*

PR

1958 Fiat-Abarth 750 GT ‘Double Bubble’ Coupé by Zagato 966万円(SOLD)

公開日: : フィアット , ,

PA15_r114_001 PA15_r114_003

<スポンサーリンク>

Sold for €75.600

48馬力、767 ccのオーバーヘッドバルブ直列4気筒エンジン、4速マニュアルトランスミッション、フロントとリア独立懸架、4輪油圧ドラムブレーキ。ホイールベース:79インチ

•見事coachbuiltザガート「ダブルバブル」自動車の車体
•ミッレミリア仕様アバルトエンジンを搭載
•最近完了した復元

フィアットは最高の小さな安価な、非常に信頼性の自動車を作るために、1950年代後半に知られたが、それがで火を引き出すために、カルロス・アバルト、今日の世界では「チューナー」と呼ばれることになる才能のメカニックの魔法を取りましたそれらのほとんどの四おっぱいの腹。アバルトザガートクーペは、1956年に発表された、それはニュースを作り始めるすることがミッレミリアでクラスで2位を取ったとして、それは、時間はかからなかったと、翌年には、5台の合計はミッレミリアを終え、アルフォンソティエルは750立方センチメートルクラスで1位フィニッシュに1を駆動しています。多くのレーサーが渡されるの “刺す”を感じ、会社は腕のそのコートにサソリを採用した理由の一つかもしれないアバルトタッチで車の後ろに終わります。

この例では、長年にわたって、いくつかのフィアット・Abarthsを持っていたサンタクルーズ、カリフォルニア州の愛好家のRikビーソン、の手の中に三十年を過ごしました。 2001年に、それは別のカリフォルニア、ダナマクダフによってビーソンから購入しました。マクダフの買収の際には、車は、主に元の状態にあった車のビーソンの年頃1971年買収する前のレース活動の指標であるボンネットやドア、上のメダイヨンの痕跡を遊ばし。

マクダフの買収の際には、車が最近マクダフによって供給された写真によって検証されているパターンに使用する柔らかい素材を含め、事実上完了しました。現在のモーター、番号693328は、再構築されており、マクダフが車を取得した直後にビーソンによって供給されました。これは、ビレットクランクシャフトと正しいアバルトスタンプが装備されている真のアバルトミッレミリア750エンジンであり、その写真はファイルにあります。エンジンは、また、正しいウェーバー32 IMP / Eキャブレターと同様に、正しいアバルトインテークマニホールドとシリンダーヘッドが装備されています。車はまた、元のアバルトホイール、正しいタコメータとステアリングホイールが装備されています。

フィアット・アバルトは、2005年の周りに現在の所有者、回復によって買収された、と彼は今日見た美しいフォルムでその結論にプロジェクトをもたらすための責任がありました。美しい赤い外観は茶色の革席と明るい茶色のカーペットによって補完されます。今日、車はSekuritガラス、ルーカスレンズ、マネッティマレリの販売代理店、およびRaydyotヘッドランプだけでなく、オリジナルのコンポーネントとの望ましいミッレミリア仕様エンジンなどのオリジナルアイテムの数で飾られたままになります。このような優れた元の状態にあることが判明したテールライトベゼル、などのいくつかの項目は、詳細かつ素敵な車の全体的な品質とプレゼンテーションとブレンドされています。これは見事なザガート「ダブルバブル」自動車の車体とフィアット・アバルトを獲得する絶好の機会であり、ヴィンテージのイベントの数の対象となり、この例では、任意のコレクションに大きい付加を作るだろう。

 

48 hp, 767 cc overhead-valve inline four-cylinder engine, four-speed manual transmission, front and rear independent suspension, and four-wheel hydraulic drum brakes. Wheelbase: 79 in.

  • Stunning coachbuilt Zagato “Double Bubble” coachwork
  • Equipped with a Mille Miglia-specification Abarth engine
  • Recently completed restoration

Whilst Fiat was best known in the late 1950s for making small, inexpensive, and very dependable automobiles, it took the magic of Carlos Abarth, a gifted mechanic who in today’s world would be called a “tuner”, to bring out the fire in the belly of those little four-bangers. The Abarth Zagato Coupé was unveiled in 1956, and it didn’t take long for it to start making news, as it took a 2nd in class at the Mille Miglia and, in the following year, a total of five cars finished the Mille Miglia, with Alfonso Thiele driving one to a 1st place finish in the 750-cubic centimetre class. Many a racer felt the “sting” of being passed and ending up behind a car with the Abarth touch, which could be one of the reasons why the company adopted the scorpion on its coat of arms.

This example spent three decades in the hands of enthusiast Rik Beeson, of Santa Cruz, California, who had several Fiat-Abarths over the years. In 2001, it was purchased from Beeson by another Californian, Dana MacDuff. At the time of MacDuff’s acquisition, the car was in largely original condition and sported traces of roundels on the bonnet and doors, which is indicative of racing activity prior to Beeson’s circa 1971 acquisition of the car.

At the time of MacDuff’s acquisition, the car was virtually complete, including the soft materials used for the patterns, which are verified by photos that have recently been supplied by MacDuff. The current motor, number 693328, has been rebuilt and was supplied by Beeson shortly after MacDuff acquired the car. It is a true Abarth Mille Miglia 750 engine which is equipped with a billet crankshaft and correct Abarth stamps, and photos of it are on file. The engine is also equipped with the correct Weber 32 IMP/e carburettor, as well as a correct Abarth intake manifold and cylinder head. The car is also fitted with original Abarth wheels and a correct tachometer and steering wheel.

The Fiat-Abarth was acquired by the current owner-restorer around 2005, and he was responsible for bringing the project to its conclusion in the beautiful form seen today. The beautiful red exterior is complemented by brown leather seats and light brown carpeting. Today, the car remains adorned with a number of original items, including the Sekurit glass, Lucas lenses, a Magneti Marelli distributor, and Raydyot headlamps, as well as the desirable Mille Miglia-specification engine with its original components. Some items, such as the taillight bezels, which were found to be in excellent original condition, have been detailed and nicely blend with the overall quality and presentation of the car. This is a great opportunity to acquire a Fiat-Abarth with the stunning Zagato “Double Bubble” coachwork, and this example, which is eligible for a number of vintage events, would make a great addition to any collection.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1958-fiat-abarth-750-gt-double-bubble-coupe-by-zagato/1071643

関連記事

FIAT X1/9 GTS / Gruppo 4 – Periodo I ¥ASK

1970年にベルトーネはジョットBizzarriniによって提供された技術的な手がかりに、

記事を読む

1967 Fiat Abarth 695 SS 530万円

Sold for (£): 28,980 Karl Abarth, later kno

記事を読む

【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

ダラーラ仕様 ブリスターフェンダー 【ヤフオク】ベルトーネ X1/9 ダラーラ仕様

記事を読む

Fiat 8V ¥ASK

車両価格:ASK ペブルビーチ·コンクール·デレガンス2002年ファーストクラスフィア

記事を読む

Abarth 500 Assetto Corse 270万円

車両価格:€20,000 Winner of Motorshow 2011 Turbo

記事を読む

FIAT X1/9 ¥ASK

    1970年にベルトーネはジョットBizzarrini

記事を読む

1960 Fiat Abarth Double Bubble Zagato 1074万円

車両価格:$87,500   1960 Fiat Abarth Dou

記事を読む

FIAT 126 Group 2 127万円

車両価格:€9,900 概要: 1978フィアット126のグループ2 50馬力の周

記事を読む

1973 Fiat Abarth 124 Rallye Two-Seat Rally Competition Coupé 879万円(SOLD)

Sold for £51,750 1973フィアットアバルト124ラリー二シートラリー

記事を読む

FIAT 500 Abarth Assetto Corse 665万円

車両価格:51,000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehrset

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク