*

PR

1971 Lamborghini Miura P400 SV by Bertone

AZ16_r203_001 AZ16_r203_002 AZ16_r203_003 AZ16_r203_004

<スポンサーリンク>

予想価格:$2,000,000 – $2,400,000

4ウェバーツインチョークキャブレター、5速マニュアルトランスミッション、独立したフロントとリアのサスペンションアームを有する、管状のショックとコイルスプリング、およびアンチロールバーが385馬力、3929のcc DOHC横ミッドマウント型合金V-12エンジン、四輪の油圧ディスクブレーキ。ホイールベース:98.42インチ

•唯一の三浦SVはもともとブルーメディオに仕上がっ
•5シングルサンプSVの一つは、米国への新しい販売、エアコンが完備
•最近の機械的なサービス。優れたドライバーの三浦
•オリジナルのマッチングナンバーエンジン

1966年ジュネーブサロンでのランボルギーニ・ミウラの導入前に、用語「スーパーカー」は、単に存在しませんでした。三浦は、自動車の歴史の中で新しい時代の始まりを告げ、かつ視覚的に、それは道路上の何もないように見えました。彼はベルトーネのために、その魅力的なデザインを書いて、彼の作品は時代の若々しい精神とボディワークの背後に横たわって電源をカプセル化する際、デザイナー、マルチェロ・ガンディーニは、わずか27歳でした。

V-12は、乗員室の真後ろに横置きで三浦さんのデザインは、そのエンジンの配置にお世話になりました。これは非常に魅力的なシルエットを可能にするが、それはまた、三浦信じられないほどのバランスと重量配分を与えただけでなく。その足音で続いている多くのスーパーカーと同様に、三浦は時間をかけて進化し、そして最後の反復、P400 SVは、ほとんどの先進かつ強力でした。懸濁液はまた、以前の車の取り扱いを特徴とする「フロントエンドの明るさ」を軽減するためにわずかに修正された、とリアボディワークは、より積極的な姿勢のために広げました。エンジンも対処し、SVが大きいキャブレターを装着し、SVよりユーザーフレンドリー下のRPMでを作るために貢献し、異なるカムタイミングを特色にしました。

言うまでもなく、パフォーマンスは信じられないままであり、ときに新しいSVは、道路上のちょうど約すべてのものを追い越すことができます。 385馬力の合計を生成する、SVはわずか5.8秒で毎時0〜60マイルからスプリントでした。道路の広いオープンストレッチで、三浦は毎時180マイルの最高速度に達する可能性があります。

1971年10月29日に完成し、この三浦SV、車台番号4912は、もともとペレブルーインテリアの上にブルーメディオに仕上がったとモデナカーUSAを通じて米国に新たな出荷された注目すべきは、中に終了する唯一の三浦SVましたジョーSackeyの決定的な書物、ランボルギーニ・ミウラ聖書によれば、その色。また、オプションのエアコンを備えた工場によって新しいから嵌合する11シングルサンプ三浦SVの1、米国に納入などの装備だけで5例の一つです。シャーシ4912は、ペドロ・A.ルビオの所有権の下で1977年のようにテキサスに住んでますが車が、車がから輸入された当時は、少なくとも1992年までは米国に残っていることが考えられている1979年によって彼の所有権を残しました東京パイプ株式会社により日本への米国

車は次の20年間日本に残っており、この時間の間に、それは、主に静的ストレージに残りました。 2011年までに、それは現在のカストディアンにそれを販売した東京の山口さん、に売却されました。車はごく最近になって戻ってアメリカ本土到着した、素晴らしい運転状態にあると言われます。古い復元中に再仕上げとして現在ベージュの上にGIALLOフライに仕上がり、車は素晴らしいランニングや運転条件にそれを持って来るために、最近の機械的なサービスを受けています。テストドライブの後、RMサザビーズの専門家は、車が大きな力になり、非常に応答性のステアリングを持っているとコメントしました。ロサンゼルスの道路を運転、彼はさらに「それはLAの周りに駆動ルックスを取得するのは難しいですが、三浦は頭を回転し続ける!」とコメント

三浦がなければ、ランボルギーニは今日も会社として存在していない可能性があることを主張することができます。全体として自動車の世界にその重要性は、単に軽視することはできません。車台番号4912は、優れたドライバの三浦で、確実にスピードですべてのドライバと乗客の顔に笑顔を置きます。さらに、その信じられないほどのオリジナルの仕様を考慮すると、修復のための素晴らしい候補であろうと、確実に世界中のコンクールのイベントで脚光を浴びることになります。

いずれにせよ、これは楽しんで駆動し、迅速にするための三浦です!
補遺
この車両用のタイトルが途中であることに注意してください。

 

385 bhp, 3,929 cc DOHC transverse mid-mounted alloy V-12 engine with four Weber twin-choke carburetors, five-speed manual transmission, independent front and rear suspension with A-arms, coil springs with tubular shocks, and anti-roll bars, and four-wheel hydraulic disc brakes. Wheelbase: 98.42 in.

  • The only Miura SV originally finished in Bleu Medio
  • One of five single-sump SVs sold new to the U.S. and equipped with air conditioning
  • Recent mechanical service; an excellent driver’s Miura
  • Original matching-numbers engine

Before the introduction of the Lamborghini Miura at the 1966 Geneva Salon, the term “supercar” simply did not exist. The Miura heralded the beginning of a new age in automotive history, and visually, it looked like nothing else on the road. The designer, Marcello Gandini, was just 27 years old when he penned its stunning design for Bertone, and his work encapsulated the youthful spirit of the age and the power lying behind the bodywork.

The Miura’s design was indebted to its engine placement, with the V-12 mounted transversely directly behind the passenger compartment. Not only did this allow for a highly attractive silhouette, but it also gave the Miura incredible balance and weight distribution. Like many supercars that have followed in its footsteps, the Miura evolved over time, and the last iteration, the P400 SV, was the most developed and potent. The suspension was also revised slightly to help reduce the “front-end lightness” that characterized the handling of earlier cars, and the rear bodywork was widened for a more aggressive stance. The engine was also addressed, and the SV was fitted with larger carburetors and featured different cam timing, helping to make the SV more user-friendly at lower RPMs.

Needless to say, performance remained incredible, and the SV could outrun just about everything on the road when new. Producing a total of 385 horsepower, the SV could sprint from 0–60 mph in just 5.8 seconds. On a wide open stretch of road, the Miura could reach a top speed of 180 mph.

Completed on October 29, 1971, this Miura SV, chassis number 4912, was originally finished in Bleu Medio over a Pelle Bleu interior and was shipped new to the United States through Modena Car U.S.A. Notably, it was the only Miura SV to be finished in that color according to Joe Sackey’s definitive tome, The Lamborghini Miura Bible. Furthermore, it is one of eleven single-sump Miura SVs to be fitted from new by the factory with optional air conditioning and one of just five examples equipped as such delivered to the United States. Chassis 4912 resided in Texas as of 1977 under the ownership of Pedro A. Rubio but had left his ownership by 1979. It is believed that the car remained in the United States until at least 1992. At that time, the car was imported from the United States to Japan by the Tokyo Pipe Co. Ltd.

The car remained in Japan for the next 20 years, and during this time, it remained largely in static storage. By 2011, it was sold to a Mr. Yamaguchi of Tokyo, who sold it to its current custodian. The car has only recently arrived back stateside and is said to be in wonderful driving condition. Currently finished in Giallo Fly over Beige as refinished during an older restoration, the car has received a recent mechanical service to bring it up to superb running and driving condition. Following a test drive, an RM Sotheby’s specialist commented that the car makes great power and has very responsive steering. Driving on the roads of Los Angeles, he further commented that “it’s hard to get looks driving around LA, but a Miura continues to turn heads!”

Without the Miura, it can be argued that Lamborghini might not even exist as a company today. Its importance to the automotive world as a whole simply cannot be understated. Chassis number 4912 is an excellent driver’s Miura and would surely put a smile on the faces of any driver and passenger at speed. Furthermore, considering its incredible original specification, it would be a fantastic candidate for restoration and would surely attract lots of attention at concours events around the world.

Regardless, this is a Miura to be enjoyed and driven—quickly!

Addendum

Please note that the title for this vehicle is in transit.

 

http://rmsothebys.com/az16/arizona/lots/1971-lamborghini-miura-p400-sv-by-bertone/1078488

関連記事

1988½ Lamborghini Countach 5000 QV

予想価格:$375,000 - $425,000 ボッシュKジェトロニック燃料噴

記事を読む

ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー ¥ASK

車両価格:ASK http://www.carsensor.net/usedcar/d

記事を読む

ランボルギーニ ディアブロ 1200万円

車両価格:1200万円 5MT  左ハンドル  リ済別  車台No:568  エアコン

記事を読む

1981 Lamborghini Countach LP400 S Series III by Bertone

予想価格:€380.000 - €450.000 365馬力、6デュアル喉ウェー

記事を読む

【横浜】1970 Lamborghini Miura P400S S 1億5521万円

車両価格:$1,300,000 この車は、横浜、日本に位置し、日本のトップ古典ランボル

記事を読む

LAMBORGHINI AVENTADOR SV 1 of 600

車両価格:ASK LAMBORGHINI AVENTADOR SV

記事を読む

1996 Lamborghini Diablo SV-R 1498万円(SOLD)

Sold for $121,000 540hp 5.7-Liter sixty deg

記事を読む

Lamborghini Gallardo Supertrofeo 1280万円

車両価格:€99,000 私たちは、ランボルギーニガヤルドSupertrofeoは、カ

記事を読む

Lamborghini Super Trofeo – 4WD 1318万円

車両価格:€99,000   Description: The c

記事を読む

1979 Lamborghini Countach LP 400S Series I 8902万円(SOLD)

Sold for $725,000 375馬力、6ツイン喉ウェバー45 DCOE

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PR

    • 5現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク