*

PR

1977 Lancia Stratos HF Stradale by Bertone 4938万円(SOLD)

公開日: : ランチア ,

PA15_r118_001 PA15_r118_002 PA15_r118_003 PA15_r118_004

Sold for €386.400

192馬力、3ウェーバーキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、フロントコイルスプリングとリアマクファーソンストラット、および四輪ベンチレーテッドディスクブレーキと4輪独立サスペンションと2,418 ccのDOHCディノのV型6気筒エンジン。ホイールベース:2180ミリメートル。

•新しいからの単一の所有者。未満39000キロを示します
•元のイタリアの登録が含まれています
•世界ラリーの伝説;内蔵未満500の1

ランチアストラトスは、疑いの存在の中で最も成功したと認識ラリーカーの一つせずに、これまで意図的に世界ラリー選手権での競争のために構築された最初の自動車でした。強力なフェラーリミッドエンジン、素晴らしいベルトーネがデザインし体を使用すると、ストラトスは助けるが、それは飛ぶ見ることが幸運にも誰の目をキャッチすることはできません。

イタリアの車体製造者Nuccioベルトーネが波紋を作成するために探して1970年トリノモーターショーに行ってきました。彼は何ランチア・フルヴィア部品から構築されていた完全に機能するプロトタイプがあったもたらしました。これはライバルのピニンファリーナの彼の1アップであることだったようベルトーネは意図的に、静かな車の建設を保管していました。ベルトーネは、彼が真新しく、注目度抜群なものを必要な、ランチアとのビジネスに参入したい、とそうします。

プロジェクトコードの後ストラトスゼロ愛称車は、それが金属の固体ブロックであったかのように車が見える作られた今では、象徴的なくさび形の設計および統合ドア、ミラー、で顕著でした。全体のフロントガラスは、完全にリクライニング席への参入を可能にするために持ち上げ。プロトタイプは、よりストリート行く車よりモダンアートのように見て、それ自体が新種でした。背の高いだけ84センチメートルで、ゼロはNuccioベルトーネは明らかに多くの拍手に、ランチア本部でセキュリティゲートの下でそれを運転したことを理由に非常に低かったです。最終的に、彼の目標は、ランチアでヘッドの注目を得ることだった、とゼロはちょうどそれをしました。

チェーザレ・フィオリオ、ランチアのラリーチームのチーフと広報のディレクターは、助けることができなかったが、前ベルトーネで働いたたんにもかかわらず、ゼロに触発さ。当時、ランチアはただフィアットによって購入し、そのスポーツ部門を好転助けるために何か新しいものを必要としていました。彼はランチアマネージングディレクターウーゴGobbatoに近づき、ベルトーネランチアとの間のコラボレーションを提案しました。契約はミッドマウント型フェラーリディーノエンジンと5速マニュアルラリーカーを構築することでした。

1971年に、(「ハイフィデリティ」の場合)ランチアストラトスHFのプロトタイプは、トリノモーターショーで発表されました。エンツォフェラーリは、競合他社の車の中で彼のディノ・エンジンを望んでいなかったとしてフェラーリエンジンを確保することは、いくつかの時間を取っていました。ディーノの生産が終了したまで契約が合意されていませんでした。ストラトスのためのデザインが完全にゼロに働いていたベルトーネのデザイナーマルチェロ・ガンディーニに渡って与えられていました。

いくつかの実用的な変更により、ランチアはグループ4.最終ストラトスHF用のホモロゲーション要件を満たすのに十分なだけだった500台、上の生産を開始した近代的なグラスファイバーボディに包まれた光(千キロ)、超高速の車でした。一般的には、生産ストラトスは、プロトタイプの簡単なバージョンでしたが、それは確かに工学けちるしませんでした。フェラーリのV型6気筒エンジンは、ドライバの後ろのミッドマウントし、それはウォームアップとしてだけ滑らかになった合金ヘッド鉄ブロック単位にプロトタイプのすべての合金から下除去しました。

そのデザインに忠実に、ランチアストラトスHFはグループ4レースで自身の名前を作りました。ラリーバージョンの場合、エンジンは、さらに調整された、完全にバラ接合をサスペンションを装備。ストラトスは、フィアットの支援をし、ドライバーサンドロ・ムナーリとビョルン・ワルデガルドの手の中に、1974年から1976年の間に三つの連続世界ラリー選手権を獲得しました。ストラトスはまた、1980年代に複数のタイトルを獲得し、個人的に参戦しました。

ランチアストラトスHF Stradale、または通りのバージョンは、同じフェラーリディノエンジン、5速マニュアルトランスミッション、後輪駆動、および完全に同期ドッグレッグのギアボックスが装備されています。毎時232キロと80リットルの双子の燃料タンクの最高速度で、ストラトスHF Stradaleは、ラリーカーの根のいずれかを欠いていません。競争の機能はストラトスファン-などのサイドウィンドウ-好きなだけでなく、通常は横に、通過する風景のパノラマビューを提供し、レース育ちのラップアラウンドのフロントガラスの下にヘルメットホルダーが含まれています。

ここに提供ストラトスHF Stradaleは元のエンジンを搭載したシングルオーナー車であり、それは現在も元のネオンイエローの外観と、元のホイールを装着した1977年、イタリアへの配信以来、手付かずであったが、それはから変更されていないされています新しい。内部では、赤の張りとダークブルーアルカンターラシートは、例外状態のままです。オドメーターは、1977年以来、唯一の38554キロ、元イタリアの登録を読み取る車に含まれ、それが最初にその年の4月29日に登録された後、1977年5月5日に元の所有者に解放されたことを指摘しています。彼はグループ4仕様に変換され、集会に入力されたどちらの場合に、新しい、所有者は、他の2つのストラトスを取得しました。この車は、しかし、彼は元Stradaleの設定で左。

非常に少ないが、元の道路に対応した状態を維持するものの、ランチアストラトスHFSは常に、非常に望まれています。このランチアストラトスHF Stradaleは新しいので、単一の所有者を誇る自動車の歴史の珍しい作品です。アウトバーンをダウンクルージングや裏道を中心に横にスライドする、それがどこへ行っても頭を回すために続けることが確実です。

 

192 bhp, 2,418 cc DOHC Dino V-6 engine with three Weber carburettors, five-speed manual transmission, four-wheel independent suspension with front coil springs and rear MacPherson struts, and four-wheel ventilated disc brakes. Wheelbase: 2,180 mm.

  • Single owner from new; showing less than 39,000 kilometres
  • Includes its original Italian registration
  • A World Rally legend; one of fewer than 500 built

The Lancia Stratos, without a doubt one of the most successful and recognisable rally cars in existence, was the first automobile ever to be purposely built for competition in the World Rally Championship. With a powerful Ferrari mid-engine and stunning Bertone-designed body, the Stratos cannot help but catch the eye of anyone lucky enough to see it fly by.

Italian coachbuilder Nuccio Bertone went to the 1970 Turin Motor Show looking to create a stir. What he brought there was a fully functioning prototype that had been built out of Lancia Fulvia parts. Bertone had purposely kept construction of the car quiet, as this was to be his one-up on rival Pininfarina. Bertone wanted to break into business with Lancia, and to do so, he needed something brand new and attention grabbing.

The car, nicknamed the Stratos Zero after the project code, was striking with the now-iconic wedge-shape design and integrated doors and mirrors, which made the car appear as though it was a solid block of metal. The entire front windshield lifted up to allow entry into the fully reclining seats. The prototype was a new species unto itself, looking more like modern art than a street-going car. At only 84 centimetres tall, the Zero was so low to the ground that Nuccio Bertone apparently drove it under the security gate at Lancia headquarters, to much applause. Ultimately, his goal was to get the attention of the heads at Lancia, and the Zero did just that.

Cesare Fiorio, the chief of Lancia’s rally team and the director of Public Relations, could not help but be inspired by the Zero, despite never having worked with Bertone before. At the time, Lancia had just been bought out by Fiat and needed something new to help turn around its sports division. He approached Lancia Managing Director Ugo Gobbato and suggested a collaboration between Bertone and Lancia. The agreement was to build a five-speed manual rally car with a mid-mounted Ferrari Dino engine.

In 1971, the prototype for the Lancia Stratos HF (for “High Fidelity”) was unveiled at the Turin Motor Show. Securing the Ferrari engine had taken some time, as Enzo Ferrari did not want his Dino engine in a competitor’s car. A deal was not agreed upon until production on the Dino had ended. The design for the Stratos had been given over completely to Bertone’s designer Marcello Gandini, who had also worked on the Zero.

With a few practical changes, Lancia started production on 500 cars, which was just enough to satisfy the homologation requirement for Group 4. The final Stratos HF was a light (1,000 kilograms), super-fast car wrapped in a modern fibreglass body. In general, the production Stratos was a simpler version of the prototype, but it certainly did not skimp on the engineering. The Ferrari V-6 engine was stripped down from the prototype’s all-alloy to an alloy-head iron-block unit, which was mid-mounted behind the driver and only got smoother as it warmed up.

True to its design, the Lancia Stratos HF made a name for itself in Group 4 races. For the rally version, the engine was further tuned and equipped with a fully rose-jointed suspension. The Stratos won three consecutive World Rally Championships between 1974 and 1976, with support from Fiat and in the hands of drivers Sandro Munari and Björn Waldegård. The Stratos also raced privately, winning multiple titles into the 1980s.

The Lancia Stratos HF Stradale, or street version, is equipped with the same Ferrari Dino engine, five-speed manual transmission, rear-wheel drive, and fully synchronised dogleg gearbox. With a maximum speed of 232 km/h and twin fuel tanks of 80 litres, the Stratos HF Stradale is not lacking any of its rally car roots. Competition features include helmet holders beneath the side windows—a favourite of Stratos fans—as well as the race-bred wraparound windshield that provides a panoramic view of the passing scenery, usually sideways.

The Stratos HF Stradale offered here is a single-owner car with its original engine, and it has been untouched since its delivery to Italy in 1977. It currently still wears its original neon yellow exterior and its original wheels, and it has been unaltered from new. Inside, the dark blue Alcantara seats with red upholstery remain in exceptional condition. The odometer reads only 38,554 kilometres since 1977. The original Italian registration, included with the car, notes that it was released to the original owner on 5 May 1977, after having been first registered on 29 April of that year. The owner also acquired two other Stratos when new, both of which he transformed to Group 4 specification and entered into rallies. This car, however, he left in original Stradale configuration.

Lancia Stratos HFs have always been extremely desirable, although very few maintain their original road-ready status. This Lancia Stratos HF Stradale is a rare piece of automotive history that boasts only a single owner since new. Cruising down the autobahn or sliding sideways around the back roads, it is sure to continue to turn heads wherever it goes.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1977-lancia-stratos-hf-stradale-by-bertone/1071647

関連記事

good_wood_com-img599x449-144463695835z1rs23246[1]

【ヤフオク】94y ランチア・デルタ・エボⅡ 検査29年3月迄!!ディーラー物

■記録簿有り、本年も整備バッチリです、スペアキー、付属ツール マニュアル・ワランティブ

記事を読む

Lancia Stratos Groupe 4 coupé 1974

Lancia Stratos Groupe 4 coupé 1974

€420,000 - 500,000 JPY 55 million - 66 millio

記事を読む

LANCIA DELTA Gruppo A EX WORKS

LANCIA DELTA Gruppo A EX WORKS 3162万円

車両価格:€235,000 Car Auriol - Occelli (Portogallo 1

記事を読む

image-thumb[1]

1992 Lancia Delta Integrale HF Turbo Martini 5

登録:未登録-NOVA発行 車台番号:ZLA831ABO * 00567553

記事を読む

2015-01-17_12_16_01

lancia delta GR.A 1487万円?

車両価格:€110,000? lancia delta evoluzione GR.A t

記事を読む

image

1972 Lancia Stratos Stradale 2832万円(SOLD)

Sold for US$ 264,000 納屋の検索 1972ランチアストラトスSt

記事を読む

【ヤフオク】一撃即落!!塗装仕上げ渡し!ランチャデルタ!車検29年7月!

【ヤフオク】一撃即落!!塗装仕上げ渡し!ランチャデルタ!車検29年7月!

ついに入庫いたしました!! 永遠の憧れ!! ランチャデルタHFインテグラーレ16Vで

記事を読む

image

1980 LANCIA RALLY SE 037 PROTOTYPE GROUP B COMPETITION CAR 予想価格:3900-4900万円

€320,000 - 400,000 最初の工場のプロトタイプ 1980ランチアラリ

記事を読む

LANCIA Stratos HF Gruppe 4 - H-Kennzeichen

ランチア ストラトス HF グループ4 – H-Kennzeichen 5963万円

車両価格:€459,000 概要: •ストラトスHFグループ4 •ラリーの

記事を読む

Lancia Stratos GR4

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos is probably th

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 6現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク