*

PR

1981 Lamborghini Countach LP400 S

image-thumb[7] image-thumb[9]

登録:GJK 854X

シャーシ番号:1121320

エンジン番号:1121320

シリンダーの数:12

CC:3829

製造年:1981

見積もり(£)20万 – 25万

おいしいランボルギーニミウラの後継を設計することが1971年に「カウンタック」の到来で、彼は自動車のドラマを作成するために彼の能力は健在であったことを世界に証明し、マルチェロ・ガンディーニのための課題のようなものでした。

実際には、単語「カウンタック」は何かを視覚的ショックのためピエモンテ俗語で、は直接翻訳されていませんが、「うわー」おそらく最も丁寧です。

そらすと同様の能力を持つ – 最初カウンタックは、1971-「ホットパンツ」は私たちの街に現れたのと同じ年のジュネーブショーに登場しました。ビッグ明るいと70年代の残りの部分のような生意気な、カウンタックは15年間、様々な反復処理を通じて、生産に残っていました。後知恵で、それはフロントガラスと革新的な「はさみのドア」から直接降りるように思われた車の傾斜、デザイン「くさびを飛ん「鼻が続くすべての「スーパーカー」のテンプレートになったことは明らかです。ファッションは長年にわたって変更され、頻繁に小さな機械的変化は、多くの場合、「無意識の開発技術者」としての能力の顧客入力の結果だったとして、元、美しくきれいなプロファイルが徐々に羽との事」で飾られました。

1977年にカウンタックの、最初のメジャーアップデート、LP400Sは、鋳造合金カンパニョーロブラボーリム(15×8.5 “と15×12」)に搭載された、ピレリP7タイヤの到着によって促された劇的に車のダイナミクスを向上させました。周囲の車体、アーチとスポイラーは、すべてのサイズとドラマの中で成長しました。新しいホイールはディスクとショックアブソーバー( “11)大きな来て、サスペンションジオメトリーは3,929ccから。パワーとトルクに合うように再設計された、V12が(370馬力/ 9500回転数と267lbft / 5,500 rpm)を増加させ、後部たとウェールズの大きさ程度であった翼は、余分なオプションの$ 5,000であった。それはあなたがそれをそれが-誇示持っていれば翼が、ちょっと、体重とドラッグを追加し、ダウンフォースのために何もしなかったが、ことは秘密ではありません。

シリーズ三LP400S(シャーシ番号1121468から1121312)以降のLP500S、5000 Quattrovalvoleと25周年記念車の前に最終的な開発でした。コックピットは、もう少し広々とした車高が少し、しかしすっきり(前米国REGS)フロントとリアバンパーを上げ、古典的な「電話ダイヤル」ホイールを保持したでした。

販売のためのシャーシ「1121320」、ここに私たちは信じている、右ハンドル、LP400S-Srs.IIIですが、後半に1981年に建てられたその最初の英国の所有者は、上の車を取得し(ダットン車名声の)ティム・ダットンウーリーました21/09/82は、その時点でそれはゴールドで仕上げとオプションの翼を遊ばしました。車が翼削除され、完全に4月’89でダークブルーにresprayed車を持っていたスティーブアシュトンに08/04/87に売却されました。彼は明らかに愛好家であり、この車は1993年に公開されたクリス・ベネット氏の著書「ランボルギーニカウンタック」の参照とたくさんの写真を大きくしています。

それが今日のままとして、後に所有者がランボルギーニパールイエローに大きな翼を再インストールさとプロの塗装車を持っていたコリン・ハワード(5月’98)でした。このカウンタックは(ディーラーを含む)の所有者の数を持っていたが、これは、それが私たちが今まで見た中で最も総合的な履歴ファイルのいずれかを伴うだとしてリング警鐘必要はありません。ほぼすべてのMOTSのは、それがSORN’dたときの期間を考慮して、存在しており、長年にわたって行っ仕事に関連する請求書の数十と数十があります。しかし、これはあらゆる利害関係者は、私たちのオフィスでこの車の興味深い人生の履歴を表示するために歓迎され、リストにすべてあまりにも広範囲です。

私たちのベンダーは、2007年6月以来、GJK 854Xを所有しており、それが最後の数年のために軽く使用されています。現在は、走行距離が61155キロ(38221マイル)で示され、MOTSによれば、唯一の彼のownership.The車で2880キロ(1800マイル)をカバーしているディテールと黒の古典と「夏の日のイエローよりも明るく」でよく提示70のエアコン付きのインテリアはブラックスエードダッシュトップと優れたオートミール革です。数年前に塗られ、地面への近さで一つまたは二つのチップと少し擦り傷が必然的に存在すると車が際立って使用可能である一方で、新しい所有者は、塗装をさっぱりすることもできます。されて​​いました

エンジンベイと手荷物区画がきちんとしているが、少しは詳述して行うことができます。

この素敵なランボは、そのV5C、無勧告で2016年10月6日までMOT、ドライバハンドブック、クリス・ベネットとデビッド・ホッジス、ロベルトGiordanelliやサービス・保守歴史のエーカーによってロードテストにより、前述の本が付属しています。

明らかにこの種の車は衝動買いではなく、我々は任意のクエリのお手伝いをさせていただきます。これは1970年代の道アートの素​​晴らしい作品であり、特に低燃費1981として、LP400SシリーズIIIは最近かなりの和のための国際市場で手を変え、他のLP400Sた、検討の価値がある」のための手を変えているように見えますここにも私たちのガイドの価格を上回る数字。

これは、それらのジェリーマーシャルもみあげを成長し、それらのプラットフォームシューズ、15インチフレアやキッパーネクタイを掘るための時間がかかるかもしれませんか?

 

 

Registration: GJK 854X
Chassis Number: 1121320
Engine Number: 1121320
Number of cylinders: 12
CC: 3829
Year of Manufacture: 1981
Estimate (£): 200,000 – 250,000

Designing a successor to the delicious Lamborghini Miura was something of a challenge for Marcello Gandini, however with the arrival of the ‘Countach’ in 1971, he demonstrated to the world that his ability to create automotive drama was alive and well.

In fact, the word ‘Countach’ is Piedmontese slang for something that visually shocks, and has no direct translation but ‘Wow’ is probably the most polite.

The first Countach appeared at the Geneva Show in 1971-the same year that ‘Hot Pants’ appeared on our city streets – with a similar ability to distract. Big, bright and brash like the rest of the 70s, the Countach was to remain in production, through various iterations for 15 years. With hindsight, it’s clear that the car’s ‘flying wedge’ design, sloping snout that appeared to descend directly from the windscreen and innovative ‘scissor doors’ became a template for every ‘supercar’ that followed. The original, beautifully clean profile was gradually bedecked with ‘wings and things’ as fashions changed over the years and frequent small mechanical changes were often the result of customer input in their capacity as ‘unwitting development engineers’.

In 1977, the first major update of the Countach, the LP400S, was prompted by the arrival of Pirelli’s P7 tyre which, when mounted on cast alloy Campagnolo Bravo rims (15×8.5″ and 15×12″) dramatically improved the car’s dynamics. The surrounding bodywork, arches and spoilers all grew in size and drama. With the new wheels came larger (11″) discs and shock absorbers, and the suspension geometry was redesigned to suit. Power and torque from the 3,929cc, V12 were increased (370 bhp/ 9,500 rpm and 267lbft/ 5,500 rpm) and a rear wing, which was about the size of Wales was a $5,000 optional extra. It’s not a secret that the wing added weight and drag and did nothing for downforce but, hey, if you’ve got it-flaunt it.

The Series Three LP400S (Chassis nos. 1121312 to 1121468) was the final development before the later LP500S, the 5000 Quattrovalvole and the 25th Anniversary cars. The cockpit was a little more spacious and the ride height was raised a tad, however the neater (pre-US regs) front and rear bumpers and the classic ‘telephone dial’ wheels were retained.

Chassis “1121320”, for sale here is a right-hand drive, LP400S-Srs.III which, we believe, was built in late 1981. Its first UK owner was Tim Dutton Wooley (of Dutton Cars fame) who acquired the car on 21/09/82 at which point it was finished in Gold and sported the optional wing. The car was sold on 08/04/87 to Steve Ashton who had the wing removed and the car fully resprayed in Dark Blue in April ’89. He was obviously an enthusiast and this car features heavily with lots of references and photos in Chris Bennett’s book “Lamborghini Countach” published in 1993.

A later owner was Colin Howard who re-instated the big wing and had the car professionally painted (May ’98) in Lamborghini Pearl Yellow as it remains today. Although this Countach has had a number of owners (including dealers), this needn’t ring alarm bells as it’s accompanied by one of the most comprehensive history files we have ever seen. Nearly all of the MoTs are present, allowing for periods when it was SORN’d, and there are dozens and dozens of invoices relating to work carried out over the years. This is all far too extensive to list, however any interested parties are welcome to view the history of this car’s interesting life at our office.

Our vendor has owned GJK 854X since June 2007 and it’s only been used lightly for the last few years. The current indicated mileage is 61,155 km (38,221miles) and according to the MoTs, it has only covered 2,880km (1,800 miles) in his ownership.The car presents well in “brighter than a Summer’s day Yellow” with black detailing and the classic 70’s air-conditioned interior is in excellent Oatmeal Leather with a Black Suede dash top. Having been painted a number of years ago and with its proximity to the ground there are inevitably one or two chips and little scuffs and whilst the car is eminently usable, a new owner may choose to freshen up the paintwork.

The engine bay and baggage compartments are tidy but could do with a little detailing.

This lovely Lambo is accompanied by its V5C, an MoT until 10/06/2016 with no advisories, Drivers Handbook, the aforementioned books by Chris Bennett and David Hodges, a road test by Roberto Giordanelli and acres of service and maintenance history.

Obviously a car of this nature is not an impulse purchase and we are happy to help you with any queries. This is a fabulous piece of 1970’s Road Art and is worthy of consideration, particularly as a low-mileage 1981, LP400S-Series III has recently changed hands in the International market for a substantial sum, and other LP400S’ appear to be changing hands for figures well in excess of our guide price here.

It may be time to grow those Gerry Marshall sideburns and dig out those platform shoes, 15-inch Flares and Kipper Ties?

http://www.silverstoneauctions.com/1981-lamborghini-countach-400-s

関連記事

Lamborghini Countach LP400 Periscopio

Lamborghini Countach LP400 Periscopio ¥ASK

車両価格:ASK 概要: 非常にまれなスーパーカー70年代、最も伝説的なスポーツ

記事を読む

lexani_242000-img600x450-1433472460pdf2sw28263

【ヤフオク】ランボルギーニ ガヤルド スーパートロフェオ ナンバー付き

ランボルギーニ ガヤルド スーパートロフェオ ナンバー付き (株)東名モータ

記事を読む

1969 Lamborghini Islero s

1969 Lamborghini Islero s 3330万円

車両価格:$279,500 この1969ランボルギーニ·イスレロSは非常にまれであり、

記事を読む

MC14_r116_001

1969 Lamborghini Miura P400S 1億325万円(SOLD)

  Sold for €840.000   37

記事を読む

LAMBORGHINI, Diablo SV-R Race

LAMBORGHINI, Diablo SV-R Race 3948万円

車両価格:298,500スイスフラン   Marque : LAMB

記事を読む

AZ15_r185_001

1975 Lamborghini Urraco P111 by Bertone ¥SOLD

Sold for $126,500 180馬力、4ツインチョークソレックス40I

記事を読む

Lamborghini Countach 5000QV

Lamborghini Countach 5000QV 4936万円

車両価格:£274,995 エンジン容量:5167cc。 トランスミッション:5

記事を読む

image

1991 LAMBORGHINI LM 002 ‘4X4’ 2040万円(SOLD)

Sold for €166,750 新しいから1266キロ 1991ランボルギーニL

記事を読む

2014 Lamborghini Aventador LP720-4 50th Anniversario

2014 Lamborghini Aventador LP720-4 50th Anniversario 7474万円

車両価格:$625,000 THE AVENTADOR ROADSTER LP720-

記事を読む

mcc_performance-img599x449-1441428468dt3wje1764

【ヤフオク】AKRAPOVIC アクラポビッチ マフラー ランボルギーニ ウラカン

AKRAPOVIC あのアクラポビッチがついに、四輪の世界にも登場! 二輪の世界最高

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 3現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク