*

PR

1965 Iso Grifo A3/C Stradale 1億3227万円(SOLD)

公開日: : 未分類 ,

PA15_r180_001 PA15_r180_002 PA15_r180_003 PA15_r180_004

<スポンサーリンク>

Sold for €1.036.000

ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、筒型ショック、およびアンチロールバー、ド・ディオンアクスル、コイルスプリング、油圧ショック経由350+馬力、5359のcc OHVシボレーコルベットのV型8気筒エンジン、4速マニュアルトランスミッション、独立したフロントサスペンション、長手方向ストラット、およびアンチロールバーリヤサスペンション、及び四輪ディスクブレーキ。ホイールベース:2446ミリメートル。
•初期のリベット本体の例
•最近のmarque専門家によって復元
•「グリーンアップル」吹き替え
ジョットBizzarriniは、最も有名な伝説的なGTOのデザインとレースの成功のための責任フェラーリのエンジニアとして知られていました。工場を出た後、Bizzarriniは等温とイソ・イセッタ名声の彼の最も永続的なクライアントの一つであり、彼が最も密接に関連していると1、ミラノの実業家レンツォリボルタを、参加しました。リボルタは真に信頼性のGTカーを構築したい熱心な自動車愛好家で、Bizzarriniは2 + 2磯リボルタGTのための非常に洗練されたプラットフォーム型シャーシの開発に、磯のチーフ技術者、ピエルルイジRaggiと密接に働きました。レンゾは彼の個人的なGTカーに遭遇した信頼性の問題を解決するために、ISOはシボレーコルベットのエンジンとトランスミッションを使用していました。多くの開発作業の後、磯リボルタGTは1962年のトリノショーで絶賛するデビュー。
磯グリフォ:次Bizzarrini自身の車のための基礎として役立つであろう画期的なモデルが来ました。それは短縮さリボルタシャーシに基づいていた壮大な2席のGTであり、それの二つの変種は1963年トリノ自動車ショーでモデルデビューで示されました。グリフォA3 / L(ルッソのための「L」、または贅沢)は磯スタンドにデビューベルトーネは、他の(コルサ、または競争のための「C」)A3 / Cながら、スタンドに取り付けてありました。後者の車はリボルノの彼のオートスターWorksでBizzarriniによって造られました。どちらGrifosはジウジアーロがデザインし自動車の車体を持っていた、と彼らはイタリアのスタイリング、レース風のシャーシ、および信頼性の高いシボレーコルベットV-8パワーの見事な組み合わせを特色にしました。
今後18カ月間、Bizzarriniは、ISOとの契約の下でグリフォの彼のバージョンを作った、と彼らはトラック上で大きな成功を達成しました。この期間中、しかし、リボルタとBizzarriniとの関係はBizzarriniはレースに集中したいとリボルタは生産に集中したいと、ますます競合成長しました。 1965年の夏には、取引が最終的にBizzarriniフォームを行く「ストラーダ」道路やレースのための「コルサ」の形で自分の名前の下に車を構築し続ける場合には、打たれました。
マシンは表向きストリートカーだった一方で、その仕様は、軽量アルミボディワーク、製造されたプラットフォームのシャーシ、およびフレームにリベット半モノコックボディに、すべてのアウト競技車のもののように読めます。完璧に近い重量配分と組み合わせたこの高度なシャーシは、優れたパフォーマンスと信じられないほどの取り扱いをもたらしました。シボレーのV-8エンジンの出力は、毎時180マイルまでの主張トップスピードを提供し、350と420馬力の範囲でした。
しかし、非常に少数の例は、124 A3 / Csと約10グラスファイバーボディの例を含めて、おおよその6年間の生産運転中に生成されました。最終的には、エンジニアはISOとAMCなどの多様な企業のために働くと称賛のクライアントのために臨時の車を構築し、コンサルタントとして個人開業に戻りました。
シャーシ番号B 0216は、もともとドイツの自動車ベッカーに磯グリフォA3 / Cと新しい販売されました。早い車としてISO / Bizzarrini分割する前に、それは左ハンドルでのみ20リベットアルミドロゴボディの例の一つであると考えられています。このように、それはまた、ル・マンの競争バリアント、すなわち前述のリベットボディワークだけでなく、サイドベンツと4テールライトに似た多くの機能が含まれています。それはまた、唯一の最近の包括的な復元中に発見された当初は、ユニークで目を引くメラベルデ(ランボルギーニの有名なヴェルデ三浦に似ている)で終了したと考えられています。
1960年代後半や1970年代初頭のある時点で、車が工場に戻しました。その間、それは再建され、後でBizzarrini 5300のGTに沿って、より多くの表示されるように修正されました。このように、リベットがに充填し、体が黒く塗られました。また、その更新された構成では、この時点では、車はこの頃IA3 0283.として再題しと販売された、ISOはドイツのためにイタリアを離れ、その後、車が残った1978年の周りに米国に出荷された、と考えられていますそれは2002年に新しい所有者に売却された、米国のいくつかの後続の所有者とかなりの時間のため、まで。
翌年には、車は完全に車を点検チャック・レイとケンドールメリット、の有名な回復ショップに送られました。その古い復元がフェードアウトし始めたので、以前の機能のいくつかの証拠が示し始めました。黒の塗料が縮小していたが、時間をかけてひび割れ、および隠蔽されていたリベットの兆しを見せ始めました。また、さらなる検査、元のシャーシ番号、B 0216の後、シャーシに刻印発見され、購入時に、それが見つかりませんでしたことで知られていた他の数として、バックB 0216に題しました。
2012年には、以前の所有者は、大手ブランドのレストアの一つ、トリノ、イタリアのサルヴァトーレDiomanteことで、この初期のA3 / Cの完全な復元を依頼しました。黒の塗料が最初の車の剥離したときに興味深いことに、オリジナルの鮮やかな緑があっても、ドアjambs上、下に発見されました。実行中のギア、サスペンション、ブレーキシステム、および電気システムは、すべてのように完全に新品の状態に復元され、内部は完全に正しい黒革で再トリミングしました。後で設計されたダッシュボードには、ドライバに向かって角度が付けられた中央マウントスピードメーターとタコメーターを特色に初期のスタイルに戻しました。
1965 GTOのように多くのサークルに知られているこの非常にまれであり、絶対的に完璧な磯A3 / Cは、例外的な例です。これは、元の目を見張る色を含め、元の外観に戻ってきた、そしてそれは、単に、「グリーンアップル」として知られています。

 

350+ hp, 5,359 cc OHV Chevrolet Corvette V-8 engine, four-speed manual transmission, independent front suspension via wishbones, coil springs, telescopic shocks, and an anti-roll bar, de Dion tube, coil-spring, hydraulic shocks, longitudinal struts, and an anti-roll bar rear suspension, and four-wheel disc brakes. Wheelbase: 2,446 mm.

  • Early rivet-body example
  • Recently restored by a marque specialist
  • Dubbed the “Green Apple”

Giotto Bizzarrini was most famously known as the Ferrari engineer responsible for the design and racing success of the fabled GTO. After leaving the factory, Bizzarrini joined one of his most enduring clients, and the one with which he has been most closely associated, Milanese industrialist Renzo Rivolta, of Isothermos and Isetta fame. Rivolta was a keen auto enthusiast who wanted to build a genuinely reliable GT car, and Bizzarrini worked closely with Iso’s chief technician, Pierluigi Raggi, in developing an extremely sophisticated platform-type chassis for the 2+2 Iso Rivolta GT. To solve the reliability issues that Renzo had encountered with his personal GT cars, Isos used a Chevrolet Corvette engine and transmission. After much development work, the Iso Rivolta GT debuted to rave reviews at the 1962 Turin Show.

Next came the landmark model that would serve as the basis for Bizzarrini’s own car: the Iso Grifo. It was a spectacular two-seat GT that was based on a shortened Rivolta chassis, and two variants of it were shown at the model’s debut at the 1963 Turin Auto Show. The Grifo A3/L (“L” for Lusso, or luxury) was on the Bertone stand, whilst the other, the A3/C (“C” for Corsa, or competition) debuted on the Iso stand; the latter car was built by Bizzarrini in his Autostar Works in Livorno. Both Grifos had Giugiaro-designed coachwork, and they featured a stunning combination of Italian styling, a race-inspired chassis, and reliable Chevrolet Corvette V-8 power.

For the next 18 months, Bizzarrini made his version of the Grifo under agreement with Iso, and they achieved great success on the track. During this period, however, the relationship between Rivolta and Bizzarrini grew increasingly conflicted, with Bizzarrini wanting to focus on racing and Rivolta wanting to concentrate on production. In the summer of 1965, a deal was ultimately struck, where Bizzarrini would continue to build the cars under his own name in the “Strada” road going form and the “Corsa” form for racing.

Whilst the machine was ostensibly a street car, its specifications read like those of an all-out competition car, with lightweight aluminium bodywork, a fabricated platform chassis, and a semi-monocoque body riveted to the frame. This advanced chassis, combined with near-perfect weight distribution, resulted in outstanding performance and incredible handling. Output of the Chevrolet V-8 engine ranged between 350 and 420 horsepower, providing a claimed top speed of up to 180 mph.

However, very few examples were produced during an approximate six-year production run, including 124 A3/Cs and approximately 10 fibreglass-bodied examples. Ultimately, the engineer returned to private practice as a consultant, working for such varied companies as Iso and AMC and building the occasional car for an admiring client.

Chassis number B 0216 was originally sold new as an Iso Grifo A3/C to Auto Becker in Germany. As an early car, prior to the Iso/Bizzarrini split, it is believed to be one of only twenty riveted-aluminium Drogo-bodied examples with left-hand drive. As such, it also included many features similar to the Le Mans competition variant, namely the aforementioned riveted bodywork, as well as the side vents and four taillights. It is also believed to have been originally finished in the unique and eye-catching Mela Verde (similar to Lamborghini’s famous Verde Miura), which was only discovered during its recent comprehensive restoration.

At some point in the late 1960s or early 1970s, the car was returned to the factory. During that time, it was rebuilt and modified to appear more in line with the later Bizzarrini 5300 GTs. As such, the rivets were filled in and the body was painted black. It is also believed that, at this time, the car was re-titled and sold as IA3 0283. Around this time, the Iso left Italy for Germany and was then shipped to the U.S. around 1978. The car remained, in its updated configuration, with several subsequent owners in the U.S. for quite some time, until it was sold to a new owner in 2002.

The following year, the car was sent to the renowned restoration shop of Chuck Wray and Kendall Merritt, who thoroughly inspected the car. As its older restoration was starting to fade, evidence of some of the earlier features were beginning to show. The black paint had shrunk, cracked over time, and started to show signs of the rivets that had been covered up. Also, after further inspection, its original chassis number, B 0216, was found stamped into the chassis, and upon purchase, it was titled back to B 0216, as the other number it had been known by could not be found.

In 2012, the previous owner commissioned a complete restoration of this early A3/C by one of the leading marque restorers, Salvatore Diomante in Turin, Italy. Interestingly, when the black paint was first stripped off of the car, the original vibrant green was found underneath, even on the door jambs. The running gear, suspension, braking system, and electrical system were all completely restored to as-new condition, and the interior was completely re-trimmed in correct black leather. The later-designed dashboard was also returned to the early style, which featured a centre-mounted speedometer and tachometer that were angled toward the driver.

This extremely rare and absolutely flawless Iso A3/C, known in many circles as the 1965 GTO, is an exceptional example. It has been returned to its original look, including in its original eye-popping colour, and it is known as, simply, the “Green Apple”.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1965-iso-grifo-a3-c-stradale/1072299

関連記事

no image

1940s-50s ORIGINAL BELLY TANK RACE CAR, SALTSTER, BONNEVILLE RACER 373万円

車両価格:$30,000 Up for grabs is my original bell

記事を読む

【ヤフオク】モーガン 3ホイラー 正規輸

●正規輸入車 ●車検28年9月まであります。 ●エンジン S&S V-twin

記事を読む

【ヤフオク】FI カート 公認済み

ウォッチに入れられた方には大変申し訳ありませんが、再出品をいたします。 まず初めに、このカート

記事を読む

1959 Cooper Monaco T49 Mk1 no. 002 ¥ASK

車両価格:ASK 最も成功した販売用クーパーモナコのキャンペーンを行っ間でご紹介します

記事を読む

no image

Sprint Car Racecar w 800hp Chevy Engine – Race Ready w Motor & Extras – Complete 247万円

車両価格:$19,900 Dynamite asphalt sprint car with

記事を読む

March 783 Ex Nigel Mansell ¥SOLD

マーチエンジニアリングは、4つの創立メンバー、すべてがビジネスのさまざまな要素を監督ロビ

記事を読む

ULTIMA GTR 720 BHP LS7 V8 MONSTER 1100万円

車両価格:£59,995 私たちは安定に戻ってこの素晴らしいGTRを持って喜んでいる、

記事を読む

2008 ULTIMA GTR Chrome Orange 6.3 500 BHP Super Car! 770万円

車両価格:£41,950 ここでは、確かに非常に特別な車を持っています。画像が示すよう

記事を読む

【ヤフオク】平成9年式 トミーカイラ ZZ ターボ仕様

平成9年式 トミーカイラ ZZ 個人での代理出品になります。 エンジンはSR20

記事を読む

1978 Crossle 33F 450万円

車両価格:£27,995 Crossléは、2リッタークラスのための最初のデザイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク