*

PR

1952 Jaguar C-Type Aerodynamic Recreation 3293万円(SOLD)

公開日: : ジャガー ,

PA15_r115_001 PA15_r115_002 PA15_r115_003 PA15_r115_004

Sold for €257.600

210馬力、ツインSUキャブレターと3442のcc DOHC直列6気筒エンジン、4速マニュアルギアボックス、上下のダブルウィッシュボーンを持つ独立したフロントサスペンション、トーションバー、油圧ダンパー、トレーリングアームとのライブリアアクスル、ダブルアクションねじれバートルク反作用部材、油圧ダンパー、及び四輪油圧式のドラムブレーキ。ホイールベース:2440ミリメートル。
•この伝説のレーサーの見事なレクリエーション。出費は惜しみません
•1952ルマン仕様に建てられました。 FIAの論文で完了
•駆動、さらにはサー・スターリング・モスとノーマンDewisのサイン入り
C型の開発
ジャガーのチーフエンジニア、ウィリアム・ヘインズは、彼が1950年にルマンに行ってまで、彼は「真剣にレース用の車を設計する意図はありません “していた、と述べていました。ピットからのレースを見てきたが、ヘインズは、このレースは、私の知る限りは心配していたとして、トラックと彼のツールボックス内の特殊なギミックの経験の寿命をチューニングウィザードの伝統を暴か」、コメントしています。私は車が工場からの標準的な生産単位から構築することができることを実現し、そのような車は、「合理的な運与えられたレースに勝つことができること。
今年はクルマのポテンシャルのジャガーの創設者、サー・ウィリアム・ライオンズを説得するのに十分だったレスリー・ジョンソンの多かれ少なかれ標準XK120のパフォーマンス。ジャガーはレースに行くと、目的は、1951年の作品でルマンで勝つことだったすぐにC型ジャガーとして知られるようになった、競争のために立って、「C」で、秋の1950年に最初のプロトタイプ、およびXK120 Cに始まりました
3つのC-タイプワークスドライバー、スターリング・モスとジャックフェアマン、ピーター・ホワイトヘッド、ピーター・ウォーカー、レスリー・ジョンソンとクレメンテBiondettiで、1951年にルマンの24時間の開始のために並んで。姉妹車は、各機械的故障を受けていたとして、ホワイトヘッドとウォーカーは、最後まで自分の車を得ることに集中し、彼らは驚異的な77マイル先に2位のフィニッシャーの優勝を飾りました。これは印象的な最初のタイムアウトの結果であったが、圧力は1952年のためのより強いだろう。
空力C-TYPES
モスは1952年にシルバーストンでデイリーエクスプレスプロダクションスポーツカーレースを獲得し、ランスグランプリで個人所有の知恵とカネルの車の中で再び獲得しました。若いスコットランドのドライバイアン・スチュワートは、新たに形成されたレーシングカーのチームEcosseチームのために7月にジャージーロードレースを獲得した後、スコットランドでCharterhallで別の2つのレースを獲得しました。ジャガーは、ロールにありました。
モスは1952ミッレミリアにC型レーシングれたがしかし、彼はメルセデス・ベンツ300 SLRで可決されました。彼はその後、「ル・マンで、よりスピードを持っている必要があります」と言っジャガーに電報を送りました。
ミッレミリアとルマン間の週だけの問題では、ジャガーはマルコム・セイヤー主導したチームで動作するように設定します。彼らは、「ロングテール」、下側のフロントエンド、改訂された冷却システム、および標準車よりも20%少ない抗力を持っていたC型の合理化「低ドラッグ」バージョンを開発しました。ジャガーはC型空力のわずか3例を作った、と彼らはルマンにそれらを取ったが、結果は成功ではなかったです。
それは車が過熱と、低抗力C-タイプは彼の名にちなんで名付けられたヘッドガスケットを吹いたので、車の配管は、それ以来ロイケトルに委託し、されたことを皮肉です。最終的には、障害の背後にある理由は、単にテストの欠如でした。それはちょうどノーマンDewisはミッレミリアにあった、適切にル・マンの前に車を確認する時間がありませんでしたことが起こります。小さすぎるプーリーと、ウォーターポンプが空洞化し、その結果はすべての3つの車の失敗でした。レース後のテストでは、(この車は持っている)2つの簡単な修正の後、ノーマンDewisはありませんさらに過熱問題にMIRAで6時間を運転しました。
NUMBER 19
このC型空力、XKC 002の厳格なレクリエーションは、「最後の細部に至るまで「#19車を再現するジャガー愛好家のトニー・ブラウンの欲望の結果です。ドナーXK120を使用して、クラシックシャーシのC型シャーシの専門家アンディ・トーマスを、認識し、ローリングシャシーとエンジンとして002の完全なコピーを生成しました。 3.4リッターユニットは、また、5800 rpmで210馬力を達成し、1952年ル・マン仕様に再建されました。元の3台のすべてが異なっていました。原因イアン・スチュワートは、プロジェクト期間中にそんなに助けを提供しているという事実に、トニー・ブラウンは彼の名誉の#19のC-Typeでのレクリエーションを構築しました。
次に、それを最初から空力ボディを再現するやりがいのある仕事のためにジャガーの専門家クリス・キース・ルーカス「CKL開発に送られました。ヶ月は、アルミニウム合金の正確な等級に手で作られた本体のための正確なドルを構築するために周期写真を参照費やされました。 「ジャガーは革でそれらをトリミングするためにお金を費やすことはありませんので、 “インテリアが正しくイアン・スチュワートは顔をしかめてコメントとして、ルマン仕様にトリミングされ、革Rexineにあったとはありません。この信じられないほどの品質のレクリエーションは、合金縁の54本スポークホイールとハンドリングは1952ワークスカーの典型的なものであることを保証し、その燃料タンクのさえ場所まで正しい権利です。
オクタン誌で#19の機能の一部として、ブラウンは言ったイアン・スチュワート、から電子メールを思い出し、「ナンバー19は壮大に見える私はそれを覚えて…車は完全であるにもかかわらず、はるかに優れた完成元より忠実な複製が、それは確かに任意のジャガーの最高のレクリエーションです。すべての最後の詳細は、「上のスポットです。
この高い評価と、それはサー・スターリング・モス自身は彼の80歳の誕生日のお祝いの際にグッドウッドの周りに(彼は1952年に運転した車のために17を再番号付け)この車を運転して幸せだったことは驚くことではありません。彼もお祭りの際に車体を署名します。 C型はまた、FIAのホログラムが供給され、すべての関連の論文だけでなく、すべての完全なファイルは、コストを構築します。車もスピードの2011年祭に参加するよう招待されました。
これはおそらく、多分、伝説の24ルマンの時間と全くオリジナルの空力例は(今標準ボディを身に着けているXKC 011、ために保存)がないそのうちの1を獲得している必要がありワークスジャガー、1の忠実なレクリエーションです。番号19は、ストレート歴史の本を設定し、ケトルの車は、彼らがレース前の開発のための適切な時間を与えられていたことが可能であったであろうものを示すために前例のない機会を表しています。

210 bhp, 3,442 cc DOHC inline six-cylinder engine with two SU carburettors, four-speed manual gearbox, independent front suspension with upper and lower wishbones, torsion bars, and hydraulic dampers, live rear axle with trailing arms, a double-action torsion bar and torque reaction member, and hydraulic dampers, and four-wheel hydraulic drum brakes. Wheelbase: 2,440 mm.

  • Stunning recreation of this legendary racer; no expense spared
  • Built to 1952 Le Mans specifications; complete with FIA papers
  • Driven and even autographed by Sir Stirling Moss and Norman Dewis

DEVELOPMENT OF THE C-TYPE

Jaguar’s chief engineer, William Heynes, had stated that, until he went to Le Mans in 1950, he had “never seriously contemplated designing a car for racing”. Having watched the race from the pits, Heynes commented, “This race, as far as I was concerned, debunked the tradition of a tuning wizard with a lifetime of experience on the track and a special gimmick in his tool box. I realised that a car could be built of standard production units from the factory, and that such a car could win the race given reasonable luck”.

The performance of Leslie Johnson’s more-or-less standard XK120 that year was enough to convince Jaguar’s founder, Sir William Lyons, of the car’s potential. Jaguar was going racing, and the aim was to win at Le Mans in 1951. Work began on the first prototypes in autumn 1950, and the XK120 C, with the “C” standing for competition, quickly became known as the C-Type Jaguar.

Three C-Types lined up for the start of the 24 Hours of Le Mans race in 1951, with Works drivers Stirling Moss and Jack Fairman, Peter Whitehead and Peter Walker, and Leslie Johnson and Clemente Biondetti. Whitehead and Walker concentrated on getting their car to the finish, as the sister cars had each suffered mechanical failures, and they took the victory a staggering 77 miles ahead of the 2nd place finisher. While this was an impressive first-time-out result, the pressure would be more intense for 1952.

THE AERODYNAMIC C-TYPES

Moss won the Daily Express Production Sports Car Race at Silverstone in 1952 and won again in the privately owned Wisdom and Cannell car at the Reims Grand Prix. Young Scottish driver Ian Stewart won the Jersey Road Race in July for the newly formed Ecurie Ecosse team and then won another two races at Charterhall in Scotland. Jaguar was on a roll.

Yet, whilst Moss was racing a C-Type in the 1952 Mille Miglia, he was passed by a Mercedes-Benz 300 SLR. He then sent a telegram to Jaguar saying, “Must have more speed at Le Mans”.

With just a matter of weeks between the Mille Miglia and Le Mans, Jaguar set to work with a team which was led by Malcolm Sayer. They developed a streamlined “low-drag” version of the C-Type, which had a “long tail”, lower front end, revised cooling system, and 20% less drag than a standard car. Jaguar made just three examples of the C-Type Aerodynamic, and they took them to Le Mans, but the result was not a success.

It is ironic that the plumbing of the cars was entrusted to a Roy Kettle, and ever since, because the cars overheated and blew head gaskets, the low-drag C-Types were named after him. Ultimately, the reason behind the failures was simply a lack of testing. It just happens that Norman Dewis was on the Mille Miglia and had no time to properly check the cars prior to Le Mans. With too small a pulley, the water pump cavitated, and the result was a failure of all three cars. In post-race testing, after two simple modifications (of which this car has), Norman Dewis drove six hours at MIRA with no further overheating issues.

NUMBER 19

This C-Type Aerodynamic, an exacting recreation of XKC 002, is the result of Jaguar enthusiast Tony Brown’s desire to recreate the #19 car “down to the last detail”. Using a donor XK120, recognised C-Type chassis specialist Andy Thomas, of Classic Chassis, produced a perfect copy of 002 as a rolling chassis and engine. The 3.4-litre unit was also rebuilt to 1952 Le Mans specifications, achieving 210 horsepower at 5,800 rpm. All of the original three cars were different. Due to the fact that Ian Stewart provided so much help during the project, Tony Brown built the recreation of the #19 C-Type in his honour.

It was then sent to Jaguar expert Chris Keith-Lucas’ CKL Developments for the challenging job of recreating the aerodynamic body from scratch. Months were spent referring to period photographs in order to construct accurate bucks for the body, which was crafted by hand in the correct grade of aluminium alloy. The interior is correctly trimmed in Le Mans specification, which, as Ian Stewart wryly commented, was in Rexine and not leather “because Jaguar wouldn’t spend the money to trim them in leather”. This incredible-quality recreation is correct right down to the alloy-rimmed 54-spoke wheels and even the location of its fuel tank, which ensures that handling is typical of the 1952 Works cars.

As part of a feature on #19 in Octane magazine, Brown recalled an e-mail from Ian Stewart, which said, “Number 19 looks magnificent…The car is far better finished than the original, as I remember it, despite being an entirely faithful duplicate, and it is certainly the best recreation of any Jaguar. Every last detail is spot on”.

With this high praise, it should come as no surprise that Sir Stirling Moss himself was happy to drive this car (renumbered 17 for the car he drove in 1952) around Goodwood during his 80th birthday celebrations. He would even sign the bodywork during the festivities. The C-Type is also supplied with its FIA hologram and all related papers, as well as a complete file of all build costs. The car was also invited to participate at the 2011 Festival of Speed.

This is a faithful recreation of a Works Jaguar, one which perhaps should have perhaps won the legendary 24 Hours of Le Mans and one of which no original aerodynamic examples exist (save for XKC 011, which now wears a standard body). Number 19 represents an unprecedented opportunity to set the history books straight and show what the Kettle cars would have been capable of had they been given the proper time for pre-race development.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1952-jaguar-c-type-aerodynamic-recreation/1071644

関連記事

image

1952 JAGUAR C-TYPE TWO-SEAT SPORTS RACING ROADSTER 4億5782万円(SOLD)

Sold for £2,913,500 元ジミー・スチュアート、ニニアン・サンダーソン

記事を読む

1972 Jaguar D-Type 4.2 Litre Replica

1972 Jaguar D-Type 4.2 Litre Replica 625万円

Sold for (£): 33,925 The triple Le Mans win

記事を読む

7290693

Jaguar R3 F1 Car Cosworth CK V10 engine 3730万円

車両価格:£200,000 フォードコスワースのCKのV10エンジンを搭載したジャガー

記事を読む

image

1956 JAGUAR D-TYPE ‘SHORTNOSE’ SPORTS-RACING TWO-SEATER 4億502万円(SOLD)

Sold for £2,577,500 元ロンFlockhart、ニニアン・サンダーソ

記事を読む

image-thumb[5]

1991 Jaguar XJ220  5377万円(SOLD)

登録:JAZ 220シャーシ番号:SAJJEAEX7AX220693 エンジン番号:

記事を読む

1990 Lister Jaguar XJS 7.0 Le Mans Coupe

1990 Lister Jaguar XJS 7.0 Le Mans Coupe 715万円

Sold for (£): 38,813 Thank you to Charlie M

記事を読む

1971 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster

1971 Jaguar E-Type Series III V12 Roadster 1115万円

Sold for (£): 60,375 2011 marked the 50th b

記事を読む

1966 Jaguar E-Type Series I 4.2 Roadster

1966 Jaguar E-Type Series I 4.2 Roadster 1593万円

Sold for (£): 86,250 The Jaguar E-Type has

記事を読む

lexani_242000-img599x398-1450670765er0vno9419[1]

【ヤフオク】☆ジャガー Cタイプ☆

ジャガー Cタイプ (株)東名モータース 〒485-0048 愛知県小牧市間

記事を読む

1973 Jaguar E-Type SIII V12 Roadster

1973 Jaguar E-Type SIII V12 Roadster 956万円

Sold for (£): 51,750 Delivered new on the 2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 13現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク