*

PR

1982 Lancia 037 Stradale 4290万円(SOLD)

公開日: : ランチア , ,

PA15_r128_001 PA15_r128_002 PA15_r128_003 PA15_r128_004

<スポンサーリンク>

Sold for €336.000

205馬力、ボッシュKugelfischer燃料噴射と1995のcc DOHCスーパーチャージャー直列4気筒エンジン、5速マニュアルトランスミッション、フロントとリアの独立ダブル​​ウィッシュボーンサスペンション、4輪ブレンボ/アバルトディスクブレーキ。ホイールベース:2240ミリメートル。
•新しいからの単一の所有者。未満14000キロを示します
•未修飾、工場出荷時の元の状態
•037、ウルティモ水戸で広く注目
•元の本のセット、保証書、およびサービスブックを伴います
•元のツールセット、スペアタイヤ、ジャッキを保持
1980年に制定新FIA規制は自動車メーカーは、そのレーシングカーの道路に行くバージョンの比較的少数を認定するできるようにすることで、世界ラリー選手権のために復活の何かを先導しました。ランチアは高い評価を受けてストラトスHFの代替としてのプロジェクト037を作成するために、今フィアット・ランチア・グループの一部であったアバルト、になりました。トリノの期待がピニンファリーナとダラーラはまた、それらの入力のために呼び出されたことがとても高かったです。
ガラス繊維で強化したケブラーは037のレース育ちの体を形成し、それ自体がベータベースのモンテカルロ/スコーピオンをエミュレートするために設計されています。しかし、ボンネットおよびブート蓋のリフトは、巨大な鋼のサブフレーム、037は任意の生産モデルとのシルエットより少しを共有固体指標を明らかにしました。当初、037 Stradaleはフィアット・アバルト131エンジンをベースに205馬力、2.0リッタースーパーチャージャー4気筒を特色にしました。 5速ギアボックスは、その後すぐにラリーのシフト全輪駆動に与えられた重要な脚注である後輪に半ば取り付けられたモーター、から電力を送りました。
ラリー・プレップ037sは、1982年にコスタスメラルダでデビューし、ブランドはアウディの自慢のクワトロシステムからの熾烈な競争にもかかわらず、来年コンストラクターズタイトルを獲得。ヴァルター・ロールとマルク・アレンは、後輪駆動のラリー車の中でコンストラクターズタイトルをキャプチャするために、最後のドライバーであることにより、モータースポーツの歴史の中で自分の名前をエッチングします。
車台番号045、最初のプリプロダクションモデルを含む内蔵ちょうど207公認037sの一つは、新しいからわずか1所有者を持っていました。その本質的ショールーム、元の状態に反映されるようにし、光利用の14000キロの下で、この037のショーを適切に維持し、世話をしました。この車、037の原型は、黒競争スタイルのインテリアの上に赤いペンキをキラリと光るに包まれています。これは、助手席側の元の懐中電灯にフロントとリアのボンネットの下に「45」塗装の手から、あらゆる方法で正しいです。ランチアも新しいことは身に着けていた元のピレリCinturato P7タイヤが含まれています。多くの037 Stradalesとは異なり、このランチアは、道路の使用を超えて何のために変更され、確実に最高の例の一つであるされていません。
このランチアは広くモデル、037、ウルティモ水戸のイタリア語の本で紹介され、それはまた、間違いなく究極の後輪駆動のラリーマシンの最もよく知られた例の一つです。

 

205 bhp, 1,995 cc DOHC supercharged inline four-cylinder engine with Bosch Kugelfisher fuel injection, five-speed manual transmission, front and rear independent double-wishbone suspension, and four-wheel Brembo/Abarth disc brakes. Wheelbase: 2,240 mm.

  • Single owner from new; showing less than 14,000 kilometres
  • Unmodified, factory-original condition
  • Featured extensively in 037, Ultimo Mito
  • Accompanied by an original set of books, warranty card, and service book
  • Retains its original tool set, spare wheel, and jack

New FIA regulations instituted in 1980 spearheaded something of a rebirth for the World Rally Championship by allowing automakers to homologate a relatively small number of road going versions of their racing cars. Lancia turned to Abarth, which was now part of the Fiat-Lancia group, to create Project 037 as a replacement for the highly regarded Stratos HF. Expectations in Turin were so high that Pininfarina and Dallara were also called upon for their input.

Kevlar reinforced with fibreglass formed the 037’s race-bred body, itself designed to emulate the Beta-based Montecarlo/Scorpion. However, a lift of the bonnet and boot lids revealed a massive steel subframe, a solid indication that the 037 shared little more than its silhouette with any production model. Initially, the 037 Stradale featured a 205 hp, 2.0-litre supercharged four-cylinder based on the Fiat-Abarth 131 engine. A five-speed gearbox sent power from the mid-mounted motor to the rear wheels, which is an important footnote given the rally’s shift shortly thereafter to all-wheel drive.

Rally-prepped 037s debuted at Costa Smeralda in 1982, and the marque captured the constructors’ title the next year, despite fierce competition from Audi’s vaunted Quattro system. Walter Röhrl and Markku Alen etched their names in motorsports history by being the last drivers to capture the constructors’ title in a rear-wheel-drive rally car.

Chassis number 045, one of just two hundred seven homologated 037s built, including the initial pre-production models, has had just one owner from new. This 037 shows under 14,000 kilometres of light use and was properly maintained and cared for, as reflected by its essentially showroom-original condition. This car, archetypal of the 037, is swathed in gleaming red paint over a black competition-style interior. It is correct in every way, from the hand painted “45” under the front and rear bonnets to the original flashlight in the passenger side. The Lancia even includes its original Pirelli Cinturato P7 tyres that it wore when new. Unlike many 037 Stradales, this Lancia has not been modified for anything beyond road use and is surely one of the finest examples.

This Lancia is extensively featured in the Italian book on the model, 037, Ultimo Mito, and it is undoubtedly also one of the best-known examples of the ultimate rear-wheel-drive rally machine.

http://rmsothebys.com/pa15/paris/lots/1982-lancia-037-stradale/1071620

関連記事

1993 Lancia Delta Integrale Evoluzione Group A ‘Jolly Club’ Replica

登録:9751 TO シャーシ番号:ZLA831AB000582457 エンジ

記事を読む

Lancia Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD Original Lancia Startos fully reb

記事を読む

1961 Lancia Flaminia Sport by Zagato 3861万円(SOLD)

Sold for €302.400 半と3ウェーバーキャブレターと140馬力、2

記事を読む

【ヤフオク】94y ランチア・デルタ・エボⅡ 検査29年3月迄!!ディーラー物

■記録簿有り、本年も整備バッチリです、スペアキー、付属ツール マニュアル・ワランティブ

記事を読む

1990 Lancia Delta HF Integrale 298万円

Sold for (£): 16,330 The Lancia Delta HF an

記事を読む

1960 Lancia Appia GTE Zagato 1142万円

Sold for (£): 62,500 The Lancia Appia saloo

記事を読む

【ヤフオク】95 ランチア デルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネⅡ D車

【年式】1995(平成7年) 【走行距離】23600km 【カラー】レッド

記事を読む

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos will probably re

記事を読む

Lancia Delta Evolution Ex Works 1761万円

車両価格:€130,000 Lancia Delta Integrale Evolutio

記事を読む

1992 Lancia Delta HF Evoluzione Gr. N 564万円

    車両価格:£36,500 LANCIA

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク