*

PR

1964 Aston Martin DB5 1億724万円(SOLD)

PA15_r121_001 PA15_r121_002 PA15_r121_003 PA15_r121_004

Sold for €840.000

282馬力、トリプルSUキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、コイルスプリング、ショックアブソーバー、およびアンチロールバーとフロントウィッシュボーンサスペンション、コイルスプリングとショックアブソーバーとのライブの後車軸との3995のcc DOHC直列6気筒エンジンと、全輪ディスクブレーキ。ホイールベース:2490ミリメートル。

•マッチングナンバー例。新しいからわずか3人の所有者
•オリジナルのドキュメントが含まれます。部品カタログや取扱説明書
•レア工場左ハンドルモデル、工場空調で構築されたよりも少ない35の1

アストンマーティンDB5は、「世界で最も有名な車」であると多くの人に考え、1964年ジェームズ・ボンド映画のゴールドフィンガーで有名に上昇しました。非常に成功したDB4のかかとに続いて、DB5は、主にデビッド・ブラウンアストンマーチンズの最も望ましいと考えられています。

DB5エンジンの開発は年間の作品になっていたが、それはプロジェクトの承認が与えられたことを1962年の終わりまでではなかったです。 DB5は、DB4を有名にしたことをSuperleggera体を維持化粧品として、シリーズのV DB4とDB5との違いは、いくつかあります。目に見える変化は、主に着色トリプレックスSundym電動窓、ツインガソリンフィラーキャップ、およびトランクリッド上のDB5記章から成っていました。しかし、新しいアストンマーティンは、ボンネットの下に完全に異なる車でした。

DB5は、最初ラゴンダ・ラパイドで使用されていたよりスムーズな4リッターエンジンを搭載しました。また、標準として、トリプルキャブレターを含め、5速マニュアルギアボックスは、最初の89 – 車の実行後に取り付けました。 DB4ブレーキシステムはタンデムマスタシリンダとガーリングのブレーキディスクを含めるようにアップグレード、およびサスペンションダンパー制御システムにアップグレードするオプションがありましたました。オルタネータとサイレンサーの2倍の数があったようにオイルクーラーは、装着しました。ダッシュは、新しいハンドブレーキ警告灯を取り上げながら、ツールキットは、初めて油圧ジャッキが含まれています。新しいエンジンは、その前身を超える重量の緩やかな増加にもかかわらず、さらに45馬力を振るいました。

DB5のインテリアにも見直しが行われました。前述した着色電動窓はちょうどアストンマーティンは新しいモデルに含まれる設備の一つでした。エアコンは望ましい選択肢で、新しいRestall・カイパーの座席はインストールされました。これらの座席は調節可能であり、後部座席に簡単にアクセスを与え、前方ヒンジ付き。すべてのアストンマーティンスと同様に、内部は豪華なウールパイルカーペットを持つすべての革でトリミングしました。以前の数十年のモデルとは異なり、このアストンは、豪華なツーリングのためではなく、モータースポーツのために設計されていた、とインテリアの快適さは、この変更を示しました。

生産は1963年10月に始まったが、それは販売が軌道に乗り始めた1964年までではなかったです。もちろん、これはゴールドフィンガーがリリースされた年でした。イアン・フレミングの本は、その後現代のDBのMk IIIを特色にしているが、生産者は、より近代的なDB5がフィルムのスターになりたかったです。当初、同社はフィルムのフランチャイズに関連することを望んでいないが、最終的にオーバー優勝しました。

新ボンド映画とDB5アストンマーティンは年ぶりに利益を得たように人気がありました。売上高が増加し、サービスマネージャダドリーGershamは、引用されていると述べたと、「私たちは週に50 DB5sを生成することができていたならば、我々はそれらを販売しているでしょう」。でも王室は興奮上でした。女王とエディンバラ公は、作業のガジェットとの完全なアンドリュー王子のための小型のジェームズ・ボンドのDB5を受信するニューポートパグネルの工場を訪問しました。

ここに提供DB5は、まだ元のエンジンを保持珍しい工場左駆動例です。ビルドシートバックそれはマドリードにSAアルトンために建てられた1964年に車をさかのぼります。非標準的な装置は、Normalair、エアコン、エンジンのブリーザバルブ方式、ダンロップホワイトウォールタイヤ、黄色の電球とMarchal氏のヘッドランプ、およびキロ/ hの速度計とクロームホイールオプションが含まれていました。産業の対応省によって発行されたスペインのトラフィックの許可認定を1964年11月14日付け、およびDB5は、1965年1月に最初の所有者に道路が登録されました。

車は次の1984年にテネリフェ島に登場し、ロンドンでアストンマーティンの専門家リチャード・スチュワート・ウィリアムズ社の完全な復元を行いました。復元は完全万マイルのサービスを含め、エンジン、キャブレター、ブレーキシステム、およびショックアブソーバーの完全なサービス。そして必要に応じて新たな部品の交換。さらに、現代の無線機を設置し、内部を置換しました。予備を含めwhitewalledタイヤは、そうであるように、工場の空調は、残っています。復元はデュボネレッドの元の色から変更されました濃い青色で新しい塗装面を、含まれています。カーペットは暗い灰色で行われながら内部は、ベージュのヘッドライナーと元の明るい色の革張りの椅子に忠実です。車に付属のサービスレコードとスペイン語のマニュアルとともに、部品カタログやDB5の取扱説明書です。

1988年に復元するので、車はワンオーナー、新しい以来の三分の一を持っていた、それはより少ない11000キロを駆動しました。最近では、それはそれは準備がスタートし、円滑なアイドルで、美しく駆動し続けると、ギアチェンジは素晴らしい加速と効果的なブレーキングで、スムーズかつ簡単です。10月21日2014年にスペインのITV(検査技術車両用)を通過しました。 DB5が構築され、国際的なスパイのために設計されており、それは本当に運転の車で行いました。

DB5は、時代を超えたアイコンとなっており、それは、最新の007スカイフォール(2010)を含む、4つのボンド映画に登場しているように、どこでも車の愛好家の想像力をキャプチャし続けています。誰が所有し、世界で最も有名な車を運転したいとは思わないでしょうか?

 

282 bhp, 3,995 cc DOHC inline six-cylinder engine with triple SU carburettors, five-speed manual transmission, front wishbone suspension with coil springs, shock absorbers, and an anti-roll bar, live rear axle with coil spring and shock absorbers, and all-wheel disc brakes. Wheelbase: 2,490 mm.

  • Matching-numbers example; only three owners from new
  • Original documentation included; parts catalogue and instruction book
  • Rare factory left-hand drive model, one of fewer than 35 built with factory air-conditioning

The Aston Martin DB5, considered by many to be “the most famous car in the world”, rose to prominence in the 1964 James Bond movie Goldfinger. Following on the heels of the highly successful DB4, the DB5 is largely thought to be the most desirable of the David Brown Aston Martins.

Although the development of the DB5 engine had been in the works for years, it was not until the end of 1962 that approval for the project was given. Cosmetically, the differences between the Series V DB4 and the DB5 are few, as the DB5 maintained the Superleggera body that the DB4 made famous. Visible changes consisted mostly of tinted Triplex Sundym electric windows, twin petrol filler caps, and a DB5 insignia on the boot lid. However, the new Aston Martin was a wholly different car under the bonnet.

The DB5 came equipped with the smoother four-litre engine that had first been used in the Lagonda Rapide. In addition, it included triple carburettors as standard, and a five-speed manual gearbox was fitted after the initial 89-car run. The DB4 braking system was upgraded to include a tandem master cylinder and Girling brake discs, and there was an option to upgrade to a suspension damper control system. An oil cooler was fitted, as was an alternator and twice the number of silencers. The tool kit included a hydraulic jack for the first time, while the dash featured a new hand brake warning light. The new engine wielded an additional 45 horsepower, despite a modest increase in weight over its predecessor.

The interior of the DB5 was also overhauled. The previously mentioned tinted electric windows were just one of the amenities that Aston Martin included in the new model. Air conditioning was a desirable option, and new Restall-Keiper seats were installed. These seats were adjustable and hinged forward, giving easier access to the rear seats. Like all Aston Martins, the interior was trimmed in all leather with plush wool-pile carpeting. Unlike models of earlier decades, this Aston had been designed for luxury touring, not for motorsport, and the comfort of the interior demonstrated this change.

Production started in October 1963, but it was not until 1964 when sales began to take off. Of course, this was the year that Goldfinger was released. Although Ian Fleming’s book featured the then contemporary DB Mk III, the producers wanted the more modern DB5 to be the star of the film. Initially, the company did not want to be associated with the film franchise but was eventually won over.

The new Bond movie and DB5 were so popular that Aston Martin made a profit for the first time in years. Sales figures increased, and Dudley Gersham, then the service manager, is quoted as having said, “If we had been able to produce fifty DB5s per week, we would have sold them”. Even the Royal Family was in on the excitement; the Queen and the Duke of Edinburgh visited the Newport Pagnell factory to receive a miniature James Bond DB5 for Prince Andrew, complete with working gadgets.

The DB5 offered here is a rare factory left-hand-drive example that still retains its original engine. The build sheet dates the car back to 1964, when it was built for S.A. Alton in Madrid. The non-standard equipment included Normalair air conditioning, an engine breather valve scheme, the chrome wheel option with Dunlop whitewall tyres, a Marchal headlamp with yellow bulbs, and a km/h speedometer. The Spanish traffic permit certification issued by the corresponding Ministry of Industry is dated 14 November 1964, and the DB5 was road-registered to its first owner in January 1965.

The car next appeared in Tenerife in 1984 and underwent a full restoration by Aston Martin specialists Richard Stewart Williams Ltd. in London. The restoration included a full 10,000-mile service; a complete service of the engine, carburettors, brake system, and shock absorbers; and the replacement of new parts, where needed. In addition, a modern radio was installed, and the interior was replaced. The factory air conditioning remains, as do the whitewalled tyres, including a spare. The restoration included new paintwork in dark blue, which was changed from the original colour of Dubonnet Red. The interior is true to the original light-coloured leather seating with beige headlining, whilst the carpet is done in dark grey. Included with the car is the parts catalogue and DB5 instruction manual, along with the service records and Spanish documentation.

Since the restoration in 1988, the car has had one owner, the third since new, and it has been driven less than 11,000 kilometres. More recently, it passed the Spanish ITV (Inspection Technical Vehicular) on 21 October 2014. It continues to drive beautifully, with a ready start and a smooth idle, and the gear change is smooth and easy, with nice acceleration and effective braking. The DB5 was built and designed for an international spy, and it is truly a driver’s car.

The DB5 has become a timeless icon, and it continues to capture the imagination of car lovers everywhere, as it has appeared in four more Bond films, including the most recent Skyfall (2010). Who would not want to own and drive the most famous car in the world?

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1964-aston-martin-db5/1071650

 

関連記事

2013 Evanta Aston Martin DBR1

2013 Evanta Aston Martin DBR1 1168万円

Sold for (£): 63,250 The Aston Martin DBR2

記事を読む

1965 Aston Martin DB5 Coupe

1965 Aston Martin DB5 Coupe 2億5905万円(SOLD)

Sold for $2,090,000 One of the Four James B

記事を読む

1980 Aston Martin V8 Saloon

**Amended** 1980 Aston Martin V8 Saloon 518万円

Sold for (£): 28,175 As Adam Trowler of Cla

記事を読む

1961 ASTON MARTIN DB4 GT ZAGATO SANCTION II

1961 ASTON MARTIN DB4 GT ZAGATO “SANCTION II” ¥ASK

車両価格:ASK --Forest Green with Black leather

記事を読む

PA16_r151_001

1963 Aston Martin DB5

予想価格:€1.100.000 - €1.300.000 300馬力は、4200

記事を読む

1979 Aston Martin V8 Auto

1979 Aston Martin V8 Auto 603万円

Sold for (£): 33,000 Newport Pagnell based

記事を読む

NY15_r115_001

1962 Aston Martin DB4GT Zagato

$15,000,000 - $17,000,000 プレミアムロット - インタ

記事を読む

1996 Aston Martin Virage Volante

1996 Aston Martin Virage Volante 714万円

車両価格:ASK V8モデルは、ほぼ20年にわたって生産されて持つ、交換用の車はアスト

記事を読む

4652559

Aston Martin Vantage V12 GT3 (x 2) For Sale ¥ASK

2012アストンマーチンヴァンテージV12 GT3シャーシ#007(黄色と緑のカラーリング

記事を読む

2002 Aston Martin Vanquish

2002 Aston Martin Vanquish 1099万円

Sold for (£): 59,625 Unveiled at the 2001 G

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク