*

PR

1963 Ferrari 250 GT/L ‘Lusso’ Berlinetta by Scaglietti 2億734万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

PA15_r169_001 PA15_r169_002 PA15_r169_003 PA15_r169_004

<スポンサーリンク>

Sold for €1.624.000

240馬力、トリプルウェーバーキャブレターと2953のcc SOHCのV-12ティポ168uエンジン、4速マニュアルギアボックス、不等長さA-腕とコイルスプリング、半楕円リーフスプリングとのライブリアアクスル、パラレルトレーリングアームを持つ独立したフロントサスペンション、ワット・バー、および四輪油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:2400ミリメートル。

•著名なプライベートコレクションから提供されます
•マッチング番号
•最近のヨーロッパツアーで楽しみます
•前のオークションでのご提供はありません。長期的な所有権から提供

フェラーリの息をのむような250 GT / Lを、より一般的ルッソとして知られ、これまでにピニンファリーナによって設計されたほとんどの絶妙均整のフェラーリの一つであると広く祝われます。フェラーリはこの新しい車は250シリーズのいずれかの端部の両方で車の最高の側面を組み合わせる必要があることを信じて、スポーツ250 GT SWBとより豪華兄弟、250 GTE 2 + 2の間に市場に参入するために彼らの最新の提供を望んでいましたスペクトラム。新しい、愛好家の数百人は1つが自分自身を呼び出すために望んでいました。スティーブ・マックイーンやエリック・クラプトンのような有名人のガソリンヘッドのみ、その魅力に追加して、Lussosを所有していました。しかし、このようなフェラーリが1を望んでいたすべての人に配られることを意図していませんでした。需要はさらにルッソ – マニアで、その結果、供給を上回ります。 1964年に生産の第二および最終年度の終わりまでに生産さ350で、これは明らかに将来の古典になる運命の車でした。

ルッソは、まず1962年10月にパリモーターショーで公衆によって見られ、多くの愛好家は、単純にすべてのこの美しさは、これらのように、空気力学を犠牲にしなかったが、幸いなことに、最新の250を飾った美しいボディとカムテールのために真っ逆さまに落ちました流れるようなラインは、車のリアスポイラーに向かって直接空気の流れを助けました。 250シリーズのため通常通り、デザインはピニンファリーナによって書かれたと体がスカリエッティによって構築しました。これらの本体は鋼から作られ、ドア、ボンネット、起動蓋は、アルミニウムで作られました。

もちろん、英語に翻訳 “ルッソは、「贅沢を意味し、室内に1外観から、贅沢な雰囲気を記述するのに最適な言葉であることは間違いありません。乗客はレザー、クロームトリム、およびフェラーリの今商標ナルディウッド縁のステアリングホイールの面で最高級の素材をふんだんにました。おそらく、内部のほとんどの絶妙な部分は上質なイタリアンレザーにキルティングされた後部の荷物棚、でした。これは、ほとんどの所有者がバックミラーで見ながら、その革製品を垣間​​見るために、ブートに自分の荷物を圧迫しようとしたことを学ぶために驚くべきではないでしょう。

ルッソの美しさは、単にその本体および内部には拡張されませんでした。アルミボンネットの下にフェラーリの3.0リッター、コロンボ設計のV-12、3ウェーバーキャブレターをトッピングありました。 0〜60 MPHから加速は8秒を取って、それは毎時150マイルの速度に達するまで、車が加速して続けることができました。その構成要素の数は、一度に提供する他のフェラーリと共有されました。それは250 SWBと250 GTOからその短いホイールベースと基本的なシャーシ設計を借りても、それらの二つのモデルに関連付けられた素晴らしいハンドリングで飾りました。 250行の最後の自動車として、ルッソは、効果的に自動車の歴史の中で最も壮観なエンジンの一つにドアを閉め、3.0リットルコロンボV-12を利用するために、最後のフェラーリとなります。

所有者のほんの一握りがトラックに彼らのLussosをもたらした一方で、それは言葉の最高の意味でのグランツーリスモとして秀でていました。高速に沿って巡航は問題がなかった、と車がクロス状態と州が、全国や大陸だけでなくだけでなくすることを意図していました。薄いAとBピラーを活かし、インテリアは長い旅行になるようにはるかにリラックスできる場所となって、幻想的な外向きの可視性を持っていました。ルッソだけではなく、すべての角度で賞賛されるように頼む車ですが、それはまた、駆動され、徹底的に楽しむことが頼む車です。かつてスティーブ・マックイーン、マックイーンの息子、チャドが所有する例を駆動するには、「それは素晴らしい音がすることモーター・トレンド2006年3月の記事で述べて、あなたには、いくつかの速度を得れば、ステアリングは、最大明るくなります。 「それは暖かい内側だし、それは確かにいい匂い。これらのすべての側面は、上質なイタリアンレザーの香りをトッピング経験を駆動する最も楽しいのために作ります。

シャーシ番号5085 GT

Lussos生存の大部分は大切にする、よく保存された大部分は、元の生存珍しい光景と何かを残して、華やかに復元されています。車が利用できるようになったときには、フェラーリのコミュニティへの大部分が不明であったこと、まだ民間所有者によって良心的な長期維持のおかげで稀です。

フェラーリの工場から得た情報によると、GTはもともとネロの革張りでグリージョアルジェントに配信された数5085シャーシ。もともとはEditorialeイルボルゴスパ、ボローニャ児童図書の出版社にイタリアに登録されました。その後、それは医師が第2の所有者であったと言われている、米国に輸出されました。彼は道路上ながらメモを取ることができるであろうように、彼は、車の内部にまだ存在するディクタフォンを装着しました!

最近では、ルッソは、その現在の所有者、尊敬フェラーリコレクタによって医師から取得しました。彼は車を運転して楽しんで、クリス・ホーリーによってサービスを採用しています。 2014年7月には、そのドライバビリティの証である、問題なくマラネロにモナコへルマンからフランスとイタリアのル250 Tornano Aカサツアーで駆動させました。

車はそれが古典ロッソコルサに再仕上げされたその時点で、1980年代にその最後の化粧品修復以来ドライバーとしてよく維持されていると指摘しています。今日では、塗料は古いのように記述することができるが、ストレートボディの輪郭と提示輝きで、まだ道路上で使用するための提示です。インテリアは素晴らしい信頼性を示し、元のネロの革、です。最も重要なのは、車はまだビルドシートに一致する正しい内部番号1684から1662と元のエンジンを搭載しています。

このマッチング数字の例は、化粧品清浄し、さらに楽しさやコンクールレベルのリストアを可能な限り最高の始まりのための理想的な基礎です。いずれにせよ、このルッソは収集世界に事実上「未知」のまま車に自分のスタンプを残すために、新しい所有者のための刺激的な機会をマーク。

 

240 bhp, 2,953 cc SOHC V-12 Tipo 168u engine with triple Weber carburettors, four-speed manual gearbox, independent front suspension with unequal length A-arms and coil springs, live rear axle with semi-elliptic leaf springs, parallel trailing arms, and a Watt Bar, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 2,400 mm.

  • Offered from a prominent private collection
  • Matching numbers
  • Recently enjoyed on a European tour
  • Never before offered at auction; offered from long-term ownership

Ferrari’s breath-taking 250 GT/L, more commonly known as the Lusso, is widely celebrated to be one of the most exquisitely proportioned Ferraris ever designed by Pininfarina. Ferrari wanted their newest offering to enter the market in between the sporting 250 GT SWB and its more luxurious sibling, the 250 GTE 2+2, believing that this new car should combine the best aspects of both cars at either end of the 250-series spectrum. When new, hundreds of enthusiasts wanted one to call their own. Celebrity petrol heads like Steve McQueen and Eric Clapton owned Lussos, only adding to its allure. However, Ferraris like this were not meant to be handed out to everyone who wanted one. Demand outweighed supply, resulting in even more Lusso-mania. With 350 produced by the end of the second and final year of production in 1964, this was a car clearly destined to become a future classic.

The Lusso was first seen by the public at the Paris Motor Show in October 1962, and many enthusiasts simply fell head over heels for the beautiful body and Kamm tail that adorned the newest 250. Fortunately, all this beauty did not sacrifice aerodynamics, as these flowing lines helped to direct airflow towards the car’s rear spoiler. As per usual for the 250 series, the design was penned by Pininfarina and the bodies were constructed by Scaglietti; these bodies were made out of steel and the doors, bonnet, and boot lids were made out of aluminium.

Of course, “Lusso” translated into English means luxury, and from one look into the cabin, there is no doubt that luxury is the perfect word to describe the ambiance. Passengers were lavished with the finest materials in terms of leather, chrome trim, and Ferrari’s now trademark Nardi wood-rimmed steering wheel. Perhaps the most exquisite part of the interior was the rear luggage shelf, which was quilted in fine Italian leather. It would not be surprising to learn that most owners tried to squeeze their luggage into the boot in order to catch a glimpse of that leatherwork whilst looking in their rear-view mirror.

The beauty of the Lusso did not just extend to its body and interior. Under the aluminium bonnet was Ferrari’s 3.0-litre, Colombo-designed V-12, which was topped with three Weber carburettors. Accelerating from 0 to 60 mph took eight seconds, and the car could continue to accelerate until it reached a speed of 150 mph. A number of its components were shared with other Ferraris offered at the time. It borrowed its short wheelbase and rudimentary chassis design from the 250 SWB and 250 GTO and was also graced with the fantastic handling that was associated with those two models. As the final automobile in the 250 line, the Lusso would become the last Ferrari to utilise the 3.0-litre Colombo V-12, effectively closing the door on one of the most spectacular engines in automotive history.

Whilst only a handful of owners brought their Lussos to the track, it excelled as a gran turismo in the finest sense of the word. Cruising along at high speed was no problem, and the car was intended to not only cross states and provinces but whole countries and continents as well. Utilising thin A and B pillars, the interior had fantastic outward visibility, making it a much more relaxing place to be on long trips. The Lusso is not only a car that begs to be admired at all angles, but it is also a car that begs to be driven and thoroughly enjoyed. On driving the example once owned by Steve McQueen, McQueen’s son, Chad, remarked in a March 2006 article in Motor Trend that “it makes a fantastic noise, and once you get some speed, the steering lightens up. It’s warm inside, and it sure smells good”. All these aspects, topped with the smell of fine Italian leather, make for the most pleasurable of driving experiences.

CHASSIS NUMBER 5085 GT

The majority of surviving Lussos have been restored to the nines, leaving well-preserved, largely original survivors an unusual sight and something to be treasured. It is rarer still when a car becomes available that has remained largely unknown to the Ferrari community, thanks to conscientious long-term maintenance by private owners.

According to information obtained from the Ferrari factory, chassis number 5085 GT was originally delivered in Grigio Argento with Nero leather upholstery. It was originally registered in Italy to Editoriale Il Borgo S.p.A., a publisher of children’s books in Bologna. Later, it was exported to the United States, where a doctor is said to have been the second owner. He fitted a Dictaphone, which is still present inside the car, so that he would be able to take notes while on the road!

More recently, the Lusso was acquired from the doctor by its present owner, a respected Ferrari collector. He has enjoyed driving the car and employed services by Chris Holley. In July 2014, it was driven in Le 250 Tornano A Casa Tour in France and Italy, from Le Mans to Monaco to Maranello without issue, which is a testament to its drivability.

The car is noted to have been well-maintained as a driver since its last cosmetic restoration in the 1980s, at which point it was refinished in classic Rosso Corsa. Today, the paint can be described as older but is still presentable for use on the road, with straight body contours and a presentable shine. The interior is the original Nero leather, which shows wonderful authenticity. Most importantly, the car is still powered by its original engine with the correct internal number 1684/62, which matches the build sheet.

This matching-numbers example is an ideal basis for cosmetic freshening and further enjoyment or the best possible beginning to a concours-level restoration. Either way, this Lusso marks an exciting opportunity for a new owner to leave his stamp on a car which remains virtually “unknown” to the collecting world.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1963-ferrari-250-gt-l-lusso-berlinetta-by-scaglietti/1072242

関連記事

1982 Ferrari 308 GTSi 780万円

Sold for (£): 42,750 The 308 GTB was launch

記事を読む

1965 FERRARI 250 TR Recreation 1億3263万円

車両価格:£695,000 Mileage Delivery m

記事を読む

Ferrari Testa D’Oro Colani 2億821万円

車両価格:$1,700,000 Ferrari Testa D'Oro by C

記事を読む

1971 FERRARI 365 GTB/4 DAYTONA BERLINETTA

US$ 1 million - 1.2 million JPY 120 million -

記事を読む

2003 FERRARI 575 GTC COMPETIZIONE ¥ASK

  このフェラーリ575 GTCは、FIA GT選手権やアメリカン・ル・マン

記事を読む

FERRARI Dino 246 GTS (Cabriolet) 6539万円

車両価格:500'000スイスフラン Fahrzeugdaten Inverkehr

記事を読む

250 GT PF Cabriolet Series I ¥ASK

車両価格:ASK Coachwork by Pinin Farina The Las

記事を読む

Ferrari 550 Maranello 1997 ¥ASK

車両価格:ASK フェラーリ550マラネロ1997マニュアル6VX。 6600ミルのス

記事を読む

1991 Ferrari Mondial T  1099万円

Sold for (£): 59,625 Introduced in 1989 the

記事を読む

Ferrari Mondial 3.4 T 779万円

車両価格:59,000スイスフラン Livraison Suisse, Etat

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク