*

PR

1974 Datsun 260Z ‘Super Samuri’

公開日: : 日産 , ,

image-thumbOME22T9C image-thumb9PS4110E

登録:CWA 506M

シャーシ番号:R530000307

エンジン番号:L26045837

気筒数:6

CC:2565cc

製造年:1974

見積もり(£):35,000 – 45,000

ダットサン240Z、(晩年260Zと280Z)は、その劇的なルックス数アルブレヒトによって描かれた1960年代のスタイリングコンセプトにかなりの量を負って1969年から1978年に日本で日産が生産さ「Z」2席のクーペの第一世代でしたおそらく、彼らはヨーロッパのスポーツカー市場に参入する方法を検討していた時ダットサンためゲルツ、。

初期の車がオーバーヘッドカムエンジンは8秒の0-60時間と毎時125マイルの最高速度が得られ150bhpの周りに開発、ストレート6、元気2.4リットルによって供給されました。 5速マニュアルギアボックスが標準だった車はマクファーソンを持つすべてのラウンドが前面に支柱とチャップマンは後部にリンク独立サスペンションを特色にしました。ラック&ピニオンパワーステアリングとフロントディスク熊手は240Zは徹底的に近代的なパッケージだったことを意味しました。

1975-1978モデル年を通じて引き続き、260Zクーペは、エンジンが165馬力にパワーが結果的に増加して2.6リットルに長いストロークで拡大した240を交換し、車はシャーシレールとの延長によって補強されましたリアロールバーを追加。

70年代では、240と260Zsが熱い財産どこにでもあったが、車のドライブトレインが頻繁にモータースポーツで広く使用510サルーンに基づいていたことを考えると、それはZsの前に時間の問題だった(または、彼らは頻繁に呼び出されたとして24オンス)質量のメーカーの製品に行く道を変更したいとこれらの企業の精査の下に来ました。これらの中で最も注目すべきの一つは、70年代初頭には、構築されたが、ターンキー製品として販売するために240と260Zsを修正がsamuriモーター社でした。

そのような一つはスパイクアンダーソンでした。ミニミニとAngliasに取り組んで、1960年代にBroadspeedで訓練してきたが、彼はレースヘッドサービスと呼ばれる彼自身のビジネスをセットアップすると、最初の車の一つは彼の経験から利益を得るようになった彼は105bhpを抽出するために管理し、そこから謙虚ダットサン1200でした!これは「がsamuri「名前を運ぶために最初の車だった、「サムライ」の商品名などの意図的な誤綴りは使用できませんでした。 1973年に標準240Zを買ったが、それはZが離れて撮影し、より速くまとめたずっと前にはなかったです。非常に速いです。イギリスの自動車雑誌はスパイクの個人的な車の熱烈なレビューを発表し、次のことは、彼が買いパブリックに変更Zsのと性能部品を提供する、がsamuriモーター・カンパニーが生まれた知っていました。スパイクとがsamuri名は、すべての征服 “ビッグ・サム」240Zフルレースカーにも注目すべきですが、それは別の日の話です。

このオリジナルスーパーサムライCroughtonのスパイクアンダーソンのがsamuri変換によって構築された、わずか2 260Zsの一つです。 10日がsamuriが、それがガス流れたシリンダーヘッド、3 48 Dellortoキャブレターを使用して、現在の仕様に変換し、登録に従って構築されるものと理解4ポットキャリパー、深いチンスポイラー、期間ロールフープと競争懸濁液とディスクを通気

車は、それが、他の著しく元と基本的にそのままの状態で赤から黒に色の変化であることが判明したその時点で、2010年に再発見されるまで25年間、レイアップされる前に、70年代後半と1980年代初期に出走しました黒の下で元の(110)レッド隠ぺいの発見は本物のように車の身元を確認するためにスパイクを有効にし、彼は愛情を込めてそれを思い出しました。

まもなく車を発掘した後、それが完全に終わる£27,000の費用でよく知っているブランドの専門家のZ-ファームによって裸のシェルから上に復元されました。車のマニュアルと歴史に含ま請求書や画像を含むこの復元の完全なアカウントです。

今日では、本物のスーパーサムライは非常に求められて、これは男性は、長い髪をしていたズボンをフレア、およびローティを運転したときに年代を彷彿とさせるように完全に車を所有する素晴らしい機会です、明るい、「私を見て」、日本のスポーツ車。

 

 

Registration: CWA 506M
Chassis Number: R530000307
Engine Number: L26045837
Number of cylinders: 6
CC: 2565cc
Year of Manufacture: 1974
Estimate (£): 35,000 – 45,000

The Datsun 240Z, (latterly the 260Z and 280Z) was the first generation of ‘Z’ two-seat coupés, produced by Nissan in Japan from 1969 to 1978. Its dramatic looks owed a considerable amount to a 1960’s styling concept drawn by Count Albrecht Goertz for Datsun, presumably at a time when they were considering ways to break into the European sports car market.
The early cars were powered by a lusty 2.4 litre, straight six, overhead cam engine developing around 150bhp resulting in a 0-60 time of 8 seconds and a top speed of 125mph. A five-speed manual gearbox was standard and the car featured independent suspension all round with MacPherson struts at the front and Chapman links at the rear. Rack and pinion power steering and front disc rakes meant that the 240Z was a thoroughly modern package.
Continuing through the 1975-1978 model years, the 260Z coupé replaced the 240. The engine was enlarged with a longer stroke to 2.6 litres with a consequential increase in power to 165 bhp and the car was stiffened by the extension of the chassis rails and the addition of a rear roll bar.

In the 70s, 240 and 260Zs were hot property everywhere, and given that the car’s drivetrain was heavily based on the 510 saloon used widely in motorsport, it was only a matter of time before Zs (or the 24 ounce as they were frequently called) came under the scrutiny of those companies that like to modify the road going products of mass manufacturers. One of the most notable of these was the Samuri Motor Company, who in the early 70s, built modified 240 and 260Zs for sale as turnkey offerings.

One such was Spike Anderson. Having trained at Broadspeed in the 1960s working on Minis and Anglias, he went on to set up his own business called Race Head Services and one of the first cars to benefit from his experience was a humble Datsun 1200 from which he managed to extract 105bhp! This was the first car to carry the “Samuri” name, a deliberate mis-spelling as the ‘Samurai’ trade name was not available. Having bought a standard 240Z in 1973, it wasn’t long before the Z was taken apart and put together faster. Very much faster. A UK car magazine published a glowing review of Spike’s personal car, and the next thing he knew the Samuri Motor Company was born, offering modified Zs and performance parts to the buying public. Spike and the Samuri name are also notable for the all-conquering, “Big Sam” 240Z full race car, but that is a story for another day.

 

This original Super Samurai is one of just two 260Zs built by Spike Anderson’s Samuri Conversions of Croughton. Understood to be the 10th Samuri built according to the Register it was converted to its current spec using a gas-flowed cylinder head, three 48 Dellorto Carburettors, vented discs with four-pot calipers, deep chin spoiler, a period roll hoop and competition suspension.

The car was raced in the late 70s and early 1980s before being laid up for 25 years until being re-discovered in 2010, at which point it was found to be in remarkably original and basically untouched condition other then a colour change from red to black. The discovery of the original (110) Red hiding under the black enabled Spike to confirm the car’s identity as genuine, and he remembered it fondly.

Shortly after unearthing the car, it was fully restored from the bare shell up by the well know marque specialist Z-Farm at a cost of over £27,000. Included with the car’s documentation and history is a full account of this restoration including invoices and images.

Today, a genuine Super Samurai is highly sought after, and this is a wonderful opportunity to own a car so perfectly reminiscent of the seventies when men had long hair, flared trousers, and drove rorty, bright, ‘look at me’, Japanese sports cars.

http://www.silverstoneauctions.com/1974-datsun-260z-super-samuri

関連記事

kozzy_k2000-img599x337-14419733004gqmmi15456

【ヤフオク】フェアレディZ432 PS30 フルレストア 未走行車両

フェアレディZ432 初年度登録/昭和45年(1970年) 形式/PS30

記事を読む

kshistoric2000-img450x600-14428592743nvbp14178

【ヤフオク】程度良いお車です ハコスカGTR KPGC10 S20 PGC10

0.5オーバサイズピストンでOH中 車は錆もなく綺麗なお車です 極上の部類だと思いま

記事を読む

tm7102001-img600x450-1442055315ug6ds55102[1]

【ヤフオク】S30Z RB25ターボエンジン フル移植 パワーFC 完成 公認付

ついに完成しました。公認予備検つきです。 昭和52年9月登録フェアレディZ 2シーター ワ

記事を読む

日産 スカイラインGT-R 2.6 Mスペック ニュル 4WD サーキット仕様 シーケンシャル

日産 スカイラインGT-R 2.6 Mスペック ニュル 4WD サーキット仕様 シーケンシャル 1530万円

車両価格:1530万円 年式 走行距離 排気量 車検 修復歴 地

記事を読む

【ヤフオク】超貴重品!! 日産 シルビア S42年

【ヤフオク】超貴重品!! 日産 シルビア S42年

  超貴重!! 車体番号が00003番。 現存するシルビアでは一番古いの

記事を読む

MSpeed 54sec R34 GT-R

日産MSpeed 54sec R34 GT-R 2360万円

車両価格:2360万円 Mspeed R34 GT-Rは、最近までのように、ランサーの

記事を読む

gt_car1-img599x461-14401321216fh0ym32469

【ヤフオク】☆超希少!R35 GT-R NISMO!OP総額180万円!走行2千KM!極上車両

今回ご紹介させて頂きますお車は、 希少車R35GT-R NISMOが入庫いたしました。

記事を読む

screen_shot_20150205_at_11_17_21

Nissan R88C Group C Le Mans Race Car 7363万円

車両価格:£400,000 Description: One of four

記事を読む

i_iwasaki911_auc-img599x399-14529143338zp9nw25199[1]

【ヤフオク】【SGT】GT-3 GTR  2014年式

スーパーGT 参戦使用車両です。スペアホイール4セット 付属します。 【ヤフオク】【

記事を読む

scuderiacollection-img600x450-1460747659lte7bk29160[1]

【ヤフオク】1973y SKYLINE 2000GT-R’ KPGC-110 オリジナル

  自動車基本情報 メーカー名 日産 車種名 スカイライン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 2現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク