*

PR

1972 Ferrari 365 GTC/4 by Pininfarina 2863万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

PA15_r122_001 PA15_r122_002 PA15_r122_003 PA15_r122_004

Sold for €224.000

6ウェバー38 DCOEサイドドラフトキャブレター、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、アンチロールバー、テレスコピックダンパー付き5速マニュアルトランスミッション、フロントとリア独立懸架、および4で340馬力、4390のccのDOHC V-12エンジン-wheelパワーアシストディスクブレーキ。ホイールベース:2500ミリメートル。
•内蔵わずか500例の一つに
P2とP3スポーツカーに基づいて•4カムエンジン
2 + 2席の•クラシックピニンファリーナスタイリング
強力な365 GTC / 4は、従来のフェラーリグランドツーリングカーの機能を備えた2 + 2クーペとして1971年ジュネーブモーターショーでデビューしました。それはほとんどの所有者は、単に追加の荷物スペースを得るために、リアシートバックを下に反転しているが、二つの追加の乗客のための部屋を持っていた少し長めのキャビンを持っていたとしてGTC / 4は、有名なデイトナベルリネッタとGTCのさらなる発展と考えられました。きれいに365 GTC / 4は、ピニンファリーナの新しい風洞の恩恵を受けたスタイリング。洗練された完全にモダンな外観を提供した100ミリメートル、必要な全く新しいスチールボディパネル、によって延長されていた。その筒状鋼管シャーシ、。
鼻は黒バンパーリング内の新しい楕円形のグリルを特色にし、格納式の四重のヘッドライトは、電気指令により増加しました。二つの大きな摂取量は手作りの、340馬力、4.4リッターV型12気筒エンジンを冷却するのを助けるためにボンネットの上に配置しました。フェラーリのエンジニアは新しい低いボンネットラインの下に収まるようにエンジンを再設計しました。そのデザイン鮮やかな330 P2とP3の330スポーツレーサーから借りた新しいシリンダーヘッドは、ありました。その摂取量は現在、各バンクのデュアルカムシャフトの塔の間に配置されました。そして、ウェーバーの気化は、サイドドラフトではなく、デイトナに見られる伝統的な下降流に変化しました。キャブレターの移転は、米国市場のために必要な新たな公害防止oddmentsのための部屋を作成しました。
潤滑システムは、ウェットサンプに変更し、リアサスペンションにハイドロニューマチックセルフレベリング装置、ならびにZFパワーアシスト循環ボールステアリング、パワーブレーキ、および機能的な空調システムがありました。これらの機能は、デイトナオーバーGTC / 4くらい改善されたドライバビリティを与えました。内部は最高級イタリアレザーでトリミングした、と彼の$ 27,500の費用のために、バイヤーはBorraniワイヤーホイールまたはCromodora「投げスター “合金リムのいずれかを選択します。その5速、完全に同期伝送では、4.4リットル365 GTC / 4は、毎時91マイルで15.7秒立っ四半期マイルが可能であった、とトップスピードは快適に毎時160マイルに近づくことができます。
365 GTC / 4レジストリは、18ヶ月のスパンの間にモデナで構築さわずか500の第162回になるこの一例を示しています。車は最初の車はその後、フェラーリが6に彼女の名前で1980年8月、翌年に登録したマーゴットDetzel、が所有していた1973年3月21に登録されたドイツの登録文書ショーのコピーは、この車は販売のために提供されましたエルケレンツ、ドイツのトニErkerによる。その時点で、それは黒い革赤塗装されるものとして説明しました。荷送人は、1981年8月にバートブライジクのER Sportwagen、からそれを取得し、その後、1982年3月に、イタリアで大規模な機械的なオーバーホール後に、それは車が委託者の名義で登録された道路カナリア諸島に出荷されました1985年現在では、豪華なネロレザーインテリアで、アルジェントオートゥイユ、元の色に表示され、その走行距離は32987キロを示しています。さらに最近では、それはITV 2014年10月21日に認定されました。
所有者は、フェラーリが非常によくチューニングさと迅速な対応で、スムーズに駆動し続けるされていることを指摘しています。おそらく、ロード&トラック誌は、どんな天候…スラッシュ少ない機械的には以前のフェラーリよりもエンジンルームから伝わってくるでクロスカントリー旅行のための365 GTC / 4最高のそれを宣言する「微車を総括し、コントロールがよりスムーズですそして「よく駆動するのにおいしく簡単に車を作る、これまでよりも軽いです。

 

340 hp, 4,390 cc DOHC V-12 engine with six Weber 38 DCOE5 side-draft carburettors, five-speed manual transmission, front and rear independent suspension with double wishbones, coil springs, an anti-roll bar, and telescopic dampers, and four-wheel power-assisted disc brakes. Wheelbase: 2,500 mm.

  • One of just 500 examples built
  • Four-cam engine based on the P2 and P3 sports cars
  • Classic Pininfarina styling with 2+2 seating

The powerful 365 GTC/4 made its debut at the 1971 Geneva Motor Show as a 2+2 coupé with traditional Ferrari grand touring car features. The GTC/4 was considered a further development of the famed Daytona Berlinetta and GTC, as it had a slightly longer cabin that had room for two additional passengers, although most owners simply flipped the rear seatback down to gain additional luggage space. The cleanly styled 365 GTC/4 benefitted from Pininfarina’s new wind tunnel. Its tubular steel tubing chassis, which had been lengthened by 100 millimetres, required completely new steel body panels, which offered a sleek and wholly modern look.

The nose featured a new oval grille within a black bumper ring, and the retractable quadruple headlamps rose by electrical command. Two large intakes were positioned on the bonnet to aid in cooling the hand-built, 340-horsepower, 4.4-litre V-12 engine. Ferrari engineers redesigned the engine to fit below the new lower bonnet line. There were new cylinder heads, whose design was borrowed from the brilliant 330 P2 and 330 P3 sports racers; their intakes were now placed between the dual camshaft towers on each bank; and the Weber carburetion changed to side-drafts rather than the traditional downdrafts seen on the Daytona. A relocation of the carburettors also created room for the new anti-pollution oddments required for the U.S. market.

The lubrication system was changed to a wet-sump, and there was a hydro-pneumatic self-levelling device on the rear suspension, as well as ZF power-assisted recirculating-ball steering, power brakes, and a functional air-conditioning system. These features gave the GTC/4 much improved drivability over the Daytona. The interior was trimmed in the finest Italian leathers, and for his $27,500 outlay, a buyer had the choice of either Borrani wire wheels or Cromodora “throwing star” alloy rims. With its five-speed, fully synchronised transmission, the 4.4-litre 365 GTC/4 was capable of a 15.7-second standing quarter-mile at 91 mph, and top speeds could comfortably approach 160 mph.

The 365 GTC/4 Registry shows this example to be the 162nd of just 500 constructed in Modena during an 18-month span. Copies of the German registration document show that the car was first registered on 21 March 1973. The car was then owned by Margot Detzel, who had the Ferrari registered in her name on 6 August 1980. The following year, this car was offered for sale by Toni Erker, of Erkelenz, Germany. At that time, it was described as being painted red with black leather. The consignor acquired it from ER Sportwagen, of Bad Breisig, in August 1981, and then, in March 1982, after an extensive mechanical overhaul in Italy, it was shipped to the Canary Islands, where the car was road-registered in the consignor’s name in 1985. Today, it appears in Argento Auteuil, its original colour, with a plush Nero leather interior, and its odometer shows 32,987 kilometres. More recently, it was ITV certified on 21 October 2014.

The owner notes that the Ferrari is exceptionally well tuned and continues to drive smoothly, with immediate response. Perhaps Road & Track magazine summed up the 365 GTC/4 best when declaring it “a fine car for a cross-country trip in any weather…Less mechanical thrash comes through from the engine room than in any previous Ferrari, and the controls are smoother and lighter than ever, making the car deliciously easy to drive well”.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1972-ferrari-365-gtc-4-by-pininfarina/1071651

関連記事

4342700

Ferrari F1 Simulator ex Ferrari Factory ¥ASK

フェラーリ公式F12006チームのドライバーは、シミュレータを使用していました。 これは、

記事を読む

f300-F1-Replica-650x420

SCHUMACHER レプリカ 1007万円

車両価格:£55,000 SCHUMACHERいいえ、本物のF1カーが、シューマ

記事を読む

MO14_r204_001

1964 Ferrari 250 LM by Scaglietti 12億7151万円(SOLD)

Sold for $11,550,000 320馬力、6ウェバー38 DCNキャ

記事を読む

wswdp621-img599x399-14540494309oii8629193[1]

【ヤフオク】希少★フェラーリ360チャレンジ D車、サーキット未使用車

両詳細 2001yモデル 7,000 km(走行距離不明) ディーラー車 点検記録

記事を読む

image

Ferrari Dino V6 1.5L Formula 1 engine 864万円(SOLD)

Sold for US$ 80,500 フェラーリディーノV6 1.5Lフォーミュラ1

記事を読む

2011 Ferrari 599 SA Aperta

2011 Ferrari 599 SA Aperta 1億9648万円

車両価格:$1,600,000 Here is a very rare 2011

記事を読む

1989 フェラーリ 328GTS

1989 フェラーリ 328GTS 1380万円

車両価格:1380万円 レッド 走行16,600km 極上車 http://ww

記事を読む

tubi_style_japan-img600x450-1445301303p3np7f13808

【ヤフオク】■フェラーリF40純正リアカウル/中古■

Ferrari純正、F40のリアカウルです。 リアアクリルガラス、スポイラー等の付属品

記事を読む

image

1989 FERRARI TESTAROSSA

US$ 90,000 - 130,000 JPY 11 million - 15 mill

記事を読む

1992 FERRARI 512 TR

1992 FERRARI 512 TR 4248万円

車両価格:$349,500   --Rosso Corsa with

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク