*

PR

1968 MASERATI GHIBLI 4.7 COUPE

公開日: : マセラティ ,

imageM3UMLRAX

<スポンサーリンク>

US$ 320,000 – 360,000
JPY 38 million – 43 million

1968マセラティジブリ4.7クーペ
GHIAによって自動車の車体 – ジョルジェット・ジウジアーロデザイン
シャーシ AM115.538
エンジンAM115.720
4,719cc DOHC V8エンジン
4ウェーバーキャブレター
5,500rpmで330bhp
5速マニュアルトランスミッション
独立したフロントサスペンション – ライブリヤアクスル
4輪ディスクブレーキ
クラシック投資によって*例外ナットとボルトの復元
*最高の一つは、どこにでもジブリの利用可能な復元しました
*複数のファースト・イン・クラスのコンクール受賞者
望ましい5速トランスミッションと*ホーム市場モデル
*マセラティ工場のマニュアルおよび復元ファイルで提供
マセラティ・ギブリ
「1960年代の中で最もハンサムな車」のタイトル、マセラティのジブリは、ジョルジェット・ジウジアーロによってカロッツェリア・ギアでスタイル設定とサハラ砂漠の風にちなんで名付けられた11月1966年トリノモーターショーでクーペ形でデビューのための強力な候補、ジブリはフェラーリを匹敵しました直線のパフォーマンスのためのデイトナ – その最高速度は毎時275キロ(毎時170マイル)に近かった – 価格でそれを破りました。広い長く、1.8メートル以上4.5メートルで、ジブリは単なる二人乗り用のスペースの過度の量を占めていたが、おそらく、その外観の最も驚くべき側面は、高さ、またはむしろそれの欠如でした。
限られたサスペンショントラベルはタイヤがホイールアーチを汚染しなかったことを確実にしながら、ドライサンプ潤滑は、低いボンネットラインを可能にして、シャーシ内の深い搭載するエンジンを可能にしました。ルーフラインが急激に上から離れて落ちた後部の乗客のための制限されたヘッドルームと1はいえ、このようにほとんどすべてのジブリの同時代のものよりも低いキャビンを実現みじん切りオフ尾、ジウジアーロにフロントガラスを掻き集め。
現代メキシコ2 + 2のように、ジブリはそのライブリアアクスル形式でクアトロポルテサルーンの鋼管シャーシの短縮版を使用していました。ライバルが好むより複雑なサスペンションの設計に優先して、ジブリははるかに簡単な構成を維持し、リーフスプリング、単一の位置決めアームを使用しました。
電源ユニットは、マセラティの強力な4つのカム、90度V8エンジンは450Sスポーツレーサーのそれに由来し、最初の5000GTでロードゴーイング装って見ました。それはますます厳しいエミッション法を満たすために、4.9リットルのSSのバージョンに取って代わられたときに1970までの4.7リットルの形態で使用しました。馬力のゲインは最小であったが、いずれの場合のパフォーマンスに16秒の下で達成可能毎時160キロ(毎時100マイル)で、見事でした。このネックスナップ加速は、その時代の最も柔軟で簡単にドライブのGTのジブリ1を作ったV8の巨大なトルク、から生じました。これまでに作った最も美しいスポーツカーの一つは、ジブリは、それが40年前と同じように、フェラーリデイトナのための立派なライバルだったと今日お金のために優れた価値を表しています。
OFFERED自動車
マセラティのクラシックジブリのこの顕著な例は、私たちが今まで見てきたモデルの最高の復元例の一つとして際立っています。 1967年4月にマセラティのモデナのワークショップで完成し、このジブリクーペは、なし車台。 AM115.538は、国内市場のために望ましい5速マニュアルZF伝送を搭載した左ハンドル車のクーペとして構築され、ブラックコノリーレザーインテリアの上にライトブルーセレステキアロに終了しました。新しいジブリがプラスチックケロスーパースパと呼ばれるトリノベースの会社が発注されていた、と1970年代では7月20日、1968年にそれらに配信された、マセラティは、米国にその方法を発見した、とここで裕福が所有していましたJeeJeebhoyの名前でニューヨークに住んでいる紳士。物語が進むにつれ、氏Jeejeebhoyは全米の長い旅行を含め、1970年代に車を使用します。ネブラスカ州の状態を横断しながら、ラスベガスへニューヨークから1トレッキング中、マセラティは問題があったが、次の三十年のためにここに残っていました。車は2006年にリンカーン、ネブラスカ州の近くの納屋で発見された、車の走行距離計の読みは、ちょうど83000キロ(51000マイル)、新しい以来、オリジナルの車であると考えられ、実際にある読んでいました。
2000年代後半では、復旧までの地面には、かつての栄光に戻って老化ジブリを持って来るために始めました。車はこの大規模な修復が開始する前に、オリジナリティたと言われているが、それはそのいくつかの時点で早期に留意すべきである、そしておそらくネブラスカ氏Jeejeebhoyの故障の原因は、車本来のエンジン数AM115.538が置き換えられましたジブリから正しい、4.7リッターユニットは、エンジンと車台番号AM115.720を運んで、わずか数ヶ月後に構築されました。 3年間、ナットとボルトの復元は、デンバーの賞を受賞した欧州のスポーツカーのスペシャリスト、クラシック投資することにより行いました。復元写真の何百もの大規模な改装の各ステップを文書化、Ghiblis豊富な復元ファイルで提供されています。
復元が完了したので、青ジブリはCouncoursフィールドを見学し、そのようなサンタフェConcorsoのような多数のファースト・イン・クラス賞で国家レベルコンクールデレガンスイベントを掻き集めました。配信前の元建て枚と手書きアルフィエーリマセラティテストシートのコピーを含む大規模なマセラティClassiche書類で提供される、このジブリは深刻な精査のために準備ができています。この壮大ジブリ、細心の注意を払って印象的な色の組み合わせで提示工場5速マニュアルトランスミッションと、復元されたが、本当にモデル利用できる今日の最高の例の一つとして、同業他社の中でも傑出しています。数との間にここまで熱狂的なレベルにジブリの修復で、我々はより良​​いジブリは確かに見つけることは非常に難しいだろうと考えています。この車の次の所有者が確実にこの素晴らしいマセラティの品質に感心されます。
脚注
この車は1968というタイトルされていることに注意してください。

 

1968 Maserati Ghibli 4.7 Coupe
Coachwork by Ghia – Design by Giorgetto Giugiaro

Chassis no. AM115.538
Engine no. AM115.720

4,719cc DOHC V8 Engine
4 Weber Carburetors
330bhp at 5,500rpm
5-Speed Manual Transmission
Independent Front Suspension – Live Rear Axle
4-Wheel Disc Brakes

*Exceptional nut-and-bolt restoration by Classic Investments
*One of the best restored Ghiblis available anywhere
*Multiple First-in-Class Concours Award winner
*Home-market model with desirable 5-speed transmission
*Offered with Maserati Factory documentation and restoration file

THE MASERATI GHIBLI

A strong contender for the “most handsome car of the 1960s” title, Maserati’s Ghibli debuted in coupe form at the Turin Motor Show in November 1966. Styled at Carrozzeria Ghia by Giorgetto Giugiaro and named after a Sahara Desert wind, the Ghibli rivaled the Ferrari Daytona for straight-line performance – its top speed was close to 275km/h (170mph) – while beating it in price. At more than 4.5m long and 1.8m wide, the Ghibli occupied an inordinate amount of space for a mere two-seater, but perhaps the most startling aspect of its appearance was the height, or rather the lack of it.

Dry-sump lubrication enabled the engine to be mounted deep in the chassis, permitting a low bonnet line, while limited suspension travel ensured that the tires did not foul the wheel arches. The roofline fell away from the top of the steeply raked windscreen to the chopped-off tail, Giugiaro thus achieving a lower cabin than that of almost all the Ghibli’s contemporaries, albeit one with restricted headroom for rear passengers.

Like the contemporary Mexico 2+2, the Ghibli used a shortened version of the Quattroporte saloon’s tubular steel chassis in its live rear axle form. In preference to the more complex suspension designs favored by its rivals, the Ghibli used leaf springs and a single locating arm, a much more easily maintained arrangement.

The power unit was Maserati’s powerful, four-cam, 90-degree V8, an engine derived from that of the 450S sports racer and first seen in road-going guise in the 5000GT. This was used in 4.7-liter form up to 1970 when it was superseded by the 4.9-liter SS version in order to meet ever more stringent emission laws. The gain in horsepower was minimal, but in either case performance was stunning, with 160km/h (100mph) attainable in under 16 seconds. This neck-snapping acceleration resulted from the V8’s enormous torque, which made the Ghibli one of the most flexible and easy-to-drive GTs of its era. One of the most stunning sports cars ever made, the Ghibli was a worthy rival for the Ferrari Daytona and represents exceptional value for money today, just as it did 40 years ago.

THE MOTORCAR OFFERED

This outstanding example of Maserati’s classic Ghibli stands out as one of the finest restored examples of the model that we have ever seen. Completed at Maserati’s Modena workshops in April of 1967, this Ghibli Coupe, chassis no. AM115.538 was built as a left hand drive Coupe equipped with the desirable 5-speed manual ZF transmission for the home market, and finished in Light Blue Celeste Chiaro over a Black Connoly leather interior. The new Ghibli had been ordered by a Torino-based company called Plastic Kero Super S.p.a., and was delivered to them on July 20th, 1968. By the 1970s, the Maserati had found its way to the US, and was here owned by a wealthy gentleman living in New York by the name of JeeJeebhoy. As the story goes, Mr. Jeejeebhoy would use the car during the 1970s, including long trips across the US. During one trek from New York to Las Vegas, the Maserati had issues while crossing the state of Nebraska, and was left here for the next three decades. The car was discovered in a barn near Lincoln, Nebraska in 2006, the cars odometer reading was just 83,000 Kms (51,000 miles), a reading that is in fact believed to be the cars original since new.

By the late 2000s, a ground up restoration was begun to bring the aging Ghibli back to its former glory. The car is said to have been highly original before this extensive restoration commenced, but it should be noted that at some point early on, and possibly the cause of Mr. Jeejeebhoy’s breakdown in Nebraska, the cars original engine number AM115.538 was replaced by a correct, 4.7 Liter unit from a Ghibli built just a few months later, carrying engine and chassis number AM115.720. The three-year, nut and bolt restoration was performed by Denver’s award-winning European sports car specialists, Classic Investments. Hundreds of restoration photos are available in the Ghiblis extensive restoration file, documenting each step of the extensive refurbishment.

Since the restoration was completed, the blue Ghibli has toured the Councours fields, and raked numerous First-in-Class Awards at national level Concours d’Elegance events such as the Santa Fe Concorso. Offered with extensive Maserati Classiche paperwork, including copies of the original built sheets and handwritten Alfieri Maserati test-sheets before delivery, this Ghibli is ready for serious scrutinizing. This magnificent Ghibli, meticulously restored, with a factory five speed manual transmission, presented in a striking color combination, truly stands out among its peers as one of the finest examples of the model available today. With Ghibli restorations to this fanatical level few and far between, we believe that a better Ghibli will be very hard to find indeed; this car’s next owner will surely be impressed with the quality of this fantastic Maserati.

Footnotes

  • Please note that this car is titled as a 1968.

関連記事

1972 Maserati Bora 4.7-litre Coupé  1164万円(SOLD)

Sold for €90,850 Thépenierによって新しいお届けします。 1

記事を読む

Maserati Ghibli SS ¥ASK

車両価格:ASK Stunning 1972 Maserati Ghibli SS;

記事を読む

1974 Maserati Bora 4.9

予想価格:€220.000 - €260.000 320馬力、4930のccミッ

記事を読む

Maserati Tipo 61 Birdcage ¥ASK

    この見事なマセラティバードケージレクリエーション、

記事を読む

1974 Maserati Merak Chassis no. AM122US1382 472万円(SOLD)

Sold for US$ 44,000 1974マセラティメラク イタルデザイン自動

記事を読む

2005 Maserati MC12 ¥ASK

年:2005 付加価値税:付加価値税は除外します 場所:グリニッジコネチカット州アメリ

記事を読む

Maserati Granturismo GT4 ¥ASK

車両価格:ASK For sale the first out of 15 Granturism

記事を読む

2005 Maserati MC12 Corsa

      2005 Maserati

記事を読む

Maserati T63 Birdcage (1961) 5538万円

車両価格:€425,000 私たちは販売のために、この象徴的なマセラティT63 "鳥か

記事を読む

マセラティ ギブリ スパイダー4.7 5437万円

車両価格:€419,000 Category Cabrio/Roadster

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク