*

PR

1989 DeTomaso Pantera GT5-S 2684万円(SOLD)

公開日: : デ トマソ , ,

image-thumb1BQ8A8F3 image-thumb[1]
登録:G337XLO車台番号:874 / L / THPNHM09534

エンジン番号:351/07505

シリンダーの数:8

CC:今393cuinに拡張351cuin

製造年:1989

(£)のために販売:157500
デ・トマソは非常にイタリアの会社であったが、精神と場所の両方で、エミリアロマーニャのモデナの街に基づいている、その創設者、アレハンドロ・デ・トマソはアルゼンチンの著名な農家から来ました。おそらく、彼の同胞、ファン・マヌエル・ファンジオに触発され、彼はキャリアのレーシングカーを追求するために1955年にイタリアに移動しました。 1957によってフォーミュラワンにそれを作ったが、1959によって任意のグランプリポイントを獲得するために彼の失敗は終了し、彼自身の自動車会社を形成するために彼を促しました。モデナは既に速いスポーツカーを構築する中小企業の数の家だった、と経験豊富なデザイナーと熟練した職人のプールで、起動するのに理想的な場所に見えました。

年間でエキゾチックなデザインの数は、デ・トマソ、Valelunga、ドーヴィル、ロンシャンから発生し、GuigiaroはMangustaに影響を与えた、しかし、それはトムTjaardaは1971年から1992年の間​​に建設され7260、これで彼らの主力車両として記憶されるだろうことパンテラを設計します同社の総生産量のいくつかの86%を表す図。

1984年11月にパンテラの最終化身のいずれかを導入することはGT5-S未満190が生成されたのでした。 GT5のさらなる進化は、Sモデルは、ブレンドアーチと独特のワイドボディの外観を持っていました。 GT5とは異なり、体全体が鋼構造のものであったとしてGT5-Sの名前に ‘S’は、 “鋼”のために立っていました。

この特定のパンテーラGT5-Sは、1989年に建設された、生産最後の一つであり、元のRHD英国車、全世界で販売187の合計工場の生産のうちわずか17 RHD GT5-SSの一つです!

クレマ内部とロッソコルサに輝く見ると、両方の内と外の美しい状態でだとイタリアのエキゾチカの作品の本当に素晴らしい例です。車はよく維持され、定期的に任意の古典がよく実行されることを確実にするために、常に最善の方法を使用し、実際に昨年はイタリア北部のモデナの発祥の地への旅行を完了しました。

エンジンとギアボックスは、ストリッピングし、大きなV8は、一度高速道路仕様にupratedなさと、より最近では、電源ユニットは2014年の冬に新しくしたとの約4/5年前に再建されました。
車上の非標準的な構成要素は、(元のブロックが保持されますが)、ヘッド、ヘッダ(車で原本)、バルブカバー(車で原本)、および信頼性の高い機械式オイルのフィッティング、エンジン内部に閉じ込められています工場出荷時のアイテムを補足するための圧力計。これは保持されており、標準への復帰を容易にするために、車が供給されている元のクロックを、移動させます。ブロックがオリジナルであると付属機器の大半が存在するので、車は簡単に工場出荷時の仕様に戻すことができました。

G337XLOはかなり大規模な報道で「レトロ車マガジン」の2015年4月版で紹介されましたし、この記事のコピーは車が設けられています。

アメリカの筋肉とイタリアンスタイルの信じられないほどのブレンド。そこそこより風変り車であってもよいが、薄手の聴覚と視覚のドラマのために、パンテラは賞をとることがあります。

Registration: G337XLO
Chassis Number: 874/L/THPNHM09534
Engine Number: 351/07505
Number of cylinders: 8
CC: 351cuin now extended to 393cuin
Year of Manufacture: 1989
Sold for (£): 157,500Although De Tomaso was very much an Italian company, both in spirit and location, being based in the city of Modena in Emilia-Romagna, its founder, Alejandro de Tomaso came from a prominent farming family in Argentina. Perhaps inspired by his countryman, Juan Manuel Fangio, he moved to Italy in 1955 to pursue a career racing cars. Having made it to Formula One by 1957, his failure to score any Grand Prix points by 1959 prompted him to quit and form his own car company. Modena was already the home of a number of small firms building fast sports cars, and with a pool of experienced designers and skilled craftsmen, seemed an ideal place to start.Over the years a number of exotic designs emanated from De Tomaso, the Valelunga, Deauville, Longchamp and the Guigiaro influenced Mangusta, however it’s the Tom Tjaarda designed Pantera that will be remembered as their flagship vehicle with 7260 being built between 1971 and 1992, this figure representing some 86% of the company’s total production.Introduced in November 1984 one of the final incarnations of the Pantera was the GT5-S of which less than 190 were produced. A further evolution of the GT5, the S model had blended arches and a distinctive wide-body look. The ‘S’ in the GT5-S name stood for “steel”, as unlike the GT5, the entire body was of steel construction.

This particular Pantera GT5-S is one of the last produced, having been built in 1989, and is an original RHD UK car, one of only 17 RHD GT5-Ss out of a total factory production of 187 sold worldwide!

Looking resplendent in Rosso Corsa with a Crema interior, it’s in lovely condition both inside and out and is a really nice example of a piece of Italian exotica. The car has been well maintained and regularly used, always the best way to ensure that any classic runs well, and in fact last year completed a trip to its Modena birthplace in Northern Italy.

The engine and gearbox were stripped and rebuilt approximately 4/5 years ago with the big V8 being uprated to a fast road specification at the time and more recently, the power unit was refreshed in the Winter of 2014.
Non-standard components on the car are confined to the engine internals, (though the original block is retained), heads, headers (originals with the car), valve covers (originals with the car), and the fitting of a reliable mechanical oil pressure gauge to supplement the factory item. This displaces the original clock, which has been retained and is supplied with the car to facilitate a return to standard. As the block is original and the majority of the ancillaries are present, the car could easily be returned to the original factory specification.

G337XLO was featured in the April 2015 edition of “Retro Cars Magazine” with quite extensive coverage and a copy of this article is provided with the car.

An incredible blend of Italian style with American muscle. There may be more outlandish cars out there, but for sheer aural and visual drama, the Pantera takes the prize.

http://www.silverstoneauctions.com/detomaso-pantera-gt5s

関連記事

tzzaksun-img480x319-1449120453g27ezz30564[1]

【ヤフオク】希少 ★ デトマソ パンテーラ ★ 綺麗

売り切ります。   エンジン一発始動です。 現在車検が切れていますので、抹消渡し

記事を読む

kt6_11-img600x450-1449224405nd2xsi17480[1]

【ヤフオク】デトマソ パンテーラ

内装 ロールバー・CD・ウーハー・ナビ・ETC・消火器・ハンドル・その他 足回り サスペ

記事を読む

_PP18670

De Tomaso Pantera Gr4 (ex-works) ¥ASK

  これには、「普通の」GR4パンテラはされています唯一の作品の車であるこ

記事を読む

デ・トマソ・パンテーラ

デ・トマソ・パンテーラ ¥ASK

車両価格:ASK Category Coupe Make DeT

記事を読む

De Tomaso - Pantera Gr4 Works car

De Tomaso – Pantera Gr4 Works car ¥ASK

車両価格:ASK Version : Pantera GR4 Chassis : 874

記事を読む

MC14_r141_001

1973 De Tomaso Pantera Rally Car 688万円(SOLD)

Sold for €56.000 EST(東部基準時。 360馬力、5752 c

記事を読む

image

1972 De Tomaso Pantera Group 3  1326万円(SOLD)

Sold for €103,500 デ・トマソ・パンテーラは、ここでは車台番号「107

記事を読む

DE TOMASO PANTERA GR4 1972

DE TOMASO PANTERA GR4 1972 1905万円

車両価格:€130,000   Description: Total

記事を読む

image

1970 DE TOMASO MANGUSTA COUPÉ 3185万円(SOLD)

Sold for £203,100 「ほとんどのオリジナルカー '、サロンプリヴェコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 1現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク