*

PR

1991 Ferrari Testarossa

AZ16_r106_001 AZ16_r106_002 AZ16_r106_003

 

予想価格:$200,000 – $250,000

390馬力、4942 ccのDOHCは水平に、ボッシュKジェトロニック燃料噴射と5速マニュアルトランスミッション、ダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、およびアンチロールバーと4輪独立サスペンション、4輪を12気筒エンジンに反対油圧式ディスクブレーキ。ホイールベース:で100.4。

•ケベックフェラーリの輸入ルイジ・デッラ・グロッタの個人的な車
•現在、その最初の登録所有者と新しいからわずかの下で4900キロ、
•カスタムデイトナスタイルのインサートをロッソの上に稀アルジェントメタリックで発表
2015年3月に行わ•主なサービス
•マッチング数例

持続性は、ケベック州フェラーリをもたらします

イタリアで生まれ育ち、ルイジ・デッラ・グロッタは、第二次世界大戦中に整備士になったと、戦後、モントリオール、ケベック州に定住する前にアルゼンチンで雇用を発見しました。ハードワークの年後、彼のビジネスは繁栄し始めた、と彼はすぐに詳細と労働倫理への彼の注意のために良い評判を得ました。

以前に何のフェラーリの輸入を持っていた国のフェラーリに対する情熱と、ルイージはカナダにフェラーリを持って自らの際にそれを取りました。それは人に自分の車を販売する権利のためにフェラーリを働きかけることが最善であったことを決定、彼はフェラーリの国際セールスマネージャー、アメリゴManicardiに会っマラネロへの航空券を予約しました。 Manicardiはカナダでフェラーリを売却する考えは愚かだったとさえルイージはエンツォと会うことはできないだろうと思いました。

しかし、ルイージは永続的であり、彼の夢を決してあきらめませんでした。彼は彼がカナダでフェラーリを売却することを可能にするために、再度Manicardiに働きかけるためにマラネロに戻りました。もう一度、彼はすぐにドアを示されました。 1960年に、彼は最終的にエンツォ・フェラーリと観客を付与された三度目のためにマラネロに戻ることにしました。エンツォは、カナダの気候は彼の車にあまりにも過酷であると信じますが、ルイージは、車が唯一の夏の間に駆動されることエンツォを確信させました。エンツォは折れとルイージがカナダに自分の車を持ってみましょう。

カナダでのフェラーリの重要性が成長するにつれ、ルイジ・デラ・グロッタの人気は、業界で彼の恒星の評判でサポートされている、でした。彼はケベック州に最初のフェラーリをもたらすが、彼はまた、1990年にカナダで最初のフェラーリクラブを開始したルイジ・フェラーリ・クラブ、ルイージの時に設立された組織とフェラーリのための彼の顧客の情熱でしただけではなく。

LUIGI DELLAグロッタ’Sテスタロッサ

ここで提示ルイジ・デラ・グロッタの非常に自身のテスタロッサ、車彼自身のディーラーを通じて発注し、彼の個人的な車として保持されます。 、車は彼によって駆動され、ルイジ・フェラーリ・クラブ、およびそれ以降のクラブフェラーリケベック州と様々なパレードやショーに連れて行かれ、そしてそれは頻繁にだけでなく、彼のディーラーに展示されて見られたたときに新しいです。なお、この間、車は黒デイトナスタイルインサートを対比して、現在の修飾シートを装着したと考えられます。車はルイージは2012年に他界するまで、それは新しかった時から未登録のままでした。

まもなく彼の死の後ルイジの財産からその現在の所有者が購入し、それは非常に最初の時間ちょうど昨年の道路のために登録されました。それ以来、車は定期的に維持され、控えめに駆動されました。新しい、唯一の千キロは、その現在の所有者によって蓄積されたので、ちょうど4900キロで運転。ルイージの不動産からの買収以来、車はモナコプレステージ、サンローラン、ケベック州に拠点を置くフェラーリの専門家によって維持されてきた、とルイージの元チーフメカニック、ラルフMastromonacoによって実行されます。 2012年の4月では、車はオイル交換と新しい電池を受信し、その燃料フィルターを交換しました。 2015年3月に、車が主要なサービスのためにモナコプレステージに戻りました。エンジンを除去し、そのタイミングベルト、バルブカバーガスケット、シール、Oリング、ショック、ブレーキホースを交換しました。これらのサービスの両方のための領収書は、元の書籍、ツールキット、およびジャックと一緒に、車に同行します。

素晴らしい話が付いている車を探してティフォージのために、テスタロッサは良い存在になることはできません。

390 hp, 4,942 cc DOHC horizontally opposed 12-cylinder engine with Bosch K-Jetronic fuel injection, five-speed manual transmission, four-wheel independent suspension with unequal-length wishbones, coil springs, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 100.4 in.

  • The personal car of Quebecois Ferrari importer Luigi Della Grotta
  • Just under 4,900 kms from new, currently with its first registered owner
  • Presented in rare Argento Metallic over Rosso with custom Daytona-style inserts
  • Major service performed in March of 2015
  • Matching numbers example

PERSISTENCE BRINGS FERRARIS TO QUEBEC

Born and raised in Italy, Luigi Della Grotta became a mechanic during World War II and, following the war, found employment in Argentina before settling in Montreal, Quebec. After years of hard work, his business began to thrive, and he quickly gained a good reputation for his attention to detail and work ethic.

With a passion for Ferraris in a country that previously had no Ferrari importer, Luigi took it upon himself to bring Ferraris to Canada. Deciding that it was best to lobby Ferrari for the rights to sell their cars in person, he booked a flight to Maranello where he met Ferrari’s international sales manager, Amerigo Manicardi. Manicardi thought the idea of selling Ferraris in Canada was foolish and would not even let Luigi meet with Enzo.

However, Luigi was persistent and never gave up on his dream. He returned to Maranello to lobby Manicardi again to allow him to sell Ferraris in Canada. Once more, he was quickly shown the door. In 1960, he decided to return to Maranello for a third time, where he was finally granted an audience with Enzo Ferrari. Enzo believed the Canadian climate would be too harsh on his cars, but Luigi convinced Enzo that the cars would only be driven during the summer. Enzo relented and let Luigi bring his cars to Canada.

As Ferrari’s significance in Canada grew, so did Luigi Della Grotta’s popularity, supported by his stellar reputation in the industry. Not only did he bring the first Ferrari to Quebec but he also started the first Ferrari club in Canada in 1990, the Luigi Ferrari Club, an organization founded upon Luigi’s and his customers’ passion for Ferrari.

LUIGI DELLA GROTTA’S TESTAROSSA

Presented here is Luigi Della Grotta’s very own Testarossa, a car ordered through his own dealership and retained as his personal car. When new, the car was driven by him and taken to various parades and shows with the Luigi Ferrari Club, and later the Club Ferrari Quebec, and it was frequently seen on display in his dealership as well. It is believed that during this time, the car was fitted with its current modified seats with contrasting black Daytona-style inserts. The car remained unregistered from the time it was new until Luigi passed away in 2012.

Purchased by its current owner from Luigi’s estate shortly after his death, it was registered for the road for the very first time just last year. Since then, the car has been regularly maintained and driven sparingly. Driven just under 4,900 kms since new, only 1,000 kms were accumulated by its current owner. Since its purchase from Luigi’s estate, the car has been maintained by Monaco Prestige, a Ferrari specialist based in Saint-Laurent, Quebec, and run by Luigi’s former chief mechanic, Ralph Mastromonaco. In April of 2012, the car received an oil change and new battery, and its fuel filter was replaced. In March of 2015, the car returned to Monaco Prestige for a major service. The engine was removed, and its timing belts, valve-cover gaskets, seals, O-rings, shocks, and brake hoses were replaced. Receipts for both of these services, along with its original books, tool kit, and jack, will accompany the car.

For the tifosi looking for a car with a great story, there can be no better Testarossa.

 

http://rmsothebys.com/az16/arizona/lots/1991-ferrari-testarossa/1078352

関連記事

FERRARI F360 Challenge stradale (Coupé)

FERRARI F360 Challenge stradale (Coupé) 5231万円

車両価格:400'000スイスフラン Inverkehrsetzung 05.2004

記事を読む

autoprogresstoyokawa-img600x450-14414643162ifodm12215

【ヤフオク】最終XR!F1マチック!F355スパイダー

衝撃価格よりのスタートです!! 4980000円スタートよりの

記事を読む

image

1982 FERRARI 512 BBI 予想価格:3600-4200万円

€290,000 - 340,000 1982フェラーリ512 BBI ピニンファリ

記事を読む

1992 Ferrari F40

1992 フェラーリ F40 2億5382万円

車両価格:$2,125,000 1992 FERRARIのF40(「COLLECTOR

記事を読む

NY15_r128_001

2003 Ferrari Enzo

$3,000,000 - $3,500,000 ボッシュモトロニックエンジンマネ

記事を読む

Ferrari 456 M GT 1998

Ferrari 456 M GT 1998 ¥ASK

車両価格:ASK フェラーリ456 M GT1998マニュアル。わずか2400ミルスウ

記事を読む

テスタロッサ

【ヤフオク】テスタロッサ ディーラー車

今回限りの出品です。 現在市場に出ているテスタロッサの中では最も安いのではないでしょう

記事を読む

2001 Ferrari 550 Barchetta

2001 Ferrari 550 Barchetta 6510万円

車両価格:$529,900 Here is a very rare 2001 550 Ba

記事を読む

Ferrari 275 GTS

Ferrari 275 GTS ¥ASK

車両価格:ASK 275 GTSは、ベルリネッタの280とは対照的にGTSは、260b

記事を読む

MO14_r222_001

1965 Ferrari 275 GTB Alloy by Scaglietti 3億7040万円(SOLD)

    Sold for $3,382,500

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク