*

PR

1990 Ferrari F40 1億5014万円(SOLD)

公開日: : フェラーリ ,

PA15_r149_001 PA15_r149_002 PA15_r149_003 PA15_r149_004

Sold for €1.176.000

478馬力、2つのターボ過給機とウェーバー・マレリエンジンマネジメントと燃料噴射、5速マニュアルギアボックス、鋼管と炭素複合シャーシ、コニ油圧ショックアブソーバーを持つ独立したダブルウィッシュボーンサスペンションと2936のcc DOHC 90度V型8気筒エンジンとフロントとリアのアンチロールバー、および四輪鋼換気ディスクブレーキ。ホイールベース:2450ミリメートル。

記録未満1200キロで新しい以来•シングル家族の所有権、
•「猫、非調整」の例。書籍やツールが含まれています
•フェラーリClassiche認定のために提出
•最近Rossocorsa S.r.lによってサービス

それは彼が彼の最初の車を構築して以来、40歳で、彼は彼の第90誕生日を祝うが、もっと重要な彼になかっただけでなく、1987年にエンツォ・フェラーリにとって大きな年でした。

前年、エンツォは、「我々はそれを行うために使用される方法で、来年のお祝いのために何か特別なものを作ろう」と言ったことが報告されました。その特別な車は、彼が愛情を込めてそれまでに知られていたとして、彼の珍重安定から起動を参照してくださいだろう」グランドオールド・マン」、最後の1になります。

名前がちょうど会議の後、フェラーリのオフィスを去った後にフェラーリの友人、ジーノランカーティによって示唆された、Razelli、ゼネラルマネージャーと会って、Razelliは彼にフランクフルトモーターショーで発表されるであろう新しいフェラーリを示しました。ランカーティは、その名前がどうなるか聞くと、Razelliは、彼らは、2つまたは3つの可能な名前を持っていたと答えたが、彼はそれを呼ぶもの尋ねました。ランカーティ」は、フェラーリの最大の市場は米国であり、それは今40歳であるため、最初のフェラーリの車が登場しているので、それは例えば「フェラーリ四十 ‘の、英語名を付ける必要がありますので。」と答えました

ランカーティは「素晴らしいアイデアのためにジーノランカーティへ」、碑文と銀プラークを受けました。左は黒カヴァッリRampante、右側に「F40 1987年6月には “でした。

添付手紙は親愛なるランカーティは、このプラークを、私はあなたが親切に私たちはフランクフルトモーターショーで発表されたGTカーの名前の選択に貢献した6月4日、上のミーティングを記念したい」と述べました。あなたの貢献はフェラーリの車の40年の考えに基づいて、優れた結果-F ‘の四十」を生産している、最速のフェラーリGTを識別し、personalises。親切よろしく、G.B. Razelli」。やや不安定なスクリプトとバイオレットインクで、これに続いて、「シニョールジーノ、フェラーリに」、でした。

F40は、史上最速のロードカーとして導入されました。それはそれと同じくらい簡単で、誰も主張することができませんでした。その最高速度は、任意の道路の車は毎時200マイルを良化たのは初めてだった毎時201.3マイル(毎時323キロ)、として主張されました。それはちょうど11.5秒で3.5秒でその2倍の速度に静止状態から毎時60マイル(毎時97キロ)まで加速する可能性があります。 F40は、道路やレーシングカーのギャップを埋めるの偉大なフェラーリの伝統を続けました。

F40の3リッターV型8気筒エンジンは、その前身、288 GTOから派生しました。大きな穴と短いストロークで、縦方向には、4つのカムを搭載し、それが7700回転数を停止中心にレッドライン、7,000 rpmで478ブレーキ馬力を作り出すことができるよう、ツインIHIターボチャージャーと、エンジンのスクリーマーでした。フォーミュラワンプログラムとグランプリのワークショップの影響が利用された最先端の複合材料、炭素繊維、ケブラーで見ることができました。ほぼ£200,000コストで、フェラーリは数百F40sを販売することを期待しました。彼らは今までに作られた最も偉大なスーパーカーの需要を過小評価しました。送出される第1 F40sには、最大3倍のコストの保険料を要求しました。約1,500は、最終的に作製し、F40はフェラーリの歴史の中で最も収益性の高い車になりました。

ここで提示F40は、新しいから一戸建て所有権を持っており、それがバリにフェラーリコンセッショネアから収集されて以来未満1200キロをクロックされています。氏膝蓋骨はその後、バリに彼の夏の家に直接車を運転し、彼の友人を表示するために地元の町の周りのラップのほんの一握りを完了しました。車は彼の夏の家に到着した直後に、大まかにしか開いて道路上の300キロをカバーした、氏膝蓋骨は車を上げ、車軸の上に置くには、彼のガレージに立っています。フィアットのディーラー自身としては、ミスター膝蓋骨は、定期的なメンテナンスの重要性を知っていて、頻繁に温度まで車を実行し、スタンドに車でギアを循環。タコメータはギアボックスからの読み取りを取ると、この定期的なメンテナンスは、走行距離計の読みに大幅追加しました。

車台番号の87990は、最近Rossocorsa Srlの時に新しいピレリタイヤとサービスを受けていますまた、フェラーリClassicheの認定のために提出されました。この車は新しく、最小限の走行距離からのみ一戸建て所有権を持つスーパーカーの聖杯を得るための貴重な機会を提供します。

エンツォフェラーリの最後の偉大なステートメントはF40であり、それは昔も今も妥協素晴らしいです。彼自身の言葉では、「最高のフェラーリ」です。

 

478 bhp, 2,936 cc DOHC 90-degree V-8 engine with two turbochargers and Weber-Marelli engine management and fuel injection, five-speed manual gearbox, tubular steel and carbon composite chassis, independent double-wishbone suspension with Koni hydraulic shock absorbers and front and rear anti-roll bars, and four-wheel steel ventilated disc brakes. Wheelbase: 2,450 mm.

  • Single-family ownership since new, with less than 1,200 kilometres recorded
  • “Cat, Non-Adjust” example; includes books and tools
  • Submitted for Ferrari Classiche certification
  • Recently serviced by Rossocorsa S.r.l

It was a big year for Enzo Ferrari in 1987. Not only did he celebrate his 90th birthday, but more importantly to him, it was 40 years since he built his first car.

A year earlier, Enzo was reported to have said, “Let’s make something special for next year’s celebrations in the way we used to do it”. That special car would be the last one that “The Grand Old Man”, as he was affectionately known by then, would see launched from his prized stable.

The name was suggested by a friend of Ferrari, Gino Rancati, who after having just left Ferrari’s office after a meeting, met with Razelli, the general manager, and Razelli showed him the new Ferrari that would be presented at the Frankfurt Motor Show. Rancati asked what its name would be, and Razelli replied that they had two or three possible names, but asked what he would call it. Rancati replied, “Since Ferrari’s biggest market is the United States, and since it is now forty years since the first Ferrari car has appeared, it should have an English language name, for example ‘Ferrari Forty’.”

Rancati received a silver plaque with the inscription, “To Gino Rancati for a brilliant idea”. On the left was a black Cavallino Rampante and on the right “F40 June 1987”.

An accompanying letter said, “Dear Rancati, with this plaque I want to commemorate our meeting on the 4th June, when you kindly contributed to the choice of name for the GT car we presented at the Frankfurt Motor Show. Your contribution has produced excellent results—the ‘F Forty’, based on the idea of forty years of Ferrari cars, identifies and personalises the fastest Ferrari GT. Kindest regards, G.B. Razelli”. Next to this, in slightly shaky script and violet ink, was, “To Signor Gino, Ferrari”.

The F40 was introduced as the fastest road car ever built. It was as simple as that, and no one could argue. Its top speed was claimed as 201.3 mph (323 km/h), which was the first time any road car had bettered 200 mph. It could accelerate from standstill to 60 mph (97 km/h) in 3.5 seconds or to twice that speed in just 11.5 seconds. The F40 continued the great Ferrari tradition of bridging the gap between road and racing cars.

The F40’s three-litre V-8 engine was derived from its predecessor, the 288 GTO. With bigger bores and a shorter stroke, the longitudinally mounted four-cam, with twin IHI turbochargers, was a screamer of an engine, as it could produce 478 brake horsepower at 7,000 rpm, redlining at a heart stopping 7,700 rpm. The influence of the Formula One program and the grand prix workshops could be seen in the cutting-edge composite materials, carbon fibre, and Kevlar that were utilised. With a cost of nearly £200,000, Ferrari expected to sell several hundred F40s. They underestimated demand for the greatest supercar ever built. The first F40s delivered demanded premiums of up to three times their cost. Around 1,500 were eventually produced, and the F40 became the most profitable car in Ferrari history.

The F40 presented here has single-family ownership from new and has clocked up less than 1,200 kilometres since it was collected from Ferrari Concessionaire in Bari. Mr Patella then drove the car directly to his summer house in Bari and completed only a handful of laps around the local town to show his friends. Shortly after the car arrived at his summer house, having covered only roughly 300 kilometres on the open road, Mr Patella raised the car and put it on axle stands in his garage. As a Fiat dealer himself, Mr Patella knew the importance of regular maintenance and frequently ran the car up to temperature and cycled through the gears with the car on stands. With the tachometer taking its reading from the gearbox, this routine maintenance added significantly to the odometer reading.

Chassis number 87990 has recently received new Pirelli tyres and a service at Rossocorsa S.r.l. It has also been submitted for Ferrari Classiche certification. This car presents a rare opportunity to obtain the holy grail of supercars with only single-family ownership from new and minimal mileage.

Enzo Ferrari’s last great statement was the F40, and it was and still is uncompromisingly stunning. In his own words, it is “the best Ferrari ever”.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1990-ferrari-f40/1071859

関連記事

PA15_r178_001

1997 Ferrari F1 046/2 Engine, No. 361 748万円(SOLD)

Sold for €58.500 730馬力、2998のcc DOHCマネッティマレリ

記事を読む

Ferrari 512TR

Ferrari 512TR 4005万円

車両価格:€299,000 概要: 一方、テスタロッサシリーズは、将来のコレクタ

記事を読む

1993 Ferrari Mondial 3.4 t

1993 Ferrari Mondial 3.4 t 574万円

Sold for (£): 31,050 Introduced in 1989 the

記事を読む

2011 Ferrari 599 SA Aperta

2011 Ferrari 599 SA Aperta 1億9648万円

車両価格:$1,600,000 Here is a very rare 2011

記事を読む

Ferrari FXX Evoluzione Berlinetta 2007

Ferrari FXX Evoluzione Berlinetta 2007

€1.4 million - 1.7 million JPY 180 million -

記事を読む

Ferrari 250 TR (recreation)

Ferrari 250 TR (recreation) ¥ASK

車両価格:ASK ダンカン·ハミルトンは、デビッド·コッティンガムのプライベートコレク

記事を読む

FERRARI  LaFerrari

FERRARI LaFerrari ¥ASK

車両価格:ASK Power for the LaFerrari comes from a

記事を読む

1993 Ferrari 348TS

1993 Ferrari 348TS 456万円

Sold for (£): 24,725 The Ferrari 348 is a m

記事を読む

image

1989 FERRARI TESTAROSSA

US$ 90,000 - 130,000 JPY 11 million - 15 mill

記事を読む

Ferrari F430 Spider F1

Ferrari F430 Spider F1 1307万円

車両価格:99,000スイスフラン Livraison Suisse, Boîte

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 15現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク