*

PR

1992 Italdesign Aztec Barchetta ¥SOLD

公開日: : 未分類

Italdesign%20Aztec%20028 Italdesign%20Aztec%20060 Italdesign%20Aztec%20027

<スポンサーリンク>

最も権威のある自動車ショーが実際に駆動させることができる本物の車となって世界に示すラジカルスタイリングの練習もしませんまれ。多くの場合、元のプロトタイプの概念はどちらか忘れやデザイナーのワークショップや、オリジナルデザインのほこりを収集されているわけではないよりも時間によって車は、彼らが唯一のプロトタイプに遠い類似性を示す生産に達したことをそんなに骨抜きにされます。 1988年トリノモーターショーで示されたこの素晴らしいマシンとそうではない、イタルデザインアステカだけでなく、まだ24年にラジカルに見えますが、実際の作業車として建てられ、合法的に道路上に駆動することができます!芸術大学は、ベルトーネにFiatsセントロ踏み段から行き、その後GHIAとして、マセラティジブリなどの傑作を担当している1968年のイタルデザインを創設する前にチーフデザイナー、デ・トマソ・マングスタを秒後に伝説的なデザイナージョルジェット・ジウジアーロ、のキャリアによって考え出さランチア・デルタなどフォルクスワーゲンScirrocoとゴルフMKI、ビートル以来ヨーロッパで最大の自動車生産の歴史の中で間違いなく最も重要な車。

アステカは、より実際の道路に行く命題よりのSF冒険から車両に似ている素晴らしいし、未来的なスタイリングの練習でした。しかし、車のメカニックが送信が4X4ランチアIntergaleから借用されている間、エンジンはアウディクワトロから撮影された、信頼され、信頼性の高いドナーから供給された、その珍しい5気筒20バルブター​​ボから、いくつかの250馬力を生産する他のランドマークの車は、電源を充電しましたスチールラダーフレームのシャシーは、体のために使用されるコンポーネントは、驚くほどアステカは珍しい特徴の無数に家だけでなく、そのようにインターホンでそのdesign.Not劣ら未来的ではなかったことを確認したアルミニウム、炭素繊維とケブラーで覆われました運転手と乗客はまた、閉鎖または開放がモータリングを突破するための取り外し可能プレキシガラスの泡が特徴コックピットデザインで区切っされているにもかかわらず通信することができること。

Unsurpisingly全く主流メーカーは大量生産のためのアステカを採用することが見出されなかったので、Japenese実業Myakawaはホモロゲーションのための車やeventully限定生産を終了しIngolstadit近く、Wettstettenに車のための権利と委託アウディチューナーMOTOREN-Tecknikメイヤーを購入しました。多くの称賛に、アステカに行く最初の道は、レースのスタート前に、いくつかのデモのラップを終え、1992年モナコGPで阻止されました。また、パリのポンピドゥーMusseで工業デザインexhibtionで紹介。 MTMは正常特にこれらの最も排他的な自動車のようにごく少数が終了した、心期間reccessionにベアリング、アステカのためのドイツの型式承認を受けたが、それは非常に限られた生産のために運命づけられていたいくつかのDM 50万の値札を持ちます。 165キロLHDの配信走行距離とグレーのレザーのマッチングと銀に仕上がっており、現在、英国運輸省は、テストの結果、英国を登録することができ、近くに新品の状態です。 £SOLD。

Rarely do radical styling exercises shown at the worlds most prestigious car shows become real cars which can actually be driven. More often than not the concept of original prototypes are either forgotten and gather dust in the designers workshop or the original design will be watered down so much that by the time the car reaches production they only show a distant resemblance to the prototype. Not so with this fantastic machine which was first shown at the 1988 Turin Motor show , the Italdesign Aztec not only still looks radical 24 years on but was actually built as a working car and can be legally driven on the road ! Conceived by the legendary designer Giorgetto Giugiaro who,s career after art college went from Fiats Centro Stile to Bertone, and then as Ghia,s chief designer before founding Italdesign in 1968 who are responsible for such masterpieces as the Maserati Ghibli , De Tomaso Mangusta , Lancia Delta as well as the Volkswagon Scirroco and the Golf MKI , unquestionably the most important car in Europes largest car producers history since the Beetle.

The Aztec was a stunning and futuristic styling exercise more resembling a vehicle from a science fiction adventure than an actual road going proposition. However the cars mechanics were sourced from trusted and reliable donors, while the transmission is borrowed from the 4X4 Lancia Intergale , the engine was taken from the Audi Quattro , another landmark car producing some 250 bhp from its unusual 5 cylinder 20 valve turbo charged power source. The steel ladder-frame chassis was clad in aluminium, carbon fibre and kevlar making sure that the components used for the body were no less futuristic than its design.Not suprisingly the Aztec is home to a myriad of unusual features as well as an intercom so that the driver and the passenger could communicate despite being seperated by the cockpit design which also features removeable plexiglass bubbles for closed or open topped motoring.

Unsurpisingly no main stream manufacturer was found to adopt the Aztec for mass production , so Japenese industrialist Myakawa purchased the rights for the car and commissioned Audi tuner Motoren-Tecknik-Mayer in Wettstetten , near Ingolstadit to finish the car for homologation and eventully limited production. To much acclaim , the first road going Aztec was prevented at the 1992 Monaco Grand Prix , finishing a few demonstration laps before the start of the race. It also featured in an industrial design exhibtion at the Musse Georges Pompidou in Paris. MTM succesfully received german type approval for the Aztec , but with a price tag of of some DM 500,000 it was destined for a very limited production , especially bearing in mind the periods reccession , so only very few of these most exclusive cars were finished. Finished in silver with matching grey leather with delivery mileage of 165km LHD and is in near new condition , currently UK MOT tested and can be UK registered. £SOLD.

http://svs-ltd.com/detail.php?TableID=SPC&DetailID=237

関連記事

1971 March 721 1074万円

車両価格:£59,000 提供する上で1971年シーズンを通して運動をした元ウィルソン

記事を読む

Dastle Mk 12 203万円

車両価格:£11,000 Description: Unique 1977 Dast

記事を読む

Global GT. BEC, sports car, sports racing car ¥ASK

車両価格:ASK 二つのグローバルGTは販売のために点灯します。 (写真は、販売のため

記事を読む

1964 Merlyn Mk 4A 1398万円

車両価格:£87,500 この見事なメルリンを新たに惜しま時間がない又は費用で復元

記事を読む

2006 Juno SS3 Sports Racer 863万円

車両価格:$69,900 2006 Juno SS3-V6  2006 Brits

記事を読む

Sighinolfi BMW 750, 1953. 

車両価格:ASK Sergio Sighinolfi from Modena was

記事を読む

TOJ SC206 ¥ASK

TOJ SC206 スポーツ・プロトタイプ BJ1976 2.0 LTR B

記事を読む

1947 3-litre Delage D6 Competition  1億3992万円(SOLD)

Sold for €1,092,500 1947年3リッタードラージュD6コンクール

記事を読む

1979 Pilbeam MP40 V8 559万円

車両価格:£34,995 MP40は、マイク・ピルビームで最も成功したヒルクライム

記事を読む

MATRA MS630 ¥SOLD

車両価格:SOLD Matra Sport was created in 1964 by

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク