*

PR

1973 PORSCHE 911 CARRERA RS 2.7

公開日: : ポルシェ , ,

imageJRDIBVOF

<スポンサーリンク>

US$ 600,000 – 800,000
JPY 71 million – 95 million

1973ポルシェ911カレラRS 2.7

シャーシ 9113601446
エンジン 6631401

2,687cc SOHCフラット6気筒エンジン
ボッシュ機械式燃料噴射
6,300rpmで210bhp
5速マニュアルトランスアクスル
4輪独立サスペンション
4輪ディスクブレーキ

*マッチング番号、十分に文書の例
*美しく内と外復元
*工場出荷時の配信外観に提示
*すべての時間の中で最も象徴的なスポーツカーの一つ
*真正の証明書とツールで提供

ポルシェ911カレラRSを2.7

すべてのシュトゥットガルトの自動車メーカーの略 – – 真のデュアルユースのスポーツカーを例示ポルシェの単一のモデルがある場合、それは見事に練ら911カレラRS 2.7です。今日RS 2.7は、同社の最も複製されたデザインとしてポルシェの台座の上に座っています。

(Rennsport用)RSは、完全にストリート可能なホモロゲシリーズポルシェはグループ5競争のためのその純粋なレーシング2.8リットル911 RSRを修飾するために構築しなければなりませんでした。ポルシェは仕事に行ってきましたので、FIAは、RSの少なくとも500例が必要であったことを義務付け。 2つのバージョンが提供されました。両方1973 911S 2.4クーペに基づいて:ツーリングオプション、パッケージM472は、内部のトリムおよび標準車の特徴の多くを保持しながら、軽量/スポーツオプションM471は、RSRのためのレース指向の基礎となりました。どちらも、リアクォーターパネルと911Sから視覚的に異なっていた7インチフックスアルミホイールを受け入れるように広げ、必要に応じて補助オイルクーラーをインストールするためのスペースを持つ独特のグラスファイバーフロントバンパー。リアバンパーはライト級のツーリングクーペの鋼、およびファイバーグラスました。エンジンカバーはbalsawoodストリップでガラス繊維強化、およびほぼすべてのRSのが大幅後端リフトを減らすため、より高速で安定性を向上させるために風洞とトラックテストの両方で実証されていた象徴的な「ダックテール」スポイラーを遊ばしもありました。ツーリングバージョンの数が少ないリアスポイラーなしで配信されたが、それらのほとんどは、その後、レトロ装着その所有者によってでした。軽量RSは薄いスチールボディパネルを装備し、特別に作られた薄い窓ガラス、およびレーシングバケットシートでストリップインテリアました。多くの例はまた、コンテストに参加してください彼らの所有者の欲望を見込んで合金ロールオーバーバーを装着しました。

新しいRSの中心に新しく、より強力なエンジンでした。 911Sの標準190bhp 2.4は、2.7リットルの下で髪に変位を取って、90ミリメートルピストンと大きなシリンダーを与えられました。シリンダボアアルミニウムピストンとシリンダーが共存できるようにするためにポルシェのレース部門で開発されたNikasilという新しい減摩材で被覆しました。 8.5の圧縮比:1とボッシュ機械式燃料噴射、新しいエンジンは5,100rpmでのトルクの202フィートポンドと一緒に6,300rpmで元気210bhpを​​開発しました。 RSはポルシェの実績のあるタイプ915 5速マニュアルトランスアクスルと強力な四輪ディスクブレーキを保持しました。前までは、完全に独立したサスペンションは、マクファーソンストラット長手方向のトーションバー、アンチロールバーを特色にしました。独立したリアサスペンションは、横方向トーションバー、管状のショックアブソーバー、およびアンチロールバーとトレーリングアームに使用しました。この印象的なパッケージには、ときにRSが最初に華麗な加速度(5.5秒0-60)と優れた安定性と道路の動作と毎時149マイルの最高速度を提供した車で幸運所有者、今日立派ある数字を提供しますが驚くほどの短い何もなかったです登場。現代道路テスターは、クルマのパフォーマンスより絶賛します。

新しいモデルの単語が出現するように、受注がで。1972年のパリ自動車ショーで自動車の正式発表前に完売500ユニットの第1生産分注ぎ始めました。ポルシェ管理はすぐにそれはすぐに、より高い価格で承認されたその手と500台のセカンドランの勝者を持っていた実現 – それらがあまりにも急速に飛びつきました。 500さらに高価な車の第三のシリーズは、緑色の光を得ました。最終的に1590 RS 2.7クーペの合計を作製しました。

2.7 RSは、さまざまな色に注文することができますが、グランプリホワイトで配信のみが一致するように塗装ホイールセンターと、黒、青、赤、緑の「負」のグラフィックスを選択して工場を残しました。ポルシェは注目されるには、この新しい、非常に特別な911を望んでいた – カレラストライプは彼らがいたことを確認してください助けました。ストライピングパッケージは誇らしげので、トニーLapineのスタイリング部門の先見性を証明、カレラストライプを着て、どんなに自分の色を別々に利用可能であった、と今日、ほぼすべての工場出荷時に内蔵されたRSクーペ(および世界中のRSクローンの文字通り何千も)。

OFFERED自動車

でもRS 2.7伝説の1973年911カレラのための非常に高い製造番号と、それは良い産地と例を見つけることがますます難しくなっています。ここに提供される美しい例は、なし車台。 9113601446は、この象徴的なモデルの非常に最良の例の中で考慮されなければなりません。

1973年6月にポルシェのツッフェンハウゼン工場で完成し、なし車台。 9113601446が生成カレラRS 2.7の最終的な例間にありました。ツーリングコード472の仕様、1446年に建てられ、それが今日のように表示される多くを完了しました。外側はきれいに対比赤い塗装のホイールとカレラスクリプトを使用して白いグランプリに仕上がっています。内装は黒で張りとコーデュロイインサート周りの合成皮革でスポーツシートが装備されています。

1446年には、数年前からドイツに残り、後でそれが1980年代にポルシェ愛好家イアンFitzmartinによって所有されていると考えられているイギリスに渡って移行しました。氏Fitzmartinは、1990年にカリフォルニアに移動しますが、それは1990年代半ばに修復を受けていると言われている英国で1446年を残していると考えられています。多くのハイエンドのコレクター車のように、白いポルシェ911カレラRS 2.7は、1990年代後半に日本のコレクターに売却し、1446年には、その後米国に来た2003年までそこに残っていたと考えられています。 2005年、1446年は、荷送人がその同じ年にポルシェを購入した人からサンタローザ、カリフォルニア州、氏ピエールEhertが所有していました。

今日では、1446年は非常によく提示し、整合性とノー」の物語」が付いている車であるように思われます。車は、その元の、一致する数のエンジン、及び適合を保持し、終了を通して顕著です。過去10年間の現在の所有者では、911カレラRS 2.7のサービスおよび詳細な必要に応じて、そのようなCopperstate 1000ヴィンテージカーラリーに行使し、日に行くされています車は当然博士トーマス・グルーバー博士ゲオルクKonradsheimによってモデル、カレラRSによく知られているブックに記載されています。

1446年には一連のツールと​​信頼のポルシェ発行の証明書で提供されています。カレラ1年だけ、伝説のRS 2.7、1446年の非常に良い例は礎石として機能し、ゴーに運転の車、ほぼすべてのコレクションになります。

1973 PORSCHE 911 CARRERA RS 2.7

Chassis no. 9113601446
Engine no. 6631401

2,687cc SOHC Flat 6-Cylinder Engine
Bosch Mechanical Fuel Injection
210bhp at 6,300rpm
5-Speed Manual Transaxle
4-Wheel Independent Suspension
4-Wheel Disc Brakes*Matching numbers, well documented example
*Beautifully restored inside and out
*Presented in its factory delivered appearance
*One of the most iconic sports cars of all time
*Offered with Certificate of Authenticity and tools

THE PORSCHE 911 CARRERA RS 2.7

If there is a single model of Porsche that exemplifies the true dual-use sports car – everything that the Stuttgart automaker stands for – it is the brilliantly-conceived 911 Carrera RS 2.7. Today the RS 2.7 sits atop the Porsche pedestal as the company’s most-replicated design.

The RS (for Rennsport), was the fully street-able homologation series Porsche had to build in order to qualify its pure racing 2.8-liter 911 RSR for Group 5 competition. The FIA mandated that at least 500 examples of the RS were required, so Porsche went to work. Two versions were offered; both based on the 1973 911S 2.4 Coupe: the Lightweight/Sport option M471 was the racing-oriented basis for the RSR, while the Touring option, package M472, retained much of the interior trim and features of the standard car. Both differed visually from the 911S with rear quarter panels widened to accept seven-inch Fuchs alloy wheels, and a distinctive fiberglass front bumper with space to install an auxiliary oil radiator if desired. The rear bumper was steel on the Touring coupes, and fiberglass on the Lightweights. The engine covers were also fiberglass, reinforced with balsawood strips, and nearly all RS’s sported the iconic “ducktail” spoiler that had been demonstrated in both wind-tunnel and track testing to greatly reduce rear end lift and thus improve stability at higher speeds. A small number of Touring versions were delivered without the rear spoiler, but most of those were subsequently retro-fitted by their owners. The Lightweight RS was fitted with thinner steel body panels, specially-made thinner window glass, and a stripped interior with racing bucket seats. Many examples were also fitted with alloy roll-over bars in anticipation of their owner’s desire to enter competitions.

At the heart of the new RS was a new and much more powerful engine. The standard 190bhp 2.4 of the 911S was given larger cylinders with 90mm pistons, taking the displacement to a hair under 2.7 liters. The cylinder bores were coated with a new anti-friction material called Nikasil, which had been developed in Porsche’s racing department to allow aluminum pistons and cylinders to co-exist. With a compression ratio of 8.5:1 and Bosch mechanical fuel injection, the new engine developed a lusty 210bhp at 6,300rpm along with 202 foot-pounds of torque at 5,100rpm. The RS retained Porsche’s proven Type 915 five-speed manual transaxle and powerful four-wheel disc brakes. Up front, the fully independent suspension featured McPherson struts, longitudinal torsion bars, and an anti-roll bar. The independent rear suspension used trailing arms with transverse torsion bars, tubular shock absorbers, and an anti-roll bar. This impressive package provided the lucky owner with a car that offered brilliant acceleration (0-60 in 5.5 seconds) and a maximum velocity of 149mph with excellent stability and road behavior, numbers that are admirable today but were nothing short of amazing when the RS first appeared. Contemporary road testers raved over the car’s performance.

As word of the new model emerged, orders began pouring in. The first production run of 500 units sold out before the car’s formal unveiling at the 1972 Paris Auto Show. Porsche management quickly realized it had a winner on its hands and a second run of 500 cars was quickly approved at a higher price – those too were quickly snapped up. A third series of 500 even more costly cars got the green light; eventually a total of 1590 RS 2.7 Coupes were produced.

The 2.7 RS could be ordered in a variety of colors, but only those delivered in Grand Prix white left the factory with a choice of black, blue, red, or green “negative” graphics with wheel centers painted to match. Porsche wanted this new, very special 911 to be noticed – the Carrera stripes helped ensure that they were. The striping packages were available separately, and today almost all factory-built RS coupes (and literally thousands of RS clones around the world), no matter their color, proudly wear Carrera stripes, thus proving the foresight of Tony Lapine’s Styling department.

THE MOTORCAR OFFERED

Even with a considerably high production number for the legendary 1973 911 Carrera RS 2.7, it has become increasingly hard to locate examples with good provenance. The beautiful example offered here, chassis no. 9113601446, must be considered among the very best examples of this iconic model.

Completed at Porsche’s Zuffenhausen factory in June of 1973, chassis no. 9113601446 was among the final examples of the Carrera RS 2.7 produced. Built to the Touring code 472 specifications, 1446 was completed much as it appears today. The outside is finished in Grand Prix white with neatly contrasted red painted wheels and Carrera script. The interior is upholstered in black and outfitted with sports seats in leatherette around corduroy inserts.

1446 remained in Germany for several years, and later migrated over to Great Britain where it is believed to have been owned by Porsche enthusiast Ian Fitzmartin during the 1980s. Mr. Fitzmartin moved to California in 1990, but is believed to have left 1446 in the UK, where it is said to have received a restoration in the mid-1990s. Like many high-end collector cars, the white Porsche 911 Carrera RS 2.7 was sold to a Japanese collector in the late 1990’s, and is believed to have remained there until 2003, when 1446 then came to the US. By 2005, 1446 was owned by a Mr. Pierre Ehert of Santa Rosa, California, from whom the consignor purchased the Porsche that same year.

Today, 1446 presents very well, and appears to be a car with integrity and no “stories”. The car retains its original, matching numbers engine, and the fit and finish throughout is remarkable. In the current ownership for the past 10 years, the 911 Carrera RS 2.7 has been serviced and detailed as needed, and exercised on vintage car rallies such as the Copperstate 1000 and Going To The Sun. The car is naturally listed in the well-known book on the model, Carrera RS by Dr. Thomas Gruber and Dr. Georg Konradsheim.

1446 is offered with a set of tools and the Porsche-issued Certificate of Authenticity. A very good example of the legendary, one-year-only Carrera RS 2.7, 1446 will serve as a cornerstone, and a go-to driver’s car, in nearly any collection.

関連記事

Porsche 936 « Junior » voiture d’enfant 273万円(SOLD)

Sold for €20,700 ポルシェ936「ジュニア」子供のカー ここで

記事を読む

ポルシェ911 スピードスター 3.2 ¥ASK

車両価格:ASK Category Cabrio/Roadster

記事を読む

1988 Porsche 959 Komfort Coupé 8584万円(SOLD)

Sold for £505,500 ワンオーナー、新しいから27255キロ 1988

記事を読む

Porsche 911 SC – 1982 721万円

車両価格:€55,000 A very well built 3.2 SC with

記事を読む

1988 Porsche 959 ‘Komfort’

450馬力、2849のcc後部に取り付けられ、空気および液体冷却は、水平にツイン二段タ

記事を読む

Porsche GT3 Cup Car 2007 ( 2010 spec) 924万円

車両価格:924万円 Description: 2008 Porsche Gt3 C

記事を読む

1968 Porsche 911 S ‘Soft Window’ Targa

160馬力、1991のcc SOHC空冷水平方向にデュアルウェーバーダウンドラフトトリ

記事を読む

Porsche Boxster S Race Car 423万円

車両価格:£22,995 この2000 MYポルシェボクスターSのレースカーは、2

記事を読む

Porsche RSR / 2013 GT3R 2931万円

車両価格:€215,000 ポルシェRSR/2013 GT3R2008 私たち

記事を読む

【ヤフオク】希少 ディーラー車 964 ターボ 5MT 白 8万キロ 平成3年式 911

ポルシェ 911 964ターボの出品になります。 今や値段が高騰している964ターボに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 7現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク