgraf Berghe (Taffy) von Trips was to become one of Germany’s all-time great Grand Prix drivers, winning the Targa Florio and even challenging for the World Championship until his untimely death at the Italian GP in 1961. But, in 1956, he had yet to drive a Ferrari. That was until he convinced Enzo to allow him to get behind the wheel of chassis 0626 at the Swedish GP at Kristianstad, the final race of the World Championship. He was partnered with the dashing Peter Collins, and the pair did not fail to impress with a 2nd place finish, which helped Ferrari secure the 1956 World Sportscar Championship, exactly as Enzo had set out to do.

Nonetheless, chassis number 0626 was not finished as part of the Scuderia’s Worlds Sportscar Championship efforts just yet, forming part of the team that contested the 1957 title. For the opening round of the season, the IV Mil Kilometros Ciudad de Buenos Aires, 0626 was entered in Works livery for the fast American Masten “Kansas City Flash” Gregory, who was partnered by two Ferrari Grand Prix drivers, Eugenio Castelloti and Luigi Musso. These three great drivers raced chassis number 0626 to a famous championship victory, and Ferrari’s 1957 sports-racing campaign was off to a glorious start. This tremendous form would continue throughout 1957, and Ferrari would go on to secure yet another championship.

In spring 1957, chassis number 0626 was sold through Luigi Chinetti to Temple Buell in New York, who had the car repainted blue and white. Buell had many great Ferraris, such as a 750 Monza and 500 TR; most importantly, he was a personal friend of Enzo Ferrari. Under Buell’s ownership, this car continued to compete around the world, including a 2nd place finish in both the VI Portuguese Grand Prix and RACB Grand Prix of Spa-Francorchamps, as well as earning respectable finishes at the Nassau Tourist Trophy and the Cuban Grand Prix, when Juan Manuel Fangio was kidnapped prior to the start of the race by Fidel Castro’s movement. Throughout this season, the car was driven by Masten Gregory, Joakim Bonnier, Paul O’Shea, and Manfredo Lippman.

In March 1958, Temple Buell returned the car to Luigi Chinetti Motors, who sold the car to J. Robert Williams of Miami, Florida. Chassis number 0626 then passed through the hands of enthusiastic American racer James Flynn and continued to be raced up until 1964, maintaining her almost unique record of never being crashed and as such maintaining her level of incredible originality. In 1968, repainted red, the 290 MM was sold to well-known collector Bob Dusek of Solebury, Pennsylvania. Mr. Dusek maintained chassis number 0626 for a couple of years, even using her regularly on the “school run!”

The significance of 0626 can be gauged by the fact that in 1970 she was then purchased by the world-renowned collector Pierre Bardinon for his renowned Collection Mas du Clos in Aubusson, France. Chassis number 0626 was displayed alongside Bardinon’s extensive collection of Ferrari Le Mans winners at the 1987 Cartier Hommage à Ferrari exhibit held near Paris. Bardinon owned this magnificent car for 34 years before it passed to the present custodian, who is one of the world’s most renowned and discerning collectors of Ferrari and its history.

For the past 12 years, chassis number 0626 has been regularly maintained, benefiting from a recent engine rebuild. The provision of a removable passenger screen has also allowed her to comfortably compete in the Mille Miglia Storica, and she has run at various historic events as well as been displayed at the Goodwood Revival Meeting and the remarkable inaugural Windsor Concours of Elegance. The owner has had the car Ferrari Classiche certified to further confirm its stunning originality.

Works Ferrari sports-racing cars of the 1950s are rare in their own right, but one with such heritage and degree of originality is almost unheard of. In May 2016, Fangio’s epic drive in the Mille Miglia 60 years beforehand will be celebrated once again in Brescia. Chassis number 0626 surely stands to capture the hearts and admiration of all who appreciate this unique and original example of a Factory Prototype, created by the world’s greatest racecar manufacturer for the world’s greatest racing driver.

http://rmsothebys.com/ny15/new-york—driven-by-disruption/lots/1956-ferrari-290-mm-by-scaglietti/1078342

 

この車34億するとかめちゃ高いwww

関連記事

1960 Ferrari 250 GT SWB Alloy Berlinetta Comp

1960 Ferrari 250 GT SWB Alloy Berlinetta Comp 3億4093万円(SOLD)

Sold for $2,750,000 The Ex-Vittorio de Michel

記事を読む

Exif_JPEG_PICTURE

Ferrari F355 Challenge

レーシングカー 内部番号:ferr_f355 25790キロ、280キロワット(381馬

記事を読む

1972 FERRARI 365 GTB4 DAYTONA COUPE

1972 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA COUPE 1億330万円

車両価格:$850,000   --Rosso Chiaro Cors

記事を読む

Ferrari F93a

Ferrari F93a SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

LF14_r120_001

1989 Ferrari F40 1億1881万円(SOLD)

Sold for £761,600 ウェーバー・マレリのエンジン管理および燃料噴

記事を読む

PA15_r169_001

1963 Ferrari 250 GT/L ‘Lusso’ Berlinetta by Scaglietti 2億734万円(SOLD)

Sold for €1.624.000 240馬力、トリプルウェーバーキャブレタ

記事を読む

Ferrari F40

Ferrari F40 1億4703万円

車両価格:€1,084,500 Standard CARLINK offers you

記事を読む

MC14_r168_001

1989 Ferrari F1-89 Formula One 7571万円(SOLD)

    Sold for €616.000 ダブ

記事を読む

Ferrari F12 berlinetta

2013年 フェラーリ F12ベルリネッタ

価格:35,500,000円 終了日時:11月 14日(金) 21時 31分

記事を読む

AZ06_r119_1

1967 Ferrari 275 GTB/4 NART Conversion Spyder 9607万円(SOLD)

Sold for $776,000 300hp 3,286cc dual overhea

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク