*

PR

2011 Ferrari 599 SA Aperta

公開日: : フェラーリ ,

AZ16_r113_001 AZ16_r113_002 AZ16_r113_003 AZ16_r113_004

予想価格:$1,100,000 – $1,500,000

661馬力、5999のcc DOHC 65度V型12気筒エンジン、6速マニュアルは、安定性とトラクションのためのダブルウィッシュボーン、コイルスプリング、アンチロールバー、テレスコピックダンパー、電子制御でF1伝送、独立したフロントとリアのサスペンションを自動化し、 4輪カーボンセラミックディスクブレーキ。ホイールベース:で108.3。

•ちょうど80限定版の例の一つが構築されました
•オリジナル配信事務処理が含まれます
•オプションの工場出荷時のハードトップとアクセサリ収納ケースが含まれています
•新しいからわずか1200マイル。フェラーリClassiche認定

2006年から2012年まで生産さ599は、ブランドの2席のフラッグシップモデルとして、フェラーリのラインナップで575Mマラネロを取り替えました。ピニンファリーナの指示の下でフェラーリのフランク・スティーブンソンによる内装、599は575とその前の550マラネロのように2006年2月にジュネーブモーターショーでデビューした、599モデルレンジはまた、限定​​版、オープントップの変形によって接合されることになります、SA開放性。ちょうど80モデルの限定生産は、ピニンファリーナの80周年へのオマージュでした。

特別な考慮事項は、オープンカーとしてSA開放性を設計する際に撮影されました。低めの急傾斜したフロントガラスは、ロールオーバー保護を提供するために非常に強く、サスペンションジオメトリーは、空気力学を改善するために低下します。帆パネルは、まだ場所にしながら、きれいにドライバーと乗客の両方を保護する2ロールバーの外側のプロファイルに統合されています。有限要素解析及び炭素繊維を使用して、SA開放性シャーシが閉じBerlinettaで同様の構造的完全性を提供するように再設計されています。

SA開放性を理解するためには、その精神的な前任者、365 GTB / 4デイトナスパイダーにそれを比較するためにおそらく最高です。どちらの車が念頭に置いて、フェラーリの最高の顧客との限られた数で生産エキゾチックな血統とオープントップとフロントエンジンV-12のGT、です。デイトナスパイダーは、5.9秒の毎時0〜60マイル時間と毎時174マイルの最高速度が可能でした。いくつかの40年後、3.6秒で毎時0〜60マイルから599 GTBスプリントは、毎時202マイルを超える最高速度を提供しながら!

599 SA開放性は、それだけで100ミリ秒で、ステアリングホイールのパドルを使用してシフトをオフに刻むように適切な名前と呼ばれるフェラーリのF1スタイルシーケンシャル電子ギアボックス、「超高速」が装備されています。電源は661馬力での導入時、日付に提供されるフェラーリの最も強力な通りのエンジンを生産、5999-立方センチメートルフロントエンジンのV-12 599 GTOから供給することによって供給されています。また、フェラーリのSCM磁性サスペンションシステム、これはフェラーリのロードカーで使用されたのは初めてである含まれています。これは、高性能の処理を補助する、従来の電子サスペンションシステムよりも10倍高速に反応することが可能です。別の使用可能な最初のは、フェラーリのF1 Tracの、以前はフェラーリのF1ドライバーが享受トラクション制御および起動制御システムです。でもハードコア599 GTOの部品の自動車株が多くても、それは長い旅にそれをより住みやすい作り、全体的に、より多くの優しい性格を与え、少し柔らかく、ドライブするより快適です。

生成された全ての80例は間違いないが、その回収に追加して、現代のフェラーリの最も稀の間でこれを行う、配信前に販売されました。オリジナル配信書類は販売に含まれており、ちょうど1200マイルは、新た以来カバーされています。設計し、すべてのカナダの排出量と安全性の要件に準拠するように構築されているが、フェラーリノースアメリカ株式会社からの手紙は、車はすべて米国D.O.T.を満たしていることを指摘し提供され安全性、EPA、および効果でCARB排出基準を車を製造しました。クリーンCARFAXが設けられており、工場の革のフロアマットは、その運搬ケースに残っています。また、その$ 10,000個の付属品収納ケースと工場出荷時のハードトップだけでなく、余分な米国仕様の計器クラスタも含まれています。

特別厚いステッチネロのトップとレザーインテリアとロッソFUOCOの非常に望ましいと余分なコスト外装色に仕上げ、それはこの599 SA開放性はマラネロの最高の一つとして即座に認識可能であることは言うまでもないです。 Classiche認定は、その帳簿、記録、およびツールとともに、含まれています。これは、現代の、限られた生産フェラーリを購入する貴重な機会です。
補遺
この車は元のウィンドウのステッカーが含まれていない印刷カタログの説明に反しますのでご注意ください。

661 hp, 5,999 cc DOHC 65-degree V-12 engine, six-speed manual automated F1 transmission, independent front and rear suspension with double wishbones, coil springs, anti-roll bar, telescopic dampers, electronic control for stability and traction, and four-wheel carbon-ceramic disc brakes. Wheelbase: 108.3 in.

  • One of just 80 limited edition examples built
  • Original delivery paperwork included
  • Includes optional factory hardtop and accessory storage case
  • Just 1,200 miles from new; Ferrari Classiche certified

The 599 GTB Fiorano, produced from 2006 to 2012, replaced the 575M Maranello in Ferrari’s lineup as the brand’s two-seat flagship model. Styled by Ferrari’s Frank Stephenson under the direction of Pininfarina, the 599 debuted at the Geneva Motor Show in February 2006. Like the 575 and the 550 Maranello before it, the 599 model range would also be joined by a limited edition, open-top variant, the SA Aperta. The limited production of just 80 models was in homage to the 80th Anniversary of Pininfarina.

Special considerations were taken in designing the SA Aperta as an open car. The low-slung steeply raked windshield is extremely strong to provide rollover protection, and the suspension geometry is lowered to improve aerodynamics. The sail panels, while still in place, are neatly integrated into the outside profile of the two roll bars that protect both the driver and passenger. Using finite element analysis and carbon fiber, the SA Aperta chassis has been redesigned to provide the same structural integrity as the closed berlinetta.

To appreciate the SA Aperta, it is perhaps best to compare it to its spiritual predecessor, the 365 GTB/4 Daytona Spider. Both cars are front-engine V-12 GTs with exotic pedigree and open tops, produced in limited numbers with Ferrari’s best clientele in mind. The Daytona Spider was capable of a 0–60 mph time of 5.9 seconds and a top speed of 174 mph. Some 40 years later, the 599 GTB sprints from 0–60 mph in 3.6 seconds while offering a top speed in excess of 202 mph!

The 599 SA Aperta is equipped with Ferrari’s F1-style sequential electronic gearbox, referred to as “Superfast,” aptly named as it ticks off shifts using the steering wheel paddles in only 100 milliseconds. Power is supplied by a 5,999–cubic centimeter front-engine V-12 sourced from the 599 GTO, producing 661 horsepower—at the time of introduction, Ferrari’s most powerful street engine offered to date. Also included is Ferrari’s SCM Magnetorheological Suspension System, the first time this has been used on a Ferrari road car. It is capable of reacting 10 times faster than a conventional electronic suspension system, aiding in high-performance handling. Another available first is Ferrari’s F1 Trac, a traction control and launch control system previously enjoyed only by Ferrari’s F1 drivers. Even though the car shares many of the components of the hardcore 599 GTO, it is slightly softer and more comfortable to drive, making it more livable on long journeys and giving it a more friendly personality overall.

All 80 examples produced were sold prior to delivery, making this among the rarest of modern-day Ferraris, no doubt adding to its collectability. Original delivery paperwork is included in the sale, and just 1,200 miles have been covered since new. While designed and built to comply with all Canadian emissions and safety requirements, a letter from Ferrari North America, Inc., is provided noting that the car meets all U.S. D.O.T. safety, EPA, and CARB emission standards in effect when the car was manufactured. A clean CARFAX is provided, and the factory leather floor mats are still in their delivery case. Also included is a factory hardtop with its $10,000 accessory storage case, as well as an extra US-specification instrument cluster.

Finished in the hugely desirable and extra-cost exterior color of Rosso Fuoco with a Nero top and leather interior with special thick stitching, it goes without saying that this 599 SA Aperta is instantly recognizable as one of Maranello’s finest. Classiche certification is included, along with its books, records, and tools. This is a rare opportunity to purchase a modern-day, limited production Ferrari.

Addendum

Please note that contrary to the printed catalogue description this car does not include an original window sticker.

http://rmsothebys.com/az16/arizona/lots/2011-ferrari-599-sa-aperta/1078359

関連記事

image

A Ferrari transaxle for a 512P prototype racing car, 429万円(SOLD)

Sold for US$ 40,000 512Pプロトタイプレーシングカーのためのフェ

記事を読む

フェラーリ 550マラネロ GTC LMバージョン

フェラーリ 550マラネロ GTC LMバージョン 1490万円

車両価格:1490万円 ★ディラー車(コーンズ物) ★GTCカー仕様(改造多数)

記事を読む

ferrari-cabriolet-occasion

FERRARI F1 2003 GA EX Michael Schumacher Rennauto.Mit den F1 2003GA wurde Schumacher 2003 Weltmeister .3億524万円

車両価格:2,500,000スイスフラン 興味を持っている場合は、私たちにLOIを送

記事を読む

Ferrari F1 F2008

Ferrari F1 F2008 SOLD

車両価格:SOLD 売れたため、車両情報が得られませんでした。 申し訳ございませ

記事を読む

1992 Ferrari  F40

1992 Ferrari F40 1億7855万円

車両価格:$1,495,500 1992フェラーリF40、 全開小切手帳サービスは、

記事を読む

c93e42_bfb73b2f6e0f49c09c0327642fddd4db_jpg_srb_p_946_588_75_22_0_50_1_20_0

FERRARI ENZO ¥ASK

FERRARI ENZO YEAR : 2004 MILEAGE :

記事を読む

AZ16_r115_001

1995 Ferrari F512 M

予想価格:$400,000 - $475,000 440馬力、4943 ccの4

記事を読む

フェラーリ F40 LM

フェラーリ F40 LM ¥ASK

車両価格:ASK 1994年式 フェラーリF40LM フェラーリF40をベースと

記事を読む

1989 Ferrari 328 GTS

1989 Ferrari 328 GTS 1423万円

Sold for (£): 77,050 The Ferrari 328 first

記事を読む

image

Ferrari Dino V6 1.5L Formula 1 engine 864万円(SOLD)

Sold for US$ 80,500 フェラーリディーノV6 1.5Lフォーミュラ1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PR

    • 4現在オンライン中の人数:
PAGE TOP ↑
リンク