*

PR

1961 Lancia Flaminia Sport by Zagato 3861万円(SOLD)

公開日: : ランチア ,

PA15_r163_001 PA15_r163_002 PA15_r163_003 PA15_r163_004

Sold for €302.400

半と3ウェーバーキャブレターと140馬力、2458のcc OHVのV型6気筒エンジン、4速マニュアル後車軸、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショックアブソーバー、およびアンチロールバーを持つ独立したフロントサスペンション、ド・ディオンリアアクスル楕円リーフスプリング、パナールロッド、及びテレスコピックショックアブソーバー、及び四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:2520ミリメートル。
•独特のザガートの自動車の車体。内蔵未満600
•完全に1994年に復元されました。よく文書の例
•高度GT引っ張りだこ
1953年にトリノで導入したランチアの宝石のようなアッピア、グリフBorgesonがかつて書いた、よく知られている自動車評論家の中では、「ブルーフラッグ・オン・ランス商標を保有し、すべての製品と同様に、アッピアがあることを証明するように見えましたイタリアで2番目に大きい自動車製造会社の方針はまだ「技術者ではなく、コスト会計士やスタイリストによって決定しました。
頻繁に見落とさとアンダー感謝確かに、カロッツェリアザガートによって自動車の車体とのめったに見られないランチア・フラミニアのスポーツは、1960年代初期の最高級のグランドツーリングカーの一つですが。これは、人気のミズクラゲを交換し、10月1956年80ミリメートルによって短縮されたアウレリアシャーシの上に建てられた豪華なフラミニアを、トリノモーターショーでプロトタイプとして発表された、大広間およびクーペの形で利用できたとによってボディました様々なcoachbuilders。ザガートのクーペは、その独特の商標「ダブルバブル」ルーフラインと、真の空力2シーターはアルミニウム合金にスキンました。ドアが飛び出しハンドルを特色にし、曲線美のボディはボンネット上の低、機能エアスクープが含まれています。
フラミニアは、4つの主軸受、固体リフター、および半球状の燃焼室とオールアルミ2.5リッター、オーバーヘッドバルブ、60度のV型6気筒エンジンによって最初に電源を入れました。後部に取り付けられたクラッチと4速のトランスアクスルでは、シャーシのダイナミクスが優れていました。リアサスペンションは内側のブレーキとデ・ディオンた一方で新しいフロントサスペンションは、フロントに不等長ダブルウィッシュボーンを採用しました。最初の500単位を製造した後、フラミニアのドラムブレーキは、フロントとリアのための独立した油圧回路を備えた自動車の両端に極めて有効真空支援ダンロップディスクに置き換えられました。一部は1970年遅けれとして構築されることが報告されたが、フラミニアの生産は、1963年まで続きました。
生産の数字は多少異なります。ランチア・フラミニアスポーツとスーパースポーツザガート登録は1959年から、これらのうち1967年の間に建て599の合計は、205は1961年の生産に1959年から登場覆われた2.5リッターおよびオープン(「クラシック」)ヘッドライトのデザイン、あった示していますトリプルウェーバー・carburetted「3C」バージョンの種々のエンジンサイズで174台の合計であると推定されます。
ここで提供さは、過去14年間、委託者の所有権に残った十分に文書化例です。車はもともとシングルキャブレターカーとして配信されたが、後ザガートによって承認された時間と1で一般的に行われていると言われているプロセスである3C仕様にアップグレードされました。初期の1989年に、車は現在の所有者がイタリアで購入しました。それは定期的に使用し、1991年に1989年と1990年の両方でピレリクラシックマラソンに参加した、所有者は、イタリアに移動し、古いLanciasの最後の専門家の一人によって復元車を持ってすることを決めました。
仕事の2年後、復元が1994年細心の注意に完成した車の特徴を害しないように注意したところ、白の元の色に塗り替えました。赤い革張りの椅子、木製縁の合金枠のステアリングホイール、および総合的な計装は、その居住者のために暖かく、効率的な雰囲気を提示します。高速ツーリングを支援するために、オーバーヘッドに取り付けられた内部ラリーランプがあります。その修復に続いて、車がAutomotoclub Storicaイタリア語(ASI)と指定された番号A-0634により公認されました。
それは、それは1990年5月23日にFIA(歴史車両アイデンティティフォーム)に登録された1968年から1995年まで、ヴェローナのマウリツィオザンボーニに所有権および登録を示す書類、が供給され、それまでにイギリスで高速道路の使用のために登録されています7月3日、1990年アンMOT証明書の現在の所有者は2005年に発行された、そして車は最近IDプレートYSU 403を発行された、ランチアはすべて新しい流体を追加することが含まれ、サービスしたところ、そのドイツTÜV試験に合格しました。所有者は、車は荷物スペースの多くを持っている非常に、快適で広々とした、高速ツーリングマシンであることを述べています。
非常にいくつかの例を存続と、それはランチア・フラミニアスポーツザガートは販売のために提供されて見つけることが歓迎驚きです。これらのエキゾチックな、非常によく設計および構築された壮大なturismosは、視覚的な喜びと刺激的な道路マシンの両方です。この1は確かに素晴らしい自動車の経験を持つ、その次の目の肥えた所有者を提供します。

 

140 bhp, 2,458 cc OHV V-6 engine with three Weber carburettors, four-speed manual rear transaxle, independent front suspension with double wishbones, coil springs, telescopic shock absorbers, and an anti-roll bar, de Dion rear axle with semi-elliptic leaf springs, a Panhard rod, and telescopic shock absorbers, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 2,520 mm.

  • Distinctive Zagato coachwork; fewer than 600 built
  • Fully restored in 1994; well-documented example
  • Highly sought after GT

Of Lancia’s jewel-like Appia, which was introduced at Turin in 1953, well-known automotive critic Griff Borgeson once wrote, “Like all products that carried the blue-flag-on-a-lance trademark, the Appia seemed to prove that the policies of Italy’s second-largest automobile manufacturing firm were still determined by engineers, not by cost accountants and stylists”.

Although frequently overlooked and certainly under-appreciated, the rarely seen Lancia Flaminia Sport with coachwork by Carrozeria Zagato is one of the finest grand touring cars of the early 1960s. It replaced the popular Aurelia and was unveiled as a prototype at the Turin Motor Show in October 1956. The luxurious Flaminia, which was built on an Aurelia chassis that had been shortened by 80 millimetres, was available in saloon and coupé form and was bodied by various coachbuilders. Zagato’s coupé, with its distinctive trademark “Double Bubble” roofline, was a true aerodynamic two-seater skinned in aluminium alloy. The doors featured pop-out handles, and the curvaceous body included a low, functional air scoop on the bonnet.

The Flaminia was powered initially by an all-aluminium 2.5-litre, overhead-valve, 60-degree V-6 engine with four main bearings, solid lifters, and hemispherical combustion chambers. With the clutch and four-speed transaxle mounted at the rear, chassis dynamics were excellent. New front suspension employed unequal length wishbones in the front, whilst the rear suspension was a de Dion with inboard brakes. After the first 500 units had been produced, the Flaminia’s drum brakes were replaced with extremely effective vacuum-assisted Dunlop discs at both ends of the car, with separate hydraulic circuits for the front and rear. Production of the Flaminia continued until 1963, although some were reported to be built as late as 1970.

Production figures vary somewhat. The Lancia Flaminia Sport and Super Sport Zagato Register shows a combined total of 599 built between 1959 and 1967. Of those, 205 were of the 2.5-litre covered and open (“Classic”) headlight design, which appeared from 1959 to 1961. Production of the triple-Weber-carburetted “3C” versions is estimated at a total of 174 units with various engine sizes.

Offered here is a well-documented example that has remained in the ownership of the consignor for the past 14 years. The car was originally delivered as a single-carburettor car but was later upgraded to 3C specification, which is a process that is said to have been a common practice at the time and one that was approved by Zagato. In early 1989, the car was purchased in Italy by the current owner. It was used regularly and had participated in the Pirelli Classic Marathon in both 1989 and 1990. In 1991, the owner relocated to Italy and decided to have the car restored by one of the last experts in older Lancias.

After two years of work, the restoration was completed in 1994. Great care was taken not to harm the character of the car, and it was repainted in its original colour of white. Its red leather seating, wood-rimmed alloy-framed steering wheel, and comprehensive instrumentation present a warm and efficient atmosphere for its occupants. To assist in fast touring, there is an overhead-mounted interior rally lamp. Following its restoration, the car was homologated by the Automotoclub Storica Italiano (ASI) and given number A-0634.

It is supplied with documents, which indicate ownership and registration to a Maurizio Zamboni, of Verona, from 1968 to 1995. It was registered with the FIA (Historic Vehicle Identity Form) on 23 May 1990 and then registered for highway use in England by the current owner on 3 July 1990. An MOT Certificate was issued in 2005, and the car was issued identity plate YSU 403. Most recently, the Lancia was serviced, which included adding all-new fluids, and it passed its German TÜV test. The owner states that the car is a very comfortable, spacious, and fast touring machine that has lots of luggage space.

With very few examples surviving, it is a welcome surprise to find a Lancia Flaminia Sport Zagato being offered for sale. These exotic, extremely well engineered and built grand turismos are both a visual delight and an exciting road machine. This one will certainly provide its next discerning owner with a wonderful automotive experience.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1961-lancia-flaminia-sport-by-zagato/1071901

関連記事

1989 Lancia Delta Integrale Group N Rally Car

1989 Lancia Delta Integrale Group N Rally Car 497万円

Sold for (£): 27,025 Well-known genuine Gro

記事を読む

ランチア ストラトス

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos will probably re

記事を読む

Lancia Delta Evolution Ex Works

Lancia Delta Evolution Ex Works 1761万円

車両価格:€130,000 Lancia Delta Integrale Evolutio

記事を読む

Lancia Delta Integrale 16V Gruppo A

Lancia Delta Integrale 16V Gruppo A  969万円

車両価格:€72,000 Lancia Delta 16 V G.A ex Campi

記事を読む

modellismo_1-img600x375-14524060596cvgiq7433[1]

【ヤフオク】ランチア・デルタ HFインテグラーレ16vエヴォルツィオーネII

ご覧頂きありがとうございます ランチア・デルタ HFインテグラーレ16vエヴォル

記事を読む

Exif_JPEG_PICTURE

Lancia Stratos HF Stradale

スポーツカー/クーペ 内部番号:lanc_strat 18700キロ、140キロワット(

記事を読む

2550655[1]

1972 Lancia Fulvia HF 1.6 843万円

車両価格:$68,500 1972ランチア・フルヴィアHF 1.6 S / N

記事を読む

2015-01-17_12_16_01

lancia delta GR.A 1487万円?

車両価格:€110,000? lancia delta evoluzione GR.A t

記事を読む

Lancia Stratos HF Corsa Group IV

Lancia Stratos HF Corsa Group IV ¥ASK

車両価格:ASK Palmarès de Course d’époque S

記事を読む

Lancia LC2

Lancia LC2 SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク