*

PR

1966 Ferrari 330 GT 2+2 Series II by Pininfarina 3149万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

PA15_r113_001 PA15_r113_002 PA15_r113_003 PA15_r113_004

Sold for €246.400

300馬力、3ウェバー40 DCZ / 6キャブレター、コイルスプリング付き5速マニュアルトランスミッション、独立した不等長ウィッシュボーンフロントサスペンション、テレスコピックショックオーバー半楕円リーフスプリングとコイルスプリングとのライブの後車軸との3967 ccのSOHC V-12エンジン吸収体、及びダンロップデュアル回路四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:2650ミリメートル。

•非常に望ましいシリーズIIの例
•最近のエンジンは再構築します
•ツーリング期間-正しいアフターマーケットにエアコンを装備
•フェラーリClassiche認定のために提出

250 GTEと暫定330アメリカの後継として導入された330 GT 2 + 2は、最初にその最初の公式のショーの外観ビーイングと、フェラーリの年間プレシーズン大会の記者会見で、1964年1月に公衆に示されましたブリュッセルサロンで翌​​月。デザインは最も印象的な要素がアメリカの顧客を引き付けるためにスタイルを作られてきたと考えられていた四ヘッドライト鼻、あることで、ピニンファリーナによって書かれました。その皮膚の下に、車は250 GTEの上に50ミリメートルによって拡張されたホイールベース、コニ調整可能なショックアブソーバー、フロントディスクとリアディスクの両方を与えたダンロップデュアル回路ブレーキシステム、を含む、その前任者から多数の更新を見ましたブレーキは、独自のサーボ支援します。

途中1965モデル年を経て、フェラーリはシリーズIIモデルで330 GT 2 + 2を更新しました。ゴーンクアッドヘッドランプフロントエンドがありました。それは275 GTSのと同様の、より魅力的なデュアルヘッドライト鼻で置換されていました。体も275 GTS上のものを模倣鼻、上のエンジンベイの換気のための別のルーバーを得ました。外部の締めくくりになりまし標準作られた10ホールの合金ホイール、およびオプションとして利用可能な残った伝統的なBorraniワイヤーホイールでした。わずかな変更は、ダッシュボードの開閉位置へのさらなる変化をもたらし、中央のダッシュボードに接続された伝送トンネルであるチーフいる間、内部に行われました。

注意フェラーリの歴史家マルセルマッシーニ、この特定の330 GT 2 + 2、後半1966年に生産シリーズIIの例によれば、グリージョフモ塗料(18944 M)にし、ロッソ(VM 3171)革内部に工場を残しました。それはプラート、イタリアの公式フェラーリディーラーレナートNocentini「ガレージ・ラロトンダを通して新しい配信されたように、シャーシ9319は、その初期の人生のために、ネイティブイタリアに残るだろう。その後まもなく、それは最初の民間所有者、フィレンツェ、イタリアのファンティーニ氏に新しい販売されました。

車は後に、後続の所有者が米国に輸出され、1982年には、ギルロイ、カリフォルニア州に居住しました。 1986年まで、車はアルバカーキ、ニューメキシコ州に、さらに南西部を旅していました。一年後、それはクリーブランドに移動していた、と1990年までに、シャーシ9319は、ミシガン州に位置していました。最終的には、車が戻ってそれが今日存在するそのネイティブイタリア、への道を作りました。この車は、まだロッソオーバーグリージョフモの正しい色の組み合わせで仕上げ、現在Borraniワイヤーホイールの上に座っていると、元のエンジンは最近、プロのトリノに拠点を置くブランドの専門家によって再建されました。加えて、ツーリングのための車をより快適に、期間正しいアフターマーケット空調システムを装備されています。

4人乗りのフェラーリは、一般に、それらの2位の兄弟よりも少ない貴重な考えられている一方で、そこに彼らは自分の右に優れた自動車であることは間違いないです、と彼らは確かにフェラーリの名前の価値があります。それは250 GTEと330アメリカに立派な後継者であるとして330 GT 2 + 2は、例外ではありません。最近のエンジンは再構築し、アフターマーケットの空調では、これは確かに素晴らしいグランドツーリングカーと最高級のイタリアのモータリングの楽しさを楽しむのに最適な方法であろう。

 

300 bhp, 3,967 cc SOHC V-12 engine with three Weber 40 DCZ/6 carburettors, five-speed manual transmission, independent unequal length wishbone front suspension with coil springs, live rear axle with semi-elliptic leaf springs and coil springs over telescopic shock absorbers, and Dunlop dual-circuit four-wheel disc brakes. Wheelbase: 2,650 mm.

  • Highly desirable Series II example
  • Recent engine rebuild
  • Fitted with period-correct aftermarket air conditioning for touring
  • Submitted for Ferrari Classiche certification

The 330 GT 2+2, which was introduced as the successor to the 250 GTE and the interim 330 America, was first shown to the public in January 1964, at Ferrari’s annual pre-season competition press conference, with its first formal show appearance being at the Brussels Salon the following month. The design was penned by Pininfarina, with the most striking element being the four-headlight nose, which was believed to have been styled to attract American customers. Underneath its skin, the car saw numerous updates from its predecessor, including a wheelbase that was extended by 50 millimetres over the 250 GTE, Koni adjustable shock absorbers, and a Dunlop dual-circuit braking system, which gave both the front disc and rear disc brakes their own servo-assist.

Halfway through the 1965 model year, Ferrari updated the 330 GT 2+2 with a Series II model. Gone was the quad-headlamp front end; it had been replaced with a more attractive dual-headlamp nose, similar to that of the 275 GTS. The body gained different louvers for engine bay ventilation on the nose, which also mimicked those on the 275 GTS. Rounding out the exterior were the 10-hole alloy wheels, which were now made standard, and the traditional Borrani wire wheels, which remained available as options. Only minor changes were made to the interior, chief amongst which being a transmission tunnel connected to the central dashboard, which led to further changes to the dashboard switchgear location.

According to noted Ferrari historian Marcel Massini, this particular 330 GT 2+2, a Series II example produced in late 1966, left the factory in Grigio Fumo paint (18944 M) and with a Rosso (VM 3171) leather interior. Chassis 9319 would remain in its native Italy for its early life, as it was delivered new through the official Ferrari Dealer Renato Nocentini’ Garage la Rotonda in Prato, Italy. Shortly thereafter, it was sold new to its first private owner, a Mr Fantini of Florence, Italy.

The car was later exported to the United States by a subsequent owner, and by 1982, it was residing in Gilroy, California. By 1986, the car had travelled further southwest, to Albuquerque, New Mexico. One year later, it had moved to Cleveland, and by 1990, chassis 9319 was located in Michigan. Eventually, the car made its way back to its native Italy, where it resides today. This car, still finished in its correct colour combination of Grigio Fumo over Rosso, is currently sitting on Borrani wire wheels, and its original engine was recently professionally rebuilt by a marque specialist based in Torino. Additionally, it has been fitted with a period-correct aftermarket air-conditioning system, making the car more comfortable for touring.

Whilst four-seater Ferraris are generally considered less valuable than their two-place siblings, there’s no doubt that they are excellent automobiles in their own right, and they are certainly worthy of the Ferrari name. The 330 GT 2+2 is no exception, as it is a worthy successor to the 250 GTE and 330 America. With a recent engine rebuild and aftermarket air conditioning, this would surely be a wonderful grand touring car and a perfect way to enjoy the joys of Italian motoring at its finest.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1966-ferrari-330-gt-22-series-ii-by-pininfarina/1072402

関連記事

autoprogresstoyokawa-img600x450-1442936252osbg4t15213

【ヤフオク】驚愕価格でスタート!フェラーリ575M!大人カラー!内外装美車

衝撃価格よりのスタートです!! 4980000円スター

記事を読む

1982 Ferrari 512 BBi

1982 Ferrari 512 BBi 2030万円

Sold for (£): 110,400 The Ferrari 512 BB wa

記事を読む

フェラーリ ディーノ 246GT

フェラーリ ディーノ 246GT ¥ASK

車両価格:ASK 1972年式 フェラーリ ディーノ246GT。 フェラーリのバ

記事を読む

本物F3000ベースフェラーリ仕様エンジンレス

【ヤフオク】本物F3000ベースフェラーリ仕様エンジンレス 現在価格:250万円

本物のフォーミュラーカーです 只今展示保管中です 現地確認や質問等や輸送関係は別途

記事を読む

AZ16_r106_001

1991 Ferrari Testarossa

  予想価格:$200,000 - $250,000 390馬力、

記事を読む

AM15_r140_001

1972 Ferrari 246 Dino GT 4399万円(SOLD)

Sold for $363,000 コイルスプリングとアンチロールバー、および四

記事を読む

image

1973 FERRARI DINO 246GT COUPÉ 3100万円~4300万円

予想価格:€250,000 - 350,000 25年以来、同じ民間所有で 1973

記事を読む

Ferrari 206 SP

Ferrari 206 SP ¥SOLD

車両価格:SOLD - The 9th of only 17 Dino 206SPs

記事を読む

1970 FERRARI 246 GT L-SERIES DINO COUPE

1970 FERRARI 246 GT “L-SERIES” DINO COUPE 7231万円

車両価格:$595,000   --Rosso Corsa with Ta

記事を読む

1985 Ferrari 308 GTS Quattrovalve

1985 Ferrari 308 GTS Quattrovalve 1636万円

Sold for (£): 88,550 October 1975 saw the d

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 10現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク