*

PR

2000 Tatuus Formula Renault – Kimi Raikkonen Championship Winning Car

image-thumb6Z74YA3W image-thumbMITSXS52

<スポンサーリンク>

登録:N / A

車台番号:指定なし

エンジン番号:指定なし

気筒数:4

製造年:2000

見積もり(£)20,000 – 25,000

Tatuusは当初、500ccクラスと1000ccに式モンツァ選手権のためのシングルシートのレーシングカーを構築し、1980年にArticoのSandonaによって設立されたイタリアのシャーシメーカーです。これらの初期の車の15年頃SandonaがSandonaが第二の仕上げで式パンダモンツァ選手権で優勝し、チームのための最初の成功を達成する式モンツァとルカMelgratiに出場して建設されました。 Tatuusがビートにチームとシャーシになり、さらなる成功がMelgrati 1988年シーズンに向けて1985年と1986年に再び優勝に続き、イタリアのメーカーは、新しい式ケーニッヒのための車を構築するために契約しました。これらの車は、適切なスペース枠の枠、スリックタイヤと翼レースカーであり、最初のシーズンはすぐに、ミハエル・シューマッハ有名になり、特定の若い優勝しました。ルノー・スポールは、最終的に周りに930これらの車のを建設する工事とその新しい炭素繊維フォーミュラ・ルノー2000年の発展と企業とTatuusを委託するときしかし、モーターレースの歴史の中でブランドの地位を確保しました。

2000年に建てられ、この特定の例では、彼らの新しい若いドライバーとしてキミ・ライコネン(後のF1世界チャンピオンに)とイギリス・フォーミュラ・ルノー選手権を争っマナーモータースポーツ、によって購入されました。彼はチャンピオンシップが、この非常に車であることを受賞した彼の結果、フォーミュラ・ルノー英国で7〜10のうちのイベントを獲得し、止められないことが判明しました。これは、これらの結果に基づいて、ペーター・ザウバーは、ムジェロで2000年9月にフィンランド人にザウバーフォーミュラワンチームとテストを与えた、として彼の式1のキャリアのスタートを証明することでした。さらなる試験は、2001年シーズンに向けライコネンに署名ザウバーにつながる、ヘレスとバルセロナで続きます。そのような経験の浅いドライバーにF1スーパーライセンスを付与する懸念を表明(ライコネンがしか23カーレースを完了した)彼はそれにもかかわらず、彼のライセンスを取得し、2001年にデビューのチャンピオンシップポイントを獲得した(FIA会長マックス・モズレーを含む)一部の批評家にもかかわらず、オーストラリアGP。彼は4点スコアが終了し、8トップ8箇所を達成し、印象的な最初の年楽しみました。 9点の期末タリーと彼のチームメイトのニック・ハイドフェルドからさらに一握りで、ザウバーはコンストラクターズ選手権で第四の自分史上最高の結果を達成しました。

その成功に続き、この車は、その後、それはその後、マナーモータースポーツは、元のエンジンとギアボックスとのモノコックを再建し、2005年にまで敷設された2002年に交換される前に、レイトン・ウォーカーによって運動をしました。これは、世界チャンピオンのキャリアをスタートさせた車であることの非の打ちどころのない起源で、英国のモーターレースの歴史の一部を購入する絶好のチャンスです。

Registration: N/A
Chassis Number: Not Specified
Engine Number: Not Specified
Number of cylinders: 4
Year of Manufacture: 2000
Estimate (£): 20,000 – 25,000

Tatuus is an Italian chassis manufacturer founded by Artico Sandona in 1980 initially building single-seat racing cars for the 500cc and 1000cc Formula Monza championship. Around 15 of these early cars were built with Sandona competing in Formula Monza and Luca Melgrati achieving the first success for the team by winning the Formula Panda Monza championship with Sandona finishing second. Tatuus became the team and chassis to beat and further success followed with Melgrati winning the championship again in 1985 and 1986. For the 1988 season, the Italian manufacturer was contracted to construct the cars for the new Formula König. These cars were proper space-framed framed, slicks and wings racecars and the first season was won by a certain young, soon to be famous, Michael Schumacher. However, the marque’s place in motor racing history was ensured when Renault Sport entrusted Tatuus with the construction and development of their new carbon-fibre Formula Renault 2000 and the company would eventually build around 930 of these cars.
Built in 2000, this particular example was purchased by Manor Motorsport, who contested the British Formula Renault Championship with (later to be Formula One World Champion) Kimi Raikkonen as their new young driver. He proved unstoppable, winning seven out of ten events in Formula Renault UK, resulting in him winning that Championship is this very car. This was to prove the start of his Formula 1 career as, on the basis of these results, Peter Sauber gave the Finn a test with the Sauber Formula One team in September 2000 at Mugello. Further tests followed in Jerez and Barcelona, leading to Sauber signing Räikkönen for the 2001 season. Despite some critics (including FIA president Max Mosley) voicing concerns over granting an F1 Super Licence to such an inexperienced driver (Räikkönen had only ever completed 23 car races) he was nevertheless granted his licence and scored a championship point on his debut at the 2001 Australian Grand Prix. He enjoyed an impressive first year, achieving four points-scoring finishes and eight top eight places. With a year-end tally of nine points and a further handful from his team-mate Nick Heidfeld, Sauber achieved their best ever result of fourth in the constructors’ championship.
Following its success this car was then campaigned by Leighton Walker before being replaced in 2002. It was then laid up until in 2005 when Manor Motorsport rebuilt the monocoque with its original engine and gearbox. This is a great chance to purchase a piece of British motor racing history, with the impeccable provenance of being the car that started the career of a World Champion.

http://www.silverstoneauctions.com/tatuus-formula-renault-2000-kimi-raikkonen

関連記事

2013 Formula Renault 2.0 683万円

車両価格:€51,000 概要: 私たちの真っ白tatuusのフォーミュラ·ルノー2

記事を読む

Formula Renault 2.0 in 2016 specifikation 499万円

  車両価格:€42,500 ブランドの新しいPFCブレーキは、ディス

記事を読む

F/RENAULT 2.0 TATUUS 2007 PADDLE SHIFT 455万円

車両価格:455万円 http://racecarsdirect.com/listi

記事を読む

Formula Renault 2.0  392万円

  車両価格:€33,000 車台番号045、最終レースは2016(E

記事を読む

Formula Renault 2.0 car – 2014 spec 703万円

車両価格:€52,500 Description: Current spec Fo

記事を読む

1999 Kimi Raikkonen Formula Renault #005/99 462万円

Sold for (£): 25,300 The British Formula Re

記事を読む

Formula Renault 2.0, Tatuus 254万円

http://racecarsdirect.com/listing/56311/formul

記事を読む

Reynard 84 Formula Ford1600 (pre 90) 168万円

車両価格:£9,000   Description: Reynar

記事を読む

Formula Renault 3.5 V6 646万円

  車両価格:€54,900 2003年に建てられたフォーミュラ・ルノ

記事を読む

フォーミュラルノー 3.5 V6 873万円

車両価格:€67,500   2003年に建てられたフォーミュラ·ルノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 10現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク