*

PR

1993 Lancia Delta Integrale Evoluzione Group A ‘Jolly Club’ Replica

image-thumbSBCN2GKH image-thumbQF4YVPU0

<スポンサーリンク>

登録:9751 TO

シャーシ番号:ZLA831AB000582457

エンジン番号:000582457

気筒数:4

製造年:1993

見積もり(£):40,000 – 50,000

ほとんどの車は、より効果的にグループAランチア・デルタHF Integraleよりもラリー世界選手権のドラマと興奮をカプセル化します。 1993年の競争の最終年度に1987 WRCでのグループB車の代替としてその導入から、ランチアデルタラリー勝46世界選手権を取って、君臨、バックにランチアのレコード6回のコンストラクタ選手権を主張バック。

ランチアがチームを働くためにWRCの伝説ディディエ・オリオールとマルク・アレンも勝利を取って – ミキ・ビアシオンためのユハ・カンクネンのための2つの二 – 四ドライバーのタイトルはデルタパイロットに行ってきました。歴史的な「ジョリークラブ ‘:ランチア管理は1991年にWRCから撤退することを決めたとき、彼らはイタリアのチームにデルタ航空の手綱を手渡しました。 Integraleの進化:「Titop」のカラーリングでグループBランチア037sとの会合で有名な、ジョリークラブは、その究極の化身でデルタを実行します。デルタHF Integrale「Evoluzione」は1992年モンテカルロラリーでデビューしました。より堅いシャーシ、広いホイールアーチ、大きな車輪とブレーキ、改良されたサスペンションと空力特性と、より強力なエンジンを搭載し、Evoluzioneは、置き換えモデルに大きなステップアップでした。 1993年、カルロス・サインツと長時間のコ・ドライバーのルイス・モヤはランチアチームに来ました。ランチアデルタHF Integrale Evoluzioneレプソル:パートナーシップは、凡例を作成しました。

2000年に英国に輸入よく保存デルタIntegraleから構築され、ここに見られる車はジョリークラブレプソルIntegraleの幻想的な再生は1993年のWRCシーズンに向けてサインツとモヤによって反発です。多くの稀で、動作するオリジナルパーツを使用して構成されており、エル・マタドールのオリジナル作品の車から慎重に測定象徴的で印象的な再生ペイント案(ないビニル)で終了し、このデルタは、それが到着したところはどこでも、トラフィックを停止することが保証されます。

この車は、すべての「表示」に関するものではありません:それは、その視覚的なインパクトを強調するのに十分な「GO」以上のものを持っています。正しいアバルトインタークーラーとエアボックスと完全にグループAのエンジンは、マップの選択によってMOTEC M800 ECUによって制御される400馬力を生産しています。ツインマスターシリンダーは、ダッシュマウント型アジャスタと油圧ハンドブレーキとアルコンブレーキを管理します。このデルタで使用される無数の作品部品は、燃料タンクからすべてが含まれており、アバルトルーフベントリアファイアウォール、合金ラジエターとアバルトヒーターボックスを動作します。でも、スペアホイールクランプはランチアがアイテムの作品です。ケブラーサンプとの差分ガードはカーボンブレーキ冷却ディスクを運ぶ元のスピードラインホイールと、取り付けられています。デジタル表示と​​カーボンダッシュパネルもアバルトブーストゲージを備えています。

運転席に座り、1は期間詳細に囲まれています。虹のドアカードとマニュアルウインドレギュレータはデルタ航空の軽量ドア用の正しいながらサベルトハーネスによるカスタムメイドのレプリカ席は、レプソルのテーマを継続します。 Terratripナビゲーションシステムは、完全なインターコム、火災抑制システムと、インストールされています。取り外し可能なモモステアリングホイール、プッシュボタンの開始と緊急遮断スイッチも取り付けられています。
筒状のデフキャリアと英国Torino’スタイルの登録番号に作品ランプポッドで、この骨の折れるジョリークラブデルタレプリカは免れていない費用で、作成するために三年以上かかりました。 Integraleは、イタリアの歴史的なランチアクラブイベントで承認された参加者で、マルク・アレンずつ、このようなイベントで調印されました。

この例外的なグループA Integraleの進化のレプリカは、サンマリノRallylegend、アイフェルラリーまたはゆっくりサイドウェイズ集まりとしてラリーのトリビュート・イベントの増加のために完璧になります。車は現在、FIAのHTPまたはMSA航海日誌を保持していないが、それは今後のFIA歴史的なイベントの対象とそれをレンダリング、変更の数を組み込むことにより、この論理的な結論にIntegraleを持参することも可能です。 MSA論文を取得し、規制を遵守するためには、あなたが、我々は車が必要な絞りなどの軽微な変更、新しい席とbelts.With「適切」ラリーカー今変更の手の数が必要になることが通知されたいはずです見つけるのはほとんど不可能になってきて百万ユーロと動作する部分については、次のように車を購入する時です。

Registration: TO 9751
Chassis Number: ZLA831AB000582457
Engine Number: 000582457
Number of cylinders: 4
Year of Manufacture: 1993
Estimate (£): 40,000 – 50,000

Few cars encapsulate the drama and excitement of World Championship rallying more effectively than the Group A Lancia Delta HF Integrale. From its introduction as a replacement for the Group B cars in the 1987 WRC to the final year of competition in 1993, the Lancia Delta reigned supreme, taking 46 world championship rally wins, and claiming the Constructors Championship for Lancia a record six times back to back.

Four driver’s titles went to Delta pilots – two for Juha Kankkunen and two for Miki Biasion – with WRC legends Didier Auriol and Markku Alén also taking wins for the Lancia works team. When Lancia management decided to withdraw from WRC in 1991, they handed the Delta’s reins to an Italian squad: the historic ‘Jolly Club’. Famous for its association with the Group B Lancia 037s in ‘Titop’ livery, Jolly Club would run the Delta in its ultimate incarnation: Integrale Evolution. The Delta HF Integrale “Evoluzione” made its debut on the 1992 Monte Carlo Rally. Featuring a stiffer chassis, wider wheel arches, bigger wheels and brakes, improved suspension and aerodynamics and a more powerful engine, the Evoluzione was a big step up on the model it replaced. In 1993, Carlos Sainz and long-time co-driver Luis Moya came to the Lancia team. The partnership created a legend: the Lancia Delta HF Integrale Evoluzione Repsol.

Built from a well preserved Delta Integrale imported into the UK in 2000, the car seen here is a fantastic reproduction of the Jolly Club Repsol Integrale rallied by Sainz and Moya for the 1993 WRC season. Constructed using many rare and original works parts, and finished in the iconic and striking reproduction paint scheme (not vinyl) measured carefully from El Matador’s original works car, this Delta is guaranteed to stop traffic wherever it arrives.

This car is not all about ‘show’: it has more than enough ‘go’ to underscore its visual impact. The full Group A engine with correct Abarth intercooler and airbox produces 400 bhp, controlled by a MoTeC M800 ECU through a choice of maps. Twin master cylinders manage Alcon brakes with a dash-mounted adjuster and hydraulic handbrake. The myriad works parts used on this Delta include everything from the fuel tank and works rear firewall, alloy radiator and Abarth heater box to the Abarth roof vent: even the spare wheel clamp is a Lancia works item. Kevlar sump and diff guards are fitted, with original Speedline wheels carrying carbon brake cooling discs. A carbon dash panel with digital display also features an Abarth boost gauge.

Sitting in the driver’s seat, one is surrounded by period detail. Custom-made replica seats with Sabelt harnesses continue the Repsol theme, while the rainbow door cards and manual window regulators are correct for the Delta’s lightweight doors. A Terratrip navigation system is installed, with full intercom and fire suppression systems. A detachable Momo steering wheel, push button start and emergency cut-off switches are also fitted.
From the works lamp pod to the tubular diff carrier and the UK ‘Torino’-style registration number, this painstaking Jolly Club Delta replica has taken more than three years to create, with no expense spared. The Integrale is an approved participant in Italian Historic Lancia Club events and was signed at one such event by Markku Alén.

This exceptional Group A Integrale Evolution replica would be perfect for the growing number of rally tribute events, such as the San Marino Rallylegend, Eifel Rally or Slowly Sideways gatherings. While the car does not currently hold an FIA HTP or MSA Logbook, it would be possible to bring the Integrale to this logical conclusion by incorporating a number of changes, rendering it eligible for FIA historic events of the future. In order to obtain the MSA papers and comply with the regulations, should you wish to, we are informed that the car will need a number of minor changes including the necessary restrictor, new seats and belts.With ‘proper’ rally cars now changing hands for millions of euros and works parts becoming almost impossible to find, now is the time to buy a car like this.

http://www.silverstoneauctions.com/lancia-delta-integrale-evoluzione-group-a-jolly-club–replica

関連記事

1982 Lancia 037 Stradale 4290万円(SOLD)

Sold for €336.000 205馬力、ボッシュKugelfischer

記事を読む

LANCIA Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD The Lancia Stratos is probably th

記事を読む

1989 Lancia Delta Integrale Group N Rally Car 497万円

Sold for (£): 27,025 Well-known genuine Gro

記事を読む

【Group B】1983 Lancia 037 Rally Serial Number 305

  1983 Lancia 037 Rally Se

記事を読む

1964 LANCIA SPORT ZAGATO PROTOTIPO

    EX-WORKS 1964年タルガ・フローリオ入

記事を読む

1974 Lancia Stratos HF Stradale by Bertone 7302万円(SOLD)

  Sold for $660,000 192馬力、トリプルウェ

記事を読む

Lancia Stratos HF Corsa Group IV ¥ASK

車両価格:ASK Palmarès de Course d’époque S

記事を読む

Lancia Delta S4 Gruppo B ricostruzione artigianale 2353万円

  車両価格:€195,000 ランチアデルタS4グループBクラフト

記事を読む

Lancia Stratos GR4 ¥SOLD

車両価格:SOLD Original Lancia Startos fully reb

記事を読む

Extreme Group A M3 1014万円

車両価格:€75,000 Extreme BMW E30 M3 Grup A. - S

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク