*

PR

1938 Bugatti Type 57C Atalante

公開日: : ブガッティ ,

NY15_r111_001 NY15_r111_002 NY15_r111_003 NY15_r111_004

<スポンサーリンク>

$2,200,000 – $2,500,000

160馬力、ルーツ式スーパーチャージャーと3257のcc DOHCインラ​​イン8気筒エンジン、4速マニュアルトランスミッション、半楕円リーフスプリングサスペンション付きソリッドフロントアクスル、逆四半期楕円リーフスプリングサスペンション付きライブリアアクスル、Houdailleショック吸収体、及び四輪ロッキード油圧式のドラムブレーキ。ホイールベース:130。

•1939年のニューヨーク世界博覧会に表示
•製造された最終Atalantesの一つに、わずか12アルミボディの例の一つ
•以前アルガルのアルGarthwaiteとメイシーズのジョン・W・ストラウスが所有
ピエール・イヴ・ロージェによって文書新しいから•既知の歴史
すべてのオリジナルのコンポーネントと•望ましい後期生産57Cシャーシ
最高級の•壮大なフランスの近代美術館のデザイン

世界博覧会アタランテ

1939年のニューヨーク万国博覧会でフランスパビリオンは、その国が、それは精度と風にアレンジしたようにした、と提供していたことを最善を誇示するために、典型的なガリア輝きに、設計されました。おそらく、公正で、他の国の展示よりも、それは芸術、文化、料理、最も特に自動車のへの貢献に米国で最も取り残さ。フランスで最高級のカスタムcoachbuildersの一部は後半ジャン・ブガッティの美しいアタランテのデザインを運ぶ、ディスプレイにブガッティはなかった少なくともそのうち、先進的かつ壮大な設計に国の最高のシャーシボディをしていました。

アーチフェンダー、湾曲ルーフライン、リアフェンダーで劇的に降り斜め尾、そのラインを強調素晴らしく微妙なツートンカラースキームとしなやかな「ノッチバック車 “ボディ:アタランテは、フランス近代美術館のデザインについての素晴らしいすべてを具現化。 、最も重要なのはフランス政府のために、それは1939年の何も鈍感アメリカデザインに見事なコントラストは、シャーシの先進的な設計のためにそれを打つことができた、明るく現代的な、壮大な、と誇り、そして:それは車輪の上、フランスの国でしたエンジン、またはボディ。世界博覧会の例を含めブガッティ、唯一の最後の12によって生成される33 Atalantesのうち、アルミ自動車の車体を製造しました。これは、世界の究極の自動車で、フランスはそれを作っていました。今では彼らは、大西洋の両側に自動車デザインを揺さぶり、世界の舞台で披露しました。

愛好家の手に

1946年以前には、世界博覧会の種類57アタランテ、シャーシ57733は、初期のアメリカブガッティ愛好家レイ・マレーの所有に入って来ました。マレーはまた、所有タイプ57Cシャーシ57766は、ステルヴィオカブリオレは、もともと紳士レーサーニコラスEmbiricosに新しい配信しました。 Embiricosはステルヴィオはパームビーチの自宅に出荷あったが、マレーは、おそらくまもなくEmbiricos「通過した後に1941年にそれを取得しました。このシャーシは、ブガッティ、ロッキード油圧ブレーキ、筒状の衝撃吸収材、ゴムエンジンマウント、深く車の乗車や操縦性を向上させ大幅な変更など求められている後期型57の機能と、最新かつ最高のブガッティのデザインのものでした。唯一の5つが最初に構築されたの軽量アルミ自動車の車体と過給タイプ57シャーシ、ほとんどの強力な組み合わせを希望する、マレーはその存在し、最も望ましい仕様に57766をもたらし、2体を入れ替え。

1947年に、今スーパーチャージャーアタランテは郊外フィラデルフィアのアルガーフェラーリディーラーの創始者として最も有名な伝説のペンシルベニア州の愛好家アルGarthwaite、によって購入されました。氏Garthwaiteは彼の空き時間に、早期SCCA活動に深く関与したと誰が東海岸を通して広範囲に渡って道路レースを進めアクティブレーサーでした。当然のことながら、ブガッティは、彼の最新の馬となり、その最初の既知の外出は、それはまた1949年6月11日にロングアイランドのブリッジハンプトンロードレースで100マイルの特徴イベントに行使された10月2日、1948年にワトキンスグレンジュニアグランプリでした、車が見事に貢献したが、壊れたコネクティングロッドによって待ち伏せされた場所。修復し、ブガッティは1950年7月29日にバーモント州のマウント春分ヒルクライムに思い切って、そして日ちょうど真新しいXK 120の後ろの第八の最速タイムを設定します!

熱心な楽しさの数年後、氏Garthwaiteは友人やクライアントに彼のブガッティに合格し、博士サミュエルScher社、最高の彼のスポーツカーレースのために知られており、真鍮時代の自動車の安定した先駆的な米国のコレクター。博士Scher社は、サービスのために、「星のガレージ」で有名なニューヨークにツムバッハのを車を取って、そこにいる間、それはジョン・W・ストラウスによって発見されました。メイシーズ相続人のために、それは一目ぼれだった、と彼はすぐに博士Scher社からブガッティを取得していました。

ストラウスガレージは、古い学校の紳士の家族デューセンバーグとメルセデス・ベンツ540 K、T型フォードのスプリングフィールドロールスロイスからのすべての目的のために罰金自動車を含め、安定、および2ほどのコレクションではありませんでしたジャガー。彼の所有権の早期年間で少なくとも、それはブガッティは、ニューヨーク地域で定期的にそれを実行し、ラルフ・スタイ​​ンや年齢の他のファンとの付き合い、ミスターストラウスはほとんど運転した車の間にあったようです。しかし、1960年代初頭に、彼は離れて彼のモータリングの冒険から移動し始め、アタランテは、郊外にある車庫に駐車されました。ダウンガレージドアを来て、ブガッティは、一見忘れられていました。ミスターストラウスの財産は2007年に定住していたまでそれは「失われた」ブガッティを明らかにし、ガレージのドアが再び開かれたことはなかった、無傷やほこりの45歳未満のよく保存。

ニューヨークに戻ります

車はそれが敏感にきれいに持っていたし、フェアリー、バーモント州のサージェントMetalworksにより動作状態に戻され、その後2007年にはペブルビーチコンクールデレガンスで熱く争わ戦前保存クラスでそれを表示された東海岸の愛好家に売却されました。その後、アタランテはワトキンスグレンでアメリカンブガッティクラブの年次ミートに参加し、ニューヨークのサラトガ自動車博物館での展示は、特別の一部として「納屋検索」が示されました。

その後すぐに手を変更した後、ブガッティは、完全な復元のためのスコットサージェントの店に戻しました。ペブルビーチ一度よく知られているウィリアムソンブガッティコレクションの世話をしたショーを受賞した復元スコットサージェント、のベストは、冷静で無傷、オリジナルの車を復元する作業に取り組みました。

身体の構造木はまだフレームをカバーする工場出荷時の塗料の多くで、非常に良好な状態であることが分かりました。内装は、ダッシュボード、ガーニッシュモール、ウィンドウトリムを含めて、それは、洗浄再ベニヤすることができたような良好な状態であって、元の位置に戻し取り付けられました。ボディパネル自体はまだフェンダー、ドア、オリジナルの木製の床板、ブラケット、ダッシュボード、およびファイアウォールに打ち抜き車体番号32と、信じられないほどのオリジナルであることが判明しました。驚くべきことに、エンジン、後端、伝送、およびフロントアクスルは、工場出荷時にインストールされ、元の作品と刻印されている “57C”。

これらのオリジナルのコンポーネントを慎重に解体復元、とゲイリーOkorenとサムジェプソンによってなされてエンジンの再構築徹底して、一緒に戻しました。オドネルクラシック期間-正しいフランスの青と黒の組み合わせでオリジナルのボディパネルを再仕上げながら、よく保存され、元の内装部品は、有名な室内装飾マイクLemireは革本来の独特の木目や色を再現することができました。

その復元が完了すると、ブガッティは、ツアー・ド・エレガンスを完了し、コンクールでクラスで2位を獲得したペブルビーチへのリターンを作りました。ペブルビーチコンクール次の所有権では、選択的にその存在ケアで、2014年にミラー湖クラシックで、2012年にはサラトガ・インビテーショナルでのショーの名誉のベストをもたらし、さらにイベントのほんの一握りで示さとされています。

ほぼ70年1939年世界博覧会でデビューした後、アタランテはもう一度ニューヨークで提示されています。再びショーに値する状態で、それが完了したときのように印象的で詳細なように、それは最高の想像を組み合わせ、最も発展し、独自性の高い57Cシャーシと最も印象的な歴史、そして最後アタランテ体を提供しています。

世界博覧会アタランテは致命であり、確かにそれを建て職人はそれを他の方法を持っていないだろう。
補遺
内蔵33 Atalantesがあったではなく、32これらのうち、この車は(1939年2月28日に)最後に完了し、自動車から体を身に着けている印刷されたカタログに反しますのでご注意ください。

 

160 bhp, 3,257 cc DOHC inline eight-cylinder engine with Roots-type supercharger, four-speed manual transmission, solid front axle with semi-elliptical leaf-spring suspension, live rear axle with reversed quarter-elliptical leaf-spring suspension, Houdaille shock absorbers, and four-wheel Lockheed hydraulic drum brakes. Wheelbase: 130 in.

  • Displayed at the 1939 New York World’s Fair
  • One of the final Atalantes produced; one of only 12 aluminum-bodied examples
  • Formerly owned by Al Garthwaite of Algar and John W. Straus of Macy’s
  • Known history from new documented by Pierre-Yves Laugier
  • Desirable late-production 57C chassis with all original components
  • Spectacular French Art Moderne design at its finest

THE WORLD’S FAIR ATALANTE

The French Pavilion at the 1939 New York World’s Fair was designed, in typical Gallic brilliance, to show off the best that its country had to offer—and it did so with precision and flair. Arguably, more than any other nation’s exhibit at the fair, it left the most behind in the U.S. in its contributions to art, culture, cuisine, and most particularly in automobiles. Some of the finest custom coachbuilders in France had bodied the country’s best chassis to advanced and spectacular designs, not least of which was the Bugatti on display, carrying the late Jean Bugatti’s stunning Atalante design.

The Atalante embodied everything great about French Art Moderne design: arching fenders, a svelte “notchback” body with a curving roofline, a slanting tail that descended dramatically over the rear fenders, and a wonderfully subtle two-tone color scheme that emphasized its lines. It was the country of France on wheels: bright, modern, spectacular, and proud, and, most importantly for the French Government, it was a stunning contrast to the stolid American designs of 1939. Nothing could beat it for advanced design of chassis, engine, or body. Of the 33 Atalantes produced by Bugatti, only the final 12, including the World’s Fair example, were produced with aluminum coachwork. It was the world’s ultimate automobile, and France had built it. Now it was theirs to show off on the world stage, shaking up automotive design on two sides of the Atlantic.

IN THE HANDS OF ENTHUSIASTS

Prior to 1946, the World’s Fair Type 57 Atalante, chassis 57733, came into the possession of early American Bugatti enthusiast Ray Murray. Murray also owned Type 57C chassis 57766, a Stelvio Cabriolet originally delivered new to gentleman racer Nicholas Embiricos. Embiricos had the Stelvio shipped to his residence in Palm Beach, and Murray probably acquired it in 1941 shortly after Embiricos’ passing. This chassis was of the latest and best Bugatti design, with such sought-after late-Type 57 features as Bugatti-Lockheed hydraulic brakes, tubular shock absorbers, and rubber engine mounts, significant changes that deeply improved the car’s riding and handling qualities. Desiring the most potent combination of the lightweight aluminum coachwork and a supercharged Type 57 chassis, of which only five were originally constructed, Murray swapped the two bodies, bringing 57766 to its present and most desirable specification.

In 1947, the now supercharged Atalante was purchased by the legendary Pennsylvania enthusiast Al Garthwaite, most famous as the founder of the Algar Ferrari dealership in suburban Philadelphia. Mr. Garthwaite was an active racer who was deeply involved in early SCCA activities in his spare time and who promoted road-racing extensively throughout the East Coast. Unsurprisingly, the Bugatti became his latest steed, and its first known outing was the Watkins Glen Junior Prix on October 2, 1948. It was also exercised in the 100-mile feature event at the Bridgehampton Road Races on Long Island on June 11, 1949, where the car performed admirably but was waylaid by a broken connecting rod. Repaired, the Bugatti ventured to the Mount Equinox Hillclimb in Vermont on July 29, 1950, and set the eighth fastest time of the day—just behind a brand-new XK 120!

After several years of avid enjoyment, Mr. Garthwaite passed his Bugatti on to a friend and client, Dr. Samuel Scher, a pioneering U.S. collector best known for his sports car racing and stable of Brass Era automobiles. Dr. Scher took the car to the famous New York “garage of stars,” Zumbach’s, for service, and while there it was spotted by John W. Straus. For the Macy’s heir, it was love at first sight, and he had soon acquired the Bugatti from Dr. Scher.

The Straus garage was not so much a collection as an old-school gentleman’s stable that included a fine automobile for every purpose, from the family Duesenberg and a Springfield Rolls-Royce to a Mercedes-Benz 540 K, a Ford Model T, and two Jaguars. At least in the early years of his ownership, it seems that the Bugatti was among the cars that Mr. Straus drove most, running it regularly in the New York area and socializing with Ralph Stein and other enthusiasts of the age. Yet in the early 1960s, he began to move away from his motoring adventures, and the Atalante was parked in a garage in the suburbs; down came the garage door, and the Bugatti was seemingly forgotten. It was not until Mr. Straus’s estate was being settled in 2007 that the garage door was opened again, revealing the “lost” Bugatti, intact and well-preserved under 45 years of dust.

THE RETURN TO NEW YORK

The car was sold to an East Coast enthusiast, who had it sensitively cleaned and returned to operational condition by Sargent Metalworks of Fairlee, Vermont, and then displayed it in the hotly contested Prewar Preservation class at the Pebble Beach Concours d’Elegance in 2007. Afterward, the Atalante participated in the American Bugatti Club’s Annual Meet at Watkins Glen and was shown as part of the special “Barn Finds” exhibit at the Saratoga Automobile Museum in New York.

After changing hands shortly thereafter, the Bugatti was returned to Scott Sargent’s shop for a complete restoration. Pebble Beach Best of Show-winning restorer Scott Sargent, who once looked after the well-known Williamson Bugatti Collection, tackled the job of restoring such an intact, original car with aplomb.

The body’s structural wood was found to be in very good condition, with much of the factory paint still covering the frame. The interior wood, including the dashboard, garnish moldings, and window trim, was in such good condition that it was able to be cleaned, re-veneered, and mounted back into place. The body panels themselves were found to be incredibly original, with the body number 32 still stamped into the fenders, doors, original wooden floorboards, brackets, dashboard, and firewall. Amazingly, the engine, rear end, transmission, and front axle are the original pieces installed at the factory and stamped “57C.”

These original components were carefully dismantled, restored, and put back together, with a thorough rebuild of the engine being undertaken by Gary Okoren and Sam Jepson. Well-preserved original interior components allowed renowned upholsterer Mike Lemire to recreate the distinctive grain and color of the original leather, while O’Donnell Classics refinished the original body panels in a period-correct French Blue and Black combination.

With its restoration completed, the Bugatti made a return to Pebble Beach, where it completed the Tour d’Elegance and earned 2nd in Class in the concours. In its ownership following the Pebble Beach Concours, it has been selectively shown at only a handful of further events, resulting in Best of Show honors at the Saratoga Invitational in 2012 and, in its present care, at the Lake Mirror Classic in 2014.

Nearly seven decades after its debut at the 1939 World’s Fair, the Atalante is presented once more in New York. Again in show-worthy condition, as striking and detailed as when it was completed, it offers the best imaginable combination—the most developed, highly original 57C chassis and the most striking, historic, and last Atalante body.

The World’s Fair Atalante is a showstopper, and certainly the craftsmen who built it would not have had it any other way.

Addendum

Please note that contrary to the printed catalogue there were 33 Atalantes built, not 32. Of those, this car wears the body from the last such car completed (on February 28, 1939).

http://rmsothebys.com/ny15/new-york—driven-by-disruption/lots/1938-bugatti-type-57c-atalante/1078224

関連記事

BUGATTI GRAND SPORT VITESSE ¥ASK

車両価格:ASK BUGATTI GRAND SPORT VITESSE

記事を読む

1993 Bugatti EB 110 GT Coupe ¥ASK

車両価格:ASK 1993ブガッティEB110GT二ドア、2席、中央のエンジン、クワッ

記事を読む

2011 Bugatti Veyron ¥SOLD

車両価格:$3,000,000 http://fusionluxurymotors.c

記事を読む

1929 Bugatti Type 35B Grand Prix Two-Seater  2億619万円(SOLD)

Sold for €1,610,000 1929ブガッティ・タイプ35グランプリツーシ

記事を読む

Bugatti Mansory Vivere – The Veyron re-imagined ¥ASK

年:2007 付加価値税:付加価値税は含まれています 場所:ロンドンイギリス 走行

記事を読む

1938 Bugatti T57C Aravis Drophead Coupe 1億2938万円(SOLD)

Sold for $1,045,000 One of Only Two Superc

記事を読む

BUGATTI Veyron 16.4 (Coupé) 1億5003万円

車両価格:1'150'000スイスフラン Inverkehrsetzung 09.200

記事を読む

Bugatti Atalante ¥SOLD

車両価格:SOLD   Styled, refined, powerf

記事を読む

2006 Bugatti Veyron 2dr Coupe 1億2300万円

車両価格:1億2300万円  http://www.ebay.com/itm/Bugat

記事を読む

Dauer ブガッティ EB110 Supersport 8964万円

車両価格:€690,000 カーボン軽量 - 最終版で販売 - 非常にまれDauerブ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク